むくみでパンパンの顔をスッキリ!すぐにできる顔のむくみ解消法

朝起きると顔がパンパンにむくんでいて、どうにかして解消したいと考えているのではないでしょうか?朝から顔がむくんでしまうと、目元も腫れぼったくなってしまい、メイクも上手くいかないでしょう。そんな悩みを抱えている方は、顔のむくみが起こる原因と対策方法をチェックしてみてください。

顔のむくみはなぜ起こる?

寝起きにむくむ理由は顔に余分な水分が流れやすいから

朝起きたときに顔がむくみやすいのは、重力の関係からです。日中に生活しているとき人は立っているため、重力の影響を受けて体の水分は下に集中します。ところが寝ているときは横になっており、体全体に重力が分散され体の水分は顔や足にもいきわたることになるのです。起きてからしばらく経つと顔のむくみが解消されているなら、重力の影響を受けて一時的に顔がむくんでいただけだといえます。

寝ているときのむくみは誰でも起きているもので、生理現象だといえるでしょう。ただ、他の要素も加わると、朝起きたときのむくみが酷くなってしまいます。短時間でむくみが改善されるようなら、他の要素の影響は少ない状態です。ちょっとした対策でも改善しやすいといえるでしょう。

アルコールや塩分の摂り過ぎ

朝起きたときの顔のむくみは、前日お酒を飲み過ぎた際に多くなっています。その理由は、お酒には利尿作用があるためです。顔のむくみは水分が過剰になったときに起こるだけでなく、体が脱水になった際にも発生します。お酒は利尿作用があるため体の水分が不足し、むくみが逆に酷くなってしまうのです。

また、塩分の摂り過ぎもむくみの原因となります。体の塩分濃度は一定に保たれているのですが、塩分の多い食事をすると均等を保とうとする働きが起こります。塩辛い食べ物を食べたときに喉が渇いた経験がある方も多いでしょう。塩分が過剰になったときは、体が自然と水分を求めるようになり、水で薄めて塩分濃度を一定に保とうとします。体の塩分が過剰になると水分を溜め込む働きが起こり、人はむくむのです。

血行不良や冷え


女性のむくみの原因としてよくみられているのが、体の冷えでしょう。夏になると冷房で体が冷えすぎてしまい、顔のむくみを感じる方は少なくありません。体が冷えていると血行が悪くなり、水分代謝に影響を及ぼしているためです。夏の冷えはそのまま秋になっても改善できず、1年中冷えに悩まされている方もいるため注意しましょう。

そして意外と見逃しているのが、寝ている時間帯の血行不良です。寝がえりをうつ回数が少なく、いつも同じ方向を向いて寝ていると、体の血行が悪くなります。朝起きても夜と同じ体勢で寝ているなら、血行不良による顔のむくみが原因かもしれません。

ホルモンバランスの乱れ

女性の場合は、ホルモンのバランスにより体がむくみやすい時期があります。女性はひと月でエストロゲンとプロゲステロンのバランスが変わり生理がくるでしょう。むくみやすいのはエストロゲンに比べてプロゲステロンが多くなる時期です。とくに生理前になるとプロゲステロンの影響を受けやすく、顔のむくみが発生しやすくなります。エストロゲンは血管を拡張させる作用があり、逆にプロゲステロンの作用で抑え込まれてしまうため、生理前はむくむのです。

逆に顔がむくみにくくなるのは、生理直後です。生理周期の前半ではエストロゲンの分泌量が増えていき、血行が改善されてむくみにくくなります。ホルモンの影響を受けて顔がむくんでいるときは、なかなか改善できないかもしれません。しかし、血行不良によって水分が溜め込まれている状態のため、生理前はゆったりと湯船につかり過ごしてみましょう。

温冷パックによるむくみ解消法

タオルを2枚用意して、1枚は冷やし、もう1枚は温める

寝ている時間帯に起こる生理的なむくみなら、短時間で解消させることができます。本来寝ているときのむくみは午前中だけで解消することはできますが、メイクに支障が出るようなら、温冷パックで素早く解消させてみましょう。温かいパックと冷たいパックを繰り返し、血行を良くして短時間でむくみを解消させる方法です。時間にするとわずか数分ですから、忙しい朝でも対策ができます。

それぞれ20秒ずつ、交互に顔に当てる×2~3セット

温冷パックはタオル2枚を用意してください。1枚は温めて、もう1枚は冷やして使います。温かいタオルは、水を湿らせて絞りレンジでチンして作ります。温めた直前はかなり熱くなっていますから、火傷に注意しましょう。少し冷まして手で触れてちょうどよくなったら、顔に乗せるようにします。冷たいタオルは水で濡らして絞るだけでOKです。もっと冷やしたいときは氷水に付けてから絞ると冷たくなります。

温冷タオルができたら、温かいタオルと冷たいタオルを顔に交互に当てます。それぞれの時間は20秒程度です。温冷を1回として、3セット繰り返せば顔のむくみはだいぶ引いているでしょう。タオルの温度が変わらないうちに、パパっと素早く済ませるのがポイントです。

