素直になれないのはこんな原因だった!素直になるための対処法

好きだと言いたいけど好きだといえない・・・そんな素直になれない女性は愛情表見をするのが苦手です。しかし素直になれないと相手も自分に本心を見せられなくなったり、本当にしてほしいことや言いたいことを言えずにフラストレーションがたまってしまいます。特に男性は察することが苦手なので言いたいことがあったら自分が素直に言うことが大切です。素直になれないのはなぜなのか、素直になるためにはどのようなふるまいをしたらよいのか抑えておくとよいでしょう。

素直になれない女の特徴

褒められても第一声で否定する

素直になれないのは、反射的に本心とは逆の行動をとってしまう心理状態のことです。たとえば、かわいいや美人と褒められたとしてもそんなことはないと第一声で否定から入ります。普段からどちらかというと自己肯定感が低く褒められていないので、外見や内面を褒められたとしても、本当はそんなこと思ってないだろうと反射的に否定から入ります。加えて、料理などといった「できること」を褒められても同じようにまず否定から入る人も少なくありません。素直になれない女子はどうしてもそういう言動をとってしまいがちです。

メールやラインの返信がやたら遅い


素直になれない女子は、メールやラインについてもすぐには返信しません。本当は好きな人からメールやラインが来たら嬉しくてたまらないのに、ついついそっけなくしてしまいます。すぐに返信をするとがっついているように見えるのではないか・・と素直に気持ちを受け取ることができず、ついつい間が開いて返信してしまいます。一日くらい明けるのは普通で、酷い場合は返信できずに流してしまうこともあるくらいです。

傷つくのが怖くて本音を隠す

素直になれない人は、傷つきやすい人です。例えば自分が褒められたりしていて素直に反応している、そしてそれがもし相手の本震でなかったら…と怖くてつい強がってしまうのです。もし相手が言葉通りの意味ではなかったら、冗談で言ったことだったら、と思うとついつい自分の思いとは逆の行動をとってしまいます。傷つくのが怖いからです。

自分に自信がないから逆のことを言う

自分に自信のある人、自己肯定感が高い人は、褒められたりしてもその相手の言葉を素直に受け取ることができます。しかし、素直になれない人は自分に自信がないので褒められていると思っても相手のいうことを言葉どおり受け取ることができません。そのため、自分が褒められていても逆のことを言ってしまいます。そんなことはないと否定からついつい入ってしまうのです。

プライドが高い


プライドが高い人、プライドが邪魔してしまう人は素直になることができません。普通の女性であれば、好きな人の誘いには好意的ですし、好きな人への態度は好きなのについつい意地を張ってしまったりします。さらに、プライドが高い女性は自分が相手に好意を持っていることを知られたくありません。好きな人がいたら友人に協力してキューピットになってもらおう、といったこともできません。相手からのお願いで付き合いたいという要望が強いので、恋愛がうまくいかないことも少なくありません。

弱音を吐けない性格

弱音を吐けない性格の人も、素直になれない人です。弱音を吐けない女性は、人に心配されてもついつい強がってしまいます。弱音を吐いたらダメ、愚痴を言ったら負けだと思っているので、男性に対して弱音を吐きたくないと思っています。多くの男性は好きな女性が困っていたら何とかしてあげたいと思います。ですが、弱音を吐けない人は素直になれず、相手の助けを拒絶したり、そもそも相手の助けを得られないよう自己防衛します。

もともと天邪鬼な性格

天邪鬼とは、自分の思ったことと逆の気持ちを言ったり逆の行動をとったりすることです。もともと性格があまのじゃくな人は、素直になることができません。小さいころからそのような性格だった人はなおさらです。天邪鬼であると自覚している人は、普段から、そして誰に対しても素直な気持ちをもって接するようにするとよいでしょう。

素直になれない原因

照れ隠し

素直になれない、もしくは好きな人にだけ素直になれないといったケースもあります。その理由の一つとして照れ隠しが挙げられます。好きな人に好きと言ったり、気のあるそぶりをすることは照れてしまいます。そういった恥ずかしさから照れ隠しのつもりで行動していることが素直になれない原因なのです。

必要以上の強がり

素直になれない人は、必要以上に強がっています。自分は一人でも大丈夫、助けは欲しくないと思っていると、自分がピンチで人の助けを借りたいときも素直にその気持ちを出すことができません。素直になれない人は必要以上の強がりをしています。男性は相手を守ってあげたいと思っていても相手が強がっているので結局何もできなかったということもありえます。強がりを言っても自分に得はありません。素直になりたいと思ったらまずは自分が強がっていることを認めることから始めてみるとよいでしょう。

