キスの練習はどうしたらできる?おすすめのキス練習法

キスが上手いかどうか分からないという方って結構いるのではないでしょうか。あるいはこれからファーストキスをするという方もいるでしょう。この場合はキスの練習をしたいという方は多いでしょう。こちらではどのような練習をするべきなのか、具体的な方法を教えましょう。

キスの練習方法:初級編

こちらではキスの練習の初級編として、簡単な方法を教えましょう。今すぐ実践できる方法となっています。

まずは恋愛映画を見てキスの流れを把握

まず具体的にキスというのはどのようにしているものなのか、恋愛映画やドラマなどを参考にすると良いでしょう。実際にキスをしている様子を見てみることによって、流れを把握することができます。恋愛映画のキスというのは基本的にノーマルなキスをしているものです。それはとても参考になるでしょう。無難なキスの仕方を覚えることができます。

ぬいぐるみ相手にキスをする

もしぬいぐるみを持っているのであれば、それを相手としてキスをしてみましょう。キスというのはどうしても実践的な練習をしなければ身につけることはできません。そのため、ぬいぐるみを男性に見立ててキスをしてみると良いでしょう。そうすれば、たとえば首の傾け方やタイミングなどを練習することができるでしょう。これでも効果的な練習となるのです。

鏡に向かってキスで表情の練習

キスでは表情も大切です。特に男性というのは女性の表情で興奮をすることが多いです。上手く男性を魅了できるような表情を研究してみましょう。キスの表情についてはむとんちゃくな方がいるのですが、変な表情になってしまうと男性が白けてしまう可能性があります。相手の興奮を維持できるような素敵な表情を練習してみると良いでしょう。実際にキスをする際には表情に注意するべきです。

キスの練習方法:中級編

キスの練習として中級編をこちらでは解説します。実際にキスをする際のさまざまなテクニックを身につけることができるのです。具体的な方法を教えましょう。

自分の手の甲にキスして感触を確認

まずキスをしたときの感触について確認しましょう。これは自分の唇の感触を相手はどのように感じるのかを確かめるための方法です。自分の手の甲にキスをしてみることによって、相手の唇の感触を類推することができます。唇がカサカサならば、しっかりとリップクリームを塗っておくべきでしょう。自分の唇の特徴について理解しておくべきです。人それぞれ唇の感触というのはかなり異なっているものなのです。それをしっかりと理解しておきましょう。

氷を使って練習

氷を用いてキスの練習をするという方法があります。たとえば氷に吸い付いてみましょう。とがった氷を用いることをおすすめします。そうすれば、それを彼の舌だと思ってキスの練習ができるのです。どのようにして舌に刺激を与えていけば良いのかを練習で身につけていきましょう。氷を用いることによって、ディープキスを上手くなることができるのです。

飴を使って練習

 

氷以外にも飴を用いてキスの練習をするのは定番といえるでしょう。飴については、口の中で舌を用いてどんどん転がしてみましょう。舌先を用いて、どんどん細かく飴に刺激を与えていくのです。飴を彼の舌だと思って、口の中でいろいろな方向から転がしていきましょう。舌先の細かな動きを身につけることができれば、それは実際にキスをする際の大きな武器となるでしょう。

自分の舌で自分の口内を舐めてみる

自分の舌を用いて自分の口の中を舐めてみるという方法もあります。こうすることによって、口の中で舌をどう動かせばどのような刺激を与えることができるのかが分かります。口の中の感触については、自分の口内を活用しないと理解できないものです。意外と気持ちの良いポイントがたくさんあることが分かるでしょう。どうやって相手の口内を舌で刺激すれば良いのか、ポイントを把握していきましょう。

キスの練習方法:上級編

上級編としてこちらではキスをさらに上手くなるための高度なテクニックを身につける方法について教えます。これからキスの練習をしたいという方は参考にしてください。

さくらんぼの枝を使った練習

昔からさくらんぼの枝を使ってキスの練習をするという方法は知られています。これは枝を用いてそれを結ぶというものです。これをすべて舌だけで行います。これはとても器用なことであり、舌を自分の思い通りに動かすことができなければ難しいでしょう。舌で輪っかを作って、それを噛んでから舌を用いて端っこを輪っかの中に通してさらにその端っこを吸って片結びにします。これはなかなか難しいテクニックが要求されるため、何度も練習をしないとできないでしょう。

とにかく練習したいなら誰かに練習相手になってもらう手も?

キスの練習というのは結局最終的には人を相手にしてもらわないといけないでしょう。そうしなければ実践的なテクニックを身につけることができません。自分のキスによって相手が気持ち良いのかどうかは、直接感想を聞かなければ分からないでしょう。そのため、誰かにキスの練習相手になってもらうのも良いでしょう。たとえば仲の良い友達に頼むという方法もあります。女の子同士でキスをすることに抵抗のない方もいます。

あるいは男友達で気になる人がいるならば、その人に練習を頼んで見るのも良いでしょう。キスの練習をきっかけとして付き合えるようになるかもしれません。

初心忘れるべからず!キスをする前に気をつけたいこと

キスのテクニックばかり意識している方がいるかもしれません。しかし、初心忘れるべからずということを覚えておきましょう。キスをする前に気をつけるべきことがいくつかあるため、紹介しましょう。

鼻の下・口まわりに産毛は生えていないか

鼻の下や口周りに産毛が生えていないのか要チェックしておきましょう。もし産毛が生えていると男性にバレてしまいます。それは男性をしらけさせてしまう原因となってしまいます。女性でも毛深い方は気をつけなければいけません。キスをする際には顔を近づけてしまうため、産毛を見られてしまう可能性があるのです。念入りに毛のチェックをしておくべきです。

口臭は問題ないか

口臭についても確認しておきましょう。口臭があると男性に嫌がられてしまうのです。それによってキスをする雰囲気ではなくなってしまう可能性があるでしょう。口臭というのは自分ではなかなか気が付きにくいものです。また、相手も口臭について注意してくれることは基本的にないでしょう。とてもデリケートな問題だからです。そのため自分で気がつかなければいけないでしょう。

メイク崩れは無いか

顔を近づけることによってメイクのことに注目されてしまうかもしれません。メイク崩れしていないのか確認しておきましょう。メイクが崩れてしまっていると、彼はそればかりが気になってしまいます。キスに集中できなくなってしまいます。変な顔になっていると、彼の気持ちが萎えてしまうでしょう。キスをする際には完璧な女性であることが求められるのです。男性が興奮してくれるような女性になれるように身だしなみを整えておきましょう。

清潔感はあるか

その人に清潔感があるかどうかは大切です。キスという唇を合わせる行為というのは特に清潔感が関係してしまいます。清潔感のある女性であれば躊躇なくキスをすることができるのです。清潔感がない方とキスをするのはどうしても抵抗感が出てしまうでしょう。清潔感というのはイメージの問題です。さまざまな点において清潔感を演出することを心がけておきましょう。

まとめ


こちらではキスの練習について解説してきました。こちらで紹介した練習方法を参考にすることによって、キスをどんどん上手くしていくことができるでしょう。キスというのは練習をしっかりとすることによって、どんどん上手くなることができるのです。また、キスの練習だけではなくて、自分の身だしなみを整えるということも大切です。この女性とキスをしてみたいと思わせることが大切です。