仕事が続かない人に共通する特徴と原因とは?今の職場で長く続ける方法

以前であれば終身雇用が当たり前だったこの日本ですが、最近では学校を卒業してからずっと同じ企業で働き続ける人も珍しくなってきています。

転職は必ずしもマイナスなことではなく、キャリアアップや、より自分らしい働き方やライフスタイルを求めて転職することは多くの人にとって魅力的な人生の選択となっています。

一方でポジティブな意味でははく、ネガティブな意味で職場をやめてしまう人も多くいます。いわゆる仕事が続かない人で、どこの会社にいっても間もなくうまくいかなくなりやめてしまう人がいます。そのような人はどのような特徴があるのでしょうか。解決のためにどのような取り組みが必要でしょうか。

仕事が続かない人の特徴

人間関係が得意ではない

職場での悩みというのは誰でも一つ二つはあるものかもしれませんが、多くの人にとって悩みの種の第一位となりやすいのが職場での人間関係です。男性でも女性でも上司や同僚、取引先との人間関係で悩みを持つことは珍しくありません。

しかしそうした悩みを抱えていてもある程度上手に対処したり割り切ったりして仕事を続けていくものですが、どの職場に行っても仕事が続かない人というのは普通の人よりも極端に人間関係の構築が苦手な人が多いようです。

働かなくても生きていけると思っている

仕事が続かない人の特徴として別の分野は、本人がしっかり働くなくても生きていけると考えているというものです。ただ単に楽観的という人もいますし、親に頼って生きていくという考え方が基本的にある人もいるでしょう。半引きこもり状態にあるような人もいるかもしれません。

こうした考え方があると、生活がかかっていない場合安易に職場を退職してしまうという選択をするかもしれません。

プライドが高い

これは人間関係の在り方にも大きく関係していますが、すぐに仕事をやめてしまう人の多くは非常にプライドが高い傾向が強く、どうしてもトラブルがあった時に適当なところで折り合いをつけることができず、時には激高したまま退職を決意するということもあります。

もちろん仕事においてプライドを持ってあたることや、自分という人間に適切なプライドを持つことは大切ですが、プライドが高すぎて仕事が続かないという人は人間トラブルを抱えやすい傾向にあります。

空気が読めない

メイク

「KY」=「空気が読めない」という言い方が流行した時期もありましたが、そのように空気が読めない人も同じ職場で長く働けない傾向が強いです。これはひとえにその性格ゆえに人間関係のトラブルを招きやすく、職場の同僚との間で軋轢が生じやすいというのが原因です。なんとなく孤立するようになり、居心地が悪いので退職してしまうというパターンです。

空気が読めない人の中には、平気で他人が気分を害するようなセリフを口にしてしまう割に、自分はプライドが高く、自分に向けられた冗談などはすぐに真に受けて気分を悪くするという人もいるので厄介です。

「自分はもっと活躍できる場がある」と自分を過大評価している

自分に自信を持つことや、さらなる活躍の場を求めることはよいことですが、すぐに仕事をやめてしまう人の中には健全な意味でのキャリアアップではなく、現在の職場や同僚に対する不満の気持ちから、自分はもっとほかのところでなら活躍できると考えて仕事をやめて、いろいろな職場を転々とする人もいます。

謙虚な気持ちが足りない、あるいは被害妄想が激しいゆえに一つの職場で落ち着いて仕事を続けることができない人も多いようです。

仕事が続かない原因

仕事ができない人の特徴!困った部下を持ったときの4つの対処法

コミュニケーション能力が低い

仕事がなかなか続けられない人の多くはコミュニケーション能力が低い傾向が強いです。コミュニケーション能力が低いと同僚との関係や取引先との良い関係を築くことが難しくなりますし、本人も集団の中で人間関係を築いて仲良くやっていくということが極端にストレスになる傾向があります。

コミュニケーション能力が育ってきた環境によってかなり左右されることを考えると、こうした傾向がある人も好き好んですぐ仕事をやめてしまうわけではなく、本人たちも苦しんでいる可能性が高いでしょう。

忍耐力が低い

すぐ仕事をやめてしまう人は、ストレスや大変な状況に対する忍耐力が低い可能性が高いです。一概には言えませんが、学生時代運動部などできつい練習に耐えたり、部活内の上下関係や友人関係の中で我慢することや忍耐することを学んでいる人は社会に出てからも簡単にあきらめない強さがあるかもしれません。

忍耐力が全体的に足りない人は、仕事の忙しさにせよ職場の人間関係にせよすぐに投げ出してしまう傾向が強いかもしれません。

すぐに他人を羨んでしまう

仕事を一か所で続けられない人は、すぐに他人を羨んでしまうという傾向がある人が多いです。多くの場合同年代の同僚のことを羨んで、自分がないがしろにされていると思い込んでしまったり、自分ばかり大変な目にあっていると感じて、環境を変えたいと考えてしまうのです。

しかしそうした考え方をしていると大体どこの職場にいっても同じようにほかの人を羨んでしまうので、多くの職場を転々としてしまい、一か所で安定して働くことが難しくなってしまいます。

