「若い」は褒め言葉じゃない!アラサーになる前に卒業すべきこと

「若い」と言われて喜んでいませんか?

皆さんは「若い」という言葉に、どんな印象を抱くでしょうか。

肌が綺麗、流行を捉えている、ファッションが今風…など、基本的には良い印象として受け取る人が多いかと思います。

しかし、「若い」には「年齢に見合っていなくて違和感がある」という裏の意味があるんです…。

アラサーの女性が年齢に見合っていないと思われてしまう原因は、一体どのようなものなのでしょうか。

普段「若いね」と言われることが多い方は、自分に当てはまるものがないか要チェックです!

服装やメイクが若者向けすぎる

明らかに年齢層に合っていないファッションをしているアラサー女性は、周囲に違和感を与えます。

フリルだらけのオフショルダー、ミニスカート、明るすぎる髪色、アイドル風の触角前髪、濃いめのつけまつげにカラコン…。

このように、「大学生や20代前半なら可愛いかもしれないけど…!」というスタイルは控えた方が無難でしょう。

若作りという印象を与えないためにも、もし数年前から愛用している洋服やお気に入りのメイクなどがあれば、必要に応じてバージョンアップすることをおすすめします。

今の年齢のあなたにぴったりのスタイルを見つければ、変に若者の流行に乗るよりもずっと、魅力的な女性になることができるはずです。

自立心がなく、わがまま

若いという言葉には、子供っぽいという意味が込められていることもあります。

不機嫌をむき出しにした態度で周りに気を使わせたり、何もかも人任せにして自分では何も決められなかったり、空気を読まずに勝手なことばかり言ったり…。

本人は天真爛漫キャラ、もしくは天然キャラのつもりかもしれませんが、それで「可愛い!」と言われるのは、せいぜい20代前半まででしょう。

「幼稚で痛い」なんて思われてしまわないよう、年相応の振る舞いを心がけたいものです。

20代の頃と同じような遊び方をしている

クラブで踊り明かす、毎日のように合コンに参加する、女子会と称して写真を撮りまくりインスタにアップする…。

このような遊び方をアラサーになっても続けている女性は、周りから悪い意味で「若いな…。」と引かれてしまう恐れがあります。

遊び歩くのが悪いというわけではありませんが、とっくにその段階を卒業したアラサー女性たちからすると「まだそんなことをやっているのか…。」なんて呆れられてしまうかも…!?

また、こういった女性は、男性からも敬遠されがちです。

「遊び回ってキラキラしているワタシ=カッコいい」という考えは、アラサーになる前に卒業しておきましょう。

まともな恋愛をしていない

不倫やセフレなど、「これから先どうするつもりなの!?」と周りが心配になってしまうような恋愛を繰り返している女性も、「若いね〜」と揶揄されることがあります。

アラサーといえば、周りにも既婚者が増え、なんとなく結婚を意識しだす年代ですよね。

そんなときに「彼が奥さんと別れてくれなくて…。」「セフレでもいい、彼のことが好きなの!」なんて叶わぬ恋に酔っている女性は、同年代女性からするとツッコミどころが満載です。

もちろんアラサーだからといって結婚を焦る必要はありませんが、せめて実らぬ恋にだけは手を出さないよう気をつけた方が良いでしょう。

無駄な若作りは逆効果!年相応の魅力を身につけて

変に若い女性の真似をしようとすると、逆に年齢が際立ってしまうのがアラサーの悲しい現実です。

自分では良かれと思ってやっていることが、周りからは滑稽に映っているかもしれません。

大事なのは、「若さ」だけに縛られることなく、年齢に応じた自分の魅力を発見していくことです。

これからどんな風に30代、40代、50代…と年齢を重ねていきたいか、じっくり考えていきましょう。