女性

美人顔の人がもつ10個の特徴とは?美人顔になるメイク法

それぞれ個人によって性格に違いがありますが、同時に顔立ちも異なっています。人によっては自分の顔に関してコンプレックスを持っていたりしますが、自分の顔に自信を持っている方も中にはいるものです。美人と評価される方は、顔立ちがいいものですが、美人の顔には特徴が見られます。その特徴を知れば、顔に対してコンプレックスを持っている方であっても、美人顔に近づけていくことができるものです。

そこで美人顔の顔が持っている特徴について説明をしていきたいと思います。また美人顔になるためのメイクテクニックについても触れてみたいと思います。自分の顔にコンプレックスを持っている方は是非参考にしてみてください。

美人顔の人がもつ10個の特徴とは?

女性
世の中で美人とされている方の多くは顔が美しいと評価されることが多いものです。そんな美人の方の顔にはそれぞれ共通した特徴というものがあります。この点を知っていくと、自分が持っているコンプレックスを隠すことができ、より美人顔に近づけていくことができるものなのです。これまで自分の顔で気になる部分があるという方は、まず美人顔が持っている特徴について知っていくといいでしょう。

ここで美人顔の方が持つ特徴の中で特に顕著なポイントを10点に絞ってご紹介していきたいと思います。どれもきっと納得できることばかりだと思います。

小顔

笑顔
美人とされる方の共通するポイントとしては顔が小さいという点があります。美人で大きめな顔をしている方はあまりいないといえます。大きな顔をしていると全体のシルエットがアンバランスに見えますし、美人には見えにくくなってしまいます。大きな顔をしている方はメイクによって小顔に見せていくことができます。そのため、大きな顔をしていることがコンプレックスとなっている場合、顔を小さく見せるメイクテクニックを活用することで、コンプレックスを自然に隠すことができます。小さめな顔立ちはすっきりとした感じに見せてくれますし、痩せて見える点もメリットとして挙げられます。

目が大きく二重

美人の条件として目が大きいことが挙げられます。瞳が大きいと華やかな印象になりますし、美しい顔立ちになります。また目の印象をより良くする条件として二重瞼が挙げられます。一重瞼になっているとまぶたが腫れぼったく見えてしまいますし、目の印象が弱くなってしまいます。あまり目が大きくない方は目を大きく見せるメイクをすることで大きく印象を変えることができます。また一重瞼の方は二重にするアイテムを使用することですっきりした目に見せることが可能です。

口と鼻の距離が近い

顔のパーツの位置関係は美人かどうかについて、大きな影響を与えます。口と鼻の距離が遠いと顔がアンバランスに見えたり、面長に見えてしまいます。そのため、口と鼻の距離が遠い方はメイクによって距離感を近くするようにしていくといいでしょう。そうすることで顔のパーツのバランスが整い美しい顔にすることができます。

鼻が高い


美人の方の多くは鼻が高い傾向にありますが、日本人の多くが鼻が低いといえます。鼻が高いと顔が立体的に見え、華やかさを感じることができます。そのため、鼻が低い方は高く見せるメイクを施すことで欠点を上手に隠すことができます。また立体的な顔立ちになり、より美人度が上がります。

口角が上がっている

美人を左右する顔のパーツとして口元も挙げられます。口が大きかったり、小さすぎるといったように、バランスが悪いと美人度が下がってしまいます。ただこれだけではなく、口角が上がっていることも重要です。口角が下がっていると不満そうに見えたり、明るさが感じられません。この点もメイクによって 改善をすることができます。またいつも口元を上げた感じで会話をするなど、自分なりに意識して口元を作るようにすることも大切です。

歯並びが綺麗

笑顔が素敵な方は美人度が上がりますが、笑顔を見せた時に歯並びがきれいなことは美人の条件として挙げられます。歯並びが悪いと口元の印象が悪くなってしまいますし、清潔感の点でマイナスポイントとなってしまいます。ただ歯並びはすぐに修正することが難しいといえます。美人に見せるために、あまり大きく口を開けて歯並びが強調されないようにすることが大切です。

目が輝いている

顔立ちや表情から健康的に見える方は美人度がさらに上がります。不健康な印象は美人に見えにくいものです。そのため美人に見せるために、体の健康に気を付ける必要があります。健康的な方は目に輝きがあります。健康だと肌がきれいに見えますが、目も同時に輝いています。目の輝きは日常の生活が影響しています。目の輝きはメイクでは隠すことができません。これについては日々健康的な生活を送って、美しい目にする努力が必要になります。

肌に艶がある

 

美人の条件というと何となく顔が美しいことだけが強調されがちです。しかし美人であることは全体的なバランスが良かったり、肌の状態が良いことも条件となっているのです。肌が美しくないと美人には見えにくいものです。そのため、美人を目指す方は艶のある肌を常にキープすることが必要になります。ツヤとハリがある肌をしていると、美しさが強調されます。そのため保湿を中心としたスキンケアを毎日しっかりと行い、肌を常に美しい状態にしておくようにしましょう。

