社内恋愛

恋愛相性が良い人を見極めるポイントと家族構成でわかる相性

付き合うのに相性、すなわち性格が合うことはとても重要です。恋愛の相性というと占いなどスピリチュアルな世界をイメージしている人もいるかもしれませんが、そうではなく、育ってきた環境や価値観などいろいろなバックグラウンドからピッタリ合う、ということです。そういった相手を見つけるにはどうすればいいか、見分けるポイントはどこにあるのかなど知っておくとよいでしょう。

恋愛の相性が良い人を見極めるポイント

金銭感覚が同じ


付き合っていくうえで金銭感覚は非常に重要です。趣味にお金をたくさん使う人と、趣味に大金を使うことが理解できない人では相性はよいとは言えません。たとえば、デートで使うお店のチョイス一つにしても、貯金したいから安いところでいい人とせっかくだから高級ディナーを食べたい人では感覚が合いません。クーポンを使うことを「お得でよい」と思う人もいれば「みみっちい」と思う人もいて、価値観は人それぞれです。一方借金やギャンブルをして平気などといった金銭感覚は許容されることが少ないです。ですので、そういった価値観を持っている人は自分の価値観を改めたほうがよいでしょう。

笑いのポイントが同じ

同じテレビ番組を見ていて、映画を見ていて笑いのポイントが同じというのも相性がよい人です。同じところで笑いあえる人は、一緒にいても楽しいことが多く付き合っていて会話も弾むからです。あまりにも好みの違う人とは付き合い始めは刺激的で良いかもしれませんが、次第に無理することにもなります。

恋愛に対する価値観が同じ


恋愛に関しても価値観が同じだと、心地よく長続きします。たとえば、パートナーとなったのだからこそお互いを見るべきだ、と思っている人は四六時中相手と連絡を取り合い、はたから見たらある種束縛と思えるような行為でも心地よく感じます。

一方でそういった人と折り合いが合わないのが、「付き合っても趣味や友人を大事にする」人です。そういった価値観が同じならいいのですが、相手に自分の価値観を押し付けるようなら長続きしません。それだけでなく、付き合いの先には結婚があり適齢期がきたら結婚したいと考えている人と、とにかく恋愛と結婚は別だと考えている人は後に揉める原因にもなります。付き合う前の段階から、恋愛に対してどのような価値観を持っているのか聞いておきましょう。

尊敬できるポイントがある

尊敬できるポイントがあるというのも相性のいい証拠です。お互いに好きというだけでは気持ちも冷めてしまいますし、恋愛が長続きしないケースもあります。一方でお互いにお互いを尊敬するポイントがあれば、一人の二年として丁寧に扱ってくれることにもつながりますので、恋愛が長続きしやすいですし付き合っても幸せを感じやすいです。すなわち、相性が良いといえます。

食の好みが同じ


付き合っているときにはなかなかわかりにくいですが食の好みが同じということも相性が良いと言っていいでしょう。たとえば塩辛い味が好きであるとか、濃い味が好きである、一方で薄味が好きである、辛いものが苦手という人はなかなかうまくいきません。付き合っているときは一人一人違うものを食べればいいのでまだいいのですが、結婚となると毎日料理を作るのが大変になります。

育ってきた環境が近い

都会育ちであったり田舎育ちであったり・・・育ってきた環境が同じというのも、同じ価値観を抱きやすいのです。育ってきた環境が違うことで価値観にずれが生じ、すれ違ってしまうことも少なからずあります。そういったときに、育ってきた環境が同じであると考え方が同じですのでストレスがたまらず過ごすことができます。どこの土地で育ってきたかということだけでなく、

家族構成でわかる相性の良い相手

長女の女性と相性が良いのは末っ子男性

イケメン 男性

長女は面倒見が良いことが多いです。そのため、そのような面倒見の良い長女と相性が良いのが、末っ子の男性です。末っ子でかつ男性は多かれ少なかれ、いい意味でも悪い意味でも甘やかされています。昔は男の子が比較的重宝されていたので、末っ子長男であればなおさらです。そんな甘え上手な末っ子男性は、世話を焼きたくて面倒見のよい長女と相性ピッタリなのです。

中間子と相性が良いのは中間子

中間子は、上の子とも下の子とも、そしてそれぞれの友達ともつきあってきたこともあり、協調性が高いです。社交性にすぐれており協調性が高いが少し八方美人なところもある中間子は、同じ中間子との相性がピッタリです。観察力も高く独自の価値観を持っていることもありますので、そういった意味で中間子と中間子は波長が合うといえるでしょう。中間子と中間子は、感性を磨くようなデートをするのも良いかもしれません。

