ランチデートに誘う男性の気持ちとは?ランチデートにおすすめの服装も紹介!

デートと言うと一般的には夜に出かけるといったイメージが多く持たれるものです。ディナーやドライブなどが定番になりますが、ただ夜のデートでは何となくハードルが高くて気後れしてしまう方もいます。そんな方が多くいることもあって、ランチデートをする方も増えてきています。日中なら明るくて気軽に行ける方もいます。

そこでランチデートに関する男性の心理やデートの時に注意したいことなどについてまとめてみました。ランチデートの前に参考にしてみてください。

9割以上の男女がランチデートはアリだと思っている!


最近の傾向ではディナーだけではなく、ランチデートもアリだと思っている方が多くなってきてます。これは女性だけではなく、男性でも同様な意見を持っているといえます。実際に調査では9割以上もの男女がランチデートはアリだと思っているという結果が見られました。そのため、ランチでデートをしても特に悪いイメージは感じられないといえます。むしろ、ディナーではあまり積極的になれない方でも、ランチデートなら大丈夫でしょう。

ランチデートに誘う男性心理とは?

自分に対して関心を持っている男性がデートに誘うことは一般的によくあることです。ただデートと言うとディナーだと感じている女性にとっては、ランチデートに誘うことは何か裏があるのではと警戒することもあります。またなぜディナーではなく、なぜランチなのだろうかと疑問に思う女性もいることでしょう。そこでランチデートに誘う男性の心理について説明してみたいと思います。これを知れば男性がどう思っているのかよくわかることでしょう。

ディナーよりもハードルが低い


男性にとってディナーは比較的ハードルが高いといえます。下心があるのではないかと思われる、ディナーのための場所を見つけるのが難しいなど、いろんな面で難しく感じる男性も多くいるものです。しかしランチディナーならこういった心配をする必要がなくなり、ハードルが低くなるため誘いやすくなります。とりあえずデートがしたいと思っている男性にとっては、ランチデートなら気軽にできるため、ディナーを避けてランチを選ぶ場合があってもおかしくはありません。

警戒心を持たれたくない

ディナーに誘う場合、その後の計画があるのではないかと女性に思われると不安に感じる男性もいるものです。そのため、ディナーには誘いにくいかもしれません。しかしランチなら相手に警戒心を抱かれにくいため、男性も誘いやすくなります。とりあえずデートに誘って、その後により距離感を短くしたい男性はランチデートを選択する傾向にあるといえます。男性がランチデートを選ぶ裏には女性に警戒心を持たれたくない感情があると思っていいでしょう。

短い時間で相手を値踏みする事ができる


デートの目的としては、相手の性格や相性を知るということが多くあります。しかしディナーのデートでは場所の選択をしたりしなければならず、下準備が面倒に感じます。しかしランチデートならもっと気軽に誘うことができますし、短い時間で相手との相性を知ることができます。相手のことを簡単に知るために男性はランチデートに誘うことがあることを知っておかなければなりません。

ディナーよりもリーズナブル

デートでは男性が支払うのが一般的ですが、ディナーは料金が高くなることが多いものです。アルコールをオーダーしたりすると余計に費用も多くかかってしまいます。しかしランチならディナーよりもリーズナブルですし、アルコールをオーダーすることはあまりありません。食事にかかる費用を抑えることができるため、男性の中には敢えてディナーではなくランチでのデートを選択したい方も結構いるものです。

お酒を入れないことで冷静な判断をする事ができる


ディナーではアルコールをオーダーすることが多いものです。ただアルコールを楽しみながら食事をすると冷静に会話をすることができないこともありますし、相手を正しく判断しようと思ってもアルコールが邪魔してしまい、冷静な判断ができなくなってしまいます。しかしランチデートではあまりアルコールを飲むことは少ないため、冷静に相手に対する判断をしていくことができます。相手との相性をしっかりと判断したい男性の中には、デートでランチを選択する方も多くいるといえます。

次の約束を取り付けやすい

ランチデートではディナーほどハードルが高くありませんし、ショッピングやランチなど友達と一緒に出掛けるようなイメージなので男性にとって誘いやすいものです。また男性にとっては次の約束を取り付けたいと思うものです。次回もランチデートならハードルが低いため、男性も誘いやすいですし、女性にとってもOKを出しやすいものです。相手の女性との関係をスムーズに良くしていきたいという男性の心理が働き、ランチデートを多く選択させているといえます。

ランチデートにおすすめの服装

ディナーよりももっとカジュアルで気軽に男性と出かけられるランチデートはディナーとは違った楽しみ方ができます。ランチデートではディナーとは違ってもっとカジュアルなファッションで出かけたいものです。ただランチデートをしたことがない方は、どんな服装にしたらいいのかわからなくなってしまうものです。そんな時に備えて、ランチデートにピッタリのファッションを知っておくといいでしょう。そこでお勧めしたい服装をご紹介したいと思います。

