息子の嫁にしたい女性のタイプとよくある嫁に関する悩み

古くから嫁姑問題に悩まされている人は多く、最近では嫁の立場での悩みは勿論、姑になってからも嫁に悩まされている人も少なくありません。結婚するときには家と家の問題は切り離せませんから、これから結婚しようとする人は、嫁と言う立場についてもしっかりと考えなければなりません。理想的な息子の嫁について今姑世代の人がどのようなことを思っているのか知っているとよいでしょう。

理想的な息子の嫁はこんなタイプ

下手でもいいから料理ができる


やはり、息子の嫁に期待をすることとして大きく挙げられる項目は、料理ができることです。料理がうまいといいのですが、うまくなくてもよいでしょう。料理をすることが苦でない、という人がいいです。共働きが主流になったとはいえ、やはりまだ台所は女の人の城と考えられています。料理は家族みんなの健康を作るための大事なことですので、うまくなくてもいいので、料理をするのが苦痛でない、という人がいいです。

浪費癖がなくお金にしっかりしている


最近では女性の社会進出が進んできており、新卒でも男性並みの給料を稼ぎ出す人は少なくありません。そのため、結婚してからも独身時代と同じ感覚でお金を使う人もいます。もちろん、共働きでかなり稼ぎのある人ならまだいいのですが、どうしても出産・育児がのしかかってきます。また、結婚するまでは実家暮らしだった人も、結婚すると夫婦二人の稼ぎで衣食住を賄わなければなりません。そのため、息子の嫁に求めることとしては、常識的な金銭感覚を持ち、浪費癖がないことです。ブランドもの好き、見栄っ張りな女性は嫌われる傾向にあります。

息子のダメなところを許してくれる

カップル 薔薇

誰にだってダメなところはあります。完璧主義者で人の欠点が許せない人は、そういった不満を一番身近にいる旦那さんにぶつけがちです。そのため、息子の嫁に求めることとしては、息子に完璧を求めず、息子のダメなところも許してくれるような女性がいいです。人のダメなところを許せない人は、子育てをするにあたって自分の子どもにも必要以上に厳しくしてしまいますし、姑に対してもそうです。家族の少々の欠点は許して仲良く過ごすことができるのが姑世代の理想です。

家のことはちゃんとしてくれる


いくら共働き世帯が増えてきたと言っても、どうしても男性は長時間労働になりがちですから、家事のことは女性に負担がかかりがちです。外で働いていたとしても、家庭のことをしっかりと守ってほしいと思っている姑は少なくありません。夫婦二人で納得した結論であっても、姑世代の人の多くは女性に言えのことをきちんとするように求めている、と理解しておくのがよいでしょう。

息子を大事にしてくれる


やはり、配偶者である自分の息子を大事にしてくれるのは良い嫁の大きな条件の一つです。自分が大事に育ててきた息子ですから、邪険に扱われたり、家長としての威厳も全くない、というのでは姑としても納得できない要素が多いです。ですので、結婚しても子どもができてもいつまでも夫のことを大事にできるように心がけましょう。

一般的な常識がある

結婚するとどうしても避けて通れないのが親戚付き合いです。盆と正月のような毎年の恒例行事から突然の冠婚葬祭までその範囲は幅広いです。独身の時でしたら少々のマナー違反は許されたとしても、結婚するのであれば○○家の嫁となるわけです。嫁の振る舞いは多くの親戚が見るわけですから、一般的な常識を身につけることが必要です。行事でなくても、普段の食事の礼儀作法、マナーなどについては独身のうちにしっかり押さえておきましょう。

子どもが好きで子育ても嫌いじゃない


孫が大事でない祖父母はほとんどいないように、結婚したからには孫の誕生を心待ちにしている姑世代の人は多いでしょう。そのため、嫁に求める条件としては子ども好きで子育てが苦痛にならない人、というのも挙げられます。最近では子どもを作らない夫婦や子どもを望まない女性も増えてきてはいますが、やはり姑世代に理解をされるにはそれ相応の話し合いや気持ちを伝えておくことが必要になるでしょう。

息子の嫁との関係性でよくある悩み

遊びに来てくれない

結婚してから息子が実家と疎遠になってしまった、嫁の実家には孫とよく行っているようだがこちらには来てくれない、こんな悩みを抱えている姑世代の人は少なくありません。最近では実家の親から親離れできない女性も増えていることからなおさらです。ですので、自分の親を大事にするのと同じように、姑の家にも遊びに行くよう考えて接するとよいでしょう。

