ラインの会話を長続きさせるコツと男性が見せる7つの脈ありサイン

LINEを日ごろから利用しているという方は多いのではないでしょうか。今やメールに代わるコミュニケーションツールとしてラインは重宝されていますし、幅広い年齢層の方がLINEを利用しています。使い勝手の良さもLINEの魅力ですよね。好きな人、気になる異性とラインでやり取りしているという方もおられるでしょうが、ラインでの会話が長続きしないと悩んでいる方ももしかするといるかもしれません。そこで、ここではラインの会話が長続きするコツ、男性が見せる脈ありサインなどについてお話したいと思います。

好きな人とのラインを長続きさせるコツ

好きな人とはできるだけラインでも会話を長続きさせたいものですよね。わずかなやり取りだけで終わってしまうと何だか哀しい気持ちになってしまいますし、自分に魅力がないのかとも感じてしまいます。そこで、ここでは好きな人とのラインを長続きさせるためのコツについていくつかアドバイスしたいと思います。

メッセージはテンポよく短文で送る


気になる男性に長々としたラインを送っている女性もいるかもしれませんが、これはNGです。基本的に男性は長々としたメッセージを苦手としています。それよりも短文でテンポよく送ったほうが会話は長続きしやすいです。短い文章でテンポよくやり取りすることを心がけてみましょう。これだけでも随分変わってくると思います。

相手の興味のある話題を把握しておく

当たり前のことかもしれませんが、相手の方がまったく興味のない話題を持ち出しても会話は盛り上がりません。きりのいいところで打ち切られてしまうのが関の山ですし、ヘタすると「この子とLINEしても楽しくないな~」と思われてしまう可能性もあります。そのようなことにならないよう、事前に相手の興味のある話題をある程度把握しておくことが大切です。

相手の話を深堀りする


一つの話題を深堀りすることができれば会話を広げることができます。会話が続かない、すぐに終わってしまうという人は話を深掘りしていないことが多いです。相手から見た時に、自分のことを知ろうとしてくれる姿勢は好感度が高くなることが多いので話の深堀りができて損なことはありません。すべての会話を深掘りせずに終わらせてしまうと話題がいくつあっても足りませんから、相手の話を少しでも深掘りするよう心掛けてみましょう。

返事が速すぎるのもよくない

好きな人からラインが来たらすぐにでも返したいという気持ちになるのは理解できます。しかし、返事が速すぎるのも良くありません。速すぎると相手にプレッシャーを与えてしまいますし、相手が返事を考える時間もありません。相手の返信ペースに合わせていきましょう。

質問文を適度に送る

質問文を適度に送ることでラインの会話を長続きさせることができます。質問系の文を送ることで相手からの返事が返ってきますし、これによって会話も長続きしやすくなるのです。毎回質問文ばかりだと相手の方もしんどくなってしまいますから、適度に送ることを覚えておきましょう。

絵文字を入れる

文字だけで送ってしまう方もおられるでしょうが、文字だけでラインを送るよりは絵文字もいれたほうがいいです。文字だけだと淡泊な印象を与え素気なく思われてしまうことがあります。絵文字を適度に織り交ぜることで柔らかい印象になりますし、相手もラインを返しやすくなります。

スタンプで終わるのはNG

意外とやってしまいがちですが、スタンプで終わってしまうのはNGです。適当にやり取りを終了させたような気持ちにさせてしまいますし、ヘタすると不信感を抱かせてしまうかもしれません。気心知れた者同士ならスタンプで終わらせるのもアリですが、そうでない場合はきちんと文章で終わらせたほうが良いでしょう。

LINEでの男性の脈ありサインとは?

LINEのやり取りの中で男性が自分に対して脈があるかどうかを確認することができます。脈ありだと分かればそれなりのアプローチもできるようになりますよね。では、LINEでの脈ありサインとはいったいどのようなものなのでしょうか。

心配しているメールをくれる


心配しているような内容のメッセージを送ってくるようならアナタに対して脈ありだと考えられます。男性は基本的に鈍感で気遣いがあまりできないことも多いのですが、それにも関わらずアナタのことを心配するようなメッセージを送ってくるということはそれなりに気があるということです。まったく好意も興味も持っていない異性に対して心配のメッセージを送ってくるということは考えにくいですから、何かしらアナタのことが気になっているのは事実でしょう。「体調は大丈夫?」「最近元気なさそうだけど何かあった?」といった内容のラインだと好感触ですね。

日常会話につきあってくれる


ちょっとした日常会話に付き合ってくれるのならアナタに脈ありだと考えられます。日常会話は別に面白いものでもありませんし、長々と聞かされるのは堪ったものではありません。よほど好きな人や気心知れた人となら日常会話でも盛り上がるでしょうし、やり取りも長続きするでしょうが普通はしませんよね。LINEで日常会話に付き合ってくれるということはアナタのことを意識している証拠ですし、これは脈ありのサインだと考えて差し支えないでしょう。脈ありだからこそ何でもない日常会話にも付き合ってくれているのです。

自分は恋愛対象なのか探ってくる

男性によってはさりげなく自分が恋愛対象なのかどうか探ってくるようなケースもあります。男性としてはかなり遠回しに探っているつもりですが、女性からするとバレバレですよね。恋愛対象なのかどうか探ってくるということはアナタに気がある証拠です。付き合ってほしい、彼女になってほしいという想いがあるからこそこのような行動に出てしまうのでしょう。

些細な内容を報告してくる

どうでもいいような内容をLINEで送ってくる男性はいませんか?最近こんなことがあった、今日こんなことがあったといった些細な内容までLINEで送ってくるような人もいると思います。このような方も脈ありサインを出していると考えて差し支えないでしょう。とりあえずどんなことでもいいからアナタと接点を持ちたいと考えていますし、些細なことでも話題にしてLINEでやり取りしたいと考えています。それゆえの行動と言えるでしょう。

すぐに既読がつく


LINEには既読機能がついていますから、相手の人がLINEを読むと既読のマークがつきます。自分がLINEを送ったときにすぐ既読がつくようなら脈アリだと考えられます。大して興味もないような女性から送られてきたLINEだと「後からでもいいか」となりますが、好きな人から送られてきたLINEはすぐにでも確認したいですよね。そのためLINEを送ってもすぐに既読になってしまいます。この場合もアナタに対して好意を持っていると考えられます。

タイムラインに反応する

LINEのタイムラインに何かを投稿したときにイイねやスタンプを送ってくるような場合だと脈ありかもしれません。タイムラインをあまり気にしていないという方が多いですが、それに気づくということはアナタのことをかなりチェックしているということです。

やりとりが何度も続く

自然とやり取りが続くようなケースも脈ありだと考えられるでしょう。相手もLINEのやり取りを楽しんでいると考えられますし、アナタとのLINEのやり取りを苦に思っていません。脈ありと思っていいのではないでしょうか。

まとめ

ラインの会話を長続きさせるためのポイントや男性の脈ありサインなどはこのようになります。好きな人とのLINEならできるだけ長続きさせたいものですよね。男性は女性に比べてLINEやメールをただの連絡手段としか思っていないことが多いです。そのためLINEやメール不精の方が多いですが、それでも好きな人相手にはこまめに返してくれると思います。ここでお話したことを判断材料に脈ありかどうかを確認してくださいね。