生理中のデート、どうする?よくある彼の気持ち6パターン

ずっと女性に付きまとう問題が月に1回訪れる生理です。しかし、生理が来るというのは子供を産むという機能が身体に備わっている女性であれば閉経になるまではどうしてもきてしまうものです。生理とイベントが重なってしまうと、色々と不便を感じるものです。

今回は、彼とのデートで生理が重なってしまった時のことをご紹介します。

デート時の生理、彼に伝える?


生理の時というのは、普段とは体調が少し違います。そのため、彼に伝えるべきかどうかを悩んでしまうこともあるでしょう。彼に伝えるのが良いのか、伝えないでデートした方が良いのか、彼氏の居る女性であれば、誰しもが悩んでしまう問題です。

生理を伝えるのが多数派

女性の意見を見てみると、生理であることを男性に伝えるという女性の方が多数派です。体調を崩しやすい時期でもあるので、急に体調を崩してしまっても大変です。また、男性というのは女性の身体を理解していない人も多いです。そのため、伝えておかなければ女性のデリケートな時期である生理時期のことについて分からないことが多いためです。

生理を伝える場合:体調に合わせたデートを彼と考えよう

生理中は体調を崩しやすいからこそ、普段だったら大丈夫なデート内容でもしんどく感じてしまうことがあります。好きな人とのデートは、楽しみたいものです。だからこそ、生理中であっても無理なく楽しむことができるデートを彼氏と考えていくことも大切です。そのためにも、彼へ生理への理解を求めましょう。

生理を伝えない場合:無理をしないデートを組もう

中には、彼氏に生理であることを伝えられないケースもあります。ですが、無理は禁物です。デートのプランを考える際には、自分の生理中での体調でも楽しむことができるデートプランを自分で考えて提案していきましょう。生理だと彼に伝えなくても、自分の体調に合ったデートをすることも可能なので、上手くデートの内容を決めていくことが大切です。

生理中のデートに男子が思うこと6パターン


彼に、生理中だと伝えると、内心彼はどんなことを考えているのか気になってしまう女性も少なくありません。そこで、生理中でデートをしている際に彼が考えていることについていくつかのパターンをご紹介します。これからご紹介する内容を読んで、男性の心理を把握してみましょう。

体調がつらいから優しくしたい

男性に生理が来るということはありません。そのため具体的に、どのように体調が悪くなるかというのはあまり詳しく知らない男性が多いでしょう。しかし、体調があまりよくないことは理解してくれるはずです。体調が悪くないことを知れば、彼女の体調を気遣って優しくしたいと考えていることもあります。

遠出はやめて家でデートしよう

彼女が、生理で体調があまりよくないことを知れば、無理をして普段通りのデートプランや、アクティブなデートを実行しようと考える男性もあまり多くはないでしょう。そのため、彼女の体調のことを考えて彼女の身体の負担が少ないデート内容を考えてくれることもあります。お家デートは、身体の負担も少ないのでお家デートを考える男性も多いようです。

甘えさせてあげよう

体調が悪い時と言うのは、甘えてしまいたくなる時が結構あります。そのため、彼女が体調があまりよくないことを知ると、自分に甘えさせてあげたいと考えている男性も多いようです。なので、生理中は体調が悪い時には素直に彼に甘えてみるのも1つの手です。あまり無理をせずに一緒の時間を過ごしましょう。

身体を温めるものを食べさせてあげよう


女性が生理で体調不良になる原因として多いのが、腹痛です。生理による腹痛や腰痛などは、お腹を温めると症状が緩和されるというのは多くの人に知られている方法です。そのため、生理でお腹が痛い女性をいたわって、身体を暖めるものを食べさせてあげようという気遣いを見せる男性も多いようです。そのような気遣いを感じた時には、甘えてみるのも1つの手です。

彼女の気分がコロコロ変わるから大変

生理中の女性というのは、ホルモンバランスの変化から気分がコロコロ変化してしまいがちです。女性側も、意識して気分を変えているわけではないですが、その気分の変化に付き合う彼も大変です。そのため、彼女の気分の変化に振り回されているように感じてしまうと、大変に感じてしまったり疲れてしまうこともあります。身体の変化から生じるものではありますが、あまり彼を振り回し過ぎないように気を付ける必要もあります。

セックスできないからヤダ

この気持ちは、特に若い男性に見られがちですが、セックスできないことが嫌だと感じてしまう男性もいるようです。特に若い男性というのは、性欲も強いのでデートをするとなればセックスもしたいと考えている人も多く居ます。なので、彼女の生理によってセックスができないと知るとがっかりした気持ちになってしまうこともあります。

女性ができるデートと生理が重ならないようにするコツ

生理がデートの日と重なると、体調不良が起こりやすい女性はデートの日と生理の日が重ならないように工夫するのも1つの手です。とは言っても、身体のことだから自分で制御するのも難しいと思ってしまう人も居るのではないでしょうか?最近では、色々便利なツールがあったり、薬なども存在しているのでそれを活用することで生理日とデート日が重ならないようにすることもできるのでチェックしてみましょう。

アプリで排卵予定日や体温表を管理


最近では、女性向けの生理周期などを管理することができるアプリも多くあります。このようなアプリでは、基礎体温を入力することができるので毎日基礎体温を測って入力しておけば、おおよその自分の生理周期を把握することも可能ですし、生理の予定日なども知ることが出来るので非常に便利です。毎日の習慣として、アプリを活用して自分の生理周期を理解してみるのも良いでしょう。

生理になりそうな時期に移動が多いデートを入れない

女性の生理というのは、規則的にくる人と少し不規則な人とに分かれます。規則的な人だと、基本的に毎月同じような時期にくるので、ある程度生理が来そうな時期というのは自分で分かっているものです。生理中にしんどい思いをしないためにも、もし生理が来そうな時期にデートをすることになったら、移動が多いデートなど身体に負担かかかりそうなデート内容は避けるようにすると良いでしょう。

ピルを飲んで生理を管理

産婦人科に行くと、出してもらうことができるピルには色んな種類のものがあります。避妊の効果があるものはもちろんですが、生理の周期を規則的にしてくれる効果のあるものなども存在します。生理周期を規則正しくしたいときにはそのピルを使用してみましょう。また、旅行デートがあるから、生理をずらしたいという時にも早めに病院に行き処方をしてもらえば生理時期をずらすことも可能です。ピルを上手く活用して、生理のを管理するという手段も検討してみましょう。

まとめ

生理は、腹痛や腰痛などをはじめとするさまざまな体調不良が起こりやすい時期です。そのため、デートをすることで体調不良を感じてしまうこともあるので気を付けていかなければいけません。特に、日ごろから生理によって体調を崩しやすいという人はデートの内容を自分の体調に合わせたものにしてみると良いでしょう。
また、相手にも自分の体調を理解してもらうのも1つの手です。そして、快適にデートを楽しむためにも自分の生理周期を把握しておくというのも有効です。場合によっては、病院に薬を処方してもらうなど、デートを楽しむことが出来るように体調を整える方法はあるので、上手く活用していくことで彼とのデートを楽しんでいきましょう。