マウンティング女子にはこんな特徴が!マウンティングされたときの対処法とは

マウンティング女子という言葉を最近よく聞きますよね。マウンティング女子は基本的に男性からは嫌われてしまう傾向にありますが、男性だけでなく女性からも嫌われてしまいます。ここではマウンティング女子の特徴や、マウンティングされたときの対処法などについてご紹介します。身近に該当する人がいるという方はぜひ参考にしてください。

マウンティングの意味とは?

そもそもマウンティングって何?と思った方もいるかと思います。もともとマウンティングとは猿がほかの猿の上に乗って交尾の体制をとることを指しますが、現在では人間同士における格付け争いのことをマウンティングと呼ぶようになりました。

相手より自分が上だとアピールしたがる行為

常に人よりも自分が上に立っていないと満足できない人がいますが、そのような女性のことをマウンティング女子と呼んだりします。相手よりも自分が上だとアピールしたがりますし、何かにつけて自分のほうが上であると周りにアピールしてしまいます。このような女子、アナタの周りにはいませんか?

人間関係の格付け争いを表している

先ほどお話しましたが、人間同士の格付け争いのことを表しています。人間である以上すべての人は平等であるべきですし、そのように考えている方が大半だとは思いますが、中には自分と他人とを比べて格付けしてしまう人もいます。「あいつは俺よりも格下だな」とか「俺のほうが学歴が上だからあいつは下だ」などと思ってしまう方がいるのも事実です。こうした格付け争いのことをマウンティングと呼びます。

相手より自分が上だと思うことで自己満足


常に人よりも上にいたいと思う方は自己満足を得たいと考えています。相手よりも自分のほうが上だと思うことで自己満足を得ていて、そのために周りを格付けしてしまいます。

マウンティング女子の特徴

ここからは具体的にマウンティング女子の特徴について見ていきたいと思います。マウンティング女子にはいくつかの特徴がありますから、ここでご紹介する内容に該当しているのならその人はマウンティング女子である可能性が高いですね。もしかするとアナタ自身がマウンティング女子である可能性もありますから、もし少しでも該当しているのなら気を付けてください。マウンティング女子だと周りからも嫌われてしまいますよ。

相手が求めていないのにアドバイスしてくる

これはマウンティング女子にありがちな行動です。まったく求めていないのにアドバイスをしてくる女子が周りにいませんか?「いや、聞いてないし」と思うようなことがあるかもしれませんが、このような女性はいわゆるマウンティング女子です。人からお願いされてアドバイスをするのならまだしも、聞かれてもいないのに一方的にアドバイスをしたがるというのはマウンティング女子によく見られる行動ですから覚えておきましょう。

空気が読めない


マウンティング女子は空気が読めません。今そんなことを口にしたら場が凍り付くというのは誰もが分かっているのに、マウンティング女子は敢えてそれを口にしてしまうことがあります。場の空気を読むということをまったくしませんし、そのおかげで雰囲気が悪くなってしまったり不快な気持ちになってしまう人もいるでしょう。だからマウンティング女子は嫌われてしまうのです。

みんなの前で誰か一人をいじる

これもありがちですね。女子だけのグループでお喋りしているときにわざと一人をいじり倒すようなことがあります。容姿についてツッコんだり、彼氏や仕事などについていじることもあります。こうしてみんなの前で一人をいじるような行為もマウンティングですよね。一人をターゲットとしていじることで優越感に浸っていますし、自己満足を得ています。

言いたいことを言ってくる

この手のタイプの女性は言いたいことを何でも言ってきます。我慢する、わきまえるという概念はまずありませんから、思ったことをそのままストレートに口にしてしまいます。それが良い方向に働くこともあるでしょうが、だいたいは悪い方向に働いてしまいます。

いい人のフリをする

イイ人のふりをするのもマウンティング女子の特徴ではないでしょうか。本当はその人のことなどどうでもイイ、まったく興味がないのにイイ人のふりをして近づいてきます。親身になってアドバイスしているように見えますが、本人はイイ人に見られたいからやっているだけであり自己満足を得たいがための行動です。

自虐から自慢に変わる

自虐を言っているかと思いきや、いつの間にかそれが自慢に変わってしまっているというのもマウンティング女子の特徴です。最初は自虐だったのに途中から自慢話になった、という経験をしたことのある方もいると思いますが、これもマウンティング女子によく見られる行為です。

相手のすべてを否定する

マウンティング女子は自分が一番正しいと思っていますし、相手のすべてを否定してしまうことがあります。そこまで言わなくてもいいのでは、と思うことも平気で口にしてしまいますし、人格さえ否定してしまうことがあります。

ライバル心の塊

マウンティング女子はライバル心を常に心に抱いています。ライバル心の塊ですからちょっとしたことでもライバル心を燃やしてしまうことがありますし、それが態度にも表れてしまいます。

ぶりっこ


やたらとぶりっこをしてしまう人が多いのもマウンティング女子の特徴です。自分を可愛く見せたいという気持ちがあるのでしょうが、それ以上に人よりも上に立ちたい、誰よりも褒められたい、ちやほやされたいという気持ちがあります。

腹黒い

マウンティング女子は腹黒いです。口にしていることと腹の中で考えていることはまったく違いますし、口では「アナタの恋を応援しているから頑張ってね!」などと言っていても心の中では「さっさと諦めればいいのに」などと思っていることもあります。

比較が基本

マウンティング女子は基本的に自分と人を比較します。自分のほうが上だと常に思いたいタイプですし、常に人と自分とを比較する傾向にあります。私のほうが胸は大きい、私のほうが学歴は上だ、私のほうが性格はイイと思う、など。とにかく比較をしてしまうのはマウンティング女子の大きな特徴と言えるでしょう。

