結婚してよかったと思う瞬間!理想の旦那さん・奥さん像は?

結婚後、夫婦がともに生活する中で結婚してよかったと思うときってありますよね。結婚してよかったと思う瞬間が多い夫婦ほど、愛情と絆は強くなっていくでしょう。残念ながら、こんな人と結婚しなければよかったと後悔する夫婦もいるようです。あなたが「結婚してよかった!」と思う瞬間は、どんなときでしょうか?

「結婚してよかった」と思う夫婦・思わない夫婦

カップル ハート
結婚してよかったと思う夫婦は、夫は妻のことを信頼しているし、妻も夫に対して感謝の気持ちを持っています。夫婦それぞれに困ったことが起こったときに、助け合う気持ちがあれば、いつまでも仲良く暮らしていけそうです。お互いに対して信頼関係が崩れたり、感謝の気持ちがなくなったりすれば、たちまちギスギスした関係となってしまうでしょう。

夫婦仲やお互いの両親との不仲は満足度が下がる原因

夫婦仲の悪い、仮面夫婦というのが存在します。表面上は仲が良さそうに見えても、冷え切った関係です。夫婦仲が良くても、お互いの両親と不仲だと満足度が下がると言われています。たとえば、妻が夫の両親と不仲になれば、妻は夫の実家に顔を出さなくなるでしょう。そのとき、妻と自分の親との間で板ばさみになるのは夫です。妻からは自分の両親に対するグチを聞かされ、両親からは妻への不満を言われることになるために、しだいに夫婦仲までおかしくなっていくのです。結婚では、夫婦関係以上に両方の家族同士のつながりも大切になります。

愛し合っている家庭ほど満足度は高い

結婚すると、夫婦で協力し合わなければならないことが、たくさん出てきます。妻が夫をサポートしなければいけない場面は多く、夫も妻に対する理解が必要になるでしょう。特に子育てなどは両方の子供ですから、夫婦がよく相談して育てていく必要があります。夫婦のどちらかに協力する気持ちがなく、片方に丸投げしてしまうと関係が悪くなるようです。夫婦が愛し合ってさえいれば、多少のトラブルが起こったとしても乗り越えていくことができるでしょう。

女性が結婚してよかったと思う旦那さん


女性が結婚してよかったと思うのは、家庭的で家事を得意とする旦那さんです。毎日休みなく家事を行うのは意外に重労働ですから、奥さんが体調が悪いときなどに旦那さんに家事を手伝ってもらえれば、すごく助かるでしょう。なかには、家事をまったく手伝ってくれないという旦那さんもいるようなので、そういう男性と結婚した奥さんが後悔することもありそうです。家事が不得意でも、旦那さんに少しでも手伝う気持ちがあれば、妻はそれだけで満足するものです。

家庭的で家事も得意

奥さんが不満に思うのは、まったく家事を手伝わない旦那さんです。奥さん自身は、家事は自分の担当だと思っているでしょう。風邪を引いたときなど体調が悪くて家事ができないときに、旦那さんが奥さんの身体を思って家事を代わってやってくれるような気遣いを見せると、奥さんは結婚してよかったと思うでしょう。

奥さんのことを理解して信頼する

奥さんのことを理解して、信頼している旦那さんを持つ夫婦は幸せです。「妻の考えていることがよくわからない」と言う旦那さんは、奥さんとどう接していいかがわからないでしょう。日頃から奥さんのことを理解しようと努力する姿勢が大切です。旦那さんに奥さんのことを理解しようと努力する姿勢がないと、信頼関係を築くことができません。

毎日会社で働いている

毎日会社で働くということは、大変なことです。毎月決まった日にお給料をもらってきてくれる旦那さんに対して、奥さんが感謝する気持ちがないと夫婦関係は悪くなるでしょう。疲れた旦那さんをねぎらい、一生懸命に家事をやる奥さんがいるからこそ円満な家庭は成り立っています。

