デートの頻度はどれぐらいが理想?多すぎるとデメリットも?

デートの頻度は、お互いの生活環境や恋愛の進行状況によっても異なるものです。ただ、基本的に男性はドライであるため女性ほどデートの頻度を多く求めることはないとされています。

また、社会人になると仕事中心の生活になるため、それもデート頻度に関係すると言えるでしょう。

  • 理想的なデート頻度に対する男女の考えの違い
  • 女性が思う理想のデート頻度
  • 恋愛状況別 デートの理想頻度
  • デートの頻度が多すぎるデメリット
  • デート頻度を増やす時の注意点
  • デートができない休日の過ごし方

を紹介します。

理想のデート頻度は男女で違う!

お互いに相手を好きだという気持ちに変わりはないはずですが、理想のデート頻度は男女で大きな違いがあります。特に社会人になると仕事が生活のほとんどを占めるようになるため、将来出世を考えている男性は必死です。そのため、それほどしょっちゅうデートしなくても電話やメールなどでつながっていればOKという男性が多いでしょう。

一方、女性は2人の距離が遠くならないように、また辛い仕事を頑張ったご褒美としてデートの頻度を多く望む傾向があります。詳しく見て行きましょう。

社会人男性の理想のデート頻度は月に1~3回程度

社会人男性の理想のデート頻度は、個人差はあるものの月に1~3回程度、つまり1週間に1回会うか会わないかという程度になります。社会人生活が長くなればなるほど仕事へのやりがいや責任感も増すので、デートにばかり時間を費やすわけにもいかなくなるのです。

仕事ではストレスが溜まるような問題が発生することも多く、「男としてデートで弱った自分を見せたくない」「1人でリカバリーする時間が必要」ということも、理想のデート頻度に表れているのかもしれません。

社会人女性の理想のデート頻度は週に1~2回程度

女性は男性と違って、デートで職場のストレスや悩みの発散をしたいと思う傾向があります。「彼に会うことを楽しみにすれば嫌な仕事も我慢できる」という女性も少なくないため、男性とは違って週に1~2回はデートしたいと思っているようです。

女性が思う理想のデート頻度

女性が理想とするデート頻度について、詳しく見ていきましょう。男性と比べると、その頻度は多いのが特徴。できるだけ多く会いたいというのが女性の本音のようです。

週に1回程度

女性が理想とするデート頻度で一番多いのが、週1回です。およそ4割の女性が理想としています。

特に社会人女性は、週末の土日の休みのうちどちらか1日はデートに当てるのがちょうどいいペースと考えているようです。働いている平日の日は「次のデートはどこに行こうか?」といろいろ考えるのが楽しいという人も多くいるでしょう。

Dさん/事務員
週1日なら、その週にあったことを話題にできるし、適度な間隔です。それぞれ友人との付き合いとかいろいろ用事があるので、週1程度がちょうどいい頻度ですね。

2週間に1回程度

次に多かったのは、2週間に1回という頻度です。付き合いの長い女性の場合に多く、あえて控えめな頻度にすることで、自分たちのプライベートな時間を多く持てると思っているようです。たまに会うことでマンネリを防ぐことができ、会ったときの新鮮味を保つことができるということでしょう。

Fさん/公務員
デートの準備にしっかりケアをしたいし、友達と遊ぶ時間も必要。そうすると、どうしても隔週ぐらいの頻度になってしまいます。その分、LINEやメールで毎日話しているので、寂しさは感じないですね。

毎日

付き合い始めのカップルや学生に多いのが、毎日デートしたいというもの。1秒も惜しまず一緒にいたいということなのでしょう。

学生であれば時間もたっぷりあるので、毎日会うのも十分に可能です。何年付き合っても毎日会いたいという人もいます。こうなってくると、もう一緒に住んでしまった方がいいのかもしれませんね

Tさん/専門学校生
大好きで、会えない時間がとてもつらい。彼も同じ気持ちみたいで、お互い時間を見つけては会う約束をしています。できれば一緒に暮らしたいと思っています。

月に1度程度

月に1回以下を理想とする女性もいます。彼や自分の仕事が忙しい、お互いの趣味の時間を尊重したいなど、いろいろ理由はあるでしょう。また、遠距離とは行かなくても中距離程度と住んでいる場所が遠く、会いたくても会いづらいという人もいます。

しかし頻度が少ない分、たまに会う時間は濃くて有意義に過ごせるので、これもまた理想的なデート頻度と言えるかもしれません。

Yさん/デザイナー
長く付き合ってきて、お互いに仕事が忙しくなってきたこともあって距離を置くようになりました。月に1度ぐらいしか会いませんが、これがちょうど理想的な頻度です。たまに会って悩みなども相談できて、とてもリフレッシュできます。

