100均のダンベル4選!コスパ良く筋トレできる!

100均でもダンベルは買える!

筋トレに欠かせないダンベルはスポーツ用品店やホームセンターでも販売されていますが、ダイソーやセリア、CanDoといった100均でも購入できるって知っていましたか?

100均のダンベルって品質的にどうなの?と不安になりそうですが、100円とは思えないクオリティーなんですよ。

ダンベルを買おうと思っているなら、是非1度100均をチェックしてみてください。

ダイソーのおすすめダンベル

ダンベル(赤)

shop ダイソー price 108円(税込)

100均にダンベルがあるってちょっと驚きですが、ダイソーに行けばちゃんとしたダンベルが1個100円+税で入手できます。重さは約1kgのみですが、安い物でも1,000円前後しますからかなりお得です。

素材はセメント/砂/ポリエチレンを使用しているため、強度では一般的なダンベルには劣るものの、普通に使う分には全く問題ありません。

色はレッド/ネイビー/ピンクといくつか種類がありますが、店舗による違いもあるので、まずはお近くのダイソーでチェックしてみてください。

ウォーターダンベル

shop ダイソー price 108円(税込)

こちらは中に水を入れて使うタイプです。素材は本体がポリエチレン、フタがポリプロピレンです。そのままだと軽いので筋トレにはなりませんが、水をいっぱいまで入れれば約1kgになります。カラーはピンクとブルーの2色から選べます。

筋トレ初心者にはちょうどいい重さですが、慣れてくるともう少し重いダンベルが欲しくなります。重くしたい場合は、中に砂を入れると約2kgのダンベルとして使えるのが嬉しいところです。中味を変えれば1個100円で1kg~2kgのダンベルとして使えるならお得と言っていいでしょう。

セリアのおすすめダンベル

アンクル&リストウエイト

shop セリア price 108円(税込)

室内やジムで筋トレをするときはダンベルを使いますが、走るときにダンベルを持って走るのって1kgの物でもかなり苦労します。走るときに重さをつけたいというときに便利なのがこちらです。

手首や足首に巻いて使う重りです。重さは1個約500gだから、両足首につければ1kgのダンベルを持って走るのと同じ効果が期待できます。両手首にも巻けば約2kgの重さをプラスできます。4個揃えても400円+税ならかなりお得ではないでしょうか。

中身は鉄粉で、表面はナイロン製です。マジックテープのベルトが付いているので、長さは調整できます。セリアで購入できます。

CanDoのおすすめダンベル

ダンベルブラック

shop CanDo price 108円(税込)

CanDoにもダンベルがあります。色はブラック、重さは約1kgと普通のダンベルと大差ありません。ダンベルは2個セットで使うことが多いですが、1個100円+税だから2つ買っても200円+税なら、気軽に購入できますね。

サイズはサイドの直径が約9cmx横が16.5cmと、持ちやすいちょうどいい大きさです。1kgなら初心者にも気軽に使えます。

100均のダンベルを使った筋トレ方法

出典:instagram.com

?utm_source=ig_embed

100均のダンベルを使ったトレーニング方法を紹介します。

  • 肩に効くトレーニング

肩幅に足を開き、両手にダンベルを持ったら腕を伸ばし、床と平行になるように腕を上げます。肩の高さまであげたらゆっくり下ろしましょう。10~20回を3セット目標にします。

  • 背中に効くトレーニング

椅子に片膝を付き、片手で背もたれを抱き抱え、もう片方の手でダンベルを持ちます。だんべrを垂直に上げ下げするのを1セット20回、計3セット行いましょう。

  • 三頭筋に効くトレーニング

背中のトレーニングと同じ姿勢で、腕を後ろに引き上げます。回数は同じ20回x3セットを目指します。

  • 三頭筋に効くトレーニング2

まっすぐ立ち両手を伸ばし頭の上でダンベルを持ちます。そのままの姿勢で肘を曲げないようにスクワットの姿勢をとります。20回を3セット目安にしてください。

出典:instagram.com

先ほど紹介した4番目の三頭筋を鍛える方法の要領で、腰を落とすときに肘を曲げ後ろ方向にダンベルを上げ下げするトレーニングです。肘を曲げるときは、肘を外側に開きすぎないようにするのがポイントです。

このトレーニングは二の腕を引き締める効果が期待できます。自宅でも少しのスペースがあればできるから、毎日続けられそうです。

出典:instagram.com

ひとつ前の二の腕を引き締める筋トレとやり方が同じですが、今度は正座した状態で行います。立ったままやるのがきつい方は、こちらの方法で試してみるといいでしょう。

動画では1kgのダンベルを使っていますが、両手首にもセリアのアンクル&リストウエイトを巻いています。筋力レベルで重さは調整できますので、きつい場合はダンベルだけでやってもOKです。

まだまだある100均の筋トレグッズ

出典:instagram.com

通販などでも人気の腹筋ローラーも100均で購入できます。

腕立て伏せの姿勢でローラーを前後に転がしますが、最初はかなりきついので、床に膝をついた姿勢から始めるといいでしょう。腹筋と背筋を効率よく鍛えられます。

出典:instagram.com

二の腕を引き締めたいときにおすすめの、エクササイズストレッチャー はダイソーで購入できます。

頭の後ろあたりに持ち左右に引っ張るだけだから、使い方は簡単ですが、かなりの負荷がかかるので無理をしない範囲で始めてください。

出典:instagram.com

バランスボールはインナーマッスルを鍛えるのに役立ちます。普通に座るだけでもバランスを取るのが難しいですが、少しずつ慣れていけばポッコリお腹も解消できるかもしれません。

こちらはダイソーで購入できます。足に挟んで潰すようなイメージで、モモを引き締めるトレーニングにも使えます。

まとめ

ダンベルを使う目的は人それぞれです。1kgのダンベルなら100均で購入できますし、ちょっと筋トレしたいときにも便利な重さです。一般的なダンベルと変わりませんし、100均にはダンベル以外の筋トレグッズも豊富に揃っていますので、大変お得です。

100均ダンベルや筋トレグッズを使って、お得にトレーニングしましょう!