寝起きの口臭を回避する!におわないための対策

朝起きるのが憂鬱だという人の理由の中に、口臭が入っている人も多いかと多います。確かに、寝起きは口臭が気になるというのは起きるときに憂鬱だと感じる原因だとなりやすいですし、人と暮らしている場合にはそれが顕著に表れます。一体、どうすれば寝起きの口臭を回避することが出来るのでしょうか。口臭が臭わないための対策について調べていきましょう。

どうして寝起きの口臭はひどいのか

寝ている間は唾液の量が減り殺菌効果が低下している

睡眠 女性

唾液というのは、一般的に汚いというイメージとして捉えがちですが、実は口腔内の健康に重要な意味を持っています。特に唾液の持つ殺菌成分は口の中の微生物に対抗するため、歯と歯茎の健康を保つだけではなく、口臭の予防にも役立っているのです。しかし、睡眠中は唾液の分泌量が減少するため、殺菌能力が衰えてしまうのです。

睡眠中は口内細菌が増加してしまう


口腔内の自浄作用は睡眠中に低下します。それは、唾液の分泌量が減るからです。また、細菌の増殖に適した温度や湿度が長時間保たれることもあり、口の中は最近が非常に増殖しやすい環境が整ってしまいます。

唾液での洗浄効果も同様に低下してしまう

唾液の洗浄能力には、口腔内のph(ペーハー)の調節という、酸性とアルカリ性のバランスを保つ役割があります。酸性に傾いてしまうと歯はミネラルが溶け出しやすくなってしまうのです。また、ミネラル成分の補給という点も見逃せないポイントとなります。歯の脱灰に対して、自然治癒としての再石灰化作用という働きを行うことによって歯の修復を手伝います。睡眠中はこのような働きも衰えると言われているのです。

口臭がひどくなる人の特徴

虫歯・歯周病がある


虫歯がや歯周病が口臭の原因となることもあります。それは、虫歯によって空いた穴に食べ物が詰まり、菌が繁殖して、それが匂いの元となるからです。特有の虫歯臭も生まれる可能性があるため注意が必要でしょう。歯周病は古くから口臭と高い相関性があることが分かっています。歯周ポケットに出来るという特徴を持っている歯周病は、その中でも硫化水素やメチルメルカプタンを生成するため、口臭がひどくなりやすいのです。

就寝前の歯磨きがちゃんと出来ていない

口の中の食べ残しが最近の栄養分となります。そして、寝ているときの口の中の温度は菌の増殖に最適となっているため、歯磨きをしないで寝ると細菌の増殖率は爆発的に跳ね上がります。また、磨き残しなどがある場合には、そこから細菌が増殖するので注意が必要です。細かな部分やでこぼこがある部分のブラッシングには特に気をつけてみましょう。

睡眠中に口呼吸をしている

口呼吸をすることで口臭の原因になります。それは、唾液を蒸発させて口の中を乾燥させてしまうからです。前の項でもお伝えした通り、唾液には殺菌能力が備わっています。その効果によって細菌の増殖を抑えてくれるのです。唾液が正常に働いている状態であれば、口臭を防ぐことが出来るのですが、口呼吸をすることによって、口の中が乾燥してしまい、口腔内の環境が口臭へとつながってしまう原因となるのです。

舌苔がある

口腔内の清潔を保つために注目されがちなのは歯磨きですが、歯ばかりに注目してはいけません。口臭の原因となりがちなのは舌にも存在するのです。舌苔と呼ばれる、舌の中央部分から奥の方にある白くて粘つく物質は、細胞や食べ物のカス、血液成分や細菌といった、口臭の原因の宝庫とも言われる存在となっています。そのため、舌苔の除去が口腔内のケアをする際には必要になります。こちらにも着目するようにしましょう。