ウソをつかない

結婚生活に慣れてくると、少しぐらいのウソなら大目に見てくれるだろうと思うようになります。ひとつウソをつかれると、相手のことが信用できなってしまうでしょう。なんでも正直に言えばいいというものではありませんけど、ウソをつくことで夫婦関係にミゾができることがあります。ウソをつかないというのも、夫婦が仲良く暮らしていくための大切な要素でしょう。

たまにスイーツを買って帰ってきてくれる

奥さんが甘いもの好きな場合、たまにスイーツを買って帰ってきてくれる旦那さんはありがたい存在でしょう。旦那さんが帰宅する際に、妻の好物を見かけて買って帰ろうとするのは、妻に感謝の気持ちがあるからです。それだけ旦那さんが奥さんのことを愛していて、常に気にかけているということでしょう。

お金の管理を奥さんに預ける

夫と妻でどちらがお金の管理をするかですが、それぞれの家庭によって違ってきます。食品や日用品など生活に必要なものは、奥さんが購入する家庭が多そうです。お金の管理を奥さんに預ける旦那さんが多いかもしれません。少ないお給料でも上手にやり繰りして家計を運営していくのが、妻の才覚というものでしょう。

感謝の言葉を言ってくれる

旦那さんは奥さんに対して、また奥さんは旦那さんに感謝の言葉を伝えているでしょうか?夫婦なんだからいちいち感謝の言葉を言うのは面倒などと思っていると、どんどん感謝の気持ちがなくなっていきます。どんなに小さなことでも感謝の言葉を伝えていると、相手もその感謝の気持ちに応えようという気持ちになっていくみたいですよ。

男性が結婚してよかったと思う奥さん

結婚式 ウェディング

結婚して何十年も経つと、夫婦ともに中年太りをするなど体型が変わってきますし、年々老けてきます。老化をお互いに笑い合えるような夫婦であれば、仲良く過ごしていくことができるでしょう。旦那さんは、実家の両親と奥さんとの関係について気にかけているようです。自分の両親に優しい妻を見ると、結婚してよかったと思うということでした。

結婚してからも「かっこいい」と言ってくれる

男性が結婚してよかったと思うのは、結婚後も変わらず「かっこいい」と言ってくれる奥さんらしいです。奥さんにしてみれば、自分の夫をほめるのはテレくさいかもしれません。ほかの人の前で言う必要はありませんから、ふたりだけのときに言ってみてはいかがでしょうか?

老化をお互いに笑い合える

結婚した当初は若々しくても、長い間にどんどん歳を取っていきます。夫のおなかが出てきて髪が薄くなるかもしれませんし、妻は小じわが増えて若い頃の面影がなくなってくるかもしれません。それでも老化をお互いに笑い合える夫婦は、仲良く老後を暮らしていくことができるでしょう。

旦那さんの実家の両親にも優しい

自分の実家と旦那さんの実家に差をつけることなく、実家の両親に優しい妻がいれば、この人と結婚してよかったと思うでしょう。

料理を褒めてくれる

どんなに豪華な料理を作ったとしても、何も言わずに食べるだけという旦那さんを持っていると、奥さんは料理の作りがいがなくなります。料理が美味しくないときは、ハッキリ「マズイ」と言っていいと思いますけど、美味しいときはほめたほうが良いでしょう。ほめられれば作りがいがありますし、旦那さんが喜ぶ顔が見たいから、好きな料理をたくさん作るようになるでしょう。

ケンカしたときに許してくれる

ケンカした後で、何日も怒って口をきかなくなるような人と結婚すると、家の中の空気が悪くなります。ケンカしても、お互いに根に持たないことが大切です。すぐに仲直りするのは無理でも、一晩寝たら機嫌を直して声をかけるようにしましょう。

まとめ

たまにケンカをすることがあったとしても、一緒に暮らしている中で「この人と結婚してよかった!」と思う瞬間が何度かあるでしょう。人というのは、相手にされて嬉しかったことより、ハラが立ったときのほうをよく覚えているものです。結婚してよかったと感じることがあれば、メモにでも残しておきましょう。そのメモをたびたび読み返せば、感謝の気持ちがわいてくるのではないでしょうか。