恋愛に向いていない人って?恋愛下手な女性に共通する7つの特徴

自分は恋愛に向いていないかもしれない・・・そんなことを思って不安になる人もいることでしょう。片思いをしてもうまくいったためしがない、付き合っても幸せになれない、もしかしたらそれもこれも全部自分が悪いのかも・・・と思ってしまうかもしれません。でも実は恋愛に向いていない人には理由があり、また恋愛に向いていないタイプの人もいます。

恋愛に向いていない人の特徴7つ

①ライフスタイルを変えたくない

恋愛に向いていない人の特徴は、まず、ライフスタイルを変えたくないと思っている人です。好きな人ができて彼氏彼女の関係になると、休日にはデートをするでしょうし平日には電話やメール、LINEなどで頻繁に連絡を取ります。それだけ彼氏彼女に時間を使うことになります。しかし、頑なに自分のライフスタイルを崩したくないと思ってしまうと、最初のうちは良くても次第に溝が広がっていきます。そのため、恋愛のためにはプライベートの時間を使うことをまずは認識しておきましょう。仕事第一で仕事ばかりしていいてプライベートを顧みない人も恋愛に向いていないといえます。

②恥ずかしがりやで人見知り

同じようなスペックでも恋愛を楽しめる人とそうでない人の間にはどのような差があるのでしょうか?恋愛に向いていない人の特徴として、人見知りと恥ずかしがりやが挙げられます。こういった人は異性と会話することが難しいですし、出会いの場にも自分から出ていきません。そのうえ、何か異性からお誘いがあったとしても二の足を踏んでしり込みしてしまいます。恋愛に進むチャンスを自分から手放していると言っても過言ではありません。

③相手に対する理想が高すぎる

相手に対する理想が高すぎる人も、恋愛には向いていません。理想が高すぎるとそもそも異性が現れても魅力的に感じませんし、恋愛につながることが少ないです。相手に勝手な理想を求めていると、その理想を満たす人は年月の経過とともにますます少なくなります。こういった理想の高い人は往々にして妥協はしたくない、失敗はしたくないと思っています。そう思うがあまりに実際の恋愛になかなか進めません。

④独占欲が強い


独占欲が強い人は中々恋愛でうまくいきません。両想いになったとしても、相手に仕事中でも執拗に連絡を求めたり、お金と時間をすべて自分に使うように求めたりします。そうするとそもそも付き合うまでにハードルが高すぎますし、そのような関係は長続きしません。相手には相手の生活があるからです。独占欲の強い人はまずその思考を見直すことから始めてみましょう。

⑤一途すぎる

恋愛に没頭し、一途に相手に尽くしてしまう人は、恋愛に向いてるように思えますが、実はそうではないのです。恋愛は、必ずしも四六時中うまくいくものではなく、思い通りにならないこともあります。一途すぎる人は相手の些細な言動で落ち込んでしまったり、恋愛モードを仕事にまで引きずってしまうなど、冷静な判断ができなくなります。一途すぎるて相手にもそれを求めてしまい、お互いの気持ちのバランスが取れなくなってうまくいかなくなってしまいがちです。このようにこういった人も恋愛には向いてないのです。

⑥いつも冷静で感情を表すのが苦手

男女問わず、恋愛をすると、相手を守ってあげたくなるものです。うれしかった時はうれしい気持ちを、悲しかった時は悲しい気持ちを相手と共有したいものです。しかしながら常に冷静で相手に感情を表すのが苦手な人は恋愛には向いていません。相手に会っていても楽しくないのではないか、と思われます。そもそも冷静で感情を表すことが苦手な人は話しても盛り上がることが少なく、恋愛まで進みにくいのです。

⑦失敗するのが怖い心配性

心配性の人は恋愛には向きません。失敗したら怖いと思うあまり告白に移れないので恋愛が始まらないということもあります。恋愛に進んでからも相手と連絡が取れないと心配、休日に何を過ごしているのか心配、浮気の心配・・・・などと楽しい気持ちよりも相手に対する心配の気持ちの方が大きくなり恋愛を楽しめません。心配性で失敗が怖くてプライドが高い・・・こういった人は恋愛に向いていないといえます。

