休日は肌も休ませよう!ナチュラルで可愛い「休日メイク」のコツ

休日は肌を休ませるのにぴったりなチャンス

大切になる肌の休息日

忙しいウィークデイが終わり、ゆっくりとすることができる休日に入ったらほっとしますよね。いつもはばっちりメイクで決めていても、休日は方法を変えて控えめにしてみてはいかがですか。

たまには肌を休ませることがきれいな状態を保つポイント。負担を軽減し、肌にも休息日を与えてあげましょう。しかし、休日だからといって完全にすっぴんで過ごしていると女子力が下がってしまいそうですよね。リラックスモードにぴったりな休日メイクを知っておけば、そういった心配はありません。

大人可愛い休日メイクを取り入れよう

ポイントをおさえることによって、控えめなメイクでも十分に可愛く見せることができます。いつもより軽いメイクにして肌を休ませながら、女性としての魅力をアップさせてみませんか?休日にぴったりなメイク方法を参考にしてみましょう。

ベースメイクのポイント

基本は日焼け止めだけでOK

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

肌を休ませたい日のベースメイクは、基本的に日焼け止めだけにするのがおすすめ。すっぴんの状態のままだと紫外線による影響を受けてしまうことがあるため、日焼け対策はしっかりと行って肌を休ませるようにしましょう。

気になるところは下地やパウダーを活用

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

もし、毛穴など気になるところがある場合は下地を薄く塗り広げてください。下地だけでも肌のムラを整えることができます。テカリがちな方はルースパウダーを軽くのせてみてはいかがですか。下地やパウダーはスキンケアもできるタイプだと肌への負担を軽減できます。

アイメイクは控えめに

アイシャドウを軽くのせる程度に

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

肌を休ませたい日はアイラインやマスカラはやめて、控えめなアイメイクにしていきましょう。肌なじみが良いベージュ系のアイシャドウをまぶたにのせる程度にしてみてはいかがですか。

すっぴんの目元をメガネで隠す

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

アイシャドウものせず、すっぴんの目元で休日を過ごすときはメガネを活用。メガネをかけることで、目元の寂しい感じを紛らわすことができます。丸メガネなど、インパクトのあるデザインならおしゃれな雰囲気も演出できそうですね。

眉毛やチークでキッチリ感も演出

眉毛はいつも通り描いて

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

休日メイクでも、眉毛はいつも通り描いておきましょう。眉毛が描かれていないと、だらしない印象が出てしまいます。アイブロウパウダーを使い、簡単に眉毛の形を描くだけでOK。休日メイクにふさわしいナチュラル感が出ます。

クリームチークで血色感を演出

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

血色が悪いと、全体的な印象が暗くなってしまいます。キッチリ感を出すためにもチークは軽くのせておきましょう。自然な血色感を出すのにはクリームチークがおすすめ。ナチュラルなピンク系のクリームチークを頰の高い部分に楕円形になるようになじませてみてくださいね。

リップで顔の印象を明るくする

休日メイクの主役はリップ

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

唇の色がくすんでいると、貧相な印象になってしまうことがあります。リップは休日メイクの主役として、しっかりと取り入れていきましょう。普段より明るめの色を使うことで、メイクが控えめでも女性らしさを演出することができます。

ケアができるリップがおすすめ

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

美容成分が含まれているなど、ケアをすることができるタイプのリップならメイクをしながら唇をいたわることができます。成分にもこだわってメイクをしてみてくださいね。

可愛く見える休日メイクを楽しもう

普段のメイクで疲れた肌を休ませるために、休日はメイクの引き算をしていくのがおすすめ。控えめでも魅力的に見えるようなメイクで休日を楽しんでみてはいかがですか。

*記事内で特定商品の効果・安全性を紹介する場合、該当の記載は「すべての人に対して同じ効果があること」「すべての人にとって安全であること」を保証するものではありません。
*記事内で特定商品がパッチテスト済みであることを紹介している場合、該当のテスト結果は「すべての人に対して、同じ効果があること」を保証するものではありません。
*記事内で特定商品が「天然成分配合」「無添加」であることを紹介する場合、該当の記載は「天然成分を配合していること」「無添加であること」を表すものであり、商品の安全性を直ちに示すものではありません。