アンダーバストの平均は?アンダーバスト75は太っている?

アンダーバストのサイズが大きいと、自分は太っているのではないかと不安を持ってしまうでしょう。

世の中の女性はどのくらいのアンダーバストなのか、具体的な数値を示しながら解説していきます。自分のアンダーバストは平均より大きいと感じている方は、本当はどうなのか確かめてみましょう。

年代別アンダーバストの平均

20代は71.8

下着メーカーのワコールが調査したところ、20代のアンダーバストの平均は71.8cmであることがわかりました。

若い世代は痩せ型の方が少なくないようで、70cm前後の方が多いようです。20代の女性といえばファッションの流行にも敏感な世代で、少しでも自分のスタイルを維持しようと頑張っているのではないでしょうか。

そのよう方が多い世代の20代は、他の年齢と比べてもアンダーバストの平均値が低めの傾向があります。

30代は73.4

一方で30代のアンダーバストの平均値は、73.4cmとなります。20代のころと比べてややサイズがアップしているようです。

30代は20代と比べて基礎代謝が低下しやすく、少しずつ皮下脂肪が付き始めます。バストも柔らかく変化して下がりやすいため、アンダーバストは多少大きくなるでしょう。

20代と体重がほぼ変わっていなくても、筋肉量が落ちて脂肪が増えるため、アンダーバストのサイズは大きくなる傾向があります。

40代は76.6

40代になるとさらにアンダーバストのサイズは大きくなります。平均値は76.6cmで、20代と同じブラジャーのサイズだときつく感じられるはずです。

40代は胸の位置が下がり、背中にも脂肪が付いてくるため、アンダーバストのサイズが大きくなってしまいます。寝ているときにバストが脇や背中に流れていき、バストのラインも変わってくるでしょう。

そろそろブラジャーのサイズを見直す必要があります。ブラジャー自体も補正効果のあるタイプを購入するようにしましょう。

10代は65~70


10代の女性のアンダーバストは、65~70cm程度です。20代と比べてサイズが小さいのは、まだ成長段階の女性もいるためです。

10代の女性は女性ホルモンの分泌量が増えていき、少しずつ女性らしいふっくらとした体つきに変わっていくでしょう。体のラインが細くストンとしたラインだったのが、バストに膨らみが出てきてメリハリがついてきます。

10代の女性はまだまだ乳腺が発達してバストが大きくなる可能性がありますから、成長を妨げるきついブラジャーの着用は避けてください。

アンダーバスト75は太っているわけではない!

日本女性のアンダーバストの平均は73cm

ワコール調べによる女性のアンダーバストのサイズは、10代や20代は70cm前後だったのに対し、年齢が上がるにつれサイズが上がることがわかっています。

最大では60代以降で80cm近くまでにもなるのです。全年齢を考えると日本女性の平均アンダーバストは、73cmくらいだといえます。そのためアンダーバストが75cmでも決して太いわけではありません。

アンダーバストは年齢的にサイズが大きくなりやすく、生まれ持った骨格でサイズが大きい方もいるためです。サイズの大きさの違いは太っている、痩せているだけではありません。

アンダー70~75cmのブラジャーが多く売れている

ブラジャーではアンダー70cmや75cmのものが最も売れています。

若い世代では70cmだったのが、年齢を重ねていくうちに75cmへと移行していくためでしょう。

日本人の平均的な身長と体重は、158cmで50kgです。ウエストが63cm、バストが84cmならC70となるため妥当なサイズだといえます。

日本人のブラジャーのカップサイズはB~Cが多く、Aカップの女性は意外にも少ないようです。

バストサイズの正しい計り方

アンダーバストはバストの下側:メジャーは水平に

日本人の平均値よりアンダーのサイズが大きい場合は、本当に正しいサイズが測れているか確かめましょう。

姿見を利用して全身を見ながら測ると、正しいサイズを測定できます。メジャーを背中から手前に回し、バストの下側に当てます。鏡でメジャーがねじれていないか、斜めになっていないか確かめてください。

