キューピッドにはこんな人が向いている!キューピッドの秘訣とは

恋のキューピッドになる、といった話はよく耳にしますが、恋愛におけるキューピッドの役割とはいったい何なのでしょうか。恋のキューピッドは誰でもできますが、キューピッドに向いているかどうかはまた別問題です。そこで、ここでは恋のキューピッドの役割やキューピッドに向いている人などについてお話したいと思います。

恋愛におけるキューピッドの役割とは?

そもそも恋愛におけるキューピッドの役割とはいったい何なのでしょうか。ここではまず恋のキューピッドの役割について見てみましょう。

自分以外の誰かの恋愛を手助けする

恋のキューピッドの役割をざっくり説明すると、自分以外の誰かの恋愛を手助けするということになります。くっつけたい2人がいるのならその2人がうまく交際を始められるように手を尽くしたり、お膳立てしてあげるような立ち位置です。あまりやりすぎるとただのお節介な人になってしまいますが、恋のキューピッドのおかげで付き合えるようになった、ゴールインできたという方もいます。恋がうまくいくもうまくいかないもキューピッド次第ということは少なくありません。

恋が成就するようなアドバイスをする

恋を成就させるためには経験者からのアドバイスも必要となるでしょう。もっとこうしたほうがイイ、もっとこんなアプローチをしたほうがイイなど適切なアドバイスがもらえると恋の進展も早そうですね。こうした恋のアドバイスをくれるのも恋のキューピッドならではです。これもキューピッドの役割ですね。

恋愛の悩みを共有して一緒に対処する


恋愛に悩みはつきものです。どのような悩みなのかは人によってまちまちでしょうし、自分で解決しなくてはいけないケースもあるでしょう。恋のキューピッドは恋愛の悩みを共有して一緒に対処してくれることもあります。これも恋のキューピッドにおける一つの役割ではないでしょうか。

恋のキューピッドに適している人

冒頭でもお話したように恋のキューピッドは誰でもやろうと思えばできますが、向いているかどうかは別の問題です。恋のキューピッドにまったく向いていないような人もいれば、恋のキューピッドに最適な人もいます。ここでは恋のキューピッドに適している人についてお話しましょう。

人の噂話が好物じゃない人

人の噂話がとにかく好きという方はいますよね。特に女性にこうした方は多いのではないでしょうか。人の噂話を聞きつけてはそれを広げてしまうような人もいますし、酷い場合には噂に尾ひれがついてしまうこともあります。このような人は恋のキューピッドには向いていませんし、やるべきではないでしょう。くっつけようとしている人たちの噂も広めてしまう恐れがありますし、仮にうまく話がまとまったときも「自分のおかげでうまくいった」とあちこちに吹聴してしまう可能性があります。このような人にキューピッドを頼んでしまうと大変です。

自分の考えをはっきり言える人


自分の考えをはっきりと言えないような人はキューピッドには向いていません。自分の考えをはっきりと口に出せる人のほうが恋のキューピッドには向いているでしょう。自分の考えをはっきりと言ってくれる人なら今の状況に何が足りないのかも教えてくれるでしょうし、本当に言いにくいことなどでもきちんと伝えてくれます。恋を成就させるためにはこれが必要、もっとこうしないといけないということも教えてくれるのではないでしょうか。

口が堅い人

これも恋のキューピッドには必要な適性です。先ほど噂話が好きな人はキューピッドには向いていないということをお話しましたが、やはり口が軽い人よりは口の堅い人のほうがキューピッド向きです。

面倒見がいい人

面倒見がイイ人でないと到底恋のキューピッドなどはできないでしょう。面倒見のイイ人ならその人たちの恋が成就するように手助けしてくれますし、自分のことのように一生懸命になってくれます。面倒見があまりイイ人でないと途中で飽きて放置されてしまったり、無責任なことを言われることもあるでしょう。

