おりものの臭いの原因とは?臭いを抑える方法と便利グッズ

デリケートゾーンは普段から正しくケアすることがなかなかできずに、痒みや炎症、臭いが気になることもあります。なかでも、さまざまな分泌液や古い細胞が混ざり合ったおりものは、細菌の繁殖を防いだり受精をサポートしたりする役割を担っているものの、きつい臭いに悩まされることも多いでしょう。また、おりものの臭いによっては病気の可能性もあり注意が必要です。そこで、おりものの臭いの原因や臭いを抑える方法、便利グッズについて解説します。

おりものの臭い:正常な臭い

わずかに生臭い程度

おりものは粘り気のある成分で細菌が外部から侵入することを防ぐとともに、膣内のpHバランスを整えて常在菌の働きを活性化する働きを担っています。また、排卵日が近づくと景観粘液の量が増えて精子が子宮内に着床しやすいようサポートする働きもあります。分泌液だけでなく古い細胞も混ざり合った状態なので、人によってはほぼ無臭という人もいますが、わずかに生臭い程度であれば、異常はないと考えられます。

チーズのような臭い

おりものの臭いで一般的なのがやや甘酸っぱいチーズのような発酵臭ではないでしょうか。同じチーズのような臭いでもあまりにきつく、いつもとは違う異常な色が確認できる場合は、なんらかの病気にかかっている可能性も考えられます。少しすえたような発酵臭が気になるという方もいますが、体に異常が認められるレベルではないので心配はありません。

すっぱい臭い

おりものは生理周期によって分泌液の増減があり、臭いが変化することがあります。排卵期が近づくとエストロゲンや景観粘液の分泌量が増加し、透明で伸びのある無臭の液体が増えます。一方、排卵後はプロゲステロンの分泌量が増え、頸管粘液の分泌量が減ります。頸管粘液は弱アルカリ性であるため、これが減少することによっておりものが酸性の状態に傾き、すっぱい臭いになるのです。

甘い臭い

おりものの臭いは体質やホルモンの分泌量、膣内バランス、常在菌や雑菌の働きなどによって、個人差があります。ほとんど無臭に近い人もいれば、甘酸っぱい臭いの人もいます。また、まれに甘い臭いを放つ人もいますが、だからといって何かの病気にかかっているわけではありません。ただ、膣内は弱酸性に保たれて少し酸っぱい程度の臭いがするのが普通なので、pHバランスが乱れていることも考えられます。

おりものの臭い:要経過観察

海の磯の臭い

おりものが甘酸っぱいいつもの臭いではなく、海の磯やイカのような臭いがする場合は、性感染症を発症していることも考えられます。クラミジアや淋病、などさまざまなものが考えられますが、ストレスやホルモン分泌のバランスの崩れによって一時的に臭いが変わることもあるので、しばらく様子をみて悪化するようであれば受診した方がいいでしょう。

鼻につくすっぱい臭い

膣内は常在菌が働くことによって外部から雑菌が侵入するのを防いでいます。しかし、何らかの原因によって膣内のバランスが崩れると、常在菌の働きが低下して雑菌が繁殖するようになります。おりものが鼻にツンとくるような強いに臭いをともなう場合は、カンジタ菌が増殖して発症するカンジタ症を発症していることも考えられます。また、加齢によってツンとする強い臭いがでる老人性膣炎の可能性も考えられます。

生ゴミのような臭い

おりものに生臭さや腐敗臭、強い酸性臭などがある場合には、膣トリコモナス症を疑ってみる必要もあるでしょう。緑や黄緑色の泡状のおりものが増加したり、膣に強い痒みや痛みがあったりする場合は、早めに受診した方がいいでしょう。また、細菌性膣炎でも生ゴミのような臭いがすることがあります。いつもと違うきつい臭いに気づいたら様子をみてから医師に相談するようにしましょう。

おりものの臭い:要注意

魚のように生臭い

おりものに魚が腐ったような臭いがして、いつもよりも水っぽく灰色がかっていたら、雑菌が繁殖していることが考えられます。おりものの量自体も増加し、膣内の自浄作用が低下しpHバランスが崩れることで、大腸菌や黄色ブドウ球菌などの細菌が異常に増殖します。そのため、繰り返し発症してなかなか完治が難しい細菌性膣炎になっている可能性が高くなります。

耐え難いすっぱい臭い

おりものに耐え難いようなすっぱい臭いがある場合は、クラミジアやリン菌感染症、などの性感染症に罹っている可能性も考えられます。粘り気のある黄色いおりもので、排尿時に痛みや出血をともなうため、自覚症状で判断することができるでしょう。パートナーに感染させてしまうおそれがあるため、早めに受診、治療することが必要となります。

