フレンチキスとは?本当の意味とやり方を紹介

フレンチキスってよく聞きますよね。これは他のタイプのキスとはどう違うのでしょうか。キスの種類について気になる方がいるかもしれません。こちらではフレンチキスについて紹介しましょう。一体どのようなキスであり、どのようにやれば良いのかを教えます。

フレンチキスとは

そもそもフレンチキスとは一体何なのでしょうか。フレンチキスの定義について教えましょう。フレンチキスが具体的にどのようなものなのか分からないという方のために基本的なことを教えます。

実はディープキスのこと

実はフレンチキスとはディープキスと同じことです。ディープキスとは別の呼び方としてフレンチキスというものがあるのです。そのため、フレンチキスが軽いキスだと勘違いするべきではないでしょう。そもそも、日本ではディープキスの方が一般的な呼称となっているため、あまりフレンチキスという呼び方をすることはありません。

フランス式の濃厚なキス

フレンチキスというのはその名の通りフランス人がよくやるキスという意味です。濃厚なキスのことです。それが日本に伝わってくる際に意味が変わっていきました。今ではフレンチキスと聞くと軽いキスを想像する方が多いでしょう。

フレンチキスが軽いキスと言われるのはアメリカの影響

フレンチキスというのはフランスにおいては心からのキスという意味も込められています。それは本来ディープキスなのですが、心を込めたキスは軽いキスのことであるという勘違いが生じました。そこからフレンチキスは軽いキスと言われるようになったのです。これはアメリカの影響とされています。

ディープキスがあるからこそ日本ではフレンチキスの意味を知らない人が多い

日本ではそもそもディープキスという言葉があります。そのため、フレンチキスを本来の意味で使う必要がありません。その結果として、本来の意味ではなくて、軽いキスという意味の方が広まってしまったのでしょう。意味の重複する言葉は2つも必要ないからです。

フレンチキスのやり方

フレンチキスには正式なやり方というものがあります。それをこちらで紹介しましょう。フランス流の本格的なキスのやり方について解説しましょう。まるでフランス人のするようなキスができるようになるでしょう。

1.肩の力を抜いてリラックス

まずはしっかりと肩の力を抜くところから始めましょう。きちんとリラックスすることが大切です。緊張している状態ではキスに集中することはできないでしょう。しっかりと心身を落ち着けてキスに集中できるような状態を作り出しましょう。そうすれば、お互いがキスにだけ集中できるようになり、しっかりとキスによって愛情を確かめ合うことができるのです。キスをする際には他のことに気を取られてはいけないのです。

2.まずは軽くキスをしていく


フレンチキスはディープキスのことですが、最初は軽く始めると良いでしょう。いきなり激しくやるべきではありません。気持ちが高まっていない状態で激しいキスをしてしまうと相手との気持ちに差が生じてしまいます。お互いが気持ちを徐々に高めていくことによって一体感を得られるようにすることが大切なのです。そのため、最初は軽いキスから始めるようにしましょう。

3.少しずつ激しくしていき緩急もつける


フレンチキスでは最初に軽いキスをして、そこから少しずつ激しいキスに移行していきましょう。その際には緩急をつけることをおすすめします。そうすることによって、いつまでもキスをしていることができるでしょう。飽きることなくキスを続けられるようになるのです。

4.様々なパターンを挟む

キスではさまざまなパターンを交えるようにしましょう。相手を飽きさせないようにすることが大切です。途中で気持ちが切れてしまうことがないように注意してください。ずっと同じキスをしていると途中で冷めてしまうことがあります。そうなればフレンチキスは失敗してしまうでしょう。

5.首に腕を回す

腕は首に回すようにしましょう。そうすればお互いの顔がとても近い位置にきます。そうすれば自然とキスをすることができるようになるでしょう。単にキスをするだけではなくて、他にもスキンシップをどんどん図るべきなのです。

6.髪を撫でる

キスをする際には相手の髪を撫でるようにしましょう。お互いに髪を撫であうことによって、イチャイチャすることができます。髪を撫でることで気持ち良くなっていくでしょう。

7.吐息の聞こえる距離で愛をささやく

相手の吐息が聞こえるような距離にいましょう。そして愛の言葉をささやいてください。フレンチキスというのは、愛を確かめ合う行為です。そのため、キスをするだけではなくて、言葉によって愛を確かめ合うことも大切なのです。愛をささやきあうことによって、お互いが相手をどれだけ好きなのかを確かめることができるのです。

最終的にはテクニックを忘れて愛情の赴くままに!

フレンチキスというのは愛情が第一です。そのため、細かなテクニックについては最終的に忘れてしまいましょう。愛情の赴くままにキスをしましょう。テクニックが伴っていなかったとしても、愛情さえあればフレンチキスは成立するのです。

フレンチキスをするのにぴったりなシチュエーション

フレンチキスをこれからしたいならば、細かなシチュエーションにも注意しましょう。どのようなシチュエーションであればフレンチキスにピッタリなのかを教えましょう。

デートの別れ際


デートをしたあとの別れ際にキスをするのはおすすめです。これは絶好のタイミングとなるでしょう。デートの最後の締めくくりとしてキスをすることによって、お互いの愛情を確かめ合うのです。別れ際というのはとても寂しいものです。そこで激しいキスをすることによって、寂しさを紛らわすことができるでしょう。次に会うときまで寂しさを我慢できるように思う存分キスをしましょう。

別れ際であれば時間をたっぷりと確保してフレンチキスをすることができます。お互いが満足できるまでずっとキスをしていましょう。

2人だけのエレベーターの中

二人だけの空間でキスをするのはおすすめです。たとえば二人しか乗っていないエレベーターの中です。そこでまるでドラマのようにキスをしてみると良いでしょう。たとえば海外の映画ではエレベーターの中で情熱的なキスをしているカップルが出てくるのは珍しくありません。エレベーターの中というのはフレンチキスをするのに定番な場所といえるのです。誰にも邪魔されることはないでしょう。

どちらかが泣いている時


どちらかが悲しくて泣いているときには相手を慰めるためのフレンチキスをすることをおすすめします。フレンチキスにはそのような効果があるのです。相手がひとりぼっちだと感じて悲しんでいるのであれば、フレンチキスをすることによって、一人ではないと思わせることができるでしょう。フレンチキスによって愛情を確かめ合うことによって、自分がどのような状況に陥ったとしても恋人がいることを実感できます。

抵抗できない状況で

相手が抵抗できない状況の中で無理やりフレンチキスをするというやり方もあります。最初は抵抗してくるかもしれませんが、徐々にキスに熱中してくれるようになるでしょう。本当に愛情のある間柄であれば、どのような状況でフレンチキスをしたとしても、それはしっかりと受け入れてくれるでしょう。

まとめ

こちらではフレンチキスについてまとめました。フレンチキスというのはディープキスのことです。日本では軽いキスのように思われているのですが、実はそれは勘違いだったのです。フレンチキスのやり方としては徐々に激しくしていくのが正式なやり方です。最終的には細かなテクニックは関係なく、愛情をしっかりと確かめ合うことが大切です。愛情の赴くままにキスをすると良いでしょう。さまざまなシチュエーションでフレンチキスをしてみてください。

フレンチキスをすることによって、お互いに相手がかけがえのない存在であることが実感できるようになるでしょう。