好きとはどういうもの?愛に発展しそうな好きの特徴

一口に「好き」といっても対象が物であるか人であるか、また人であっても同性なのか異性なのかによっても感情に違いがあります。また、すぐに人を好きになる人もいれば、そうでない人もいます。特に好きの感情の対象が異性である場合は、全てが恋愛感情であるとも言い切れないので自分で自分の本当の気持ちに気づくことがなかなかできないこともあるでしょう。そこで、好きという感情がどういうものなのか、そのなかでも本格的な愛に発展するような好きにはどんな特徴があるのかについて考えてみました。

「好き」とはどういう感情?複雑な好きの種類

人に対して悪い感情ではなく好意をもつことはよくあります。「人柄が好き」「性格が好き」「ルックスが好き」など同じ好きという感情でもさまざまなパターンがあり、どれも同じではありません。特に異性に対する好きという気持ちは複雑であり、好きだからといってすぐに恋や交際に発展するとは限らないのです。好きの奥底にどんな感情があるのかを自分できちんと見極めないと誤解して暴走してしまうこともあります。複雑な好きというパターンの種類を理解しておきましょう。

友達のような好き

男女を問わず最も多い「好き」の感情が「友達のような好き」ではないでしょうか。気の置けない関係で何でも話すことができ、とても頼りになる存在の異性が友人のなかに1人や2人やいるものです。気を遣う必要が全くないだけでなく自分のことをよく理解してくれているので、悩みや愚痴を相談することもあるでしょう。幼なじみにも似た感覚で、始めから恋愛感情とは別物として認識しているので特別な異性同士の関係に発展することはあまりありません。必要なときにいつでも一緒にいて安心できる存在といえるでしょう。

家族のような好き

ほかの人間に対する好意を初めて感じるのは両親や兄弟など身内を対象としたものではないでしょうか。血のつながりだけでなくずっと一緒に過ごすことで生まれた特別な感情は、生涯にわたって変わることはありません。異性愛を超えた血族としての仲間意識が強く、互いに支え合うことがそのベースとなっています。他人であってもこの家族と同様の感情を抱くことがあり、ドキドキとした恋のときめきというより一緒にいて心から安心できる関係を求めている「好き」といえるでしょう。

相手のステイタスによる好き

高い財力、誰もがうらやむ職業や地位、名声や人気など、相手の人格などとは関係のないステイタスに惹かれて人を好きになることもあります。ほとんどの場合は自分にないもの、成しえないものを求める気持ちが強いことから生まれる「好き」であり、強い憧れともいえるものです。誰もが安定した生活や人から羨まれる生活を望むものであり、それを可能にしてくれる地位や経済力が「好き」という気持ちを強くすることがあります。したがって、その相手がステイタスを失った途端に好きという気持ちが消えてしまうこともあるでしょう。

独占欲からくる好き

子供が好きなおもちゃを人に取られないように必死になって守ることがあるように、自分が大好きな人を自分だけのものしておきたいという独占欲の強さからくる「好き」もあります。人間性がよく誰にでも優しい男性はいますが、その気持ちを勝手に誤解してほかの人に嫉妬し、自分以外の人に優しくして欲しくないとわがままな気持ちになる女性もいます。ただ、独占したいという気持ちが満足できればそれでいいので、好きが長続きせず、すぐに飽きてほかのものが欲しくなることもあるでしょう。

恋にあこがれる気持ちからくる好き

男性と付き合った経験がなければ、どの気持ちが本当の「好き」かを見極めることは難しいものです。自分では「相手のことが好き」「カップルになりたい」という気持ちがあると思っていても、実際には「交際したい」「恋がしたい」という気持ちが先行していることもあります。恋をするといつもドキドキしてちょっとしたことで幸せな気分になったり、毎日相手のことを考えたりするようになります。しかし、そんな恋をしている状態の自分が好きで相手のことを好きだと思い込んでいるケースもあります。相手のことが本当に好きなのか、恋に憧れているのかを見極める必要があるでしょう。

愛に発展しそうな好きという気持ちの特徴

好きにはいろいろなパターンがあるので、自分でも自分の気持ちがよくわからないということもよくあるのではないでしょうか。なかでも一番悩むのが異性に対して好きという感情が芽生えたとき。どんなに考えても、自分が相手のことをどういうつもりでどの程度好きなのかがわからなくて混乱してしまうこともあります。しかし、愛に発展しそうな好きかどうかは、周りから客観的に見ている友人や家族からするとわかりやすいもの。つまり、相手に対する思考や行動のパターンを冷静に見つめれば、自分でも本当の気持ちに気づくことができるのではないでしょうか。

相手といつも一緒にいたいと思う

相手の顔を見るとなぜかホッとして気持ちが落ち着く、自然に顔が笑顔になる、など自分でも自分の気持ちがよく理解できないことがあります。友達同士のようなシンプルな好きという感情ではなく、愛に発展しそうな好きという気持ちがあれば、会えないときにとても寂しい思いがありいつも一緒にいたいと思うものでしょう。何日も会わないでいるとソワソワしたり、イライラしたりするのは相手を好きという気持ちの表れであり、本能的に相手が一緒にいるべきパートナーであることを理解しているのではないでしょうか。

相手の事を考えたらドキドキしてしまう

勉強中や仕事中、就寝前などふと相手のことを思い出してしまう自分に驚いてしまうこともあります。それもただ思い出すだけではなく、ドキドキをともなうので心が乱されます。特別に2人の間に何があったわけでもないのに、相手のことを考えるだけでドキドキしてしまう、それは恋の始まりであり確実に相手に対して特別な感情が生まれているといえるでしょう。寝る前に相手のことを考えて眠れなくなってしまうようなると相当重症です。自分の気持ちを素直に認めましょう。

