女性

辛い恋愛を抜け出したい!ケース別・心が楽になる解決策

辛い恋愛を抜け出したいと考えている女性もきっと多くいることでしょう。しかし、その辛さというのは状況によって大きく異なりますし、人によって感受性の違いがあるので辛いと感じるかどうかも異なってくるでしょう。そこで、今回は様々なケースやパターンを想定した上で、辛いと思うシチュエーションは何なのか、どうやったらその気持ちから脱することが出来るのかを記載します。

みんなが一度は感じる恋愛の辛さ

女性
恋愛が辛いというのは恋愛をしたことがある人たちならば必ず1度は経験したことがあるのではないでしょうか。恋愛が辛いとかしんどいと感じたことがあるという人たちが77%もいるようで、かなり多い数字になっています。しかし、恋愛をしたことがある人たちならば1度は感じるものと言われているのに、23%の人は感じたことがないということは以外と大きな数字と言えるのではないでしょうか。

辛い恋愛だったと思うシチュエーション


それではより具体的に辛い恋愛だったと思うシチュエーションや状況をわかりやすく記載して参ります。恋愛で辛い経験をしたことがあるという方はそのときのちょっとしたビターな気持ちを思い返しながらみてください。そして辛い経験をしたことがまだ無いという方は同じようなシチュエーションになってしまったらもしかしたら辛い思いをするかもという心の事前準備につかってください。

片思い

基本的に辛いと感じる瞬間の第一歩が片思い期間です。恋愛のスタート地点ですが、このスタート地点の時点でちょっとした地雷が爆発し始めます。たとえば、片思いでありこちらから近づきたいと考えているのに思わせぶりな態度で接近してくるような人とか、相手のちょっとした喜怒哀楽を大きく捉えるようになってしまうことで、メンタル的に疲れるようになってしまうというパターンもあるでしょう。
また、相手の気持ちを探るために必須になって感じ取ろうとする行為や、相手の表現が本当なのか真意を探るという行動までするようになるとちょっとした日常生活も常に張りのある緊張感最大の生活になってしまいます。ここに、告白する勇気ななかなかモテなくてやきもきしてしまうという状況がセットになってしまったら、かなり苦しくなってしまうでしょう。

相手に好きな人がいる

片思いの期間で最も致命的な辛さとなるのは、片思いの相手に好きな人がいるというパターンです。これは最もダメージが大きくしばらく立ち直ることが出来ません。その恋愛がそこでストップすることも多々あります。よくあるのが、片思いをし始めたときに相手に意中の人がいると気がついてメンタルがボロボロになるというパターンです。

遠距離恋愛


本当に恋愛がうまくいっていたとしても、転勤や転職や就職で離ればなれになるケースもあります。いわゆる遠距離恋愛というパターンですが、好きなのになかなか会えないというのは非常に辛くこの状況に陥ってしまうと解決策も見つからなくなってしまい、別れてしまうというケースが非常に多いです。遠距離恋愛は自分が仕事を辞めて追いかけるといった極端な方法をとらないとどうにもならないのがネックと言えるでしょう。今も昔も恋愛の悩みの種となっています。

不倫

恋愛や結婚生活が辛いと感じる瞬間としてあげられるのが、不倫や浮気の発覚でしょう。不倫や浮気は必ず多くの方々を傷つけてあらゆる方向に大ダメージを与えます。不倫をした側もダメージが大きいですが、信じていた人に裏切られてしまったという不倫をされた側のダメージは最たるものでしょう。法律的にも牴触する行動になり兼ねないので、絶対にNGですし、法律に抵触するような行動をされたという現実も重いものとなります。

浮気をされた

恋人として付き合っているのに浮気をされたという事実も十分に重いでしょう。これは不倫と比べるとまだマシかもしれませんが、裏切られてしまったという事実には変わりないので、確実に心にダメージが入ります。不倫や浮気によって傷ついてしまうと、しばらくは再起不能になってしまいますので、恋愛ごとからは距離を置くことになるでしょう。

