結婚相手の選び方の決め手は?ポイントをおさえて失敗しない相手選び

最近では女性の適齢期という言葉は死語になりつつあり、思い立ったときに自由に結婚することが世間的にも認められています。したがって、アラフォー、アラフィフといわれる世代の人がこれから結婚に夢を描いていても全く不思議はありません。ただ、恋愛とは違って正式な契りを交わすことになる結婚は、十分に相手を吟味して選ばないと失敗して後悔するおそれもあります。そこで、失敗しないために結婚相手をどのように選べばいいのかについて考えてみました。

既婚女性の約7割が結婚相手に不満を持っている

これから結婚を夢見てあれこれ理想を描いている女性にとってはとてもショッキングなことかもしれませんが、ある調査によると既婚女性の約7割が結婚相手に対して何らかの不満をもっているということが明らかになっています。見合い、恋愛など愛を育む形に多少の違いはあっても、愛し合って結婚したはずの相手なのに、なぜこんなに不満があるのでしょうか。また、どのような結婚相手を選べば失敗しないで済むのでしょうか。

「好き」という気持ちだけで選ぶと失敗しやすい

結婚相手に対してはもちろん深い愛情を感じているからこそ、結婚しようという気持ちになり結婚を決意します。結婚を決意する頃は2人の愛はピークに達しており、ただずっと一緒にいたい、好きでたまらないという気持ちが強くなっていて当然です。そのために、冷静に一歩引いて相手のことを見極めることができずに、勢いで結婚してしまって後悔することになる可能性が高くなります。相手を愛する気持ちは当然として、それ以外の部分で結婚を決意できるかどうかが大事なポイントとなるでしょう。

結婚相手は現在ではなく将来を考えて選ぶと良い

愛する相手とラブラブな時間を過ごす恋人時代は、とても充実して楽しいものです。どちらかというと将来のことよりも今が楽しければいいと考えることが多いでしょう。恋愛ならそれで問題はないでしょうが、何十年も一緒に暮らすことになる結婚相手は、現在ではなく数十年後の将来の姿をイメージしながら選ぶ必要があります。数ヵ月、数年単位でつきあいが終わるものではないということを肝に銘じておく必要があるでしょう。

結婚相手の選び方の7つのポイント

恋人探しであれば、見た目のタイプやそのときの気分、一時的な感情であっても恋愛を楽しむことができればそれで問題はないでしょう。しかし、一生を添い遂げることになる結婚相手選びとなればそれほど簡単にはいきません。結婚相手としてふさわしいかどうかをじっくりと吟味して、慎重に選ぶためにさまざまなポイントによるチェックが必要となります。結婚相手としてふさわしいかどうかを見極めるポイントについて考えてみましょう。

①金銭感覚が同じかどうか

2人の価値観や食べ物の好み、趣味や人生の目標などがなるべく似通っていることも、結婚相手選びには大切なポイントとなります。好きな食べ物など2人の愛情や生活にはあまり影響がないように思えるかもしれませんが、毎日、毎食のことになるためすれ違いが積もれば大きなストレスとなり、2人の間にヒビが入る可能性もあります。また、それ以上に大切なのが金銭感覚です。浪費家、倹約家などさまざまなタイプがありますが、2人の金銭感覚に大きなギャップがあると深刻なトラブルになりやすいでしょう。

②借金やギャンブルなどマイナスポイントは無いか

結婚相手としてふさわしいかどうかを吟味する際には、外見や内面、経済力などさまざまなポイントがあり、何を最優先事項にするかによっても選び方が変わってきます。なかでも、将来にわたって生活していくための経済力は大切であり、2人だけでなく出産や育児を左右するものにもなります。自分のマイナスな面はなかなか事前に申告することはできないので、結婚する前には相手に借金がないこと、また、パチンコやマージャン、競馬や競輪などのギャンブルに過度に依存している傾向がみられるかどうかを確認しておくことが大切です。

③お互いの両親を大切にする事ができるか

結婚は2人だけの問題ではなく、家と家との結びつきでもあります。両家の家族、親族に祝福されて結婚式を迎えるのが2人にとってもベストな形といえるでしょう。婚約が決まると、それぞれの親に挨拶、報告をしてから、両家顔合わせ、結納などと事が進むことになります。お互いの親に対する印象はそれぞれあるでしょうが、超高齢化社会となった現代、将来お互いの親を介護しなくてはならない可能性も考えたうえで、それぞれの両親を大切にできるかどうかも結婚相手選びの重要なポイントとなるのではないでしょうか。