気付いたら目で追ってしまう

学校や職場で自分では全く意識していないのに、気が付いたら相手のことを目で追っているということがないでしょうか。なぜかいつも視野のなかに彼がいるというのは、彼が意識的に視野に入ってくるのではなく、自分でその方向に目線を送っているからです。自分でもあまり意識していないので、相手のことを目で追っている姿を誰かに気づかれたら……とドキドキしてしまうこともあるでしょう。無意識のなかでも相手のことが気になって仕方がない、これは相手のことが好きであるという証拠です。

相手からのLINEを見たらニヤニヤしてしまう

愛に発展する特別な好きという感情は、相手の顔を見たり一緒の空間にいたりすることだけで顕著に表れるものではありません。グループLINE登録しているとさまざまな連絡が回ってきます。そのなかに相手のメッセージを見つけると内容はそれほどたいしたことでなくても何度も読み返してしまいます。また、自分だけに発せられたメッセージがあれば、嬉しさもピークでたわいもない内容のメッセージを読み返しながら1人ニヤニヤしてしまうことでしょう。

他の異性と話しているのを見るとモヤモヤしてしまう

相手に対して特別な感情を持っていると自覚していないのに、相手がほかの女性と楽しく会話している光景を目にすると、自分でもよくわからないモヤモヤが胸にこみあげてくることがあります。自分では気づいていないかもしれませんが、これは明らかにほかの女性に対するジェラシーで、自分以外の女性と親しくして欲しくないという気持ちの表れです。このジェラシーによって自分の特別な好きという感情に気づく女性は少なくありません。相手に近づいて自分から会話をしてスッキリするのなら、自分の気持ちを素直に認めましょう。

寝不足でも会えると思うと苦にならない

試験勉強や仕事、趣味などで睡眠時間が短い状態が何日か続くということもあるでしょう。そんなときは、少しでも休みたいという気持ちが強いため、食事も後回しにしてとにかくゆっくり寝たいと思うのが普通です。しかし、肉体状態、精神状態ともにきついそんな状態であっても、相手に会えると思うだけで寝不足が吹っ飛んでしまうことがあります。顔を見るだけで幸せな気持ちになれるので睡眠時間が少なくても全く苦になりません。体調よりも優先する相手に特別な好きという感情がないとはいえないでしょう。

好きという気持ちが愛に発展するか確かめる4つのポイント

「好き」という気持ちにはさまざまなパターンがあるため、将来愛に発展することができる「好き」かどうかを見極めることは大切なことです。恋に恋したり恋している自分に酔っていたりする場合は、あるタイミングで冷めてしまうので、自分でもよくわからない気持ちであればあるほど、確認しておくようにしましょう。相手のいいところだけを見ない、相手のために自分を犠牲にできるか、など好きという気持ちが愛に発展するかどうかを見極めるためのポイントはいくつかあります。

①相手に触れたくなっているか

相手を好きという気持ちが徐々に強くなると、「いつも一緒にいたい」「少しでも近くにいたい」と思うようになって当然です。また、相手のことを本当に好きであれば「手を握りたい」「ハグしたい」「キスしたい」と相手とのスキンシップを欲するようになります。逆に、好きという気持ちはあるものの相手に触れたいという気持ちが全くわかないのであれば、愛に発展しない別のパターンの「好き」であることもわかるでしょう。男性がシャイで奥手である場合は、いつまでも待たず女性の方から積極的にスキンシップをとってみても問題ありません。

②友達や家族に胸を張って紹介できるか

好きという気持ちは個人的な感情であり、「あばたもえくぼ」という言葉もあるように自分にしか相手のいいところがわからないこともあります。自分が相手のことを理解してさえいればそれでいいのでしょうが、本格的な付き合いに発展する場合は、いつまでも2人だけの時間を過ごすだけでは済まなくなります。友人や家族に紹介するタイミングは必ずやってくるので、彼氏として恥ずかしくない相手として胸を張って紹介できるかどうかも大切なポイントとなるでしょう。

③夜中の長電話が苦ではないか

学校や職場が異なる場合は、付き合い始めても2人の都合がなかなか合わずに会えない日が続くこともよくあります。コミュニケーション手段としてはメールやLINEなどがありますが、せめて直接声を聞きたいと電話をすることもあるでしょう。お互いの近況や愚痴、など話し出せばきりがなく長電話になってしまうこともあります。疲れて帰宅して少しでも睡眠時間を確保したいときに、夜中まで何時間も電話で話すことが苦になるか、眠くても相手の声が聞けることに喜びを感じられるかによっても本気の愛に発展できるかどうかを確認することができるでしょう。

④相手の失敗やドジな場面を見ても笑って許せるか

相手のことが好きになる理由は人それぞれです。ただ、ルックスや声、スポーツ万能、頭がいい、優しい、など、まだ詳しく知らない相手の表面的なところに惹かれるのが普通でしょう。恋人同士になって付き合いが始まると、これまで見えなかった相手の嫌な部分や格好悪い部分などが見えてきます。完璧な人間などいませんが、初めに相手に抱いたイメージが強すぎると幻滅してしまうこともあるでしょう。好きいうい気持ちが愛に発展するかどうかは、相手が失敗やドジをしても笑って許せるかどうかも重要なポイントとなります。

まとめ

人に対して好きという感情が芽生えることはよくあります。しかし、好きには家族に対する感情と似たものや友人どまりのものなどさまざまなパターンがあるため、異性に対しての好きという感情を自分でもうまく説明できないことも少なくありません。どんな「好き」であれば、愛に発展するような感情とみなしていいのかは、そのときの精神状態や思考や行動のパターンなど、さまざまなポイントで見極めることができます。相手に対する本当の気持ちを見極めて愛に発展するかどうかを確認してみましょう。