長続きするカップルのLINEの特徴は?長続きするためのポイント

カップルの連絡手段といえば、電話よりもメールやLINEがメインとなります。特にLINEは会話形式でメッセージが表示されるため会話の経過がはっきりと目に見えること、電話に出られない忙しいときでも後からゆっくりとメッセージを確認できることなどのメリットがあります。普段、何気なく使っているLINEですが、連絡の取り方や送信するメッセージの内容次第では、恋愛が短命になってしまう可能性もあります。そこで、長続きするカップルのLINEの特徴や長続きするためのLINEのポイントを考えてみました。

長続きするカップルはどんなLINEをしている?

恋人とのコミュニケーションツールとして定着しているLINE。無料通信アプリとして絶大な人気を誇っています。いつも何気なく頻繁に利用しているLINEのメッセージには、カップルの特徴が表れやすいといわれており、場合によってはLINEの状況をみるだけで恋愛が長続きするか、短命で終わってしまうかを占うことができるといいます。基本的に長続きするカップルは、長々としたメッセージを頻繁にやり取りするのではなく、要件のみの簡潔なメッセージのやり取りを適度な頻度でやり取りしているようです。では、長続きするカップルは普段、どんなLINEのやり取りをしているのでしょうか。

メッセージの間隔がほど良く開いている

付き合い初めの頃は相手と少しでも一緒にいたいと思うので、会えないときに頻繁にLINEのやり取りをすることもあるでしょう。しかし、付き合いも長くなりある程度落ち着いて付き合えるようになったのに、間隔を空けずに怒涛のメッセージ攻撃をされたら、誰でも嫌になるでしょう。ひっきりなしにLINEを送るためには時間と労力が必要になり、無理をしてメッセージを送ることになります。自然体ではなく無理をしているカップルが長続きするとは考えにくいでしょう。メッセージを受信したら何分以内に返信しなくてはならないというような強迫観念にとらわれるようになったら破綻が近いといえるでしょう。

ポジティブな発言やワードが多い

カップルが2人で一緒にいることができないときにLINEのやり取りが増える傾向があります。「会いたい」「寂しい」という気持ちをそのままメッセージにすることもあるでしょう。その一方で、落ち込んだりストレスを受けたりしたときに自分の気持ちをそのままメッセージで送る人もいます。自分ネガティブな状況を知って相手がどんな感情を抱くかということを全く考えずに送ってしまうので、受信した側まで暗い気持ちにさせてしまうでしょう。自分の感情をそのまま送るのではなく、グッと我慢してメッセージを見た相手がホッと思えたり、元気がでたりするようなポジティブなワードやメッセージを心掛けるようにするといいでしょう。

LINEを送る時間帯にも注意

自分の都合だけでLINEメッセージを送る場合は、相手の迷惑など一切考えていないことがほとんどでしょう。仕事でとても忙しい時間帯や疲れて帰宅してやっと少しホッとできる時間帯、寝ようとベッドに入ったとき、など、返信する状況ではないだけでなくメッセージを見る余裕がないときに、頻繁に送信されるとうんざりしてしまいます。また、LINEは相手の都合のいい時間帯に読んでもらえるものとして「早朝や深夜にとりあえず送っておこう」と考えることもありますが、メッセージ着信音が鳴ると気になってしまうものです。相手の生活サイクルを理解して、負担を与えない時間帯に送信することも大切でしょう。

勉強や仕事の邪魔にならないように注意している

女性は男性に比べてまめで文章を作成するのも苦にならないため、それほど意識せずに毎日何通もだらだらとメッセージを送ってしまうことがあります。長続きするカップルは、2人の時間だけでなくお互いのプライベートな時間や趣味の時間を尊重することができるため、メッセージを送信することで勉強や仕事、趣味などを邪魔することがありまえん。いつも返信してくれる優しい彼氏でも「今は勘弁」と思うタイミングはいくらでもあります。LINEを送る時間帯や頻度を気遣う相手への思いやりがあれば、カップルとして長続きするのも理解できるでしょう。