口臭対策でやりたいこと

寝る前にはしっかりと歯磨きを


口臭対策の基本となるのは、やはり歯磨きです。しっかりとした方法で歯磨きを行うようにすることで食べカスが口に残ることもなく、清潔な状態を保った状態で睡眠出来るため、寝る前の歯磨きは非常に重要になります。気をつけたいポイントは、歯磨き粉を付けるときには歯ブラシを濡らさないようにすることです。歯ブラシを濡らすと泡が立ち過ぎて十分に歯磨きが出来なくなってしまう恐れがあります。濡らさない歯ブラシで歯磨き粉をつけ、細かく一本の歯に対して20回から30回程こすりながら順番に磨いていってください。

舌の掃除もしっかりとする

舌苔は口臭の原因に繋がるので、忘れずに行うようにしましょう。舌は繊細な部分なので歯ブラシでは刺激が強過ぎます。なので、専用のブラシを使って磨くようにしましょう。また、磨きすぎることによって口内炎の原因にもなる恐れがあります。優しく扱うようにしてください。また、舌苔の付いていない部分を磨く必要はないので、鏡を使って歯ブラシが舌苔にしっかり当たるようにしましょう。その際、歯ブラシを動かす方向は、舌の奥から手前に一方向で動かすようにしてください。往復させると細菌が喉に送り込んで体調を悪くする原因になる可能性があります。

デンタルフロス・歯間ブラシを使って汚れを落とす

歯ブラシだけではなく、デンタルフロスや歯間ブラシを使うことによって、より食べカスを除去することが可能になります。デンタルフロスは糸のようなもので指に巻きつけて使います。歯間ブラシは様々なタイプがあるため、自分の好みに応じて使い分けるようにしましょう。一般的に、歯間が広い人は歯間ブラシが、逆に歯間の狭い人はデンタルフロスがオススメされることが多いようです。

タバコやお酒は控えめにすること


タバコに含まれるニコチンやタールには口臭をきつくなる原因と言われています。また、コーヒーを合わさったときの香りはあまり良く思わないという人も多いようです。さらに、歯周病の原因にもなります。それはアルコールにも同じことが言えるようで、歯周病を促進させる飲酒も控えめにした方が良さそうです。タバコもお酒も、独特のにおいがある嗜好品であるため、エチケットのためにも口腔内環境には一層注意が必要になります。

睡眠中は口呼吸をしないように

殺菌能力がある唾液を蒸発させてしまう口呼吸を防ぐことで、寝起きの口臭を軽減することが出来ると言われています。そのために睡眠中の口呼吸を抑制するようにしましょう。喉や鼻にある疾患が口呼吸につながる原因になることもありますし、仰向けで寝ることによって口呼吸になることもあるようです。このような生活習慣に気をつけるだけではなく、市販されている口呼吸抑制グッズなども使うことで、口呼吸を予防することが可能になるようです。

寝る前に重曹でケアをする

重曹を溶かした水でうがいをすることで口臭を防ぐことが出来ると言われています。これは、細菌が増殖する酸を中和するアルカリ性に口腔内の環境を持ってくることが出来るからです。さらに、脱灰することがなくなれば、唾液中に含まれるカルシウムが歯を再石灰化させることが出来るため良いことずくめだと言えるでしょう。

まとめ

寝起きの口臭を防ぐためには、口腔内の細菌をいかにコントロールするかということがカギとなります。そのために重要なポイントとなってくるのが唾液の存在です。唾液は口の中の自浄作用を促す働きを持っており、殺菌能力も持っています。そのため、その唾液を蒸発させてしまう口呼吸はNGです。また、口の中にある食べカスも細菌を増殖させてしまう原因となるため、出来る限り除去する必要があります。寝る前にはしっかりと丁寧なブラッシングを心がけて食べ残しが無い口腔内環境を整えるようにしましょう。そのためにはデンタルフロスや歯間ブラシなども使用し、口臭の元になる舌苔も専用のブラシで磨くようにしてください。生活習慣を整えるだけで、悩みの種であった寝起きの口臭からサヨナラ出来るかもしれません。一つ一つ原因を探り、快適な目覚めを目指しましょう。