残暑もまだまだ暑いから!子どもと一緒に楽しめる《おばけ系映画》7選

ホラーはハラハラドキドキして、背筋が凍る思いがしますよね。子どもだって、そんなスリルは好きなはず。でも大人向けのホラーでは刺激が強すぎて、トラウマになっちゃうことも…。

そこで、まだまだ蒸し暑い残暑を乗り切るための、《子どもと一緒に楽しめるおばけ系映画》を7つ後紹介します。

キャスパー(1995年)

キャスパー (字幕版)

怖さ★ 可愛さ・面白さ★★★ 感動★★★

少年の幽霊であるいじめられっ子”キャスパー”。可愛いビジュアルのおばけ・キャスパーが、孤独な女の子と友達になろうと奮闘するストーリーです。

とにかくキャスパーが可愛らしくて、怖さはあまりありません。低学年の子供でも楽しんで観られる映画です。これなら、おばけも克服できちゃうかも。

アダムス・ファミリー(1991年)

アダムス・ファミリー (字幕版)

怖さ★ 可愛さ・面白さ★★ 感動★★

シュールでブラックユーモアがある映画。個性の強いキャラクターやハチャメチャな世界観で、大人も子供も一緒に楽しめるでしょう。

続編に「アダムス・ファミリー2」もあるので、合わせて観てみるといいですよ。

メン・イン・ブラック(1997年)

メン・イン・ブラック 3 (吹替版)

怖さ★ 可愛さ・面白さ★★★ 感動★

おばけや宇宙人を退治する黒づくめの男たちがカッコいい!爽快で笑える映画です。

続編の2と3もあるので、夏休みにまとめて観るのもいいですね。

モンスターハウス(2006年)

モンスター・ハウス (吹替版)

怖さ★★ 可愛さ・面白さ★★ 感動★

ロバート・ゼメキスとスティーヴン・スピルバーグがタッグを組んだアニメ映画。少年たちがモンスターの屋敷と果敢に闘う姿が描かれています。まさにハラハラドキドキを実感できる映画です。

フランケンウィニー(2012年)

フランケンウィニー (字幕版)

怖さ★★ 可愛さ・面白さ★★ 感動★★

白黒アニメなので、カラーに慣れている子供は最初戸惑うかもしれません。しかし、蘇る動物たちが可愛らしく、すぐにストーリーに入っていくことができるでしょう。

リメンバーミー(2018年)

リメンバー・ミー (吹替版)

怖さ★ 可愛さ・面白さ★★★ 感動★★★

アニメ映画。メキシコが舞台となっており、死者の国へ迷い込んだ少年が真実の愛を見つけるストーリー。

カラフルな映像と音楽に惹きつけられることでしょう。

シックス・センス(1999年)

シックス・センス (字幕版)

怖さ★★★ 可愛さ・面白さ★★ 感動★★★

死者が見える少年と、担当医である小児精神科医との交流が描かれています。ストーリーをしっかり理解できる高学年以上におススメ。

ラストの展開に、大人もビックリさせられるかもしれません。

シザーハンズ(1990年)

シザーハンズ (字幕版)

怖さ★ 可愛さ・面白さ★★ 感動★★★

ジョニー・デップの代表作で、両手がハサミの人造人間と人間との切ない恋物語。前半はダークな雰囲気がありますが、後半はロマンティックでハートフル。

ちなみにPG12指定です。

映画に興味を持ってもらうきっかけに

わざわざ怖がりの子どもにホラーを見せる必要はありません。おばけが出る映画を一度も観たことがない子どもが映画を観て、トラウマになってしまっては困ります!子どもが「観たい」と言ったら、子どもの怖がり度合に合わせて、見せる映画を決めるようにしましょう。

「キャスパー」のような可愛らしい映画なら、「おばけの映画だよ」なんて予告せずに見始めても良いかも。「スリルのある映画も面白いんだなあ」と、世界観を広げるきっかけになるち良いですね!