レディに着こなす!大人な「タイトスカート」コーデ活用10パターン

フィット感がレディに仕上がる《タイトスカート》

出典:instagram.com

女性らしさを1番感じさせるファッションアイテムであるスカート。その中でもタイトスカートは、女性らしいラインを引き出してくれるアイテムです。

タイトスカートの「タイト」には、ぴったりと言う意味があり、その名の通り体とのフィット感が強く、ストレートなシルエットが特徴。前後の部分どちらかにスリットが入っており、女性らしさを感じさせるデザインです。

普段のコーディネートに「タイトスカート」をプラスして使いたいそんな女性に贈る!今すぐ使える実用的な参考コーディネートをまとめました。お手持ちのタイトスカートをコーディネートに合わせる際の参考にしてみて下さいね。

 

活用するタイトスカートの特徴

 

ロングタイトスカート

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

タイトスカートのシルエット自体は同じなのですが、特徴はスリット部分にあります。他のタイトスカートに比べて、スリット部分に深さがありますね。さり気なく肌見せできるアイテムなので、上品な色気を感じさせます。

セミタイトスカート

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

セミタイトスカートと呼ばれるタイトスカートは、一般的なデザインに比べて裾部分に広がりがあるのが特徴です。ヒップから裾にかけては、ゆったりとしたシルエットなので、通常のデザインよりもフィット感は弱めです。

 

無地のタイトスカートを「デイリー使いコーデ」

高見え!タイトで大人の着こなし

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

ファストファッションブランドのひとつである「GU」のタイトスカートをコーディネートに活用しています。手軽に手に入るアイテムだとは思えない高見えに見える着こなしをしていますね。

トップスとバッグはブラックにすることで、メリハリのある印象を与えます。トレンドのクリアサンダルで、軽やかな印象を与える大人な着こなしの完成ですね。

脚長効果も期待!点身長コーデ

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

低身長さんでも、タイトスカートを取り入れるだけで、身長の低さを感じさせないコーディネートに仕上がります。サイズ感や丈感を意識することで、きれいにまとまり脚長効果も期待できますね。

ウェストベルトタイトスカート活用で「メリハリコーデ」

ベルトで視線をウエストに

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

ベルトがあることで視線が自然とウェストに集まりますね。トップスは、ゆったりサイズ感のアイテムを活用することで、メリハリ感が際立ちます。

色合いも赤色なのでより、女性としての魅力を引き立ててくれるように感じますね。シンプルだけれでも華やかなコーディネートと言えるでしょう。

柄物タイトスカート活用で「華やかコーデ」

ヒョウ柄で強めに

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

ヒョウ柄デザインのタイトスカートで強い女を演出。ただ強いだけの印象になり過ぎないように、トップスはシンプルにまとめるのがポイント。

ヒョウ柄にも使われているブラウン系の色合いをトップスで取り入れることで、コーディネート全体がきれいにまとまりますね。

ギンガムチェック柄でカジュアルに

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

セミタイトな裾にかけて広がるタイプのスカートが登場。ハイウエストにすることで、脚長効果も期待できる着こなし方ですね。

どんなトップスにも対応できる、組み合わせるアイテムを選ばない印象のタイトスカートと言えるでしょう。ギンガムチェック柄は可愛らしくラフに着こなせます。

ストライプ柄で縦長に

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

タイトスカートの元のデザイン自体が細長い印象を与えますが、そこにストライプ柄を取り入れることで、より活かされますね。縦長効果を期待できるタイトスカートと言えるでしょう。

《タイトスカート》で女らしさを活かす

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

タイトスカートの魅力は何といっても、女性らしい体のラインを引き出してくれるところにありますね。ウエスト部分をベルトやアイテムで固定してあげることで、より理想のメリハリラインが生まれます。

きれいな印象を与えるトップスから、カジュアルなTシャツまで幅広く使えるボトムスなので、デイリー使いにもオススメなファッションアイテム。

シルエットのデザインも幅広いので、自分好みのアイテムを見つけることができるでしょう。女度を上げたいと感じる場面に、是非タイトスカートを活用してみて!