過去のトラウマ

子どもの頃は素直だったけれど今は素直になれない・・・そのような人は、過去のトラウマが原因ということもあります。素直にふるまったけど裏切られたという経験があるケース、本心を言って相手に呆れられたり嫌われたりしたというケースです。相手が悪いことも往々にしてあるのですが、一度そのような経験をするとそれがトラウマとなってうまく素直に気持ちを出せなくなる女性も多いです。

他人の目が気になる

素直に気持ちを相手にぶつけて、相手だけではなく人にどう思われるかわからない、という人は素直に気持ちを出すことができません。特に自信のない人は、他人の目を必要以上に気にしますので、自分がどう思うかよりも他人がどう思うかばかりが気になってしまいます。結果、素直に行動できないのです。

プライドが邪魔をしている


高すぎるプライドが邪魔をすると、なぜ素直になれないのでしょうか?プライドの高い人は、好きなことを好きとは言えませんし、好きな人に好きとは言えません。プライドの高い人は、自分から恋愛することを恥ずかしいと思っており、恋愛は相手から恋焦がれるものだと思う節があります。だからこそ素直になれないのです。

自分に自信がない

自分に自信がないと素直になれません。これを言ったら相手に嫌われるかもしれない、と思ってしまうと、素直に何かを言うことが困難になるからです。自信のなさは素直さと対極にあります。自己肯定感が高く、自信に満ちている人は、自分の言葉に自信があるので好きなら好き、嫌いなら嫌い、と素直な気持ちを言えます。

冷静ではいられないほどの恋愛をしている


恋愛において素直になれない人は、冷静でいられないほど恋愛に心も体も尽くしきってしまっている状態が続いているかもしれません。冷静でいられないと素直に何かに感謝をしたり、素直に自分の気持ちを伝えたりすることができません。普段は素直だけど最近素直さがない人は、もしかしたら思った以上に恋愛にどっぷり浸かっているのかもしれません。

傷つくことを恐れ不安になっている

素直になれない状態は、自己防衛本能が働いていることです。傷つくことを恐れて不安になっていると、自己防衛本能が思った以上に働きます。こともなげな態度をとったり好きな人にそっけない態度をとったりするのは、不安の裏返しです。相手から思ったようなリアクションが来ないので自分が傷ついてしまう危険性を感じ、防衛しようとしている本能から素直になれないのです。

 

素直になるための5つの対処法

①自分を認めてあげる

素直になるためには、自分で自分を認めることが必要です。自分の素直な気持ち、それこそが正しいと認めることで素直にふるまえるようになります。他人の目からどう映るか、相手からどう思われるかを過剰に気にすることはありません。ありのままの自分を認め、ありのままの自分を好きでいてくれることがまず必要なのです。

②自分の気持ちに正直になる


自分が本当はどんなことをしたいのか、本当はどんなことを言いたいのかと思ったときに、いろいろと考えると選択肢も多くて難しくなります。しかし本当は一番最初に感じたシンプルな気持ちに従うのが一番楽なのです。素直になるには、まず自分の気持ちに正直になることから始めてみましょう。

③自分の直感を信じる

自分は直感的ではない・・そう思っていてもほとんどの人は自分が思い浮かんだ感じ、すなわち直感を持っています。ただ、素直になれない人は直感を信じて行動するのが苦手なのです。自分の直感はパッと思いつきたことであっても実は自分の育ってきた環境とか今までの考え方に裏打ちされています。時には難しいことを考えずに直感的に、普段からパッと物事を決める習慣が大切です。

④開き直りも必要

時には開き直りも必要です。自分の気持ちに素直に行動してしまい、失敗することも多々あるでしょう。しかし、ほとんどの失敗はリカバリーできることであり、世の中には取り返しのつかない失敗は少ないのです。ですので、失敗してもいいやと思うくらいの開き直りが時には必要なのです。

⑤本音を話せる人をみつける


信頼できる人には素直に気持ちを話すことができます。そういった人と出会うことからはじめて徐々に素直な気持ちを出すことができるようになります。人は、信頼できる人のいうことは素直に聞くことができます。そのため、本音を話せる、そして信頼できる人を見つけるようにしましょう。身近な人であればあるほど良いです。

まとめ

素直になれない人は、プライドの高さが原因であったり自分に自信がないことが原因である場合があります。ですが、時には直感を大切にして行動したり、開き直ってみたりすることで素直にふるまう気持ちを取り戻しましょう。信頼できる人、本音を話せる人を見つけることも有効です。