末っ子女性と相性が良いのは妹のいる男性と男兄弟だけで育った男性

イケメン 男性

末っ子の女性は、とても甘え上手です。上の子にはもちろんのこと、両親にも甘えるのがうまいことが特徴です。そして恋愛などではときに「小悪魔」とも呼ばれるような言動をとるのも、こういった末っ子女性の特徴です。そのため、恋愛においても自分を甘やかされてくれる人が理想です。男性の中でも懐が深く、お世話好きな妹のいる男性、もしくは男兄弟だけで育った男らしい男性と相性が良いといえるでしょう。

恋愛を相性だけで決めない方が賢い理由

恋愛のかたちはひとそれぞれ

社内恋愛
人の人生がその人によって違うように、恋愛のかたちについても人によって違います。こと恋愛については人と人が作り出していくものですので、決まったかたちがこう、とあるのではなく、物差しだけで測れないものです。世間一般的にはそういった「傾向」があるということでしょうが、それは統計的な話であって実際にすべてに当てはまるものではありません。また、価値観が似ていたり育った環境が同じというのは相性が良い反面、刺激がなくてぬるま湯につかっている感じで嫌だ、という人もいます。そのため、単に価値観が合いそうだ、という理由だけで付き合うこともあまりおすすめできませんし、育ってきた環境が違うからと言ってその価値観の違いを埋めることもしようとせず安易に別れを選ぶのもおすすめできません。

相性だけで判断するのには限界がある

相性だけで物事を判断するには限界があります。たとえば、A型とB型は相性が悪いと言われていますが、A型とB型の夫婦は本当にたくさんいます。それぞれ相性が悪いということもありませんので結局は相性だけで判断をするのに限界があると言わざるを得ません。確かに長男と末っ子の女性は相性が良いのですが、末っ子の女性がすべて甘え上手ということもなく、ペットの世話などを焼くから面倒見がよい、とか学級委員タイプということもあります。そのため相性だけで判断をしてしまうと、自分や相手を見失ってしまうことにもなりますので注意が必要です。

理由のないフィーリングに依存する部分が多いから


「ビビッときた」、「この人と結婚すると思ってた!」そんなことを言えるのも恋愛の一つの特徴です。恋愛は、いわばフィーリングですから、理由などないのです。もちろん、長年培われてきた知識や経験、価値観などから相手を見定めている部分はあるかもしれません。ですが、相手に惚れるというのは理屈だけでは説明できないことです。理論的には説明できないもの、恋愛の大きな魅力ですし大きな特徴です。なんとなく好きになる、理由のないフィーリングに依存する部分が多いのも恋愛を相性だけで決めないほうがよい、と言われる理由の一つです。

第一印象では相手の全てを理解できない

相性と一口に言っても、デートの相性や価値観の相性、好きなものの相性などいろいろなものがあります。そのなかで第一印象では相手のすべてを理解することはできません。育ってきた環境が違うから無理だと思っていても、話をしているうちに心地よく感じることは少なくありませんし、付き合ってみると第一印象とは真逆だった、ということもあります。そのため、恋愛においては簡単に相手を理解できるものではないということを肝に銘じておく必要があります。こういったことは数値化できませんし、フィーリングやタイミングも大事になってきますので相性だけでは測れないケースもたくさんあります。

友達として接しているうちに良い面が見えてくることもあるから


長年友達として付き合ってきた人が入籍をすると言うパターンはわりとよくあります。これは、妥協したわけではなく友達として接してきたときに何となく相手の良い面が見えてきてお付き合いや結婚に発展するということです。また、環境が変わってきたことで相手への見方もかわっていき、今まで見ることが出来なかった良い麺を見られるようになる、ということもあります。そのため、相性だけで決めてしまって付き合う範囲を狭めてしまうのは、得をすることにはならないのです。

単純に選択肢を狭めてしまっている可能性が高いから

相性だけにとらわれてその人個人を見ずに相性が悪いから付き合わないという意見は、単純に選択肢を狭めてしまっていることもあります。特に相性占いの類はあまりにも信じてしまうと相手の欠点ばかりが見えてしまい、付き合うまでに至らないことも多いからです。特に相手を探している人にとって理想の相手が見つからないということにもなり得ます。それは、相性が完璧な人はほとんどいませんし、いたとしても実際の「その人」に接してみるとやはり何か違う・・・というようなことが考えられるからです。そのため、相性が合うかどうかということは参考程度にとどめておき実際は出会いの門戸を広く考えたほうがよいでしょう。

まとめ

恋愛をするにあたって、相性の良い人と付き合いたい・・・そう思うのはごく当たり前のことです。相性の良い人を見分けるポイントとしては、金銭感覚や笑いのポイント、恋愛に関する価値観などがおなじであるということです。また食の好みが同じであったり育ってきた環境が似ているということもあります。家族構成で言う相性の良い相手は、長女と末っ子男性、中間子と中間子、末っ子女性と妹のいる男性もしくは男兄弟だけで育った男性です。しかしあまりにも相性ばかりにとらわれてしまうと、相手とで会えなかったり、本当に大切なものを見落としてしまうこともあります。恋愛に関していえばフィーリングが大事になったり、初対面でははかれないこともあるからです。