まつげエクステって実際どうなの? 知っておきたい基礎知識

長くて美しいゴージャスなまつげに憧れている女性は多いのではないでしょうか。また女性のまつげにまでしっかりとチェックを入れている美意識の高い、おしゃれチェックの激しい男性もいるかもしれません。ナチュラルに自分のまつげで勝負している人もいますが、まつげエクステを使用している人も少なくありません。実際のところまつげエクステはつける価値のあるものなのでしょうか。どのような注意点があるのでしょうか。

まつげエクステとは?

自分のまつ毛に1本ずつ人工のまつ毛を装着する技術

まつげエクステ(まつげエクステンション)は人工のまつげを一本ずつ自分のまつげに装着していく技術のことですが、一説によると発祥は韓国で、ウィッグの製造過程で作られたという説もあります。まつげエクステをいわゆる「つけまつげ」一緒だと考えてしまっている方も多いかもしれません。つけまつげの場合は皮膚に糊を使用して直接貼り付けるものです。一方まつげエクステは皮膚に付けるのではなく、まつげの一本一本の毛に装着するものです。

目元を華やかにすることができる

なんといってもまつげをゴージャスにすることによって目元を華やかにして、目力を強調して美人に見せることができるのでまつげエクステは人気があります。目元のメイクに関してはかなりこだわりを持って時間をかけてメイクしている女性もいるので、まつげエクステを使用することによって自分が理想としている目元に比較的楽に近づけることができるかもしれません。ただ単にメイクを濃くするのとは違い、まつげが長く豊かになると目力を強調しやすくなります。一生懸命今のまつげの状態でメイクの腕を磨くのもよいですが、思い切ってまつげエクステをつけるとメイクも楽になるかもしれません。

つけまつげのように不自然に見えないのが特徴的

まつげエクステを使用してもそれほど不自然に見えないのがまつげエクステの魅力です。つけまつげだといかにも何かつけているという印象になりやすいですが、まつげエクステは比較的自然な雰囲気を醸し出すことができます。つけまつげの場合は毎日自分で取り外すという面倒くささがありますが、まつげエクステの場合は一度装着すると2週間以上は装着したままにできるのも便利な部分です。つけまつげだとどうしてもギャルっぽく見られて嫌だという人でもまつげエクステであれば自然な感じでまつげを増やすことができるでしょう。両方を試すことができる人もいるかもしれませんし、ネットで画像などを見て、つけまつげとまつげエクステの差を確認してみるのもよいかもしれません。

たくさんの種類・デザインから選べる


まつげエクステの場合種類やデザインも豊富なので、自分が目指す目元の演出に近づけやすくなります。まつげエクステにはカールの種類だけでもいろいろな種類があり、太さや長さも種類が豊富です。こうした組み合わせを考えるとかなり豊富なバリエーションになり、自分が納得するまつげエクステをきっと見つけることができるでしょう。どんなイメージにしたいか画像などで自分の目指すまつげを決めておくことでサロンのアイリストさんにもイメージを伝えやすくなるかもしれません。

まつげエクステのメリット

マスカラ無しでも目元が華やかで毎日の化粧が楽になる

まつげのボリュームが少ないと、目元を華やかにしたくてもなかなかうまくいかないということが少なくありません。マスカラを必死で塗る人もいますが、まつげエクステをつけるとマスカラをそれほど消費しなくても華やかな目元を作り上げることができます。マスカラに頼らずに理想の目元を作れるとお化粧の作業も楽になるでしょう。目元は強調したいもののマスカラをあまり使いたくないという方はまつげエクステを試してみる価値があるでしょう。

洗顔やお風呂などでも取れない

まつげエクステや洗顔やお風呂などでも取れなくて、2週間以上は保つので、つけまつげなどに比べて手間が少なく済むので便利です。化粧の時間に関しても目元のメイクが楽になりますし、なにかと時短につながるのもまつげエクステのメリットの一つでしょう。

場合によっては一重が二重になる

まつげエクステをつけることによって一重だったのが二重になったという人も見受けられます。もちろんまつげエクステはそもそも二重にするためのアイテムではありませんので、必ずそうなるというものではないようですが、エクステがまぶたを少し持ち上げて二重になるということもあるようです。

取り外しなしで違和感が少ない

まつげエクステはその都度取り外しをする必要がないので、つける度にちょっと付き具合が違ったりして違和感を感じるというようなこともないです。もちろんどれだけナチュラルなまつげエクステになるかはアイリストさんの腕によりますが、過去に流行ったつけまつげなどよりもより自然な付け心地と見た目を楽しむことができます。

ビューラーを使わなくてもよく、メイク落としも早い

自分のまつげの場合だと一生懸命ビューラーを使う人が多いですし、なかなかうまくビューラーを使えない人も多いようです。しかしまつげエクステであればカールも選べますので、ビューラーを使う手間も不要ですし、メイク落としも早くすみます。

水に強くブライダルにもおすすめ

まつげエクステは洗顔しても大丈夫なので、水に強くブライダルなどの長丁場の舞台でもしっかりしていておすすめです。ここ一番でしっかりと目元を理想的な感じに仕上げたい場合はまつげエクステを装着するのが便利かもしれません。

まつ毛エクステのつけ方の基本

装着は自まつ毛そのものに

まつげエクステは自分のまつげ一本一本に装着していくものですが、細かな付け方はサロンによっても異なってきます。かなり細かい作業なので根気強くやっていくことが必要な作業です。

毛周期に合わせて装着していくことがポイント

実際の自分のまつげに装着していくので、当然まつげの毛周期に応じてまつげと一緒に抜け落ちます。それで3週間から1か月くらいで毛周期に合わせてまつげエクステを付けていくことがおすすめです。

2週間~3週間は綺麗に保つことができる


すべて付け替えるという方法ではなくて、2週間おきくらいにメンテナンスをすることによって綺麗な状態を保つようにしている人もいます。いったんつけ始めるともうまつげエクステなしでは満足できないという人もいますので、そのような方は定期的なメンテナンスが必要です。ちなみにサロンに行って施術する場合本数やサロンによっても違いがありますが、一時間から二時間くらいの施術時間となることが多いです。

プレケアをすることによりエクステは長持ちする

まつげエクステを付ける前の準備をプレケアと呼びますが、このプレケアをしっかりするかどうかでエクステの持ちも違ってきます。まつげエクステを装着する前のプレケアはまつげに付着している脂質や化粧の汚れなどを落とすことが含まれます。まつげをしっかりと綺麗な状態にしてからまつげエクステを装着するようにしましょう。

取り外しの際はサロンに行くのが良い


なんらかの理由でまつげエクステを取り外したい場合は自分で無理に取り外そうとしないでください。専用のリムーバーで一本一本外す必要があるので、装着したお店にきちんと行って外すようにしてください。

まとめ

メイクは女性にとって毎日の重要な作業ですが、そのメイクの時間を短縮できたり、簡単に理想の目元の華やかさを手に入れることができる方法がまつげエクステです。一回やったからといってずっとやり続けなくてはいけないものではないので、興味がある人は思い切って一回まつげエクステを装着してみるとよいかもしれません。またサロンによってまつげエクステの付け方やクオリティというものが違うので、評判の良いサロンを探して、自分の理想に近づけられるように協力してもらいましょう。