女性が結婚する年齢は何歳が妥当?焦るあなたに考えてほしいこと

あなたは、何歳ぐらいで結婚したいと思っていますか?女性が結婚する年齢の平均ですが、平均初婚年齢は30歳を超えているということです。日本は、晩婚化が進んでいます。結婚する・しないはもちろん人それぞれですが、一般的に女性が結婚する年齢は、何歳ぐらいが妥当なのでしょうか?

2022年に女性が結婚できる年齢引き上げが施行

ウェディング
2022年に女性が結婚できる年齢を政府は、現在の16歳から18歳に引き上げることを発表しました。成人年齢は、現在の20歳から18歳に引き下げられるようです。成人年齢の引き下げに合わせて、未成年者や20歳で統一されているほかの法律も見直されることになります。

女性が結婚する年齢の平均は?


女性が結婚する年齢の平均ですが、平均初婚年齢が上がってきています。1950年代には20代だった平均初婚年齢は、平成に入ってから30歳を超える勢いです。女性の晩婚化が進んだ理由として、社会進出が原因と言われています。働く女性が増えた結果として、若い年代に結婚する人の数が減ったということでしょう。

20代前半に一度ラッシュがくる

女性の晩婚化が進んでいると言っても、20代前半に結婚する人もいますから個人差があります。そのとき付き合っている彼氏がいれば、タイミング次第で結婚することもありえそうです。女性の場合は、早く結婚する人と婚期が遅れる人に分かれます。20代で付き合っている彼氏と別れるようなことがあれば、そのまま30代になってしまうことだってあるでしょう。

20代後半になると結婚している人が多くなる

20代後半になると、結婚している人が増えてきます。結婚には早い者勝ちのようなところがありますから、独身の人の数が少なくなればそれだけ結婚するのは難しくなるでしょう。早く結婚する女性のほうが、多くの独身男性の中から自分に合った人を選びやすくなるのかもしれません。

20代のうちに結婚したい!という願望が多い


現在の30代女性が仕事をしながら婚活することを考えると、「20代のうちに結婚したい!」と考える女性の数も増えてくるのかもしれません。20代のうちから婚活などをスタートすれば、20代後半には良い結婚相手が見つかるでしょう。20代後半になってから結婚相手を探し始めたのでは、遅いのかもしれません。

女性が結婚を焦る瞬間

女性

女性が結婚を焦る瞬間ですが、結婚ラッシュや出産ラッシュに乗り遅れたときに、なんとなく疎外感を感じてしまうこともあるかもしれません。周囲がどんどん結婚や出産するようになると、自分一人だけ取り残されたような気持ちになるようです。自分のまわりに独身女性が多い場合は、それほど焦りは少ないかもしれませんが、親しい友人たちが皆、結婚や出産をしてしまうと、少し寂しさのようなものを感じてしまうようです。

25歳を過ぎても出会いがない

出会いの数にも個人差があり、25歳を過ぎても出会いがないと結婚を焦りそうです。ただし、20代でモテている人がスムーズに結婚できるとは限りません。20代でモテたキレイな女性に限って油断するのか、婚期を逃してしまうケースがあるようです。自分はモテないから早めに婚活をして結婚しようと考える女性が、20代のうちに結婚できる例もあります。

30歳を超えた

婚活をし始める人に多いのは、30歳を超えた女性です。歳を取るのは早いですから、のんびり恋愛をしている余裕はなく、一日も早く結婚したいと考えるようになり、結婚相談所などに登録したり婚活を始めるようです。結婚相談所は、結婚したい男女のみを集めた合理的なシステムなので、自分で結婚相手を見つけるよりは速く相手を見つけられるかもしれません。

周囲がどんどん結婚や出産をした


20代の後半にもなると、周囲がどんどん結婚や出産をし出して焦ることになるようです。友達から結婚式の招待状などが届くようになり、嫌でも現実を見せつけられることになります。「まだ結婚しないの?」という親からのプレッシャーなども受け始めるのも、この頃です。親もまた、我が子以上に孫がほしいなどと思い、結婚を急がせるようです。

身のまわりから独身の女友達がいなくなった

仕事が忙しくて友達と疎遠になっていたりすると、身のまわりから独身の女友達がいなくなっていることに気づくのが遅れる場合もあります。独身の女友達から結婚式の招待状が届いたときが、婚活をするタイミングとなりそうです。