どのように呼べばいいのか分からない

姑が嫁をどのように呼んだらよいかわからない、と悩んでいる人も多いです。これは、日頃のコミュニケーションが不足していることにも起因しています。もし自分が呼び捨てにされるなど不快であるのなら、最初の段階でしっかりと夫に伝えてもらったりしましょう。また、LINEなどでお義母さんという言い方をするのも気にする姑世代がいますので気を付けましょう。

プレゼントをあげたいが何がいいのか分からない


姑には誕生日プレゼント、母の日プレゼント、場合によっては敬老の日のプレゼントなど、どのようなものをあげたらよいか悩んでしまう人は少なくありません。母の日はカーネーションなど決まっているのでいいでしょうが、嫁に対してプレゼントするのはどのようなものがいいかわからないというのが多くの姑世代の悩みです。一緒に買い物に行くなど普段から適度にコミュニケーションを取るようにするとよいです。

孫がなかなか生まれない

最近では、10組に 1組が不妊に悩まされていると言われています。女性の社会進出により出産年齢が上がっていたり男性が多忙でストレス社会であるなど原因としてはさまざまな複合的要因が考えられます。そのため、孫ができないという悩みを抱えている姑世代の女性も多くいます。そのため、子どもを作らないと決めている人は話をしておく必要があるでしょうし、子どもの催促に悩んでいる人は早い段階で伝えておくとよいかもしれません。

嫁が息子のことをないがしろにする

女性の発言権が日に日に強くなってきていますが、だからと言って男性である夫を邪険にしてよいわけでもありません。対等だからと言って呼び捨てで呼んでいたりすると、姑世代の人は眉間にしわを寄せてしまうかもしれません。結婚するのでしたら、結婚相手のことは大事にするように心掛けるとよいです。また、子どもができてもやはり姑さんの息子である夫のことは大事にしましょう。

嫁の実家への見舞いや香典などのお金関係

結婚するとどうしても避けて通れないのが家と家の付き合いです。特に嫁実家に対する見舞や香典などといったお金関係の悩みは誰かに相談できるという性質のものではありませんので、それなりに悩みになります。そういったときに嫁世代としてできることは、姑と実母を比べないということです。祖父母からの援助は、どうしても「してくれなかった」ということに主眼が行きがちですが、そういったことを比べても仕方がないです。また家通しの付き合いはうまくできるように、自分が潤滑油となるよう心がけましょう。

こんな人なら息子の嫁にしたいと思う芸能人

関根麻里

ありがとう
明るいだけでなく、外国の大学を良い成績で卒業したり、情報番組での頭の良い立ち振る舞いなどは、姑世代の人に高く支持されています。また、テレビで度々出てくる父親との掛け合いを見ても、やはり親世代とうまくやっていける女性である、という印象があります。姑世代の人からみた理想の嫁の条件を満たしています。

水野裕子

水野裕子 escape [DVD]

健康的なイメージがあり、スポーツ万能でありながらも管理栄養士の資格を持ち、料理の腕もある水野裕子さんは、息子の嫁にしたい芸能人として姑世代は熱く支持しています。できることが多く、かわいらしい顔つきでありながらもどちらかというと控えめで、出しゃばっていないところがいい嫁としての条件を満たしているといえます。

仲間由紀恵

Birthday
一流女優として多くのドラマや映画に出演している仲間由紀恵さん。その楚々とした雰囲気や、そっとしておいても伝わる上品さなどから多くの姑世代の人に支持されています。私生活ではミステリアスな雰囲気を持つ女優さんの一人でしたが、最近では双子のお子様を妊娠・出産したとあってママとしての今後の活躍も期待されています。

佐藤栞里

ちゃまてばこ
バラエティー番組などでうまい仕切りを見せるタレント、佐藤栞里さんも姑世代の人に支持されています。何よりも彼女の魅力はさわやかな笑顔や明るい性格です。テレビ番組では年上の芸能人とも良好な関係を築いているように見える佐藤栞里さんは、嫁として姑世代の人とも良好な関係を築いていけるのではないかと期待しています。

まとめ

姑世代の人が考える理想的な嫁のタイプとしては、料理ができること、お金をしっかり管理できることや家のことをちゃんとしてくれる、息子のことを大事にしてくれるなどと言ったことです。一方息子の嫁との関係について悩んでいる姑世代の人は多くいます。理由としては遊びに来てくれなかったり、プレゼントに悩んだりといったことです。理想的な嫁のタイプの芸能人としては健康的で上品、明るい人が支持されています。