片思いや相手に好きな人がいる場合の辛い恋愛の抜け出し方

片思いや相手に好きな人がいる場合の辛い恋愛の抜け出し方は究極的に2パターンに分けることが出来ます。この2パターンはどちらにしろ辛い選択肢になりますが、やきもきし続けるよりはましです。

告白する


まず、片思いの相手に好きな人や気になる相手がいた場合、それが勘違いである可能性もありますので、一縷の望みにかけて特攻精神を持ち告白するというやり方もあります。ここで成功した場合は、己の望みが成就したと喜べばいいですし、ここで仮に失敗したとしても綺麗さっぱり諦めることが出来るので、ずっと続く辛い痛みよりもダメージは少ないでしょう。

諦める

また、告白しても100%勝てないとはっきりとわかった場合、すっぱりと諦めてしまうのも正解です。諦めるという行為は負けのように感じますが、ずるずると気持ちが切り替えられない状況が続くことの方が危険なので、撤退できるときは撤退しましょう。

遠距離恋愛の場合の辛い恋愛の抜け出し方

遠距離恋愛の場合はそれだけでリスクが大きくなってしまいますが、この状況における辛いという感情を抑制する方法も一応は存在します。そちらを順番に学んでいきましょう。

相手に過度な期待をしない

遠距離恋愛は基本的にそばにいないので今までのようにお互いの気持ちや状況を把握することは不可能です。そこで、今まで通りに理解し合いたいという気持ちが発生すると、お互いの辛さが倍増します。なので、相手に過度な期待をしないで、おおらかな気持ちを持つことが非常に重要となるでしょう。

会えないときは趣味に没頭する


また、会うことができない状況というのはどうしようもないことが多いので、無理なら無理と割り切って空いている時間は趣味に没頭することも正解となります。今までパートナーに費やしてきた時間を自分の時間に還元してしまうのです。

気持ちが伝わるまで電話する

それでも駄目なら、電話やチャットアプリを使って連絡を取りましょう。寂しいという気持ちや辛いという気持ちを紛らわせるためには、直接会ってお話しするのが一番ですが、連絡を取り合えるという状況でも十分に救われます。あまりしつこいと嫌われる恐れもありますが、寂しい気持ちが募ってしまったら、気持ちが伝わるまで電話をしましょう。

不倫・浮気をされた場合の辛い恋愛の抜け出し方

不倫や浮気をされてしまった場合、かなりメンタル的に追い込まれてしまいますが、そこから脱却する方法はいくつかありますので、その方法について記載いたします。

浮気をされたら相手を許せるまでとことん話し合う

浮気や不倫は裏切りです。この裏切り行為を許せるかどうかをまずは考えましょう。そこで許せるというラインが設定できたのならば、どこまで許せるのかを判断するために相手ととことん話し合ってみましょう。そこでその妥協点に達することが出来ないと判断したのならば、別の行動をとりましょう。

浮気をされたら別れる


先ほど説明したように妥協点を軽く逸脱するような人物であると発覚した場合は、無理に許す必要はありません。そのまま別れるのが正解です。最初から不倫や浮気は裏切りであり許すことは出来ないという価値観がある人は即に別れましょう。

不倫なら相手の家庭を壊すことを想像して諦める

不倫をした相手を絶対に許せないという気持ちが発生することはしょうが無いのですが、その気持ちを実際に実行してしまうのは非常に危険です。相手の家庭を壊すといった妄想や想像はいいのですが、実際に行動にうつすのはやめましょう。

不倫なら思い切って略奪愛をする

どうしても、相手の家庭が幸せなのが許せないという人は略奪愛を実行するという方法もあります。ただし、これは誰も幸せにならない最終プランなので、実行は控えてください。略奪した先に幸せになれる場合もあるのかもしれませんが、人を傷つけてしまったことへの後悔は簡単に消えるものではないのではないでしょうか。

まとめ

恋愛によって発生するメンタル的なダメージをケアする方法は非常に難しいです。なので、発生するダメージを最小限にすることが最も効率的な予防策となります。一度心が切開されてしまうと、当分の間は開きっぱなしになるので開かれないように立ち回る術を覚えましょう。