④運転が乱暴ではないか

結婚する前と後では彼の人間性が180度変わったという話も聞きます。結婚するまでの交際中は、互いに自分の良い所を見せようと必死であるため、結婚してから初めて見たくない、許せない部分を目の当たりにするということもあるでしょう。交際中に男性の性格を見極める1つのポイントに車の運転があります。ハンドルを握った瞬間人が変わり、荒い運転と暴言を繰り返す男性もいます。ドライブデートで彼の人間性チェックをしておくことをおすすめします。

⑤過去の恋愛を引きずっていないか

よほどレアなケースでない限り、お互いが初めての異性というカップルはないでしょう。それぞれに出会う前には恋愛歴があり、激しく燃えた恋も経験しているはずです。過去の恋愛経験が今の2人をつくっていることにもなるため、恋愛歴がマイナスに働くことはないでしょう。しかし、「過去の女性を今でも引きずっている」「いまだに連絡を取り合っていて愛が再燃するおそれがある」という場合は注意が必要です。

⑥将来のビジョンが同じかどうか

結婚相手は長年連れ添うことになる相手であるため、2人の価値観や好みがなるべく近い方がうまくいくといわれています。人生は長いマラソンを走るようなものであり、出産、育児、定年、とさまざまなライフステージもあります。2人の将来のビジョンが同じ方向を向いていないと途中で意見が食い違い、最悪の場合は結婚生活が破綻する可能性もあります。価値観や将来のビジョンが同じかどうか、しっかりと確認しておきましょう。

⑦将来容姿が崩れても愛する事ができるか

イケメン好き、面食いタイプの女性は、結婚したときは理想の相手であっても、数十年たって容姿が崩れることによって愛情が薄れるということがあります。若い頃にどんなにカッコいい彼氏であっても、老化は避けられないため、薄毛やハゲ、顔のシワやシミ、典型的な中年太りの証となるぽっこりお腹など、大きく容姿は崩れていきます。それでも変わらず愛することができるかどうかも結婚相手選びの重要なポイントとなるでしょう。

ふさわしい男性に出会うためには

結婚相手を選ぶためには、まずその前に将来パートナーとなり得る男性と出会う必要があります。出会いがないと嘆いてばかりいても何も前には進めません。また、自分にふさわしい男性としてあれこれ条件を求めるだけでなく、自分もその男性にふさわしい女性になるための努力をすることが大切です。将来、結婚相手となるべき男性に出会うために、やっておかなければならないことにはどんなことがあるのでしょうか。

合コンやお見合いパーティなど出会いの場に多く参加する

学校や職場など、自分が生活の基盤としている場所でさまざまなタイプの男性に巡り合えれば問題はありませんが、いつも同じ人間との交流ばかりで新しい出会いのチャンスがないということも多いでしょう。だからといって「出会いがない」とあきらめるのではなく、自ら積極的に出会いを求めて動く必要あります。合コンやお見合いパーティと聞くと軽く考えてしまいがちですが、将来のパートナーを本気で探しに来ている男性も数多くいます。

男ウケの良いメイクやファッションを勉強する

人間は見た目ではなく内面で勝負といいますが、やはり見た目の第一印象が与えるインパクトは無視できません。男性によりよい印象を与えるためには、男性の目が集まりやすいメイクやファッションなどを十分に研究する必要があるでしょう。これまで自分が気に入ればいいと思ってやってきたメイクやファッションを男性目線で考え直し、創意工夫して新しい方法にチャレンジできるよう努力しましょう。

ジムに通って体を引き締める

「健全な精神は健全な肉体に宿る」と昔からいわれているように、体を鍛えることによって精神面も強くなります。また、適度に体が引き締まって美しいボディラインを手にすることもできるので、肉体、精神両面の改造に向いています。ジム通いは、想像以上に地味でコツコツとした継続した努力が必要となります。きついトレーニングを経て得られた美ボディは自分に対する大きな自信にもつながることでしょう。

新しい趣味を初めてみる

将来の結婚相手となる男性に巡り合うためには、待ちの姿勢だけでは何も始まりません。ダイエットやファッションなど外見を磨くことも大切ですが、それと同時に本当の自分磨き、内面を成長させる必要があるといえるでしょう。これまで苦手意識があって敬遠していた趣味でも、自分の隠れた才能や能力を引き出すきっかけになるかもしれません。これまでの自分から脱皮するためにも積極的に新しい趣味に挑戦してみましょう。

まとめ

恋愛であれば好みやタイプで相手を選び、ラブラブの楽しい時間を過ごせれば満足できます。しかし、結婚となると現在を楽しむだけでなく、長い将来にわたって精神的、経済的にも満たされた間柄である必要があります。後で失敗したと嘆かないためには、さまざまなポイントによって結婚相手としてふさわしいかどうかを慎重に吟味しなければなりません。また、相手だけに理想を押し付けるのではなく、自分磨きも忘れずに素敵な女性になる努力をすることも忘れないようにしましょう。