ファーストキスをした年齢はいつ?ファーストキスで大切なこと

ファーストキスというのはそれぞれに思い出があるでしょう。人によってファーストキスの年齢というのは全然異なるものです。こちらではファーストキスの年齢や大切なことについて紹介しましょう。

ファーストキスをした年齢はどのくらい?

ファーストキスの年齢というのは人それぞれかなり異なっています。それでは実際にはどのくらいの年齢でキスを初めてした方が多いのでしょうか。ファーストキスの年齢について、多い順番を紹介しましょう。

1位:18歳

一番多いファーストキスの年齢は18歳となっています。若い方の性が乱れていると言われたり、逆に最近の若者は真面目だといわれることがあるのですが、基本的にファーストキスの年齢というのはそこまで変化はありません。18歳程度で初めてキスをしたという方はたくさんいます。高校3年生の頃や、あるいは高校を卒業した後にキスをするという方が多いでしょう。このぐらいの年齢で初めて恋人ができて、キスをするという方が多いのです。

2位:19歳

次にファーストキスをする年齢で多いのは19歳です。実は高校生で恋人がいないという方はたくさんいます。それが大学生になると急に恋人ができたという方は多いでしょう。あるいは高校を卒業して社会人となったり、短大や専門学校に進学するというケースもあるでしょう。そこで多くの異性と出会う機会が増えていくため、キスをするのです。

3位:20歳

20歳でキスを初めてするという方も多いです。このぐらいの年齢になると早くキスをしたいと思うものです。焦るという気持ちも出てくるでしょう。そのため、早く恋人を作るために出会いを求めたり、積極的に告白をしたりするのです。また、その場の勢いで一夜をともにするという機会も増えていくでしょう。そのため、20歳で初めてキスをしたという方はたくさんいるのです。お酒を飲む機会も増えていくため、その場のノリでキスをするという方もいるでしょう。

4位:10歳以下

10歳以下でキスをするという方もたくさんいます。しかし、これは反則と思う方もいるでしょう。10歳以下であればあまり恋愛感情でキスをするというイメージはないでしょう。もっと遊びの感覚だったり、スキンシップとしてキスをするというケースが多いです。そのため、10歳以下でキスをしていたとしても、それは本当のキスとはいえないかもしれません。たとえば父親とキスをしたことをファーストキスだと考えている方もいるのです。

5位:16歳

次に多いのは16歳です。中学から高校になると恋愛により積極的になる方が増えていきます。そのため、高校一年生で初めて恋人ができて、その人とキスをするという方が多いでしょう。たとえば学校の中でキスをしたり、恋人の家でキスをするのです。このぐらいの年齢だとキスというものに興味津々となっていることが多く、軽い気持ちでキスをすることもあるでしょう。

ファーストキス年齢が早い県・遅い県はどこ?

ファーストキスの年齢には地域差が存在しています。年齢の早い県もあれば、遅い県もあるのです。それではそれぞれの県においてどのような違いがあるのかを紹介しましょう。早い県と遅い県を教えます。

早い県1位:東京都16.3歳

やはり一番キスの早い県というのは東京都です。こちらは16.3歳となっています。東京というのは日本で一番の都会といえるでしょう。基本的に都会ほど性に早熟であることが多いです。恋人をすぐに作ってキスをするというカップルが多いのです。恋人が初めてできたり、初体験をした年齢もやはり東京が一番早くなっています。東京はあらゆる面において進んでいる地域といえるでしょう。

早い県2位:秋田県16.6歳

秋田県というのは体格が早熟している傾向があります。女子高生のバストのサイズは全国でもトップクラスとなっているのです。そのため、恋愛にも早熟である可能性があります。かつて秋田というのは日本でもかなり進んでいる地域だったこともあり、そのときの影響が今でも残っているのでしょう。

早い県3位:長崎県16.7歳

長崎県もキスの早い県となっています。こちらは昔から国際的な交流が盛んな地域となっています。それが影響してキスが早いという傾向があるのかもしれません。キスというのは海外の方が気軽にしています。愛の表現としてキスは日常的な行為となっているのです。そのような影響によって長崎県は早くしてキスをするのでしょう。

遅い県1位:奈良県・愛知県19.1歳

これらの県ではファーストキスの年齢は高校を卒業してからという方がたくさんいます。愛知といえば名古屋が都会のイメージがあるのですが、こちらはとても保守的な地域となっています。堅実で真面目な方が多い地域のため、恋愛に対しても真面目で慎重になるのでしょう。また、奈良というのは基本的にはおっとりとしています。そのため、恋愛に焦ってしまうこともないでしょう。マイペースで余裕がある人が多いため、キスについてものんびりとしているのです。

遅い県2位:石川県18.7歳

石川県といえば加賀百万石で前田氏が治めていました。その頃の気質が今でも色濃く残っています。マイペースでのんびりとした県民性となっているのです。こちらの地域は戦時中も被害を受けることがほとんどなく、昔ながらの街並みが残っています。目立ったり、積極的に行動をしなくても安定した地域のため、キスも遅いのです。

遅い県2位:茨城県18.6歳

茨城県というのは都会から離れており、基本的に田舎といえるでしょう。そのため、のんびりとした人達が多いです。保守的な部分もあり、キスを焦ってするということもないのです。

ファーストキスで大事なこと

ファーストキスをする際には大事なことがいくつかあります。まだファーストキスをしていないという方は、こちらを参考にしてください。

目を閉じるとリラックスできる


ファーストキスをする際にはしっかりと目を閉じると良いでしょう。そうすることによってリラックスすることができます。ファーストキスというのはどうしても緊張してしまうものです。緊張してしまうと失敗する可能性があるでしょう。また、目を開けてしまうと恥ずかしいという気持ちも生じてしまうでしょう。そのため、目を閉じておくと楽になります。

首を傾ける方向は気にしなくて良い

首をどちらに傾けるべきなのか気になってしまう方がいるかもしれません。初めてのキスの場合には細かなことをどうしても気にしてしまうでしょう。しかし、首の方向については、その場の流れに任せてしまえば良いでしょう。あまり気にしすぎてしまってもしょうがない問題なのです。

初キスの味は意識しなくて良い


初めてのキスはどのような味なのかという話題が出ることがあります。しかし、これはあまり意識しなくても良いでしょう。キスをしたときの味というのは人それぞれかなり異なっています。特別、何かの味がするということはあまりないでしょう。意識してしまうとむしろ気持ち悪くなってしまうかもしれません。自然にキスをすることをおすすめします。

息遣いは相手に合わせる

息遣いも大切な問題です。これはキスをする相手に合わせるようにすれば良いでしょう。そうすれば相手と一体感を得られるのです。気持ちの良いキスをすることができるでしょう。興奮してしまうと息遣いが荒くなってしまうかもしれませんが、あくまでも相手に合わせるように努力しましょう。

歯がぶつかりすぎないようにする

キスをする際には歯に注意してください。できるだけ歯にぶつかってしまわないように注意しましょう。歯がぶつかりすぎてしまうと、それによって痛みを感じてしまうかもしれないのです。それではファーストキスが嫌な思い出になってしまうかもしれません。

口は閉じ過ぎないように

口についてはどうしても閉じてしまう方がいるかもしれません。いきなり激しいキスをするのは恥ずかしいでしょう。しかし、あまりにも閉じすぎてしまうべきではありません。少し唇を開いた状態でキスをすると良いでしょう。

まとめ


ファーストキスをしたのはいつなのかという点は気になるものです。こちらではファーストキスの年齢や大切なことについてまとめてきました。ファーストキスはいつまでも特別なものとなるでしょう。