ムキムキは女性にモテる?女性にモテるムキムキと引かれるムキムキ!

体型は、その人の生活を表すなどの言葉を聞くことがあります。何も聞かなくても、なんとなくその人のことが分かってしまうのです。女性も男性も、顔は生まれ持ったものが大きく影響してしまいますが、体型はその人の努力しだいで如何様にも変えていくことができます。中には、顔よりも理想的な体型の人に対して評価する人もいますので、是非できるところから体を引き締めて行くことをオススメします。

体が変わると、気持ちも変わるともいわれています。自信が持てない方は、体を鍛えていくといった方法もオススメです。体に自信が持てるようになれば、心の方も前向きになれるかもしれません。

ムキムキ=筋肉が盛り上がった状態!

ムキムキな体系を聞いて色々なイメージをするかと思いますが、鍛えられた体はやはり綺麗に見えるものです。また、職業によっては、特別な運動をしなくても自然にムキムキになることもあります。筋肉が盛り上がった体は、強さと逞しさを感じさせます。そこもまた、ムキムキのメリットであり魅力です。

女性の好きな体型!1位は細マッチョ、2位はムキムキ!

女性が好きな体系の1位は、細マッチョです。これは、スレンダーでありつつ、引き締まっていて程よい筋肉が付いている体型です。洋服の上からではあまり分からないのですが、半そでを着た時や服を脱いだ時に初めて気が付き、ドキッとする女性も少なくありません。2位は、ムキムキです。やはり、筋肉がある体の方が男性らしさが際立ち女性からの評価が高いということなのでしょう。

女性にモテるカラダを!筋肉をムキムキにする方法

容易に想像できるかと思いますが、ムキムキになるためには、それなりのトレーニングも必要になりますし、期間も必要になってきます。個人差があるますが、トレーニングを始めてから体に違いが感じられるようになるまで、およそ一か月かかります。その後トレーニングを続けていると、だいたい半年くらいではっきりと違いが感じられるようになります。ここまでくれば、最初の目標は達成と思ってよいでしょう。もちろん、トレーニングを止めてしまえば、また元の体型に戻ってしまいます。

速筋の筋肥大がムキムキのポイント

ムキムキにするために一番大切なことは、速筋を鍛えることです。速筋を適度に鍛えることができれば、筋肉の繊維を太くすることができるようになり、ムキムキに近づくことができるようになります。しかしながら、注意したいこともあります。毎日、トレーニングをたくさんすればムキムキになるかと言えば、それはちょっと違います。それよりも、がっつりとトレーニングするのは週に3回くらいにし、休みを入れながら続ける方がムキムキに近づけます。

理由として、強い刺激を与えられた筋肉が修復されるときにレベルが上がっていると筋肉が大きくなるということが挙げられられます。そのため、大きな負荷をかけたトレーニングを少ない回数こなす方が、軽い負荷のトレーニングをたくさん行うよりも効果が期待できます。

筋肉より脳に刺激を与える

意外に思うかもしれませんが、ムキムキになるために上手く脳を使うといった方法もあります。脳に、あたかもたくさん運動をさせているように思いこませることで、理想の体型を期待することができるようになります。具体的には、あまり負荷がかからないような運動を、できるだけゆっくりと長く続けて行く方法です。こうすることで、脳はたくさん運動をしたと勘違いし、たくさん成長ホルモンを分泌。ムキムキに近づくことができます。

たんぱく質を中心に栄養補給

筋肉を太くしたいなら、不足しないように積極的にたんぱく質を摂る必要があります。60キロの方でしたら、一日に必要なたんぱく質の量は120グラムです。80キロの方なら、160グラム必要です。これは、かなりの量ですが、必要なのでできるだけ摂るようにしてみましょう。

十分な睡眠を確保する

ムキムキになるためには、睡眠も大切になってきます。トレーニングと栄養、そして質の良い睡眠。この3つがあって、初めてムキムキに近づくことができます。仕事で忙しいということから、睡眠時間を削りがちな男性も多いと思います。しかし、体にも心にも脳にも大切なものですから是非しっかりと眠るようにしましょう。

セット間の休憩は小さな筋肉で1分

体のどこの筋肉を鍛えるかによって、インターバルは異なってきます。小さな筋肉(単一の筋肉)を鍛える場合は、1分程度のインターバルが良いとされています。筋トレ初心者の方であればもうちょっと長めにインターバルをとるのも良いかもしれませんが、あまり休み過ぎると効果が薄れてしまいますので、そこは注意が必要です。上腕二頭筋や腹筋上部などを鍛える方は、是非1分程度のお休みを設けながら試してみてください。