月に1回以下

月に1回以下というのは、かなり少数派です。これは理想というよりも、遠距離などで会いたくても会えないというケースが多いでしょう。海外転勤などで遠距離の場合は、年に1回でも会えればいい方です。国内でも飛行機や新幹線を利用しなければ会えない距離だと、年に数回会えれば理想的ということになるでしょう

Wさん/販売員
彼が会社の支社に転勤になってから1年になります。その間会えたのは2回で、ほぼ毎日LINEで連絡し合っています。たまにしか会えないのは寂しいけど、それだけ絆が強くなるのも確かですね。

恋愛状況別:デートの理想頻度

恋愛状況によって、デートの理想頻度は変わってきます。恋愛が進んでいくなかで、デートの理想頻度がどのように変化するのか見てみましょう。

付き合う前:2週間に1回から2回程度

付き合う前の理想とされるデートの頻度は2週間に1回から2回程度、つまり平均すると1週間に1回会うか会わないかという程度になります

付き合う前は、本格的な交際に発展できるかどうかの大切な時期です。まだお互いのことをよく理解できてなく、距離もそれほど縮まってはいません。相手のことをもっと知りたいと思いながらも、遠慮する気持ちから少なめの頻度になるようです。

付き合い始め:毎日から2日に1回程度

付き合い始めの頃は、毎日から2日に1回という頻度が理想と答える人が多いです。お互いに好きだという気持ちを確認して本格的に付き合うようになってからしばらくは、毎日でも会いたくなるでしょう。ほとんどのカップルが人生のピークの時期であると表現するように、ラブラブが止まらず1分、1秒でも長く一緒にいたいと思う時期です。

とにかく顔が見たいという強い願望があるため、毎日デートというのが普通で、1日会えないだけで不安になることもあるでしょう。

付き合ってしばらく経った社会人:2週間に1度程度

付き合ってからしばらく経ち、社会人になって仕事をしている場合のデートの理想頻度は2週間に1回程度と答える人が多いです。付き合いも長くなると、気持ちに余裕ができ、それほど頻繁にデートしなくても電話やメールなどで連絡を取り合うことで満足できるようになります。

社会人として仕事や職場の付き合いも忙しくなり、お互いの生活を尊重しながらデートをするのには、2週間に1回程度が適当といえるのでしょう。

遠距離の社会人:月に1回以下

遠距離の程度にもよりますが、月に1回会えれば理想的と言えるでしょう。片道2時間程度の中距離であれば、月に1回程度は十分に会えるはずです。飛行機や新幹線を使わなければならない距離、もしくは海外になると、年に数回程度がせいぜいといったところでしょう。

しかし、頻度が少ない分、会ったときの感動は何ものにも代え難いものがあります。頻繁に会っているカップルよりも長続きする場合も少なくありません。

デートの頻度が多すぎるとデメリットも?

好きな人といつも一緒にいたいという気持ちが強いことは理解できますが、だからといって毎日のようにデートを繰り返しているとさまざまなトラブルが生じることもあります。

では、デートの頻度が多過ぎると具体的にどんなデメリットがあるのでしょうか?

お金がなくなってしまう

デートで公園に行ったり、ブラブラと散歩ばかりしていたりするだけでは飽きてしまいます。しかし定番のデートスポットといわれるところはそのほとんどが有料で、交通費や食事代もかかります

誕生日やクリスマスなどの特別なイベントは別としても、普段のデートにお金をかけているとお互いに金欠状態になることもあるでしょう。生活にも支障が出る可能性があります。

新鮮味がなくなる

カップル マンネリ

付き合い始めの頃は毎日でも会いたい日々で、一緒に過ごしていることだけで幸せを感じる時期でしょう。しかし、それを過ぎるとだんだん新鮮味がなくなってきます。話すネタも次第になくなり、少し飽きてきたように感じるでしょう。いわゆる倦怠期です。

最初の頃のデートの頻度が多ければ多いほど倦怠期も早く訪れるので、会う頻度を控えておいた方がいいかもしれません。

仕事に支障がでる

恋人と過ごす時間を最優先すれば、当然ながらそのための時間をどこからか捻出しなければならなくなります。残業があるのに早く切り上げたり、繁忙期に必要な休日出勤をしなかったりすれば、その後の仕事に支障が出てくることになります

お互いに自分の生活はきちんと維持できるように付き合わないと、生活の基盤が崩れることになりかねません。仕事に支障がでるほどの頻度でデートすることは避けた方がいいでしょう

