婚約解消って簡単にできるの?認められるケースと事前に考えたいこと

婚姻届に証人のハンコを押して役場に提出して認められる結婚と違い、婚約には法的な証拠がありません。しかしながら、だからといって手軽に解消できるものではなく、しっかりとした正当な事由が必要になります。一方で、こちらは結婚する意志があり二人で婚姻届を出すだけ、という段階で婚約を破棄されたら、場合により相手から慰謝料をとることもできます。婚約についてはもちろんのこと、婚約解消の正当な理由として認められることは何なのか、婚約解消をするにはどうすればよいのか知っておくとよいでしょう。

口約束の婚約は手軽に解消できる?

婚約は二人の明確な婚姻の意思が合致していることで成立する

そもそも、婚約とはどのような条件で成立するのでしょうか?婚約とは、「結婚しよう」というお互いの合意があって初めて成立する契約です。入籍して一緒に生活を送ろうといった約束です。婚約の意志は本人同士の真意によるものでなければなりません。一般的に婚約破棄が成立する場合は、婚約指輪のプレゼント、結納などといった行事があればより確かですが、何もなくてもお互いの口約束があれば婚約の成立が認められますので注意が必要です。

婚約が成立しているなら一方的な婚約解消は難しい

単なる同棲と違って婚約がすでに成立している場合、正当事由、すなわち正当な理由がなく一方的に婚約を解消することはできません。なぜなら、婚約と言うのは将来の結婚を約束した予定契約であり、契約、すなわち結婚を履行すべきものだからです。そのため、婚約して結婚しないということは債務不履行になります。債務不履行のため慰謝料請求の対象になるので慎重に考えなければなりません。

婚約を解消するには双方の合意が必要

一方的な婚約解消は難しいのですが、双方が合意した場合は特に問題なく婚約解消できます。双方が納得したうえで分かれるのであれば、契約の合意解除となるからです。特に決まった方法はなく形式もないのですが、とにかく2人が婚約解消に同意をしていたら、特に慰謝料や届け出などもなくお別れするだけなのです。

一方的に解消を申し出ると損害賠償を請求されることもある

しかしながら、婚約と言うのは一種の契約ですので、婚約しておいて結婚しないというのは
債務不履行になります。そのため、正当な理由もなく一方的に婚約解消を申し出たならば、損害賠償請求の対象となり慰謝料を請求されることもあります。婚約解消は単なる恋人の別れとは全然違いますし、訴訟問題になる可能性があるなど、かなりリスクが高いです。婚約解消は安易な気持ちではしないようにしましょう。

婚約解消が原因で訴訟に発展するケースもある

婚約解消の場合、一番良いのはお互いに話し合って別れることです。しかしながら、お互いの言い分に食い違いが出たり、慰謝料の金額で折り合わなかった場合は、婚約の不当破棄として訴えられる場合もあります。裁判の現場でお互いの言い分を聞いて、そして専門家に判断してもらうことになります。訴訟になると精神的負担も大きいでしょう。

婚約解消の正当な理由として認められるケース

相手の不貞行為が原因の場合(浮気など)

婚約解消は正当な事由なしにできません。婚約解消につながる正当な理由で最も多いのが不貞行為、すなわち浮気です。特に女性の婚約者に多いのが、結婚予定の男性が浮気をしたということです。なかには独身最後だから遊びで関係を持っただけであったとしても、不貞行為を行った事実があれば婚約解消の正当な理由として認められますので注意が必要です。

精神的、肉体的な暴力が原因の場合(モラハラやDVなど)

最近離婚事由として増えてきたのがモラルハラスメントやドメスティックバイオレンス、DVです。精神的に追い詰められるような暴言を吐かれた、暴力を振られたなどといったことです。男性から女性へと言うのが多いのですが、その逆もあります。こういったことは証明が難しいですので、録音をしておいたりメモをする、暴力を振るわれた際には写真に撮ったり診断書をもらっておくなどの証拠づくりが必要です。

相手に経済的な問題がある場合(借金の発覚など)

婚約解消の理由として次に挙げられるのが経済的な問題です。やはり内緒の借金などがあるのはよくありませんし婚約解消の正当事由となります。それだけでなく家計を一緒にしているのにお金を際限なく使う、身の丈以上の結婚式をやろうとするなどといったことで気持ちが離れることもあります。親を養わなければならないことを結婚する前に初めて明かされたなど、経済的な問題と言っても多岐にわたります。

理由もなく性生活を拒否されている場合(セックスレスなど)

性生活で離婚する夫婦も少なくありません。そのため、性の不一致や理由のないセックスレスなどは婚約破棄の正当な理由になります。また、暴力を振りながら強姦するといった無理な性生活を強要した場合も同じように婚約解消の事由になります。特にセックスレスは離婚事由とともに婚約解消の正当な理由として認められますので、性生活ができない場合は理由を明らかにすることが必要になります。

婚約解消の前に考えること

生じている問題を解決することができないのか?

単なる同棲とは違い、婚約とは結婚をしようと言う契約ですので安易な気持ちで解消すると後悔することもあります。婚約解消を決めるのでしたら、その場の一時的な感情で決めるのではなく、じっくりと相手と話し合うことが必要です。また、婚約を解消したいと思った問題が解決しないかということも考えましょう。金銭的な問題の場合は家族と話し合うなど、第三者に入ってもらって解決することも考えましょう。

婚約を解消したい理由は正当なのか?

婚約を解消したいというのは単に気持ちの変化くらいにとどまらず正当な理由が必要です。そのため「何となく彼のことが嫌になったから」といった理由で婚約を解消することはできません。また、マリッジブルーで結婚したくなくなっているなど、こちらの問題もあります。そのため、何が問題なのかをしっかりと整理することが先決です。夫婦は鏡ともいいます。自分の振る舞いが原因なのではないかと事故を振り返ってみるのも一つの方法です。

解消を申し出るのに相応な理由の証拠は揃っているのか?

不貞行為があって婚約解消をしたい、DVやモラハラがあって婚約解消をしたいと思うのでしたら、きちんとした証拠が必要です。証拠がない場合は開き直られる可能性もあります。場合によっては探偵事務所などを使って不貞行為を明らかにすることも必要です。まずは自分が婚約解消したいと思った理由が正当な事由に当たるかどうか、それを立証するだけの証拠はそろっているのかについて考えておきましょう。

どうしても婚約解消を希望するなら弁護士へ相談しよう


色々考えたけれどどうしても婚約を解消したい、これを当人どうして話し合うのはとても危険です。感情が高ぶって言いたいことが言えなくなったり、不貞行為の慰謝料をもらえなかったり、お互いで話し合うべき論点がわからなくなるリスクがあるからです。不貞行為による婚約解消などは、慰謝料請求の対象になりますし、双方の主張を折り合わせるのは大変だということもあります。そのため、婚約解消をする際には弁護士に相談するのがよいでしょう。弁護士費用が心配な場合は、初回相談を安く請け負ってくれる法テラスなどもありますのでそういった窓口を利用するのも一つの方法です。

まとめ

婚約とは当人同士の合意で成立するものであり、婚約解消をするには双方の合意が必要になります。婚約解消の正当な理由として認められるのが、不貞行為やモラハラ、DV、経済的な問題などで。婚約解消で揉めると訴訟になるケースもありますので、しっかり考える必要があります。不貞行為の立証や慰謝料請求もありますので婚約解消を考えるときには弁護士に相談することをおすすめします。