美術館デートってアリ?ナシ?成功の秘訣と定番の服装

美術館デートに誘う場合は、最初にテーマを話し、展示作品に興味を持ってもらえそうなお相手を誘いましょう。お互いが現代美術やアート作品に興味がないと、デートが楽しめないものとなってしまいそうです。好奇心の強い人やファッションに興味のあるおしゃれな人なども、美術館デートに誘うと喜んでもらえそうな人達でしょう。好き嫌いが分かれそうな美術館デート、あなたはアリですか?ナシですか?

美術館デートってアリ?ナシ?

美術館だからといって堅苦しい絵画ばかり展示されているということもなく、なかにはユニークな作品や感動的な絵画に出会えるところもあります。最初に思っていたイメージとまったく異なることが多いのも、美術館の特徴です。それだけ絵画作品は、バラエティに富んでいるということでしょう。美術館によって展示品な異なるために雰囲気がかなり違ってきますから、出かける美術館を選んだほうが良さそうです。

美術館デートはアリ派が多数

https://woman.mynavi.jp/article/141026-196/
美術館デートがアリかナシかで言えば、アリ派がけっこういるようです。美術館は好き嫌いが分かれそうな場所ですから、美術が苦手な人であれば美術館デートを提案した時点で、断ってくるのではないでしょうか?美術館デートに誘ったときに興味を示してくれる人であれば、アートアレルギーのようなものを持つ人は少ないでしょう。どのような作品を展示しているかは、事前に美術館のホームページを見ることでわかります。美術館によっては、学芸員が作品内容を詳しく解説しているコーナーを設けているところがありますから、調べてみましょう。

アートに関心があることが前提

美術館デートに誘う相手として向いているのは、好奇心が旺盛で美術やアート作品に関心を持っていることでしょう。共通の好きなジャンルがあったり、好きな作家がいたりすると誘いやすくなりそうです。美術館にもいろんなテーマのところがあり、行く場所によって雰囲気がガラリと違います。お互いに興味が持てそうなテーマやジャンルで展開している美術館を選びましょう。

集中して鑑賞するために別行動の時間が欲しい

美術館でアート作品を鑑賞する際は、好きな作品の前で足を止めてじっくり見たい場合があります。そんなときに誰かと一緒に行くと、長い時間ひとつの作品の前で鑑賞するのは難しいかもしれません。ふたりで出かけたからといって、一緒に見て回る必要はありませんから、それぞれに好きな絵画を見て待ち合わせするのも良さそうです。書店やカフェなどを併設している美術館であれば、片方が絵画を見ている間に本を探したり、お茶を飲んだりすることができます。アート雑貨を売っているコーナーなどもありますから、いろんなコーナーを設置している美術館に行けば、退屈することはないでしょう。

美術館デートを成功させるポイント


美術館デートを成功させるポイントですが、ふたりが共通して興味を持てそうな作者なり、テーマなりの展示をしている美術館を選びましょう。大きな国立美術館のようなところだと堅苦しい雰囲気がありますけど、小さな美術館は建物自体がシャレていますし、一般の人が訪れやすいようにわかりやすいアート作品が選ばれていたりするようです。体験コーナーを設けて来館者が、美術作品を自由に作れるようなところもあります。絵を見るだけでなく、作品を作って楽しめそうな企画を出している美術館を選びましょう。

なじみやすい現代アートに足を運ぶのがおすすめ

美術館には、作者の名前をぜんぜん知らない作品が多く展示されていますけど、なかには小学校や中学校で習った有名な作品が展示されていることがあります。自分が知っている作者の作品を見つけると、嬉しくなったりするものです。ユニークな作品の多い現代アートも、来館者に人気があります。現代アートにはなじみやすいものが多いようですから、足を運んでみてはいかがでしょうか?

