復縁するには冷却期間が必要?復縁を成功させる冷却期間とは

別れてしまった恋人とよりを戻したい…つまり復縁したいとき、多くの人が「冷却期間を置いた方が良い」と口にするでしょう。ですが、ただ単に冷却期間を置いても意味がありません。どうして復縁のために冷却期間が必要なのか、復縁を成功させるためにはどのくらいの冷却期間が必要なのかをチェックするのが、復縁成功のカギとなるのです。

復縁に冷却期間が必要な理由とは?

そもそもどうして復縁のために冷却期間が必要なのかは知っていますか?別れた後の恋人が、冷却期間を経てどのように変化していくのかを見てみましょう。

相手の気持ちが「別れたい」から変化する時間をつくる

別れる直前や直後には、「早く別れたい」「別れられてスッキリした」など、別れに対してポジティブな気持ちが心の大半を占めています。いくらこちらが復縁したいと思っていても、相手が別れに対して前向きなのでは意味がありませんよね。ですから、別れた後は冷却期間を置いて、相手の別れに対する気持ちが変化するのを待つ必要があるのです。人の気持ちは絶えず変化するものですから、待っていればそのうち相手の方から「別れなきゃよかった」と後悔することもありますよ。

自分自身の気持ちを見つめ直す

恋人と別れた直後は、振った側も振られた側も冷静ではいられません。特に振られた側の人間にとっては「どうして振られたのかわからない」「ただ悲しい、つらい」という状況に陥り、冷静に物事を分析できないのです。この状態で復縁を迫ってもまともに取り合ってもらえませんから、一度冷却期間を置いて自分が冷静になるのを待ち、自分自身の気持ちを見つめ直すことが大切。冷静になってみれば「私のこんな点が悪かったのかも」と前向きな改善策が思いつきますよ。

男性は一度言い出したことをすぐには変えづらい


男性は女性と違ってプライドが高い生き物である。…多くの女性が知っていることですよね。男性は持ち前のプライドの高さから、自分で一度言い出したことをすぐには変えづらく感じているのです。ですから一度「別れる」と言ってしまえば、直後は何を言っても意見を変えません。そんな男性心理のことを考えれば、復縁のための冷却期間は必要だと言わざるを得ません。ちょっと冷却期間を置けば、「本当は乗り気じゃないけど…」と嫌な顔を装いながら復縁の話も聞いてくれやすくなります。

別れてすぐのアプローチは逆効果

復縁に冷却期間が必要な理由は、ただ単に別れた直後のアプローチに期待ができないという理由もあります。別れた直後は両者共に冷静ではありませんから、どんなアプローチをしたって心に響きません。振った側は「別れるって言ったでしょ!」と一切耳を貸しませんし、振られた側は「まだ好きなの!」と見当違いなアプローチをしかねません。別れから期間が近いほど、アプローチは相手に嫌がられ、余計に嫌われやすくなります。これ以上事態を悪化させないためにも、別れてしばらくは冷却期間を置くべきなのです。

復縁までの冷却期間はどのくらいの長さがベスト?

復縁までの冷却期間はどれくらいがベストなのでしょうか?復縁に必要な時間の長さは二人の関係によって違うので、よくチェックしてみてください。

ふたりの関係・別れた理由によって変わることを肝に銘じて

まず最初に知っておいて欲しいことは、「適切な冷却期間は別れたふたりによって様々」だということ。些細な喧嘩で別れたふたりなら、さほど期間を空けなくても復縁を成功させやすいでしょう。逆に酷い喧嘩をしたなら、しばらく頭を冷やさなければなりません。友達や知り合いの復縁パターンを知っているからと言って、それを鵜呑みにしてマネしないようにしましょう。

自分がフッた場合はすぐ復縁を切り出してもOK


もしもあなたから恋人を振って別れた場合は、すぐにでも復縁を切り出してOKです。もちろん多少の冷却期間は必要ですが、1週間も置いたら声をかけてみましょう。振ったことを謝り、もう一度よりを戻せるようにアプローチしてみてくださいね。逆に振ってから時間が経った後で声をかけると、相手の中で振られた悲しみが怒りや憎しみに変わってしまっているリスクがあるので要注意です。