メジャーの重なり部分に指1本を入れ、軽く呼吸を整えましょう。これで正確なアンダーバストのサイズを測ることができます。

トップバストはバストの頂点を:つぶさないように自然に

トップバストのサイズも姿見を見ながら測定します。鏡に対し横を向き、体を90度に曲げておじぎをします。

背中からメジャーを当てて手前に持ってきましょう。姿見を使いながらメジャーがねじれていないか、斜めになっていないかチェックします。

測る位置はバストの乳首の部分です。下を向きながら測ると、バストが潰れず正確なサイズになります。立ったまま測る方法だとバストサイズが小さくなってしまうため注意しましょう。

トップバストはバストを持ち上げた状態で:ブラジャーを着けたままでもよい

体を90度に曲げた状態でトップバストのサイズが測りづらいなら、立ったまま測る方法もあります。

この場合はブラジャーを付けたまま測りましょう。手で持ち上げただけだと正確なサイズが測りづらいため、つけても違和感が少ないブラジャーを活用してください。

ブラジャーを付けても胸を潰さず、パッドで補正しないものならバストトップを測れます。鏡の前に立ち、背中からメジャーを通して鏡を見ながらねじれていないか、歪んでいないか確かめてください。

トップサイズは水平になった乳首の部分で測りましょう。

 

トップとアンダーのサイズを確認!正しい測り方と自分にあったブラの見つけ方

あわせて読みたい

トップとアンダーのサイズを確認!正しい測り方と自分にあったブラの見つけ方

続きを読む

アンダーバストのサイズをダウンさせるには?

背筋を鍛えるエクササイズをする

若い頃と比べてアンダーバストのサイズが大きくなった方や、もともとぽっちゃり体型でサイズが大きいなら、背筋を鍛えるエクササイズをしましょう。

サイズが大きくなってしまう原因は、背中に無駄な脂肪が付いている可能性があるためです。普段の生活ではなかなか背中を使うことは難しく、意識して鍛える必要があります。

初心者にもおすすめの簡単バストアップエクササイズ3つを紹介

あわせて読みたい

初心者にもおすすめの簡単バストアップエクササイズ3つを紹介

続きを読む

姿勢を正す


背中の筋肉が少しずつ落ちてきて脂肪が付いてくるのは、もしかしたら猫背が原因かもしれません。背中が丸まっていると肩が内側に入り、肩甲骨が開いてきます。肩甲骨が開いた状態は、下腹もポッコリするため注意しましょう。デスクワークで背筋を伸ばす、スマホを使っているときに肩が内側に入らないよう気を付けるだけでも、アンダーのサイズが変わってくる可能性があります。

腹斜筋を鍛える


アンダーバストを小さくするためには、腹斜筋を鍛える方法もおすすめです。動画では整体師によるバスタオルでできるエクササイズ方法を紹介しています。1日たった1分のみでできる運動ですから、時間がない方でもチャレンジしやすいでしょう。肋骨が横に広がると寸胴体型になりやすく、肋骨の下に開いたバスタオルを当てエクササイズしていきます。ねじり運動をやりながら、腹斜筋を鍛えていきましょう。

ダイエットで贅肉を取る

体重が増えてしまった方は、贅肉を取るダイエットがおすすめです。脂肪を減らすためには、適度なカロリー制限と、有酸素運動が必要となります。

いっきに体重を減らし過ぎると、バストサイズまで落ちてしまう恐れがありますから、少しずつ無理せずダイエットしてみてください。

ジャストサイズのブラジャーで贅肉をバストに変える

アンダーを細くする方法は、その人に合ったブラジャーを付けることも必要です。ピッタリ合ったブラジャーは、脇肉や背中に流れた脂肪をしっかりホールドできます。

すると流れていた贅肉が胸に変わる可能性があるのです。アンダーが大きい場合は、小さいブラジャーを付けるよりも、ちゃんと体に合ったサイズを付けるようにしましょう。

 

ブラジャーのおすすめ商品10選!機能ブラでなりたい胸になる

あわせて読みたい

ブラジャーのおすすめ商品10選!機能ブラでなりたい胸になる

続きを読む

まとめ

日本人のアンダーバストの平均は70~75cmです。しかし、もともとの骨格によってはこれよりサイズが大きくなる場合も、小さい場合もあります。

また、生活習慣の乱れによって徐々にアンダーバストが大きくなることもあるため注意してみましょう。

昔と比べてサイズが大きく変わってきたと感じるなら、背中を適度に鍛えてスタイルアップを目指してみてください。アンダーが小さくなるとトップとの差が大きくなり、自然とメリハリの体系を維持することができます。