涙袋がある

目が潤んでいたりするとそれだけで瞳の印象がずっと良くなります。また個性的で女性的な雰囲気を感じさえ、美人度が上がります。目元の印象が魅力的な条件として涙袋があることが挙げられます。涙袋があると、目元がより強調され、魅力的な雰囲気になります。

Eラインが綺麗

美人の基準を図るために最近設けられた基準がEラインです。これは鼻の先端から額にかけたラインのことを指します。横顔を見せた際、Eラインから口元が出ていないことが美人の基準となっています。Eラインから口元が出てしまっていると美しさが感じられないとされています。メイクで正面からの見た目をごまかしたとしても、横顔になるとごまかすことができないものです。そのため、リンパマッサージなどによって改善を図っていくことが大切になります。日々マッサージを行うなどして、できる限りEラインから口元が出ないようにしていきたいものです。

美人顔になるメイク

美人にあこがれを持っていても、目が小さい、鼻が低いといったコンプレックスを持っていることで美人になれないと思っている女性も多いものです。しかし美人に近づけることは可能です。メイクをすることで美人顔に変身させることが可能です。そのための方法を正しく知り、実践していくことが大切です。間違った方法を理解すると、全く違った仕上がりになってしまいます。そこで美人顔になるためのメイク方法について説明していきたいと思います。誰でも気軽にできる方法ですから、自分でも実践できるものを選び、メイクに取り入れてみてください。

カラコンで黒目を大きくする

目の印象を強くする、目の大きさを変えるためにはメイクの他にカラコンを利用する方法があります。目の大きさはメイクによって変えていくことはできますが、それだけではなくカラコンを使用すればより目を大きくすることができるものです。カラコンの中でも黒目の大きさを変え、より大きな黒目にできるタイプを選択してください。着用し、その上でメイクをすれば目の印象が大きく変わってきます。またメイクをしない日でもカラコンをすれば目の印象を変えていくことができるものです。そのためメイクをしない日でも、カラコンを使用していくことが大切です。

ファンデーションを伸ばした後にスポンジで抑える


美人顔を作っていくためにはメイクの仕上がりが重要ですが、そのベースとなるのがファンデーションです。美しい肌を維持することが美人になるための基礎になります。肌に透明感がなかったり、乾燥しがちな肌の方は特にファンデーションの仕上がりにこだわってメイクをしていくようにしてください。ファンデーションを肌に乗せた際には均一な厚さで伸ばしていきます。そうすることで光の反射が均一になり、肌がきれいに見えます。

この後にはファンデーションの付きが良くなるために、スポンジで面倒でも抑えるようにしてください。優しくスポンジで抑えることで、ファンデーションがよれたり崩れたりすることがありません。このひと手間をファンデーションをつける際に取り入れてみてください。

顔の黄金比率を意識してパーツのバランスを整える

美人顔にしていくためには、顔のそれぞれのパーツのバランスを考えていくことが大切です。バランスが悪いと不自然な感じになってしまいますし、美人には見えないものです。そのため、メイクをしていく際には黄金比率を意識してください。この基本となる数字として、顔の縦の長さと横の長さの比が良く挙げられます。顔の横の長さを1とすると縦の長さが1.46になることが基本です。この黄金比率になるように、メイクをすすることを意識してください。その上でアイメイクやハイライトを行っていくことが大切です。

肌より2トーンほど暗い色でシェーディング


顔がのっぺりした感じになっていると美人な感じには見えないものです。はっきりしない顔立ちで悩んでいる方はメイクによって立体的な感じになるようにすることが大切です。シェーディングを行うことで顔が立体的になり、華やかな顔立ちになります。その際には自分の肌の色よりも2トーン程度暗い色でシェーディングを行ってみてください。2トーン暗い色が最も自然にシェーディングを行っていくことができます。この際には不自然にならないように、少しずつシェーディングを施していくようにしてください。

唇をリップライナーで少し大きめに描く

唇が大きい方はつい口紅をつける時に小さめに描く傾向があります。しかし唇は自分の個性を引き出したり、華やかさを感じさせるために大きめにしていったほうがいいものなのです。バランスを考え、少し大きめに描いていくことが大切です。口紅をつける時には直接口紅を使用するのではなく、リップライナーを使って少しずつ描いていくようにしてください。そうすれば美しく口紅をつけていくことができます。リップライナーを使うのは面倒と感じる方もいますが、美人顔にしていくために、リップライナーは必須のアイテムです。

眉頭はほんのりぼかし気味に仕上げる

眉を描く際にはあまり強く描いていくことは避けてください。眉の存在が強調されてしまい、不自然な感じになってしまいます。またきつい表情になってしまいます。眉は自然になるように描いていき、特に眉頭はほんのりぼかすようにして、優しい表情になるように仕上げていってください。

まとめ

いかがだったでしょうか。多くの女性の憧れである美人顔ですが、正しいメイクによって美人顔に誰でも気軽に近づけていけるものなのです。そのために、自分に合った正しいメイクを覚え、日々実践していくようにしてください。