告白のベストタイミングはいつ?男女別キュンとくる告白のセリフ

告白にはベストタイミングがあると言われています。それを知らずに適当なタイミングで告白してしまうと撃沈してしまいますから、告白に最適なタイミングを覚えておきたいものですね。そこで、ここでは告白のベストなタイミングのほか、男女別でキュンとしてしまう告白のセリフについてご紹介したいと思います。

告白するのにベストなタイミング

告白するのにベストなタイミングとは、すなわち告白の成功率が高くなりやすいタイミングということです。告白の目的は自分の気持ちを伝えることでしょうが、同時に自分の気持ちを知ってもらった上でお付き合いしてほしいという願望もあると思います。その願望を叶えるためにはベストなタイミングで告白しなくてはなりません。

相手が恋人と別れてしばらくしたとき

告白しようとしている相手が恋人と別れてしばらく経ったら、告白しても大丈夫なタイミングです。別れてすぐのほうがイイのではと思った方もおられるでしょうが、別れてすぐのタイミングはあまりおススメできません。相手の方も元の恋人のことが忘れきれていないでしょうし、露骨すぎる感じもしますよね。ある程度時間が経ってからのほうが成功しやすいです。

卒業・就職・転職・引っ越しなどのタイミング

何らかの節目となるタイミングも告白にはおススメです。このようなタイミングで気持ちをぶつけることで相手の心を動かすこともできるでしょうし、相手も真剣に考えてくれると思います。

デートの帰り際


デートの帰り際に告白するというのはある意味王道です。相手の方も告白されるのを待ち望んでいる可能性もありますから、このタイミングで告白するというのはアリでしょう。

相手が落ち込んだり弱ったりしているとき

これも告白の成功率をあげたいのならアリです。弱ったり落ち込んだりしているときは心が弱っていますから告白を受け入れやすい状況にあります。誰かに支えてもらいたい、すがりたいという気持ちもあるでしょうから、このようなタイミングで告白するとうまくいきやすいです。ただ、少々露骨ですし、弱っているところを狙うことに良心が痛んでしまうことがあるかもしれません。

3回目のデート

3回目のデートで告白するというのはタイミング的に良いと言われています。1~2回目では少々早いですし、3回目がもっとも成功率も高くなると言われています。

出会って3か月未満

出会って3ヶ月未満だと告白して成功しやすいと言われています。これ以上経ってしまうと告白のタイミングを逃してしまいますし、告白を待ってくれていた方の気持ちも離れている可能性があります。

相手の誕生日やバレンタイン・クリスマスなどのイベント


誕生日やバレンタイン、クリスマスといったイベントは告白するのにうってつけのタイミングです。ロマンチックな雰囲気の中で告白することもできるでしょう。

告白を失敗する人の特徴

ここでは告白を失敗してしまう人の特徴について見てみましょう。告白を失敗してしまう人にはある共通点があります。それを理解しておけば失敗する可能性も低くなるでしょう。

焦って告白する

焦って告白しようとすると失敗します。出会ってすぐに告白してもうまくいくはずはありませんよね。お互いのことをある程度知る必要がありますから、いくら好きという気持ちがあっても焦って告白しようとするのはNGです。

相手の気持ちが理解できていない

相手の気持ちが理解できていないのに、告白しようとしても失敗します。告白で成功するには相手が多少なりとも自分に脈ありでないといけません。まったく脈なしなのに告白しても、撃沈されてしまうのは目に見えているでしょう。

告白が失敗したときの保険をかける

これも嫌われてしまいますね。告白が失敗したときの保険をかけるような行為は嫌われてしまいます。保険をかけていることがすでに知られているとなると最悪ですし、まずうまくいくことはないでしょう。保険をかけるような姑息なことはしたくないですね。

いきなり告白する

これも意外とやってしまいがちなかもしれませんが、何の前触れもなくいきなり告白してしまうのはNGです。それなりの関係性が必要ですし、告白するときの雰囲気なども必要でしょう。いきなり告白されてしまうとされた側も気持ちの準備ができていません。うまくいく告白であってもうまくいかなくなります。

「断ってもいいよ」と言ってしまう

男性にありがちですが、自分を大きく見せるために断ってもいいよ、と心にもないことを言ってしまいます。女性からすると「あ、それほど好きでもないんだ」と思ってしまい、本当にフラれてしまいます。

本気度が伝わっていない

本気度が伝わらない告白もダメです。おどけて言うのではなく、真摯にきちんと好きという気持ちを伝えましょう。

男性が言われてキュンとくる告白の言葉5選

ここでは男性が言われてキュンとする告白の言葉をお伝えしたいと思います。

言葉に重みがある「ずっと好きでした。」

これはかなり好印象ですよね。言葉に重みがありますし、思わずキュンとしてしまいます。

ストレートに「好きです。」

どこにでもありがちな告白の言葉ですが、そのシンプルさにぐっときてしまいます。

重すぎなくてちょうどいい「好きになってもいいですか?」

疑問形にしているタイプですね。こんなことを言われたら男性は誰でもキュンとするに決まっています。

可愛いと思われる「私たち、付き合ってるよね?」

いきなり不意打ちでこんなこと言われるとどぎまぎしてしまいます。これも男性殺しな一言です。

控えめな「もしよかったら彼女にしてください。」

ちょっと控えめに言われ、思わずきゅんとくるセリフです。

女性が言われてキュンとくる告白の言葉5選

次に女性が言われてキュンとしてしまう告白の言葉をご紹介しましょう。

「僕の彼女になってくれませんか?」

男性 ハート

とてもストレートで好感の持てる言葉ですよね。回りくどくなくシンプルでイイです。

「これからもずっと大好きです」

これも女性は言われてしまうとキュンキュンしてしまうのではないでしょうか。

「大事にするから付き合おう」

カップル ハート

男性からの大事にするからはちょっとズルいですよね。これも嬉しくなってしまう一言でしょう。

「全力で守るから俺の側にいてほしい」

まるで漫画やアニメの主人公のようなセリフですが、こういうセリフに女性は弱いんですよね。

「もうお前と友達でいるのやめたい、俺の彼女になって」

ちょっと芝居がかったセリフかもしれませんが、これも女性からすると高得点ではないでしょうか。

「お前のことは俺が幸せにしたい」

いつかこんなこと言われてみたい、そう思っている女性は多いはず。これもポイントは高いですね。

まとめ

告白のタイミングや言われて嬉しい言葉などについてご紹介しました。告白ではタイミングが大事ですから、ベストなタイミングで最高にグッとくる一言を伝えてみましょう。あまり回りくどい告白よりはシンプルでストレートな告白のほうが男女ともに好印象みたいですよ。