大人の関係とは?自立した恋愛ができるのが大人!

大人の関係という響きに憧れを抱く人もいるのではないでしょうか。しかし、簡単に「大人の関係」と言われても、どのようなものを指すのか明確に答えられる人はいますか? 実は「大人の関係」にはさまざまなものがあります。今回はどのようなものを大人の関係と言うのかを紹介します。

大人の関係とは?


大人と子供では色々な面で異なります。子供の時は制限されていたことが、大人になることで一気に自由度が増して、自分の好きなように時間を使えるようになるのです。しかし、大人のすることには必ず責任が付いて回ります。子供は責任を親が取る分、さまざまな制限があるのです。

どちらにもメリットとデメリットがありますが、子供が大人の関係のまねごとをするのが一番危険です。大人の関係を築きたいのであれば、責任が取れる年齢になってからにしましょう。

大人の関係と子どもの関係の違い

大人と子供ではさまざまなものが違うと先述しましたが、恋愛面も同じことが言えます。思考が子供の頃は恋人を外見で選んでいた部分もあるでしょう。しかし、大人になることで外見ではなくその人の中身を見るようになるのです。

大人の関係はお互いを尊重する

大人の関係と聞くと、どうしても夜の関係のイメージが強いのですが、それだけではありません。お互いを尊重し合えることを大人の関係と呼ぶこともあります。子供の場合は、自分中心の考えを持つ人が多いのですが、大人になることで自分だけではなく相手や周囲のことも考えられるようになるのです。

大人の関係は外見より中身で相手を選ぶ

先述したように、大人の関係では恋人なども外見より中身で選ぶ傾向があります。外見にこだわる人ほど、幼稚な考えを持つ人が多いのです。大人は見た目だけではなく、内面もしっかり見られる心のゆとりを持っているのでしょう。

大人の関係は信頼関係


信頼関係を築けているのも大人の関係と呼べます。例えば、恋人からの連絡がない場合に浮気を疑う人はいませんか? もし、すぐに浮気を疑ってしまうのであれば大人の関係を築けているとは言えません。大人の関係を築けている場合、交際前に相手のことをしっかり見ているので多少のことではその信頼が揺るぎません。相手を信じていること、これも大人の関係には必要なのです。

大人の関係は相手にのめり込みすぎない

大人になればさまざまなことを自分でしなければいけないため、恋愛だけにのめりこむことが出来ません。むしろ、相手にのめりこむような恋愛は自分の生活を崩しているだけではなく、恋人にも迷惑をかけてしまうことがあるのです。大人には「ゆとり」や「余裕」が必要だと言われていますが、生活に支障が出ないような恋愛をするためにもそういったものが必要なのでしょう。

大人の関係は人として成長できる

大人の関係は自分自身も人として成長出来ると言うメリットがあります。逆に自分に悪影響を及ぼしているのであれば大人の関係とは言えませんし、交際を続けることもオススメ出来ません。相手が自分を成長させてくれる人物かどうか、それも大人の関係を築けているかどうかの判断材料になるでしょう。

大人の関係にはこんな意味も

大人の関係という言葉には、さまざまな意味があります。こちらでは、信頼関係を築けている以外の「大人の関係」について紹介します。

お金での付き合い

お金を貰う代わりに身体の関係を持つという人もいます。愛人契約やパパ活のようなものです。しかし、身体の関係に金銭のやり取りが生じてしまうと違法です。売春防止法に触れる可能性が高いので、そういった関係は止めましょう。金銭が絡むようなリスクの高い恋愛ではなく、真剣に相手と向き合える恋愛を探してください。

セフレのようなもの


セフレと聞くと、あまり良いイメージはありません。特定の相手がいない者同士で割り切って身体の関係のみを持つのは、ある意味大人の関係と言えるでしょう。ただし、これは特定の相手がいない人同士で行うものであり、相手がいることを知った上での関係、伝えないままの関係は迷惑をかける可能性があることを覚えて置いてください。

お金での付き合いではないので、違法にはならないようです。ただ、1度でも金銭のやり取りが発生してしまうと違法になってしまう可能性が高くなるのでそういった関係はやめましょう。

不倫や浮気

恋愛感情は自分では制御しきれない場合があります。惹かれる相手が出来たけれど、浮気や不倫になってしまう場合もあるでしょう。恋は障害があるほど燃えるといいますが、誰かを傷つけていることを忘れないでください。きちんと筋を通した付き合いが出来るのか、もしそれが出来ない相手であれば自分から別れを告げるのも「大人」と言えるでしょう。

リスクのあることをすることが大人ではありません。常識と節度のある行動を取ることが「大人」なのです。この辺を間違えないようにしてください。

愛人契約

先述したように、金銭のやり取りで身体の関係を持つことです。不特定の相手ではなく、決まった人と契約をすることで成り立つ関係ですが、身体の関係に金銭が生じるのは違法になる可能性が高いのでやめた方がいいでしょう。

大人の関係を築くには

大人の関係を築くにはどうすればいいと思いますか? こちらでは、大人の関係を築くために必要なことについて集めてみました。

自分のことを深く理解する

大人の関係を築くためには、まず自分のことを深く理解することから始めてください。なぜ自分のことを知らないといけないのかと言うと、まず自分のことが分からないと相手のことを理解することも出来ないからです。自分を大切に出来ない人が、他人を大切に出来ないのと同じだと考えてください。

自立した大人になる


形ばかり大人になっても、大人の関係は築けません。まず自立した大人になることから始めてください。自立することで、ようやく「大人」として認められます。他人と大人の関係を築くために自立は最低条件と言っても過言ではないかもしれません。自立することで、気持ちにも変化が出てきて、ピシッとした行動がとれるようになるようです。そういったことの積み重ねが「大人」になっていくということなのでしょう。

パートナーの愛情に固執しない

恋愛をしていると、パートナーの自分への愛情を疑ってしまうこともあるでしょう。しかし、大人にはさまざまなことがあります。学生時代のように恋愛を中心にすることは出来ないのです。仕事の付き合いで飲みに出かけることもあるでしょう。そのたびに疑われていては、パートナーの精神が疲弊してしまいます。愛情があるからこそ交際をしているのだと考え、与えられる愛情に固執しないようにしましょう。

相手との心地よい距離感を見つける

近すぎる距離と遠すぎる距離は、お互いの価値観を変えてしまいます。遠すぎず近すぎずの距離を見つけて保ち続けるのも大人の関係と言えるのです。適度な距離感を保つことで、関係によるストレスを失くすことが出来るので良い関係を築くことが出来ます。

教養やマナーを身につける

大人の関係を築きたい場合、教養やマナーを身に付けましょう。綺麗な所作は周囲にも影響を与えて、大人の関係を築ける人を惹きつけます。女性としても所作が綺麗な人は男女関わらず目が留まるのではないでしょうか。

まとめ

大人の関係は夜の意味ばかりではありません。正しい大人の関係は恋愛面でも友情面でも自分自身を成長させてくれます。逆に悪い意味の大人の関係は成長を留めるだけではなく、人間としての価値も落としてしまいかねません。正しい大人の関係を築ける相手を見つけることをオススメします。特に金銭関係が絡む大人の関係はリスクの方が大きいことを覚えておきましょう。リスクのある関係も刺激的で惹かれる人がいるかもしれませんが、その気持ちは一時的なものであり、後から必ずと言っていいほど後悔する人ばかりなので気をつけてください。