生ゴミが腐った臭い

おりものに生ゴミが腐ったような顔をそむけたくなる臭いがある場合は、卵管炎を発症している可能性もあります。この場合は、黄色いおりものとともに出血をともなうこともあります。また、子宮内膜炎や子宮頸管ポリープ、子宮頸がんなども症状が悪化するにつれて強い臭いを発するようになるため、注意が必要です。おりもの以外の出血や痛みなどがあれば、すぐに受診するようにしましょう。

おりものの臭いの原因

月経前はたんぱく質が酸化してしまうから

おりものには個人差はあるものの、少し臭いがあるのが普通です。おりものは卵胞ホルモンの分泌によって月経前や排卵時に分泌量が増えます。乳酸菌の一種である常在菌が膣の自浄作用を担っており、おりものに混じることによって酸っぱい臭いがします。月経前になると神経が過敏になってたんぱく質が酸化しやすくなることから臭いがきつくなります。

月経前のホルモンバランスの崩れによる汗腺の影響

デリケートゾーンの臭いの悩みの原因の1つに汗腺があります。陰部には、脇の下と同様にアポクリン汗腺が多く、アンモニアや脂肪などを分泌しています。月経前にホルモンバランスが崩れることによって、汗腺から分泌されるアンモニアや脂肪などをエサとする雑菌が繁殖しやすくなることで、いつもよりもおりものの臭いがきつくなることがあります。

服用している抗生物質の影響

炎症をともなう疾患などで抗生物質を服用することはよくあります。抗生物質には、病原菌の働きを抑制する働きがあり、自己治癒力や防衛機能を高めて体を正常な状態へ導くものです。しかし、体内には健康な状態を保つために必要となる善玉菌も多く存在しているため、抗生物質の服用によって膣内環境を正常に維持している常在菌の働きも抑制されてしまいます。これによって雑菌が繁殖しやすくなり、おりものの臭いがきつくなることがあります。

雑菌が繁殖してしまっている

おりものは女性を悩ませる厄介なものですが、外部からの雑菌の侵入を防いだり、受精のサポートをしたり、などの重要な役割も担っている大切なものでもあります。月経やストレスなどでホルモンバランスが乱れると、膣内の常在菌の働きが低下して雑菌が繁殖します。いつもは弱酸性に維持されている膣内が酸性に傾くことで、おりものの酸っぱい臭いが気になるようになります。また、デリケートゾーンの洗浄が不十分であることによって雑菌が繁殖することも考えられるでしょう。

過度のストレス

過度のストレスがかかると血行が悪くなったり、代謝が落ちたりします。また、自律神経やホルモンバランスが崩れてしまうため、膣内を弱酸性に保つ常在菌が減少し外部からの病原菌の侵入を食い止めることができなくなってしまうこともあります。その結果、膣内に雑菌が繁殖しておりものの臭いが気になるようになるのです。ストレス解消とともにゆっくりと休息をとって、女性ホルモンが乱れないようにすることが大切です。

デリケートゾーンの過剰洗浄

日頃からデリケートゾーンの臭いや痒みが気になるという女性は少なくありません。臭いに神経質になり過ぎて1日に何回も洗浄するという人もいるでしょう。しかし、洗浄力や刺激の強いボディソープなどを使ってゴシゴシ洗うことによって膣内の自浄作用を低下させ、膣内のpHバランスや常在菌の防衛機能が乱れてしまうことがあります。デリケートゾーン専用ソープを使って洗い過ぎないようにすることが大切です。

おりものの臭いを抑える方法

病気なら病院で治療する

おりものの臭いは分泌物の増減やホルモンバランスの乱れ、生理周期や雑菌の繁殖などによって変化することがあります。一時的なものであればそれほど気にすることはありませんが、場合によっては性感染症や重篤な疾患に罹っている可能性があるため軽視できません。いつもとは明らかに違う臭いがする際には、迷わず病院を受診して治療することをおすすめします。

膣内洗浄を行う

デリケートゾーンは、凹凸やヒダなどによって複雑な形状をしており、分泌物や尿、皮脂汚れなどが溜まりやすい部分です。正しく洗浄しないと清潔に保つことができずに、おりものの臭いが強くなることもあります。また、月経の頃は経血汚れもあるためビデで洗浄することも多くなりますが、膣のなかまで清潔にするためには膣内洗浄をする必要があります。

