年上好きな人はどんなタイプ?アプローチ方法を伝授!

年上好きな人へのアプローチの仕方がイマイチわからない、アドバイスしてほしいと思ってはいませんか?今回は恋愛コラムニストのA.K さん提供の情報をもとに、年上好きをテーマに内容をまとめました。どんなタイプの女性や男性が年上好きなのかや、年上好きな女性や男性の攻略方法を知りたい人は必見です。

年上好きな女性の特徴や心理とは

まずは年上が好きな女性には、どんな特徴があるのでしょうか。この点に関し、年齢が上=しっかりした頼れる男性が好みということで、可愛らしい雰囲気のある女性も多いです。

ファザコンな女性

父親のことが大好きで、好きになる相手が父親と同じようなタイプである場合もあります。幼少期から一緒にいて、「父のような男性は素敵だな」と感じていた場合は自然にそうなる傾向があるのです。

また、父親がいなかったり、甘えることができなかった過去があったりすると、父親代わりを求める場合もあります。

甘えるのが苦手

年下や同世代の相手に対してプライドや恥ずかしさがあり、素直に甘えることができないタイプだと、年上男性を好みます。相手が年上だと引っ張ってくれて、年上なので自分も甘えやすいということから、素直になることができるのです。

人に頼りたい女性

甘えるのが苦手なタイプに対し、人に甘えるのが好きで頼っていたいタイプの女性が年上の男性を好きな場合も。自分が年下であれば、思う存分甘えることができて、頼ったときにも相手に嫌がられないため、合っているのでしょう。

恋愛に尊敬を求める女性

好きというだけではなく、恋をする相手に対し、何かしら尊敬できる部分を求める女性の場合、年上男性に好意を抱く傾向があります。たとえば相談相手になってくれたり、懐の深さを感じたりといったことです。何かを一緒に楽しむよりも、精神的に頼り甲斐があることを優先するタイプです。

年上好きな男性の特徴や心理とは

年上が好みの男性は、女性のしっかりとした部分に惹かれる傾向があります。これには自分の母親からの影響や、好みの女性のタイプが大きく関係しています。

マザコンな男性

年上好きの女性と同じく、母親が影響しているタイプです。自分を子どものように包んでくれて、甘やかしてくれる女性、つまり母親のような女性を求める男性は、年上女性に惹かれる傾向が見られます。

恋愛に自信がない男性

女性との交際経験や恋愛経験が少ない男性だと、女性にリードしてもらい、いろいろ教えてほしいと考える場合も。自分が恋愛に自信がないと、自分がリードすることは苦手であり、難しいと考えます。恋愛に慣れていないところも、「かわいい」と感じてくれるくらいの女性を好むでしょう。

責任を持ちたくない男性

年下や同世代と付き合っている男性は、男として責任を持ったり、積極的に自分から行動したりしなければならない場面も多く出てきます。しかし、年上なのが女性であれば逆に引っ張って、いろいろと尽くしてくれます。そうしてほしい願望が強い男性は、年上女性が好きです。

大人の色気がある女性が好みの男性

男性の女性の好みがかわいいタイプではなく、大人の色気を持ったタイプなのであれば、年上女性を好むでしょう。自分よりもいろいろなことを知っていて、雰囲気がセクシーな女性が好きな男性には、熟女好きな人も少なくありません。これはほぼ性癖と言って良いでしょう。

年上好きな女性と相性が良い男性とは

年上が好みと言っても、ただ年が上であれば良いわけではありません。年上らしい言動が重要なのです。ということで、年上が好きな女性がどんな男性と相性が良いのかをご紹介します。

紳士的な男性

ナイスミドルや、渋い大人のアバンギャルドな魅力のある男性が良いでしょう。年上好きな女性が求めているタイプは、まさにこのタイプの男性が多いです。紳士的でカッコ良くて、思慮深い雰囲気が漂うような人が好きです。

プライドの高い男性

女性に張り合われたり、同じ目線で意見を言われたりしたくない男性と相性が良いです。年下の女性であれば、基本的には年上男性のことを尊敬してくれますし、一緒にいるときには立ててくれます。そうすると喧嘩にもなりにくく、バランスが良いでしょう。

年下好きな男性

年上好きな女性がいるように、年下が好きな男性もいます。まさに需要と供給が成立しているカップルということで、年下好きな男性を選べば相性は良いでしょう。相手が自分に求めているものと自分が相手に求めるものに、一致している部分が多いです。

無口な男性

年上好きな女性は、男性に頼り甲斐や落ち着きを求めます。そのため、あまりおしゃべりがすぎるタイプよりも、無口でクールくらいな男性のほうが良いでしょう。どちらかというと、女性がたくさん話して男性が受け答えする関係が合っています

年上好きな男性と相性が良い女性とは

逆に年上が好きな男性は、自分の求めている年上らしさを感じられる女性に好意を持ちます。詳しく見ていきましょう。

母性本能が強い女性

母性本能が強い女性であれば、甘えたい気持ちがある男性や、いろいろと面倒を見てほしいと思っている男性を、「かわいい」と思うことができます。何かをしてあげたり、世話を焼いたりすることも好きで、むしろやってあげることに喜びを感じるため、相性が良いです。