ケンカの勢いで別れた場合は1ヶ月が目安

何かのケンカをして、その勢いで別れてしまったパターン。この場合は1ヶ月ほどの冷却期間が望ましいです。喧嘩をした直後は相手への悪い気持ちでいっぱいですが、1ヶ月もすれば後悔が生まれます。逆に期間が長すぎると、相手が新たな恋人を見つけてしまうため注意してくださいね。

相手からフラれた場合は最低3ヶ月は置こう


もしも相手の方から別れを切り出されてしまった場合は、最低でも3ヶ月は冷却期間を置いてください。いくらあなたが相手を好きだとしても、相手にその気持ちがなければアプローチの意味がありません。一度「別れたい」と思った相手のことを冷静な気持ちで捉えるのは難しいこと。相手と自分が冷静になり、お互いに冷静な話し合いができるようになるまで3ヶ月はかかると考えてください。

半年以上は長すぎる場合多し

冷却期間を置いた方が復縁の成功率が上がるのは確かですが、だからと言って長すぎるのも問題です。半年以上も冷却期間を置いてしまうと、今度は復縁の成功率がガクッと下がってしまいます。半年もあれば新たな恋人を見つけるのに十分ですし、相手のことを忘れてすっかり愛が冷めている可能性だってあります。勇気が要りますが、復縁したいなら半年以内には声をかけるように頑張ってください。

復縁までにするべきこと

冷却期間を置くだけでは、復縁の成功率はなかなか上がりません。せっかく冷却期間を置くのなら、その期間中に次のことを済ませておきましょう。

別れた原因を考える

ふたりが別れてしまった原因は何なのか、しっかり自覚していますか?これが自覚できていないと、もし復縁してもまた同じ過ちを繰り返してしまいます。また、「こいつは何も分かっていない」と相手から呆れられることも…。自分の言動の中に何か別れの原因はなかったか、謝り忘れていることはなかったかをよく考えてみましょう。

悪かった部分は改善するべし

自分の悪い部分を改善できていないと、再び会ってアプローチしても「ここが嫌だったから別れたのに…」と呆れられてしまいます。言葉遣いや言動、悪い癖など…。とにかく別れを招く自分の悪い部分は、再び相手と会うときまでに改善しておきましょう。悪い部分が改善されているのを見ると、相手も「成長したんだな」と好印象に思ってくれますよ。

共通の知人友人に相手の話をするのは避けて

もしも別れた相手との間に共通の知人・友人がいるのなら、その人たちに別れた元恋人の話をするのは控えてください。別れ話のときの愚痴や泣き言などは、そのまま知人・友人の口から元恋人の耳に筒抜けになる可能性があります。「あいつ陰でこんなこと言ってたのか」と思われたら、もう嫌われる一方です。余計なトラブルは避けたいですから、共通の知人・友人の前で元恋人のことは何も言わないでおきましょう。

「変わったな」と思ってもらえるように自分を磨こう

冷却期間を経て相手と再会するまでの間に、少しでも良く思って貰えるように自分磨きをしておきましょう。髪型を変えてみたり、ファッションやメイクの研究をしたり…。久しぶりに会ったときに、良い意味で「変わったな」と思われるように努力してみてください。しばらく会っていない間に元恋人が変貌していれば、「別れなきゃ良かった」と相手を後悔させられますよ。

まとめ

「冷却期間って本当に必要?」と思っていた方もいるかもしれません。ですが冷却期間の間にどんな気持ちの変化が起こるのか、復縁のためにどんな努力をしておけるのかを分かって貰えたのではないでしょうか?冷却期間を置くことによって、復縁の成功確率は少なくとも上がります。別れた恋人との復縁を望んでいる人は、冷却期間を上手く使って復縁の役に立ててください。