相手の趣味の時間が無くなってしまう

大好きな人と一緒に過ごす時間はとても貴重で幸せなものです。しかし、プライベートの時間をすべてデートに費やすことになると、どんなに相手のことが好きでもストレスを感じるようになるでしょう

自分の趣味の時間や1人で過ごす時間は、お互いに必要です。やりたいことを我慢してデートを繰り返すと、不満が爆発しやすくなります。お互いの自由な時間を確保するためには、デートの回数を減らすしかありません

デート頻度を増やす時の注意点

デート頻度が多い場合のデメリットを考えると、会う頻度を増やすのを躊躇するかもしれません。それでもやっぱり「もっとたくさん会いたい」という場合、次の点に注意しましょう。

相手と相談した上で増やす

自分が会いたいと思っても、相手の都合もあります。仕事やプライベートが忙しいのに無理に会う回数を増やすのは負担をかけるだけです。相手とよく相談し、お互いにとって一番いい頻度を決めるようにしましょう

お金がかからないプランを考える

デート頻度を増やすことで、どうしても費用がかさんでしまいます。お金をかけなくてもできるデートを考えましょう

公園にお弁当を持って行ってピクニックを楽しむ、海で波の音を聴きながら過ごす、サイクリングに出かけるなど、お金をかけなくても楽しめるデートはたくさんあります。二人で計画を練るのもまた楽しいでしょう

近場・お家デートを提案する

探してみると、近場にもデートを楽しめるスポットはけっこうあるものです。プラネタリウムや美術館、ギャラリーなど、安い入場料で入れるところもあるでしょう。デパートやショッピングモールをウィンドウショッピングするだけでも、かなり楽しめるはずです。

お家デートをするのもおすすめです。その日のために料理の腕を上げておきましょう。あなたの振る舞う手料理に、彼は感激するに違いありません。部屋を飾り、二人だけのパーティーをするのも楽しそうです。DVDを観たりゲームをしたり、楽しめることはたくさんあります。

相手の趣味に合わせる

相手が趣味のための時間が必要でデートができないなら、いっそのこと相手の趣味に合わせてみてはどうでしょう?自分もできる趣味の場合に限定されますが、一緒にできるのであればそれがデートになり、相手も喜ぶに違いありません。お互いの共通項が増えることで、絆も深まることでしょう

デートができない休日の過ごし方は?

いろいろな事情で、休日であってもデートができないこともあるでしょう。「せっかくの休日なのにデートができないなんて」と嘆くのではなく、有意義な時間を過ごしたいものです。デートができない休日の過ごし方について、いくつかの例を取り上げてみました。

彼と電話やLINEでコミュニケーション

彼と連絡を取れるのであれば、電話やLINEでコミュニケーションを取りましょう。会えなくても会話をすることで、楽しい気分になるはずです。彼との絆も深めることができるでしょう。

ジムなど自分磨きに当てる

彼とのつきあいが長くなると、彼と一緒にいることで満足するようになります。自分のことを受け入れてもらえているという安心感から、自分を変えようと努力することも少なくなっているのではないでしょうか?

彼とデートができない日こそ、ジムやエステ、図書館などに行って見た目、内面ともに自分を磨くことに時間を当てましょう。自分を磨くことで自信がつき、魅力もアップするはずです。

洋服や化粧品を購入しに行く

初めてのデートでは服選びやメイク、ヘアスタイルにも時間をたっぷりとかけて、彼にふさわしい女性に見えるような努力をしていたことでしょう

しかし、デートを頻繁にするようになると、だんだんおしゃれも手抜きになってきたりするものです。彼に会えない休日こそ洋服や化粧品などのショッピングに行って、より美しくなるための努力をしてみるのもいいでしょう

部屋の大掃除をする

デートがなくて暇になった休日は、部屋の大掃除をするいいチャンスです。彼がいつ部屋に遊びにきてもいいように、部屋を綺麗にしておきましょう。部屋の様子は日ごろの服装や態度にも表れてしまうものです。部屋を綺麗にしておくことで、その空間だけでなく自分の心もスッキリさせることができるでしょう

まとめ

男女の理想とするデート頻度について見てきました。好きな人と一緒にいたいという気持ちはあっても、デートの頻度となるとお互いの生活などで制約されることも多いでしょう。

デートの頻度が多ければいいというわけではなく、デート頻度が少ないからこそ新鮮味があり充実した時間を過ごせる場合もあります。互いの生活や考えを尊重しながら、2人の理想のデート頻度を見つけましょう。