友だちが多い人

友だちが多い人も恋のキューピッドには向いているかもしれません。友だちがたくさんいるということはそれだけ紹介できる人も多いということですし、いろいろな人の気持ちを理解できるということです。ほとんど友だちがいない人に恋のキューピッドができるとは思えませんよね。

人の気持ちがわかる人


当たり前のことかもしれませんが人の気持ちが分からないような人に恋のキューピッドができるとは思えません。人の気持ちが理解できる人のほうがキューピッドには向いています。

頭の回転が速い人

頭の回転が速い人だと恋のキューピッドには最適です。その時々に応じてどのような行動をとるべきか、どうするべきかといことを素早く判断してくれますし、それをきちんと伝えてくれます。最適なアドバイスも貰えるのではないでしょうか。恋愛経験が豊富でなおかつ頭の回転が速いとなるとこれほど心強いことはありませんね。

ある程度の恋愛経験がある人

ある程度恋愛経験がある人でないと恋のキューピッドはできないでしょう。恋愛経験がまったくないのに他人の恋のキューピッドをするというのは笑える話ですよね。自分にまったく恋愛経験がない、ほとんどないという状態なのに他人の恋についてアドバイスできるはずはありません。やはりある程度恋愛経験が豊富な人のほうが恋のキューピッドを任せるには安心できます。

リーダーシップがある人

リーダーシップがある人なら恋のキューピッドを任せても安心ではないでしょうか。ぐいぐい引っ張っていってくれそうな気がしますし、頼りになりそうな気がします。もちろん、リーダーシップがあるだけで恋愛経験が少ないという場合だと難しいかもしれませんが、ある程度の恋愛経験をもっていてなおかつリーダーシップもあるという方だと安心して任せられそうです。

恋のキューピッドの秘訣

親友やお世話になっている人などに恋のキューピッドをお願いされるということはあると思います。恋のキューピッドを任されてしまうとそれなりの責任が生じますから、できることならうまくやりたいですよね。そこで、ここでは恋のキューピッドをやるときの秘訣についてアドバイスしたいと思います。

どんな関係になりたいのかしっかり聞く

まずはどんな関係になりたいのかをしっかりヒアリングしなくてはなりません。そこをはっきりさせておかないとサポートのしようがありませんし、どんな行動をとればいいのかも分かりません。まずはどのような関係を目指しているのか、とりあえずお友達になりたいのか、恋人になりたいのかなどをはっきりさせておきましょう。

勝手に協力者を増やさない

恋のキューピッドを任されてしまうと気合も入ってしまいますし、もっと協力者を増やして大掛かりな作戦を決行しようとするケースもあります。しかし、勝手に協力者を増やしてしまうと後々面倒ですし、お願いしてくれた人からの信頼も失いかねません。もし協力者を増やしたいのなら事前にお願いしてきた人にも伝えるべきでしょう。

自分の考えを押し付けない

これは意外とやってしまいがちですが、自分の考えを押し付けるのはNGです。特に恋愛経験が豊富な方だとつい自分の意見を押し付けてしまいがちですが、これはよろしくありません。恋愛は生ものと言われていますし、自分のときとまったく同じように物事が動くとは限りません。自分の考えを押し付けてしまうとその時点で信頼関係が失われてしまうでしょうし、もしうまく行かなかった時には余計に立場も悪くなってしまいます。

情報収集を手伝う

情報収集はできるだけ手伝ってあげましょう。これも恋のキューピッドの役割ですよね。情報収集のやり方はいろいろ考えられますが、共通の知り合いなどを通して情報を集めていくのがもっともスマートかもしれません。

友達の勇気を後押しする

恋のキューピッドをするのなら勇気を後押ししてあげることも大切です。人によってはアプローチしたいと思っていても最後の一歩が踏み出せないということもあります。できれば誰かに背中を押してほしい、と考えている方もいますから、ここはキューピッドとして背中をそっと押してあげましょう。

