自信がない人に見られる8つの特徴と克服方法

自分に自信がない方だと何をするにも自信が持てませんし、恋愛にも奥手になってしまうことがあります。自信さえあればいろいろなことにチャレンジできますし、もっと前向きになれると思っている方もおられるでしょうが、確かに自信があれば人生もっと前向きに明るくなることもできるでしょう。ここでは、自信がない人に見られる特徴やその克服方法などについてお話したいと思います。自分に自信を持ちたい方もぜひ読んでくださいね。

自信がないと思っている人の8つの特徴

自分に自信がないと思っている人には共通する特徴があります。ここではいくつかその特徴をピックアップしましたから、ぜひ参考にしてください。

①回りからの評価を気にする


周りの評価をやたらと気にしている方もいますが、このような方だと自分に自信がない傾向にあります。自分に自信を持っている方だと信念を持って行動していますし、周りが何を言おうが思おうが関係なく行動します。周りの雑音を気にしてしまうこともありませんし、自分がそうだと信じた道を突き進もうとします。しかし、自分に自信がない、自信を持てないという方だと常に周りの評価を気にしてしまいますし、評価が低いとなると落ち込んでしまいます。

②他人の意見に流されやすい

他人の意見に流されやすいというのも自信がない人にみられる特徴ではないでしょうか。自分に自信があるのなら堂々とその意見を主張するはずですし、周りから反論されたとしても論破できるはずです。仮に論破できなかったとしても自分が信じているのですから間違いないと思えますし、自分の考えを敢えて捻じ曲げるようなことはしないでしょう。自信がない人は自分の主張、意見に自信を持てていませんから、周りから別の意見を述べられるとそっちのほうが正しいかもと思って流されてしまいます。

③自己評価が低い

自己評価がとても低い方も自分に自信を持てていない証拠です。周りからはそれなりに評価されているのに、自分への評価は恐ろしく低いという方は実際に少なくありません。自分は何をしてもダメなやつだ、何もできない、あの人には到底敵わないなどなぜか過剰に自分を卑下してしまう傾向にあります。

④前置きに否定的な言葉を言う

自分に自信を持てないタイプの人は否定的な言葉をよく使うことがあります。前置きとして否定的な言葉を使ってしまいますし、基本的にあまりポジティブな言葉は使いません。これは自信のない人の特徴ですね。自分に自信が持てないために敢えて否定的な言葉を使ってしまいますし、ネガティブな言葉も多用してしまいます。

⑤すぐに悩んでしまう


すぐに悩んでしまうのも自信が持てない人の特徴と言えるでしょう。ちょっとしたことでもすぐに悩んでしまいますし、そこまで深刻にならなくてもいいようなことでも深刻に考えてしまいます。

⑥コミュニケーションを取るのが苦手

他人とコミュニケーションをとるのがヘタなのも特徴です。自分に自信がありませんから、積極的に他人とコミュニケーションをとることができません。自分なんかが話しかけてもいいものか、もし拒否されてしまったらどうしようと防衛本能が働いてしまいます。そこまで深く考えることはないのですが、自分に自信が持てない人というのは常にそのように考えています。言葉で上手にコミュニケーションをとることができませんし、そのため仲良くなりたい人や気のある人に変なアプローチをしてしまうこともあります。

⑦うつ向きがちな姿勢を取ってしまう


自信のある方だと真っすぐに前を向いて歩いていますが、自信のない方だとうつむきがちな姿勢で歩いていることがよくあります。座っているときでも猫背になってしまったり、下を向いてしまうことが少なくありません。

⑧何事も悪い結果が起こるのではと思いがち

何事も悪い結果が待っているのではないかと思ってしまうのも自信がない方によくみられる特徴です。いわゆるネガティブ思考というやつですね。自分が関わるとろくなことにならないのではないか、最終的に良くない結果になるのではないかと思ってしまいます。

実は思いこみで自信が持てていないだけかも

自信がないのは自分に自信を持てるだけのものがないからだ、と思っている方は少なくないでしょう。しかし、そうではなくただの思い込みで自分に自信を持てていないだけということもよくあります。実際にこうしたケースは多いですし、実はできる人間なのに思い込みだけで自信を喪失してしまっているケースもあります。

極度な完璧主義


いつも完璧さを求めてしまうという方もいますが、このような方は実はできる人なのかもしれません。周りの人はできることを認めているのに、自分でそれを封印してしまっているタイプですね。

認められたいという思いが過小評価を生む

周りの人に認められたい、という強い想いを持っていると過小評価を生んでしまうことがあります。もっと頑張らないと自分は認めてもらえない、まだまだこんなものでは足りないという気持ちがあると「自分はまだまだ」と思ってしまいますし、どんどん過小評価になってしまいます。その結果自信も無くしてしまうということですね。

できないのはただ行動していないだけだから

できないと思っているのはただ行動に移していないから、ということもあります。行動に移せばできることでも、行動に移していないため自分にはできないと思い込んでいることもあります。思い切って行動してみることが自信を取り戻すためには大切ですね。

性格などに自信が持てない時の克服法

自分の性格などに自信が持てないときにはどうすればいいのでしょうか。どうしようもないと諦めモードの方もおられるかもしれませんが、克服する方法はいくつもあります。ここでは性格などに自信が持てないときの克服法についていくつかお話したいと思います。