体力がない

単純に体力がないために一か所で仕事を続けるのが難しいという方もいます。体力がないというだけでなく、持病があったり、仕事をしばらく休まなければいけないくらい体調が悪くなるという人もいるかもしれません。こうした人は自分の体調を上手に管理しながら仕事をしたり、自宅でやれる仕事などを探すのも良い方法かもしれません。

不健康

これも体力がないというのと似ていますが、不健康ゆえになかなか仕事が続けられないという方は、まずはその不健康な状態を解決することに注意を向けるのが賢明でしょう。

特定の病気がある場合は効果的な治療を探したり、合う病院や先生を探すことが大切です。また普段の生活習慣から健康を害している場合は生活習慣を見直して健康な体を手に入れることが自分の将来の仕事においても大きな益となるでしょう。

いい加減な性格

いい加減な性格が災いして、仕事でミス連発してしまい、職場にいられなくなってしまうという人もいます。あまりにミスが多かったり、大きなミスをしてしまうと本人的にもその後職場にいづらくなり、フェードアウトするように退職なんてこともあるかもしれません。

こうした性格上の問題は一夜で解決するわけではないので、本人としても周りとしてもなかなかどう対処していけばいいのか難しい分野でしょう。長い目で見て会社側も訓練してくれて、本人も自分を変えていけるよう努力する気持ちがあれば変化があるかもしれません。

不正が許せない

同じ職場にいられない原因の一つとして不正が許せないという性格があるかもしれません。これはもちろん大きな不正の話しではなく、ちょっとした仕事上の事柄や暗黙の了解でおこなわれているような小さな事柄でも気になってしまい、不満を募らせるというタイプの性格です。

こうした傾向が強すぎるとどこの職場に行っても義憤からではありますがその職場に居たくなくなってしまい、退職ということにもなりかねません。

仕事が続けられるようにする方法

とにかく危機意識を持つ

仕事を一か所で続けられないというのは、将来的なことを考えるととても不安なことです。一人で仕事を立ち上げたりできるようなバイタリティがあるなら別ですが、多くの人にとって仕事はどこかの企業に雇ってもらうものなので、将来の自分に関して危機意識をもって、仕事をしていくことが大事です。

もちろんあまり悲壮な気持ちで仕事をしていてもストレスが溜まるので、バランスを上手にとることが必要です。

客観的に現状を理解する

自分の周囲で起こっていることに関して第三者的な目線、客観的な目線で見るという習慣をつけることは大切です。自分の周囲の状況に関して不満を募らせて職場をやめたいと考えているようなときでも、客観的な目線で考えられるならば、それほど異常な事態が生じているわけではないということや、むしろこれくらいで退職をするのは自分にとってデメリットとなることなどがわかってくるかもしれません。

またキャリアアップなどに関しても、転職をするよりも、今いる職場でキャリアアップを目指していくほうがメリットがあるということに気付けるかもしれません。いずれにしても俯瞰的に自分を見る目を養うというのは今の職場で仕事を長く続けるために有益です。

低いハードルを設け達成感を得やすくする

今の職場でうまく仕事をできていないという感覚は、転職したいという気持ちを強めるものとなってしまいます。しかし仕事の目標の面でも低いハードルを設定して、自ら仕事の達成感を感じやすくすることによって仕事を続けやすくなるかもしれません。

徐々に低いハードルを突破していくと、やがて知らないうちに高いハードルも飛び越えやすくなります。

一生かけて働ける仕事を真剣に探す


もちろん今の職場が今後ずっと働くべき職場かというのはわかりませんので、転職やキャリアアップを真剣に考えたほうが良い場合もあります。とりわけいくつもの職場を経験してもなかなか仕事が続かない人の場合は、少し時間をかけて自分が本当にやりたい仕事や、生涯の仕事を真剣に探す時期が来ているのかもしれません。

大きく仕事を変える場合は短期間でよさそうな仕事を探して面接を受けてみるというようなやり方ではなく、仕事の形態からジャンル、将来性まで慎重に考える必要があります。

特に仕事が続かないという悩みがある場合は、どのような仕事なら自分が楽しく続けられて、将来性もあるのかをしっかり考えて決める必要があります。自分の好きなことを仕事にするというのはある場合かなりのチャレンジになるかもしれませんが、真剣にその路線を考えてみてもよいかもしれません。

まとめ

仕事が続かないというのは本人にとっても家族にとっても悩みの種となります。こうした傾向の背後にある原因は一つではないので、自分がどういった理由で仕事を長続きさせられないのか分析する必要があります。

まずはその根本的な原因をしっかりと把握しなければせっかく転職してもまた同じ結果になってしまう可能性が高いからです。

いくつもの仕事を転々として時間を過ごしてしまう前に自分のタイプや傾向を見極めて対策をしていきたいものです。またなかなか一つの職場で仕事が続かない自分を責めたり、過度に自信をなくしてしまうことがないようにも気を付けましょう。人とは違う才能や適した場所というものが自分のためにあるのかもしれません。それを見つけるための努力を払うことには確かに価値があります。