残念な結果でも寄り添う

恋のキューピッドとしてサポートしたからといって必ずしもうまくいくとは限りません。時には玉砕してしまうこともあるでしょうが、例え結果が残念なことになってしまったときでもきちんと寄り添ってあげましょう。ダメだったとなると手のひらを返したように自分には関係ないように振る舞うのはダメです。

二人の相性を客観的に見る

恋のキューピッドだからこそできることがありますが、その一つが二人の相性を客観的に見るということです。これは第三者にしか分からないことですし、恋のキューピッドには適任と言えるでしょう。二人の相性を客観的に見た上でうまくいきそうかどうかを判断する必要もありますし、時には厳しい結果になりそうだということを伝える必要もあります。

勝手な判断で行動しない

勝手な判断で行動してしまうこともあるでしょうが、これはダメです。恋のキューピッドを任されてしまって気負ってしまい、ついつい勝手な行動をとってしまうこともあるでしょうが、これは信頼関係をなくしてしまう原因の一つになります。先走らないようにしてください。

焦らずゆっくり進める

カップル ハート

恋愛において焦るのは禁物です。焦ってもイイ結果にはなりませんから、じっくりと進めるのがポイントでしょう。結果的にゆっくり進めたほうが良い結果になることが多いです。

時には大胆に行動する

ここぞと思ったときには大胆な行動に打って出るのも大切です。ここぞといったタイミングの時にはぼーっとしていても意味はありませんから、時には大胆な行動に出ることで良い結果を出すこともできます。

恋のキューピッドになったエピソード5選

ここでは恋のキューピッドになったエピソードをいくつかご紹介したいと思います。

合コンの幹事をしてカップルが成立した

合コンの幹事を任されたことでカップルが誕生したというエピソードもあります。合コンの幹事を任されると会場での仕切りをすることもありますし、上手くいきそうな2人をくっつけるように配慮することもあります。相性が良さそうな2人を隣同士などにすることで距離を縮めることができますし、そうした結果カップルが誕生したというエピソードですね。

告白する勇気のない友人の背中を押してあげた

好きな気持ちは誰にも負けないものの告白する勇気だけがなかったという友人の背中を押してあげたというエピソードです。あとは告白するだけという状態だと誰かが優しく背中を押してあげることで勇気を出すこともできますから、見事にそれが成功した形ですね。こうしたエピソードは意外に多いのではないでしょうか。

友だち同士を紹介したら付き合い始めた

自分の友だちをほかの友だちに紹介したらそのまま付き合い始めた、というのも恋のキューピッドとしてよくあるエピソードです。この場合だと最初から恋のキューピッドという気持ちでやったのではなく、あくまで結果的に付き合い始めたということが多いのではないでしょうか。

ダブルデートに誘ったらそこから距離が縮まった

ダブルデートに誘ったらそこから距離が縮まったというエピソードもあります。ダブルデートだとグループ交際のようにワイワイ楽しめますから、お互いの距離を詰めるには絶好のチャンスです。この場合だとダブルデートに誘ってあげた人が恋のキューピッドということですね。

自分の結婚式に招待した友人が二次会で意気投合して付き合った

結婚式 レストラン

これも割とありがちなエピソードかもしれません。結婚式に招待した友人が二次会でほかのゲストと意気投合して付き合うようになった、という話ですね。結婚式に参加したゲストは花嫁や新郎の姿を見ていますからそれに絆されてしまうということはよくあるみたいです。素敵なキューピッドストーリーですね。

まとめ

恋のキューピッドに向いている人ややる上でのポイントなどについてお話してきました。恋のキューピッドを任されるということは誰にでもあると思いますが、いざ頼まれるとどうすればいいのか分からなくなってしまうこともあるでしょう。また、自分がキューピッドを頼みたい側になることもあると思います。そのような時にはここでお話した内容が参考になると思いますからぜひ今後に役立ててくださいね。