セット間の休憩は大きい筋肉で3分

大きい筋肉をトレーニングする場合は、小さな筋肉よりも少し長めのインターバルが必要になってきます。例えば、背中や脚、胸などの筋トレがそれにあたります。複数の筋肉に負荷をかけることになるので、その分長めのお休みが必要なのです。目安は、およそ3分です。

3セット程度行う

忙しい方も多いので、筋トレに費やす時間が取れないとおっしゃる方もいます。しかし、筋トレは、比較的短い時間であっても、続けることで効果が期待できます。3セット程度行うのがオススメです。

逆に気持ち悪い!女子が引く各部位の鍛えすぎな基準

引き締まって筋肉が付いている体は美しく見えるのですが、やり過ぎてしまうと逆効果になることもあります。首があまりにも太くなってしまうと、女性からの評価が下がります。全体的に見て、バランスが悪くなってしまうからです。また、後ろ姿に違和感があることもあります。

がっしりとした肩も魅力的ではありますが、あまりにも不自然な肩は人気がありません。洋服を着ていて普段は肉体が見えませんので、場合によっては太った人に見えてしまうこともあります。また、肩ががっちりしすぎると、怖いといった印象を受ける女性もいます。

厚い胸板は女性からの評価も高いのですが、やはり鍛え過ぎてしまうと不自然に見えます。こちらも、怖い印象を受ける女性もいます。また、着られる洋服や似合う服が減ってしまうなどのデメリットもあります。

ちょっとしたときに見える腕の筋肉は、魅力的に見えるものです。しかしながら、太すぎる腕に対して抵抗を感じる女性は少なくありません。その中には、いかにも鍛えています!といった自慢したい気持ちが感じられて嫌だと話す人もいます。また、人間らしく見えず恐怖を感じるといった声を聞くこともあります。

腹筋

美しいシックスパックは、洗練された印象もあり好感度も高いのですが、あまりにがちがちに鍛えてしまうと、場合によっては女性から引かれてしまいます。

引き締まって筋肉が付いている脚は、日ごろから運動していることを感じさせる部位でもあります。しかしながら、あまりにも筋肉が付いてしまうと、歩き方が不自然になることもあり、そこに抵抗があると話す女性もいます。また、男女ともほし脚が好きな方が多い傾向があるので、たとえ鍛えられた筋肉であっても、太い脚を苦手に感じる方も少なくないようです。

これくらいのムキムキが女性は好き!

女性が好きなムキムキは、見た目的なこともありますが、明るくて楽しそうに見えたり、優しそうに見えたりできるかといったこともポイントのようです。体がムキムキになると、場合によっては怖い雰囲気が感じられるので、その分明るさや笑顔、優しさがある方が素敵に感じられるのです。

ムキムキ体操/マッチョ29


自然で健康的に見えるムキムキが、一番好まれやすいと言えそうです。細いけれどムキムキ。洋服の上からは分からないけれど、脱ぐと鍛えているのが分かるそんなボディです。こちらは、楽しい歌詞と音楽が、ムキムキに対するモチベーションを上げてくれます。笑顔がいっぱいの楽しい雰囲気がメリットの音楽です。体を鍛えると性格も明るくなる。そんな風に感じられる動画です。

3秒で筋肉ムキムキなマッチョになれる裏ワザ!?


忙しい方が多い時代。なかなか鍛える時間が取れないといった方もいるでしょう。そんな方にオススメしたいのが、こちらの動画です。たった3秒でムキムキになれる優れものなのです。たった3秒です!一か月、一年続けるといったこともなく、本当に3秒だけでOKです。ただし、注意したいこともあります。これは、洋服を着た時のみムキムキになれる方法です。

筋肉ムキムキに襲撃された。


同じ目的や趣味を持つ人は仲良くなりやすいと言われていますが、同じようにムキムキを目指す人同士も仲良しのようです。筋肉を鍛えている方は、自分の体に自信が持てるものなのかもしれません。明るくて前向きな雰囲気が伝わってきます。みんな明るくて楽しそう。こんな風に楽しい仲間がいてくれたら、辛い筋トレも続けやすそうです。

まとめ

引き締まって筋肉がついた体は、やはり美しいです。しかしながら、女性から好まれるムキムキと女性から好かれないムキムキがあるのも事実です。不自然に見えるムキムキは、あまりオススメできないかもしれません。オススメしたいのは、バランスよく引き締まり筋肉がついている体です。女性が一番好きな体型は、細マッチョだと言われています。次に人気があるのがムキムキです。ムキムキ体型は、簡単に手に入らないものですが、日々少しずつでも鍛えることで理想の体を目指すことができますので、あきらめずに挑戦してみてはいかがでしょうか。その際に、鍛える筋肉によって必要なインターバルが異なるので、確認してみてください。