本当は自分に自信がない

ここまで見るとマウンティング女子は相当性格が悪いように思えてしまいますが、実は自分に自信がないのもマウンティング女子の特徴です。自分に自信が持てないからこそ人と自分を比較して、少しでも自分が勝っている部分を見つけようとしてしまいます。

マウンティング女子からターゲットにされる人の特徴

マウンティング女子はターゲットを見つけるとひたすらその人を攻撃しようとします。明らかに攻撃と分かるようなアプローチではなく、愛のある弄りのように見せかけてひたすら攻撃するというケースが多いですね。ここではマウンティング女子からターゲットにされやすい人の特徴についてお話したいと思います。

自己主張が少ない

自己主張が少ない人はマウンティング女子からターゲットにされやすいです。マウンティング女子は反論されたり反発されると急に大人しくなってしまう傾向がありますし、逆に何も言い返してこないような人には強気に出てしまいます。自己主張しないタイプの人には「この人なら言っても大丈夫」と認識されてしまいますから、攻撃を受けやすくなってしまいます。

可愛さ以外に魅力を持っていてモテる人


モテる女性すべてが可愛いとは限りません。世の中には可愛さではなく、持ち前の性格の良さやセンスの良さなど、他の魅力でモテる女性もいます。このような女性に対してもマウンティング女子は攻撃的になってしまいます。自分にないものを持っていますから攻撃したくなってしまうのです。

マイペースな性格

マイペースな性格の人もマウンティング女子から見ると恰好の餌食です。マイペースな人は大人しい傾向にありますし、いじりやすいです。そこにマウンティング女子は目を付けてしまいます。

彼氏がイケメン

イケメンの彼氏がいる女性に対してもマウンティング女子は攻撃しようとしてしまいます。羨ましいという気持ちもありますし、妬みの気持ちもあって攻撃的になってしまうのです。

ブランド物が好き

ブランド物が好きな女性も気を付けたほうがいいかもしれません。このようなタイプの女性もマウンティング女子からすると格好のターゲットになってしまいます。これも羨ましいという気持ちがあるからゆえなのですが、ブランド物を持っているというだけでやたらと攻撃されてしまいます。

媚びるのが下手な人

媚びるのがヘタな人もマウンティング女子のターゲットになりやすいですから注意しましょう。マウンティング女子は媚びるのが上手ですから、それゆえに人に媚びない女性を見ると攻撃したくなってしまいます。

マウンティングされたときの対処法とは

正直マウンティング女子に狙われてしまうと面倒ですし厄介です。このような女性とはなるべく関わりあいにならないのがベストではあるのですが、どうしても付き合わないといけないこともあるでしょう。そこで、ここではマウンティングされたときの対処法についていくつかお話しておきたいと思います。

適当に褒めておく

マウンティング女子からマウンティングされたときには適当に褒めておくことです。とりあえず褒められたという事実があればマウンティング女子はおとなしく引き下がることが多いですから、適当に褒めておくと事なきを得ることが多いですね。ただ、あまりにもたくさん褒めてしまうと延々と自慢話が続いたりしますからこれは得策ではありません。あくまで適当に褒める程度にしておいたほうがイイです。

ひたすら聞いてあげる

ひたすら聞いてあげることで対処できることも多いです。マウンティング女子は常に誰かに自分の話を聞いてほしいと思っています。適当にあしらってしまうと根に持たれてしまうことがありますから、ひたすら話しを聞いてあげるというのも一つの対処法でしょう。途中で反論などをしないのもポイントですね。反論したり反発したりするとマウンティング女子はムキになってしまいますし、エスカレートしてしまうこともあります。面倒くさいですから、ひたすら話を聞いて終わりにしてあげましょう。

鈍感なフリをする

人として好きって何?見極め方や恋愛感情に発展させる方法

鈍感なフリをするのも効果的です。あまりよく分かっていない、気づいていない、話の飲みこみが遅い鈍感な人を演じることでマウンティング女子の牙から逃れることができます。このようなタイプの女性に話をしても無駄だと思いますから、それ以上絡まれるようなことはないでしょう。マウンティング女子はまた別のターゲットを探しにいくはずです。

関わらない

正直な話これがもっともベストな方法であることは間違いありません。マウンティング女子はいろいろと面倒ですし、できれば関わり合いになりたくないはずです。基本的に誰もが関わり合いたいとは思っていませんから、できることなら最初から関わらないに越したことはないでしょう。マウンティング女子が周りにいるのなら少しずつ距離を置いてフェードアウトする、連絡を取らないようにするなどして距離を離していきましょう。職場内で部署が同じだったり、学校で一緒のクラスだったりするとどうしても難しいケースもあると思いますが、できる限り関わらないようにすることが得策です。

話をそらす

上手に話しをそらすという対処法もあります。マウンティング女子の話を延々と聞くのはしんどいですし、できることなら聞きたくもないはずです。同じ話をずっとされるのは苦痛ですから、上手に話しをすり替えてしまうのはアリでしょう。それなりの話術が必要になるかもしれませんが、キリのいいタイミングで話しをうまくそらしてみるといいかもしれません。それでもしつこく話そうとしてくるかもしれませんが、その都度うまく話しを逸らしてみましょう。

まとめ

マウンティング女子の特徴やマウンティングされたときの対処法などについてお話してきました。こうしたマウンティング女子というのはたくさんいますし、アナタの周りにも一人や二人いると思います。程度は人によってまちまちですが、マウンティング女子は何かと面倒ですから付き合い方は考えたいものですよね。また、あなた自身がマウンティング女子となって嫌われないようにするためにもこの記事は役立つと思います。マウンティング女子にならないよう普段から気を付けてくださいね。