動画でわかる!顔のむくみ解消法

顔のむくみを解消するリンパマッサージ動画解説


動画ではゴッドハンドを持つともいわれる、高橋ミカさんがフェイシャルリンパマッサージを解説しています。スキンケア商品を活用し、手を使ってマッサージする方法です。1日が終わり夜のリラックスタイムに実践するのにピッタリです。手にクリームと美容液をなじませ、手の滑りを良くしておきましょう。マッサージは下から上、中心から外側に向かって行います。リンパの流れに沿って優しくマッサージする方法で、顔がスッキリしやすいでしょう。最後にリンパ節に向かって流すのを忘れないでください。

頭皮マッサージによるむくみ解消の動画解説


毎日頭を使う仕事をしている方は、頭皮が凝り固まっているのではないでしょうか。現代人はスマートフォンやパソコンを長時間使用する傾向があるため、頭皮も凝っている傾向があります。頭皮の凝りは顔のむくみにも直結しやすく、動画を見ながらマッサージしてみましょう。自分でやっても気持ちがよく、シャンプー時にも行えます。美髪対策にもなりますから、毎日実践してみてください。頭皮を直接揉むというより、顔周りを刺激して顔のリフトアップも期待できる方法です。

顔のむくみ予防法

塩分やアルコールを過剰に摂取しない

顔がむくみやすい方は、普段から塩分やアルコールの過剰摂取に注意しましょう。外食が多くどうしても塩分の量を調節しにくい方は、食事にカリウムが多い食材をプラスするだけでも違います。カリウムは体内のナトリウムバランスを整える働きがあるため、塩分が過剰になりやすい方に積極的に摂取して欲しいミネラルです。毎日の食事では、ラーメンや蕎麦の汁を残す、加工食品より手作りを心がける、野菜を増やすなどの対策を実践してみましょう。

アルコールも飲み過ぎないのが一番ですが、付き合いで飲まなければならないときもあるでしょう。そんな際には、寝る前にコップ1杯の水を飲むと、体の脱水が改善されます。お酒を飲んでいるときも、ときどき水分補給のための水を挟むと、脱水状態になりにくくなります。

湯船につかることを習慣づける

夏の冷房で冷えやすい方は、毎日湯船につかる習慣をつけることです。夏はシャワーだけで済ませてしまいますが、それでは体の芯から温まることはできません。湯船につかることで血行が改善され、水分代謝がよくなるでしょう。

温冷の効果は、入浴時でも発揮させることができます。湯船につかって体を温めてから、冷たいシャワーを浴びて体を冷やします。急に体に冷たい水をかけると心臓に負担がかかるため、なれていない方は足に冷たいシャワーをかける方法でOKです。次に温かいシャワーに切り替えて、何度か温冷を繰り返してみてください。温冷の刺激は自律神経も整いやすく、夏の冷房の冷えでむくみが発生している方にもおすすめです。

適度な高さのある枕を使う

寝ているときの血行不良を改善するために、枕の高さは適度なものを選んでください。高すぎる枕は首が圧迫されてしまいます。低すぎても首の前部分が伸びやすくなるため、自分にあった枕を選んでみましょう。枕の高さを選んでくれる専門のスタッフがいるお店を利用し、むくみにくい枕を選ぶのもおすすめです。

枕があっておらず寝がえりをうちづらい方は、寝がえりがしやすい枕に変えるのも対策のひとつになります。お店で試して寝がえりがうてるか確認してみましょう。寝がえり専用の枕も売られていますから、ネットショップで比較してみてください。

うつぶせ寝は避ける

うつぶせに寝るのも、顔の血行を妨げる原因です。うつぶせ寝は寝返りもうちにくく、体全体の血行に悪影響を及ぼしている可能性があります。仰向けと横向きに比べて、あおむけ寝は最も悪い寝方です。朝起きたときに顔に枕の跡が付いているなら、顔がむくんでいる証拠です。年齢を重ねると顔の跡が取れにくくなるため注意してみましょう。

カリウムを摂る

カリウムが多い食材は、アボカド、バナナ、キウイなどです。果物全般はカリウムが多く、積極的に食べるようにしましょう。野菜ではホウレン草、サトイモ、サツマイモなどにもカリウムが多くなっています。わかめにもカリウムが多く、味噌汁や海藻サラダにして取り入れましょう。カリウムは煮ると溶けだす性質があるため、野菜を食べるときは煮汁ごと食べられるメニューがおすすめです。

ただしカリウムも過剰に摂ればいいわけではありません。ナトリウムとカリウムのバランスを保つことが重要なため、適度に食べるようにしてください。カリウムの過剰摂取は、高カリウム血症を招く恐れがあります。また、持病をお持ちの方は、自己判断しないで医師の指示に従いなら栄養バランスを整えてください。妊娠中の方も医師に相談してから食事内容を変えると安心でしょう。

まとめ

顔のむくみが気になっていた方は、意外な原因が隠れていたのではないでしょうか。女性はもともと冷えやホルモンでも影響を受けやすく、食生活に気を遣わないと朝起きたときにむくんでいることがあります。紹介した対策を見直してみて、少しずつ改善していきましょう。