バツイチ女性

バツイチの女性は、すでに一度離婚を経験しているため、男性に対しての要求が高くなくなっています。恋愛になっても、冷静な気持ちで対応することができ、多少のわがままや失敗も許せる広い心を持っているからです。

バリキャリ女性

気が強く、自立したタイプのバリキャリ女性こそ、年上好きである男性の好みのタイプであることが多いです。まるで弟やペットのように甘えられて、包み込んでくれます。バリキャリ女性であれば、甘えられることも嫌な気持ちにはならないでしょう。

年上好きな女性へのアプローチ方法とは

年上が好きな女性に対しては、どんなアプローチをすることで良い印象を持ってもらえるのでしょうか。まずは自分が年上である場合のアプローチ方法をご紹介し、そのあと自分が年下である場合を解説します。

①相談相手になる

まずは相談相手になれるようにしましょう。仕事のことでも恋愛のことでも良いので、相手の悩みを引き出して相談に乗るのです。まずは相手にしっかりしているところを見せて、「相談してみようかな」と思ってもらうことが大切。

②尊敬される存在になる

悩みを相談しているときに、的確なアドバイスをするなどして、相手から尊敬される存在になりましょう。じっくりと相手の話を聞き、気持ちをすっきりさせてあげげられるようなことや、背中を押してあげられるようなことを言えると良いです。

③プレゼントを贈る

お金に余裕があれば、ちょっと高めのスイーツやブランド小物などをプレゼントしましょう。これは相手がもらっても気が引けない、センスの感じるアイテムであることが重要です。何度かプレゼントをすれば、なんとなくこちらの好意に気づきはじめるでしょう。

④デートに誘う

相談に乗ったり、プレゼントをあげたりしているうちに、相手からはお礼の話が出てきます。そのときこそ2人きりで食事に行く約束をするチャンスです。すでに食事に行っている場合でも、あえて「デート」という単語を使って意識させましょう

⑤告白する

デートの日には、アクセサリーなどのプレゼントを用意しておきましょう。そしてその日の最後に、プレゼントを渡しながら告白をしてみてください。楽しい雰囲気を作ることも重要なので、相手が喜ぶことや好きなものを考えながらデートしてくださいね。

自分が年下の場合

自分が年下だと、①の相談相手になることはなかなか難しいでしょう。そのため、逆に自分が相手に相談を持ちかけるようにしてください。そのあと、会話の流れで相手の悩みを聞き出せば、そのあとの流れは同じです。

年上好きな男性へのアプローチ方法とは

年上が好きな男性に対しては、どんなアプローチをすると良いのでしょうか。まずは自分が年上である場合のアプローチ方法を解説し、そのあと自分が年下である場合をご紹介します。

①とにかく話しかける

相手の姿を見たら挨拶をしたり、話しかけたりと、とにかく相手の印象に残るように行動をしましょう。顔見知りになって、向こうからも声をかけてくれるようになるまで続けてください。はじめは挨拶程度にし、そのうちなにげない話を持ちかけるようにすると自然です。

②ちょっとした料理をあげる

職場全員に配る形でも良いので、とにかくその相手にちょっとしたお菓子などを渡す方法を考えましょう。日にちが近ければバレンタインはちょうど良いタイミングです。手作りのものをあれば、料理上手で尽くしてくれるイメージを持ってもらえます

③意中の相手には特別なラッピング

まわりにはバレないように、その相手にだけ特別なお菓子にしたり、違うラッピングにしたりしてみましょう。あまりガラッとは変えすぎず、ちょっとした変化ぐらいが良いです。メッセージをつけることや、「◯◯君のだけは特別仕様だから」と言って渡すことは効果的です。

④連絡先を聞いて食事に誘う

自分に好意を持っているかもしれないと相手が気づいてきたら、タイミングを見計らって連絡先を聞いてみましょう。

そして、連絡を取りはじめてから、食事に誘ってみてください。これで相手からOKが出れば、両思いの可能性が高いです。

⑤告白する

食事に行って距離を近づけることができたら、控えめに告白をしてみましょう。たとえば、「年上だけど、好きになってもいいかな?」などと、相手に重いと感じさせない程度の告白がベストです。告白というよりも、気持ちを伝えてみるくらいの意識が良いでしょう。

自分が年下の場合

①~④は同じ流れで行ってみましょう。ただ、ほかの日常的な部分では、自立した一面やしっかりしている部分を印象づけることが大切です。

そして、告白はさらに直接的に言いましょう。「好きです。付き合ってください」とはっきり言えば、芯の強い女性という印象を持ってもらえます

まとめ

女性も男性も、年上好きな人はそれぞれにわかりやすい特徴がありましたね。やはり自分が年上好きであれば、相手が年下好きであることが一番恋愛に発展させやすく、期待できるかもしれません。

しかし、お互いが年上好きだった場合は少し難しく、ちょっとした作戦やアピールが必要になります。その場合は、今回ご紹介したアプローチ方法をぜひ試してみてくださいね。