清楚なワンピース

(エモルナ)emoluna 半袖 ワンピース レディース マキシ 丈 後ろリボン ゆったり 楽ちん ロング 無地 ギャザー 体型カバー マタニティ (M, ブラック)
男性の多くは女性に対して品格と清楚さを求める傾向にあります。そのため、ランチデートでは清楚なファッションを知っておくといいでしょう。白などの淡い色のワンピースは清楚な雰囲気を簡単に出すことができます。またワンピースに清潔感のあるアクセサリーをプラスしてさりげないおしゃれ感を出してもいいでしょう。ランチデートで清楚なワンピースは定番といえますし、失敗することがありません。

女性らしいフレアスカート

[ゴールドジャパン] ボトムス スカート ロングスカート フレアスカート ウエストリボンスカート コットンスカート 大きいサイズ レディース sw-0132 LL-3L カーキ
ランチデートではあまり重い感じではなく、フェミニンさや清楚さを引き出すようなカジュアルファッションにすることが基本となります。フェミニンさを出すにはパンツではなくスカートの方がいいでしょう。フレアスカートならフェミニンな印象を抱かせることができますし、年齢や体型に関係なく着用できる点も魅力となっています。フレアスカートのファッションでは、全体的に女性的な雰囲気になることを意識してコーデを考えるといいでしょう。

露出は控えめに

ランチデートでは清楚さや女性的な雰囲気のファッションを選択すると失敗がありません。そのため、あまり露出するようなファッションは清楚さが失われてしまうため、避けたほうがいいでしょう。なるべく肌を露出させず、女性的なファッションになるように気を付けてください。肌の露出よりも、清潔感を感じさせることに気を遣うことが重要です。

アクセサリーは小ぶりで上品なものを

清楚なファッションでは何となく地味になってしまうという場合には、アクセサリーを活用して少し華やかさを出すといいでしょう。ただアクセサリーによっては派手な印象を与えてしまうこともあります。そのため、アクセサリーでは小ぶりで上品な感じのアイテムを選択するようにしてください。そうすれば全体の雰囲気がフェミニンで清楚な感じになります。

ランチデートで分かる付き合ったら後悔する男性のタイプ


ランチデートではディナーよりももっと気軽に出かけることができるため、男性だけではなく女性にとってもメリットが感じられます。女性にとってはランチデートは相手の男性の性格や相性を知ることができるため、大切な時間になります。ランチデートの際に相手の男性の性格を知り、付き合ったら後悔しないかどうか判断しなければなりません。ここで付き合ったら後悔するような男性のタイプについて説明してみたいと思います。

店員に横柄な態度を取る男性はDVリスクが高い

ランチの際に店員に対して偉そうな態度を取る男性があります。女性に対して強さを見せたいということなのでしょうが、こういった男性はDVを引き起こす可能性があります。そのため、付き合っても大丈夫な男性かどうかしっかりと見極める必要があります。

勝手にメニューを決めてしまう男性はモラハラリスクがある

ランチでこれから食べるメニューを決める際に女性のオーダーする料理まで決めてしまう男性があります。積極性や男らしさを見せたい男性心理がそうさせていることが多いものです。しかし相手の意見も聞かずに自分の意見を通そうとする男性はモラハラの傾向があるため注意が必要です。こういった男性と付き合うと常にストレスを感じる可能性が高くなります。

好き嫌いが多い男性はマザコン気質の傾向


食事の際に好き嫌いが多い男性がいますが、これは小さい頃から自分の好きなように生活してきたことが反映されているものです。甘やかされて育ってきた、マザコンの傾向が考えられます。マザコン男性は常に母親の意見を行動に反映させるため、相手の女性は苦労をすることが多いといえます。

他の女性を見ているなら浮気性の可能性がある

デートの際に他の女性を見る男性も実際には結構いるものです。そういった男性は1人の女性だけではなく、複数の女性と関係を持つ傾向があるといっていいでしょう。浮気性の男性と付き合うと精神的に辛いことも多いため、避けておいた方がいいといえます。

食べ方が汚ければだらしない男

食事の際に食べ方が汚い男性がいますが、そういった男性は生活全般が雑でだらしない傾向があります。不潔にしていていたり、時間にルーズなこともおおいため、付き合うと不快感を感じることが多くあると予想されます。

まとめ

いかがだったでしょうか。ランチデートでは男女ともに気軽に楽しめるため、ディナーとは違った魅力があります。ランチデートに合ったファッションをあらかじめ知っておけばスムーズに準備ができます。またデートでは男性の性格をしっかりと見極めることが大切です。