恋しいとは?恋しい気分になる瞬間や彼に恋しいと思わせる方法

「寂しい」のは残念なことかもしれませんが、「恋しい」と思えるのは幸せなことです。あなたの人生において、それだけ存在感がある人にめぐり会うことができた証拠だからです。恋しいと思う相手との時間は、とても幸せなものです。そんな幸せな時間を味わいたくて、わずかな時間しか会えないことを分かっているのに、遥々遠くまで行ってしまうのです。あなたにも、恋しい人がいますか?

恋しいとは

なんとなく、恋しいと思う瞬間があるものです。それは、人である場合もありますが、時間や場所であることもあります。自分が幸せだったあの頃に、もう一度帰りたいと思う時も、激しく恋しさを感じます。また、不安な時に顔を見れば全部吹っ飛んでしまうような人もいるもの。あなたにも、そんな人がいるのではないでしょうか。

相手に会った瞬間に報われ満たされるもの

恋しいと思える相手とは、あなたにとって特別な人であることはもちろんなくてはならない人です。恐らく、あなたにとって特別だと思う人は複数いるでしょう。しかし、恋しいと思うほど自分の人生になくてはならない人は、1人だけである場合が少なくありません。一緒にいることで得られた、強烈な幸福感を忘れることができないのでしょう。

離れている人に強く心を引かれること

思い出の中の大切な人。もう一度、その人にもう一度会いたいと思うこともあるものです。でも、本当は恋しい人ではなく、幸せだった時間を過ごした瞬間をもう一度味わいたくて、恋しいと思っているのです。

その人との接点がないと感じる感情のひとつ

何か共有しているものがあれば、恋しいと思わないものです。でも、大切な人なのに、全くない状態が続いている場合、恋しいと思うこともあります。つまり、記憶のどこかでぷつんと関係が切れていると思っているので恋しいと思ってしまうのです。

人間は最初から誰かといることが前提の生物であるが故に出る感情

全ての人ではありませんが、多くの人が一人でいることに抵抗を感じます。誰かと一緒にいないと不安になったり落ち着かなくなったりする場合もあります。誰かを恋しいと思うのは、一人に耐えられないからかもしれません。

恋しい気分になる10の瞬間

①独りで寝る夜

一人で眠る時、その時のメンタル状況によっては、誰かにそばにいて欲しいと思うこともあるものです。恋しい気分になるのは、そんな時。いつもなら、何も問題なく一人で眠ることができるのに、それができない。問題を抱えている時も、こういった気持ちになることがあります。

②好きな人とずっと離れている時

遠距離恋愛している人は、一度はこういった感情になります。中には、この感情を味わうのに疲れて、遠距離恋愛を解消してしまう人もいるほどです。好きな人となかなか会えない生活をしていると、誰でも恋しく思うようになります。

③クリスマスやバレンタインなどのイベントが近づいている時

特別な日に、一緒にいることができたらどんなに幸せなことか……。町を歩けば、多くのカップルの楽しそうな姿を目にするそんな時、恋しい気持ちもマックスになります。元々恋人がいない人が迎える寂しさと、本当は恋人がいるのに何らかの理由で会えない寂しさは全く異なります。後者は、いわば二人が故の寂しさ。楽しかった日をあれこれ思い出し、より一層恋人と恋人との時間を恋しく思います。

④カップルを見かけた時

楽しそうなカップルを見た時、恋人を恋しいと思うこともよくあります。それは、忘れていた楽しかった時間を思い出してしまうからです。デートの楽しさを知っているので、目の前のカップルの姿がまぶしく見えてしまうのです。

⑤仕事の失敗があった時

仕事で失敗した時、自分に自信を無くしてしまうこともよくあります。そんな時、そこにいてくれるだけでほっとできる人がいます。そこに恋人がいてくれたら、落ち込んだ気持ちも上げることができる。もやもやした状況から早く這い上がりたくて、恋人を恋しいと思うのかもしれません。

⑥体調を崩してしまった時

病気になると、誰でも心細くなります。そんな時、信頼している優しい人にいて欲しいと思う気持ちも良く分かります。彼氏、友達、母親、家族などを恋しく思うこともよくあります。体調を崩して人恋しい時、少しでも楽になりたい現れなのかもしれません。

⑦SNSでのリア友のリア充報告を見た時

リア充報告を見た時、自分も充実した日々を送っている場合はそれほど苦になりません。しかしながら、そうではない時に知っている誰かの幸せを目にすると不安になってしまいます。そんな時、手っ取り早く幸せな気持ちになれる恋しい人との再会。不安を取り除きたい現れです。

⑧部屋に1人でいるとき

1人でいることが耐えられない時、恋しいと思う場合もあるものです。それでは、特定の人に対してというよりも、誰でもいいから傍にいて欲しいといった気持ちの方が強いかもしれません。

⑨秋~冬の時期

寒いと、人は不安な気持ちになりやすくなります。そんな時、心と体を温めてくれるような人を恋しいと思うのも当然かもしれません。秋はセンチメンタルになりやすい季節と言われており、それに続く冬も恋しさを感じることが多いと言われています。

⑩友達の結婚式の後

友達の結婚式は、複雑な感情を味わうことも多いようです。知っている人の幸せを見せられて不快になるという意味もありますし、大事な友達が奪われるといった恐怖もあります。そんな時、ほっとすることができる誰かを恋しいと思うことも少なくありません。

恋しいと思わせる方法

あえて会えない期間を作る

恋しいと思うことが多い方は特に、相手からも自分のことを恋しいと思ってほしいと思うものかもしれません。恋人、友達、家族……。そんな時は、あえて会えない期間を設けるようにするのがオススメです。いつでも会える相手よりも、なかなか会えないと思われる方が、恋しいと思われやすくなります。あるいは、会うときも早めに切り上げて別れるようにした方が、相手に恋しいと思わせることができます。

頻繁に会いたいと言わない

追いかけてしまうと、相手から軽視されやすくなります。ですから、しょっちゅう会いたいと言ってしまうのはダメなのです。追いかけるよりも、追いかけられる人になるためには、相手から会いたいと言われるようにしなければなりません。ですから、頻繁に連絡したり会いたいとせがんだりするのはNGです。

弱みを見せる

人は、オープンな人を信頼したり好きになったりする傾向があります。その中には当然弱みも含まれます。弱みを見せると、相手は安心しますし、自分のことをもっと知ってほしいと思うようになります。それが、恋しいと思われる人になる秘訣かもしれません。

心配や気配りをしてあげる

自分のことを大切に思ってくれたり、気にかけてくれたりする人を、人は好きになりやすい傾向があります。恋しいと思われるということは、つまりもっと一緒にいて欲しいと思われる人であるということ。それが自分を大切に思ってくれる人であることは、間違いありません。

まとめ

人は、どういうときに強く恋しいと思うのでしょうか「寂しい」と「恋しい」は違います。メタルが弱っているときや一人でいるときなども、恋しいと思うことが多いようです。また、誰かの幸せそうな姿を見せつけられた時も、恋しいと思うことが少なくありません。もし、誰かに恋しいと思ってもらいたいなら、追いかけすぎるはダメです。もっと余裕をもって堂々としながら、相手からのアプローチを待った方が良さそうです。

しかしながら、恋しいと思うことができる人がいるということは、幸せなことかもしれません。それだけ、自分の人生において大切に思える人がいるということだからです。また、誰かに恋しいと思ってもらえることも幸せなこと。それだけ、必要とされていることだからです。