片思い中にやってはいけないNG行動!両思いになる方法11選

片思いしている異性ともっと仲良くなりたい、付き合いたいと思っているのなら片思い中のNG行動に注意しなくてはなりません。片思いしているときにやってはいけないタブーなことがいくつかあります。それを知らないと、知らず知らずのうちにNG行動をしてしまっている可能性があります。ここでは、片思い中にやってはいけないNG行動や、両思いになるための方法などについてお話したいと思います。

片思い中にやってはいけないNG行動

まず片思い中にやってはいけないNG行動についてお伝えしたいと思います。意外とやっている方が多いと思いますし、無意識のうちにやっている方もおられるでしょう。このようなNG行動をしていると両思いになるどころかお互いの距離を詰めることもできませんし、最悪相手に良くない印象を与えてしまうこともあります。しっかりマスターしてくださいね。

好きだという気持ちがバレないようにしている

好意を持っている異性に対して好きだという気持ちがバレないようにしている方もいると思います。好きな気持ちを知られたくない、バレたくないとひた隠しにしている方もいるでしょうが、これはNGです。これだとお互いの距離が縮まることはまずありませんし、相手も意識してくれません。バレたくないという気持ちも理解できなくはありませんが、徹底して気持ちを隠そうとするのはNGです。

一年以上ずっと片思いを続けている

一年以上に渡ってずっと片思いしている、という方もおられるでしょうがこれも基本的にはNGです。一年というのは相当な期間ですし、正直時間がもったいないです。一年もあればもっとお互いの距離を詰めることができるでしょうし、相手の気持ちを確かめるチャンスもあるでしょう。それをしようとせずに一方的に片思いをしているというのはあまり褒められたことではありません。相手の方とお付き合いしたいわけではない、想っているだけでイイというのなら無理は言いませんが、もしお付き合いしたいのなら行動を起こすべきでしょう。

相手のことを片っ端から褒める


好きな人に気に入ってもらおうとして片っ端から褒めようとする方もいます。確かに相手の気を引くために片っ端から褒めるというのもアリはアリですが、あまりにも露骨になってしまうと逆効果です。相手の方からすると「どうしてこんなに褒めてくれるんだろう」「何か下心があるのでは」と思われてしまう可能性もあります。アナタからの好意に多少なりとも気づいているのならまた話は違ってくるかもしれませんが、気持ちを隠した状態でひたすら褒めるのはあまりおススメしません。気持ちの悪い人だと思われてしまう恐れもあります。

毎日LINEやメールをする

既にお付き合いしているのなら毎日ラインやメールをするのはアリです。そのほうがコミュニケーションをとりやすいですし、交際しているのならこれは全然アリでしょう。しかし、まだお付き合いしていないどころか一方的に片思いしているという状態で毎日LINEやメールをしてしまうというのはNGです。片思いの段階では適度な頻度に留めておかねばなりません。

片思いの相手と目が合わせられない

片思いしている相手を意識してしまって目を合わすこともできない、という方は意外に多いです。目を合わせると恥ずかしい、目が合いそうになると逸らしてしまうという方もいるでしょうが、これはNG行動の一つです。これだと相手の方からすると嫌われていると思われてしまうかもしれませんし、避けられているとも思われるでしょう。もし相手の方がアナタに気があるとしても、目も合わせてくれないのかとガッカリされるでしょうし、いつの間にか気持ちも冷めてしまうかもしれません。

大胆なスキンシップ


スキンシップは有効なコミュニケーションの一つですし、スキンシップがうまくできればもっと仲良くなることもできるでしょう。しかし、あまりにも大胆なスキンシップは逆効果ですし、ただの馴れ馴れしい人と思われてしまう可能性があります。特にお互いのことをまだあまり知らないという状態だとそうなりやすいですから注意が必要でしょう。ある程度距離が縮まっているのならまだしも、一方的に片思いしている状態でやることではありません。