半身浴や睡眠時間の確保などライフスタイルの改善

ストレスや生活習慣の乱れは、体にさまざまな悪影響を与えます。血行不良やリンパの停滞、代謝の低下などによって、日頃は正常に機能している膣内の自浄作用がスムーズに行われなくなることもあります。自律神経やホルモンバランスを正常に戻すことが必要となるため、ゆっくり半身浴をしたり十分な睡眠時間を確保したりすることで、ライフスタイルを根本的に見直す必要もあるといえるでしょう。

正しい方法でデリケートゾーンを洗浄する

デリケートゾーンは、洗い方が不十分だけでなく過剰洗浄によっても膣内のバランスが壊れて雑菌が繁殖しおりものの臭いとなって表れることがあります。特に、臭いが気になるからといって洗浄力の強い石鹸やボディソープなどを使って洗浄すると、常在菌の働きを低下させてしまい逆に臭いがひどくなることも考えられます。指の腹を使って刺激し過ぎない、ヒダの溝など細かいところも洗浄するなどの正しい方法でデリケートゾーンを洗浄することでおりものの臭いを改善することができるでしょう。

おりものの臭いを解消できる便利グッズベスト5

「ウルタス(URUTAS)デリケートゾーン 泡 石鹸」

デリケートゾーン 泡 石鹸 におい 黒ずみ 対策 陰部 保湿 泡 ソープ 低刺激 洗浄 弱酸性
おりものはある程度臭いがあっても異常はないものですが、体調やストレス、膣内環境の乱れなどによってきつい臭いに変わるとやはり気になるものです。臭いを解消するために最も有効なのは、デリケートゾーンを清潔に保つことです。この泡石鹸は、デリケートゾーンを刺激するパラベンや鉱物油、アルコールや防腐剤などの使用を極力抑えており、膣内環境を変えることなく清潔を維持することができます。

「クリーンシャワー 4P(120ml×4)」

クリーンシャワー 4P(120ml×4)
おりものの臭いは、生理前後にきつくなることが多く、なかでも生理の終わり頃がピークとなり不快な思いをします。使い切りタイプの衛生的な商品であるため、雑菌の侵入を心配することなく海やプール、病気で入浴できないときなど、いつでも気軽に利用することができます。ノズルはソフトな素材で、角度を変えながらストレスなく挿入して気持ちよく洗浄することができます。

「膣洗浄器 インクリア 10本入」

膣洗浄器 インクリア 10本入
膣内に雑菌が繁殖することによってきつくなるおりものの臭いを簡単に洗浄することができる膣洗浄器です。使い切りタイプなのでいつも衛生的に使用することができるとともに、ワンプッシュで洗浄できる簡単な操作も大きな魅力です。独特の流線形の形状で挿入にもストレスがなく、携帯して旅先でも使用が可能です。ビデの洗浄では刺激が強すぎるという方にもおすすめです。

「Douche清浄システム」

浣腸シャワー 3穴浣腸リンバ膣肛門清浄 深度シャワー浣腸/Douche清浄システム
肛門や膣を直接洗浄することができるシャワータイプの洗浄アイテムです。高品質のアルミ製であり、噴水口が7個あることから、適度な刺激で気持ちよく洗浄することができます。また、軽く片手で持つことができるのでストレスなくいつでも使用することができます。T買いやすいストレートノズルがついており、お湯を流しながら抜き差しすることで細かな部分も洗えるのもメリットといえるでしょう。

「ウルラボディソープ2本セット200ml」

ウルラボディソープ2本セット200ml 日本製デリケートゾーンソープ弱酸性
おりものの臭いが気になる際に、デリケートゾーンのケアに過敏になるのは当然です。しかし、特にデリケートな膣内まで洗浄して清潔を保つことは難しいため、諦めている方も多いのではないでしょうか。このソープには、エタノールなどの揮発性が高く膣内粘膜を刺激する成分は一切含まれていないため、安心して使用することができます。臭いのもとの部分の汚れを洗い流すことができるだけでなく、保湿ケアもかねられるのが大きな魅力です。

まとめ

デリケートゾーンの臭いは女性の大きな悩みの1つですが、なかでも強烈な嫌な臭いを放つおりものの問題は深刻です。おりものが臭う原因には、デリケートゾーンが不潔であることだけでなく、月経によるホルモンバランスや分泌物の変化、雑菌の繁殖などがあります。なかには、性感染症や細菌性膣炎などの病気に罹っている可能性もあり、気になった場合には受診が必要となります。また、普段から便利グッズを活用して、デリケートゾーンを清潔に保つことも大切です。