会場では静かに鑑賞すること

美術館で作品を鑑賞している人は、みなさん静かに見ています。美術館には、会話してはいけなさそうな雰囲気があります。アート作品の中には、かなりユニークなものもあり、大声で笑ったり騒いだりすると目立ちます。感想を言ったり、批評をしたりするのも作品を見た後に、カフェなどに行って話すようにしたほうが良さそうです。

事前知識はあると良いがひけらかさないこと

美術館巡りが好きな人の中には、作品や作者に詳しい人もいるでしょう。知識が豊富だからといって、恋人に得意げに解説したりすると、引かれてしまうことがあるかもしれません。うんちくは、聞かれたら答える程度にしておきましょう。難解でわかりにくいとされる美術作品ですが、どのような感想を言おうと個人の自由です。いろんな感想を言い合うと、お互いの考え方がわかって面白いかもしれませんね。

美術館に行ったあとのデートコースも決めること


大きな美術館には、館内にレストランやカフェが入っているところがあります。ランチを美術館ですませることもできそうです。美術館に丸一日いることは難しいでしょうから、アート作品を見た後のデートコースを決めておきましょう。美術館で絵画を見た後に、ドライブデートをするのも良さそうです。美術館で見た風景画そっくりの場所に行けば、絵画以上に感動できるのではないでしょうか?

美術館デートで外さない服装:男性編

美術館デートに行くときにおすすめな男性の服装ですが、オックスフォードシャツにチノパンなんていかがでしょう?美術館には、きちんとしたドレスコードがありそうなイメージがありますけど、学生なども見学に来ています。きちんとした服装であれば、カジュアルなファッションでもかまわないようです。

オックスフォードシャツ


オックスフォードシャツは、ボタンダウンシャツの一種です。オックスフォードクロスという生地で作られていることから、この名前がついています。日本では、オックスフォードシャツに白シャツのイメージがあるようです。純白はアートにとって基本の色であり、清潔感漂う色です。黄ばんでいると価値が失われますから、オックスフォードシャツを身につける場合は、まっ白な状態を保つことが大切でしょう。

チノパン


チノパンと言えば、男性の定番のファッションアイテムとして扱われています。チノパンのシルエットは、男性の足をスラリと長く見せてくれます。カラフルな色があることから、その日の気分で好きな色を選べます。チノパンには、オックスフォードシャツがよく似合います。ちなみに、オックスフォードシャツの裾をチノパンに入れるか、そのまま出して着るかですけど、見た目で判断しましょう。オックスフォードシャツの裾が長すぎる場合は、チノパンの中に入れたほうがスッキリして見え、バランスが良さそうです。

美術館デートで外さない服装:女性編

女性が美術館デートに出かける際は、カジュアルなワンピースが可愛らしく見えます。秋から冬にかけて肌寒い季節には、ニットのカーディガンを羽織っていくと良いでしょう。美術館の中は意外に広く歩きますから、ヒールの高い靴より歩きやすい靴を履いて出かけたほうが良いでしょう。立ちっぱなしで作品を見ますから、足が疲れます。普段履きなれている、足になじんだ靴を履いて行きましょう。

カジュアルなワンピース


カジュアルなワンピースは、男性に人気があるようです。ワンピースが人気のある理由ですけど、「女の子らしくて可愛いから」だそうです。女性のほうも、ワンピースならブラウスとスカートのようにコーディネートの必要がありませんから、洋服選びもラクにすむでしょう。ワンピースは男性にとっても女性にとっても、満足できるファッションの代表と言えそうです。

ニットカーディガン


ニットのカーディガンを持っていると、ちょっと肌寒い日に重宝します。バッグの中に丸めて入れても型崩れしないところも、ニットカーディガンの良いところです。美術館の中は広いため、季節によっては肌寒く感じられることがあるようです。夏なども、外は暑くても館内には空調が良く効いています。寒いと思ったら、着ている洋服の上にニットのカーディガンを羽織りましょう。

まとめ

美術館デートを成功させる秘訣ですが、興味が持てそうな展示を行っている美術館を選ぶことでしょう。どのような内容の絵画を展示しているかは、美術館のホームページに掲載されていますから、行く前にひと通り見ておくことをおすすめします。どのような作品が展示されているのか、知っているのと知らないのとでは、楽しさが大きく異なります。事前に知識を入れておくと、美術館の中にあるカフェで会話がはずむでしょう。