相手には恋人がいるから仕方ないと思っている

片思いしている相手に恋人がいるから仕方ないと思っている方もいるでしょうが、相手に恋人がいたとしてもチャンスが巡ってくることはあります。もしかすると何日か後に別れるかもしれませんし、今後自分と付き合えるようになる可能性はあるのです。一方的に諦めてしまっているとチャンスが巡ってきても行動できませんから、恋人がいるから仕方ないと思わずに常にチャンスを見極めるようにしましょう。

友だちとの遊びの報告やリア充アピール

好きな人に対して友だちとの遊びの報告やリア充アピールをしてしまう方もいます。天邪鬼な方にこうした傾向がありますし、相手の気を引こうとしてこうした行動をとってしまいがちです。しかし、これは逆効果になってしまうことが多いですからおススメできません。

片思いの人と両思いになる方法

ここからは片思い中の女性なら誰でも知りたい両思いになる方法についてお話したいと思います。いろいろな方法がありますが、とりあえずはここでご紹介する方法を覚えておくと役立つでしょうからぜひ覚えておいてくださいね。

少しだけそっけない態度をとってみる

いきなりちょっと上級なテクニックになってしまいますが、少しだけそっけない態度をとってみるというのはアリです。こうすることで相手の気を引くこともできますし、相手の方から気にしてもらえるようになることもあります。今までグイグイ来てたのに最近ちょっとそっけなくなった、と思わせることができればグッドですね。

一旦、距離をおいてみる

少し距離を置いてみるというのもアリです。距離を置くことによって相手がアナタの存在を意識するようになるでしょうし、そこから距離が縮まる可能性もあります。押してもダメなら引いてみろという言葉がありますが、まさにそれを実践する形ですね。距離を置くことであなたの存在が余計気になるようになり、そこから関係が発展するというのは十分考えられますよ。

相手のテンションに合わせる

会話をしているときなどはできるだけ相手のテンションに合わせてあげることです。ハイテンションなときはできるだけこっちもハイテンションに、テンションが低いときはこっちもちょっとテンション低めで対応すると良いでしょう。それだけで気が合うと思ってもらえますし、フィーリングが似ていると思ってもらえます。

合コンに誘われていると言ってみる

合コン パーティー

合コンに誘われていると伝えることで相手の方に焦りを感じさせることができます。もし相手の方が少しでもアナタに気を持っているのなら、合コンに誘われていると聞かされて平常心を保つことは難しいでしょう。合コンに参加するのは出会いを求めている人がほとんどですし、一夜のお相手を求めているような人も参加している可能性が高いです。そのようなところに誘われていると言われてしまうと焦るでしょうし、何かしらのアクションを起こしてくれるかもしれません。

共通点をみつける

お互いの共通点を見つけるのは両思いになる第一歩です。共通点を見つけることができれば会話も盛り上がるようになりますし、お互いの距離もぐっと近くなるのではないでしょうか。

明るく前向きな姿を見せる


ネガティブで後ろ向きな姿よりも前向きでポジティブな姿を見せましょう。人は誰しもネガティブな人よりポジティブな人に惹かれてしまうものです。いつも前向きで明るい人には自然と惹かれてしまいますし、気になる存在にもなるでしょう。

LINEはスタンプを押しすぎない

LINEのスタンプはとても便利ですし、さまざまな可愛いスタンプなどもありますが、片思い中の相手とLINEでやり取りするときはスタンプを多用しすぎないことです。スタンプばかりで返信されてしまうと手抜きのように思えてしまいますから、相手の方に変な誤解を与えてしまう可能性もあるでしょう。アナタに気がある場合でも「こっちに興味がないのかな?」と思われてしまうかもしれません。

自分磨きをする

両思いになるために自分磨きを始めてみてはいかがでしょうか。相手から好きになってもらうためには自分が魅力的な人になる必要があります。その人から認めてもらえるような素敵な人になる必要がありますから、そのために自分磨きをするのはおススメです。ダイエットをする、綺麗になるための努力をする、内面を磨くために習い事を始めてみるといった方法がありますね。

あわせて読みたい

自分磨きの方法、男女別に紹介!