まだ結婚していない女性の先輩が焦っていた

あなたの身近に、まだ結婚していない女性の先輩はいないでしょうか?そんな先輩がいたら、リアルな婚活体験が聞けそうですから、聞いておいたほうがいいでしょう。じきに、そのとき聞いた先輩の婚活体験が役立つときが来るかもしれません。

結婚を焦る女性に考えてほしいこと

まわりの友達がどんどん結婚していくと焦る気持ちはわかりますが、結婚がゴールではありません。好きでもない人と結婚してみても、幸せにはなれるかは正直、不安なところです。付き合っている彼氏がいる場合は、その彼と結婚した後の生活を想像してみましょう。自分はどんな結婚がしたいのか、将来設計がしっかり決まっていないままに結婚すると後悔することもありそうです。

周囲のプレッシャーから結婚を望んでいないか

指輪
親に「早く孫の顔が見たい」と急かされるなど、周囲のプレッシャーから結婚したい気持ちになることがあります。実際に結婚するのは、親ではありませんから、自分の気持ちをしっかり固めてから結婚を決めてください。親に急かされるままに急いでお見合いなどして結婚したりすれば、結婚に失敗したときに親をうらむようなことにもなりかねません。

結婚後のビジョンは持っているか

結婚後にどのような結婚生活が送りたいのか、ビジョンは見えていますか?なんとなく成りゆきで結婚すると、結婚後にこんなはずじゃなかったと思うことが出てきます。いろいろ細かいことを決めていたとしても、その通りになるとは限りませんけど、付き合っている恋人とは結婚後の生活についてとことん話し合っておいたほうが良さそうです。

今付き合っている彼氏は結婚相手にふさわしいか

付き合っている彼氏がいる場合も、本当にその人のことが好きで結婚する場合は良くても、迷いがあるままに結婚すると後悔することになるでしょう。付き合っている期間が長い恋人同士でも、実際に結婚すると思わぬことが次から次へと出てきたりするものです。結婚はしてみないとわかりません。

独身のうちにやりたいことはやりきったか

独身のうちにやりたいことはやりきりましたか?何か思い残したことはないでしょうか。結婚すると、生活するのでいっぱいいっぱいになることがありますから、やりたいことがあるなら独身のうちにやっておきましょう。

早すぎる結婚の良し悪し

早すぎる結婚をすると、「もう少し遊んでおけば良かった」などと後悔することもあるかもしれません。子供を若いときに生んでおけば、体力的にも楽なこともありますが、家事や子育てに追われる20代を送り、が過ぎてゆきます。同世代が仕事や恋で充実した時間を送っている間に、家事と育児に追われる生活に。

将来設計ができていたから大丈夫


いくつまでに子供を産んで、いつになったら家を建てるなどの将来設計ができていれば、後悔することはないのかもしれません。どのような人生を送りたいかは人それぞれですから、他人と比較する必要はないでしょう。自分が後悔しないような人生を送ってください。

初めから結婚を想定して付き合っていたから大丈夫

付き合っている恋人がいる人は、初めから結婚を想定して付き合っているのであれば、迷いはないでしょう。恋人との間でケンカが多かったり、価値観の違いが目立ちすぎるような場合に、結婚に迷いが出てきます。

やりたいことができずに後悔している

女性

結婚していなければ、ほかにやれることがたくさんあったかもしれません。人は、自分が選ばなかった道を後悔することがあります。結婚して良かったと思うことを紙に書き出してみましょう。良かったと思うことの数が多い場合、その結婚は成功となり、後悔の数が多ければ失敗ということになるでしょう。

焦って結婚した相手との相性が悪い

結果論になってしまいますけど、焦って結婚した相手との相性が悪ければ、結婚を後悔することになってしまうでしょう。どんなに愛し合ったふたりでも離婚することもありますから、何が幸せになるかは、結婚してみなければわからないものです。

まとめ

女性が結婚する年齢は何歳ぐらいが妥当なのか、それは人それぞれです。早い結婚で幸せになれる人がいれば、遅い結婚で幸せになれる人もいます。ハッキリ言えることは、どのような結婚をしたとしても、後悔しないことが大切です。結婚相手とよく話し合って、悔いのない選択をしてください。