恋愛に向いた女性になるためにできること

「男は彼一人じゃない!」と開き直る

恋愛に向く女性になるためにはまず、余裕を持つことが必要です。嫉妬で彼氏を追いかけまわしたり追い詰めたりすると彼氏にとっても重くてうざい女になってしまいます。そうするとよい恋愛を遠ざけてしまいます。恋愛に向いている女性になるためにはまず、男性はたくさんいるんだ、と開き直ることです。余裕を持った人間になることで、恋愛を一歩上から楽しむことができるようになり、異性からも愛される女性になるのです。

恋をするのは恥ずかしいことじゃないと考える


好きな人に告白するなんて恥ずかしい、告白して振られたらどうしよう、デートスポットに出かけるなんて恥ずかしい・・・こんな風に思っているうちは、なかなか恋愛上手とは言えません。恋愛に向いている人は、失敗しても当然だと考えて恋愛に関する羞恥心を投げ捨てた人です。羞恥心を捨てると、それだけ恋愛を楽しめるようになり恋愛もうまくいくのです。

恋愛に執着せず済むような趣味を持つ


恋愛に執着しすぎると、それだけで周りが見えなくなります。恋愛中だからこそ恋愛に執着せずに済むような趣味を持つことが大切です。そのような余裕があれば、相手をひたすら追い回したりすがりついたり執着することがありません。趣味も恋愛も仕事も楽しむ・・・そういった人は恋愛上手であるといえます。

恋愛映画を見たり小説を読んだりする


スマートな恋愛をするには相手を思いやりまた自分に自信を持つことも必要です。広い意味での教養は人を余裕にさせ相手を受け入れるだけの大きな人間になれます。恋愛向きの人になるためには、恋愛映画を見たり恋愛小説を読んだりするとよいでしょう。恋愛映画や恋愛小説の主人公になったつもりで恋愛を楽しむと、恋愛下手から脱却できるかもしれません。

明るい性格になるように振る舞う


恋愛がうまく行く人は性格が明るく周りの人を元気づけるような人です。そのため、普段から明るくふるまうようにするだけで、恋愛下手から脱却することができます。そのため恋愛をしていてもしていなくても普段から明るくふるまうようにしておきましょう。そうすることで恋愛下手から卒業できます。

みんなに優しくする

みんなに優しくする人は、恋愛下手ではありません。周りに優しくしているとそれだけ人が寄ってきます。そして人から愛されることもあるかもしれません。そういった人は、恋愛もうまくいくでしょう。自分は恋愛下手だ、恋愛が上手でないと考える人は、まずは恋人を作ることを頭から取っ払って、周りの人に優しくしてみましょう。そうするとよい出会いもあるかもしれません。

人に甘えられるように意識する

特に女性に多いのですが、ほかの人に甘えられない人は恋愛をしてもうまくいかないというよりもそもそも男性から選ばれない場合が多いです。男性は女性に対して「自分が守ってあげたい」と思っている場合が多いです。そのため、人に甘えないスキのない人よりも、人に甘えることができる女性の方が恋愛に向いているといえます。普段から人に任せっぱなしではいけませんが、甘えられるときは甘えるように意識するとよいでしょう。

まとめ

恋愛下手な人の特徴はいくつかあります。たとえば、自分のライフスタイルを変えたくなかったり、理想が高すぎたり失敗するのが怖い人です。それだけでなく独占欲が強い人や心配性の人も恋愛を楽しむことができません。恋愛に向いている人になるためには、まずは余裕を持つことが大切です。恋をすることへの恥ずかしさを取り払い、恋愛に執着せずに済むような余裕を持ちます。恋愛映画を見たり小説を読んだりすると教養もつけられます。そして甘え上手になったり周りの人に優しくしたりするのも有効です。