続きを読む

少し肌が触れるくらいに近づく

スキンシップは最強のコミュニケーションですが、やりすぎは禁物です。特に片思いしているときに激しいスキンシップをしてしまうと逆効果になってしまうことが多いですから注意が必要です。少し肌が触れるくらいに近づくのがベストですから、これくらいの距離間を保ってください。

ちゃんと相手の名前を呼ぶ

カップル 指輪
相手の下の名前で呼ぶのは効果的です。親近感を湧かせることができますし、そこから距離が縮まるということは十分考えられるでしょう。

素の自分を見せる

普段ほかの人には見せることのない素の自分を見せるというのも効果的です。自分にだけこの姿を見せてくれている、と思わせることができればより効果的ですね。ただ、見せる素の部分があまり良い印象を与えられないものだと逆効果ですからそこは注意してください。

告白する勇気がない人は”好きバレ”させよう

告白する勇気がない、告白できないという方は好きバレさせたほうが良い結果に転がることがあります。ここではいくつか好きバレさせる方法をピックアップしました。

相手の目をじっと見つめる

片思いしている相手の目をじっと見つめることで好きバレさせることができます。目をじっと見つめられるというのはそうそうあるものではありませんし、それが異性からとなるとなおさらです。相手に好意を持っていることを暗に伝えることができますし、気づいた相手が告白してくれるかもしれません。

積極的に話しかける

カップル ハート

積極的に話しかけることで好意を伝えることもできるでしょう。好きバレさせたいのならこちらからアグレッシブに話しかける必要があります。ちょっとした用事や些細なことでも頻繁に話しかけているとさすがに鈍感な人でも気づくのではないでしょうか。

他の人とは明らかに違う態度を見せる

ほかの異性への接し方と明らかに違う態度を見せることで好きバレさせることもできます。ほかの異性にはあまり笑顔を見せないのに自分には見せてくれる、スキンシップが多い、などと思ってもらえたらあなたが好意を持っていることにも気づくのではないでしょうか。あまりやりすぎてしまうと周りのほかの異性から反感を買ってしまいますからそこは注意してください。

好きなタイプを聞く

彼女の好きなところはどこ?うまく言えない男ゴコロ10選
好きなタイプを聞くのも効果的です。そんなことを聞いてくるということは気があるのかな?と勝手に思ってもらえます。聞かれたほうはきっとドキドキしてしまうでしょう。

秘密の話をする

秘密の話をするのも良いでしょう。2人だけの秘密とあらかじめ伝えてから話すとなおさら効果的ではないでしょうか。秘密の話をするということは気がある、と思ってくれます。

いつも最大の笑顔

いつも最大級の笑顔を向けることでアナタの好意に気づいてもらえるかもしれません。ほかの異性に向ける笑顔と区別化しましょう。

たまにさりげなくハートを入れたLINEを送る

LINEでやり取りしているのなら、たまにハートを入れて送りましょう。普段からハートをよく使っているという場合だと効果は薄いですが、普段は文章とスタンプがメインなのにたまにハートが送られてくる、となると相手の方もドキドキしてしまいます。もしかして好きなのかな?と思わせることも可能でしょう。

友だちに頼んでバラしてもらう

好きバレさせようと思っていろいろ試しているものの、相手が鈍感でなかなか気づいてくれないということもあります。特に男性は女性が思っている以上に鈍感であることが多いですし、気づいてもらえない可能性は十分あるでしょう。最終手段として友だちに頼んでばらしてもらうという方法もあります。自分の好意を相手に気づいてもらえることによって、あちらからも意識されるようになります。

まとめ

片思い中のNG行動や両思いになる方法について述べてきました。片思いの期間が長くなるほどつらくなることもありますし、新しい恋のチャンスを逃してしまう可能性も高くなります。できることなら早く両思いになって楽しい時間を共有したいですよね。ここでお伝えしたことが少しでも参考になれば幸いです。