意外に他人は自分に興味はないと思ってみる


自信が持てない方は常に周りからの評価、視線を気にしている節があります。周りにもっと評価されたいと思っている方もいますし、それが自信を持てない元凶になっていることも少なくありません。そのため、意外に他人はそれほど自分に興味を持っていない、と思ってみてはいかがでしょうか。自意識過剰にならず、周りの人は自分のことなど大して気にしていない、自分も周りの評価など気にしなくていいじゃないかと思ってみましょう。

比べるなら他人よりも昨日の自分

自信がない人は他人と自分とを比べてしまいがちです。あの人はああなのに自分はこうだ、といつも他人と自分を比べてしまいますし、比べた結果落ち込むというループに迷いこんでいる方もいます。しかし、他人と自分を比べたところで何の意味もありません。むしろ比べるのなら他人ではなく昨日の自分です。昨日の自分より少しでも前に進んでいるのならそれでOKなのです。他人と比べる必要はありません。自分のライバルは最終的に自分でしかないのです。

他人に合わせるのをやめる

自信がない人は他人に合わせてしまいがちです。自分の意見を主張することができませんし、周りの意見につい流されてしまうということがよくありますが、これをやめてみましょう。他人に合わせてばかりの人生だとどんどん自分に自信を無くしてしまいます。自分の言ったことなど誰にも聞き入れてもらえない、と思ってしまうようになりますし、そのうち自分で考えることすらやめてしまうかもしれません。

確かに他人に合わせると楽ですし自分で考える必要もありませんが、それだと自信をなくしてしまう一方です。自信のなさを克服したいのならまずはそこから見直してみるべきでしょう。他人に合わせるのではなく、逆に他人を自分に合わせるくらいになりたいですね。まずは今日からでも人の意見にすぐ流されたり合わすのではなく、自分の意見もぶつけてみるようにしましょう。そうすることで周りからの見方も変わってくるでしょうし、自分に自信も芽生えてくるはずです。

ちょっとしたことは妥協する


完璧主義すぎると自信を持てなくなることがあります。実際にこのような方は少なくありませんし、完璧主義ゆえに自信を持てないという方は多いです。これを改善するためにはちょっとしたことは妥協することです。時には妥協することも必要ですし、完璧主義から抜け出すことができれば自然と自信も持てるようになります。

できなくても困ることはあまりないと考える

たとえそれができなかったとしても困ることはあまりない、と気軽に考えるようにしましょう。どんなことでも深刻に捉えてしまうと自分に自信をなくしてしまいますし、どんどん落ち込んでしまうこともあります。できなくても何も困らない、失敗しても死ぬわけではない、など気軽に考えることができればそのようなこともなくなるでしょう。

勉強に対して自信が持てない時の克服法

勉強に対して自信が持てないときの克服法についてお話したいと思います。学生の方や、資格取得のために勉強している方でどうしても自信が持てない、という方は参考にしてください。

好きな事だけとにかくやってみる

とりあえず自分の好きなことだけ勉強してみるというのはおススメです。いきなり難しいことから勉強を始めたとしてもモチベーションを高めることはできないでしょうし、モチベーションを保つには好きなことだけをやるというのもポイントです。そこから少しずつ勉強の範囲を広げていくと良いのではないでしょうか。また、最初からすべての範囲を勉強しようと思っても無理ですから、好きなことから始めていきやりやすいところから順番に攻めていくというのもポイントです。

勉強をする前に「自分はできる」を5回言葉に出す


これも効果的な方法です。勉強を始める前に自分はできると言葉にして呟いてみましょう。一種の自己暗示ですね。自己暗示に効果があることは知られていますし、トップアスリートなどでも競技前に自己暗示をかけることがよくあります。自分はできると思い込むことで本当にできるようになったり、良い結果を残すことができるでしょう。勉強以外にも使えますからぜひ覚えておいてほしいですね。できれば鏡に映った自分の顔を見ながらできると呟くとさらに効果的でしょう。自分はできる、絶対できる、できないはずがないと自分に暗示をかけてみましょう。

一つ前に戻ってできた自分を思い出す

勉強で行き詰ったときやどうしようもなく落ち込んだときなどは、一つ前に戻ってできた自分を思い出してみましょう。できた自分を思い出すことができればそれが自信につながります。これができたのだからこれもできないはずがない、と思えるようになりますし、モチベーションを立て直すことができます。これも効果的な方法ですから覚えておいてほしいですね。勉強中に自信をなくしてしまうとモチベーションもがっつりと下がってしまいますし、そこから先は頭に入るものも入らなくなります。できた自分を思い出しながら、自信を取り戻しつつ勉強を進めていきましょう。

まとめ


自信がない人に見られる特徴や克服法などについてお話してきました。自分に自信が持てないのにはさまざまな理由がありますし、その理由は人によってまちまちです。生まれ育った環境や今置かれている境遇によって自信が持てなくなったという方もいるでしょうし、人よりも劣っている部分をいつもまざまざと見せつけられて自信を失うというケースもあります。いずれのケースにせよ、失った自信を取り戻すことは可能ですし、自信を持つことができれば人生も変えられます。ここではそのためのヒントについてもいくつかご紹介していますから、自信を持って明るい人生を歩めるようぜひ参考にしてください。皆様のお役に立てれば幸いです。