短文でのやり取りができる

長続きするカップルは、長年寄り添っている夫婦のような阿吽の呼吸を感じることができます。そのため、LINEでいちいち長文で説明や言い訳をしなくても、意思疎通が可能となります。メールの長文も負担ですが、吹き出しのなかにはまるメッセージが異常に長いとうんざりするものです。日頃から相手のことを理解できていれば、ほんの短い言葉や文章のなかにも相手の本音や心遣いを感じることができるでしょう。逆に相手のことをあまり信用していなかったり、自分に後ろめたいことがあって説明が長くなったりする場合にメッセージが長文になってしまうものです。

メッセージに笑いを含める

長続きするカップルは、重要なことや時間をかけた話合いが必要となる場合は、LINEではなく直接会って話をします。LINEのメッセージで重い深刻な相談や長々とした愚痴などを送られても、気が滅入るだけで明るい気持ちにはなれません。その一方で、短い文章やスタンプなのに思わず笑ってしまうメッセージもあります。仕事や人間関係などで疲れていても、バカエピソードやおもしろ画像をみると疲れや嫌な気持ちが吹き飛び、思わず笑ってしまいます。ユーモアに富んだメッセージは心を癒してくれるため、カップルも長続きできるのではないでしょうか。

返事が必要なメッセージが少ない

長続きするカップルは基本的に長文でのやり取りをしません。日頃から意思疎通が図られていれば短いメッセージでも十分気持ちを伝えることができます。また、長い説明や質問をして相手に返信を強要することもほとんどないので、メッセージをもらっても気が楽です。忙して返事がなかなかできない場合でも、それがプレッシャーやストレスにならないからこそ、無理をして不満が溜まることもないのでしょう。「頑張って!」「体調に気を付けて!」など相手を思いやる一言だけで嬉しい気持ちになります。

長続きするカップルになるためにLINEで気をつけたいこと

付き合い始めの頃から頻繁にLINEのやり取りを続けているものの、ちょっとマンネリ化したのか返信が少なくなった、メッセージが短くなったというカップルは、LINEのやり取りの頻度や内容などについて一度見直してみることが必要です。気づかないうちにLINEが2人の恋愛関係に影を落としていることも考えられます。誰でも普段からついやってしまいそうなLINEで気を付けるべきことを理解して、長続きするカップルを目指しましょう。

必要以上にメッセージを送らない

短命カップルにありがちなのが、特にこれといった用件もないのにダラダラとメッセージのやり取りを繰り返すパターンです。相手もそれほど暇ではないので、1日に何回もそれも毎日のようにメッセージが送られてくると辟易してしまいます。長続きするカップルは長くなる話は直接会って、相手の顔を見ながら会話する方がいいと考えており、長文のやりとりはしません。顔をみて言えない話を延々とメッセージとして送るということは、2人の信頼関係がまだ本物でないともいえるのではないでしょうか。

メッセージを送る時間を考える

相手の都合を考えずに自分のタイミングでいつでもメッセージを送ってしまうカップルは、少しずつ不満がつのっていくようになります。メッセージを送られても絶対に返せない仕事中や食事の時間帯、1人でゆっくりしたい時間や眠っている時間帯にメッセージの着信音が鳴ると嫌な気持ちになることでしょう。相手の状況や都合を考えずにメッセージを送るということは、相手に対する思いやりがないということにもつながります。メッセージを受け取って嬉しいと思えるような時間帯に送信するように心がけましょう。

既読スルーをされても怒らない

LINEというと度々話題になるのが既読スルーの問題です。中高生では既読スルーが原因でいじめに発展することもあります。自分が送信したメッセージを読んでいるのにいつまで経っても返信がないことに不快な思いをするということが主な理由です。社会人は、仕事などで忙しい場合メッセージはかろうじて読むことができても、返信できないことはよくあります。しかし、そのたびに既読スルーについて問い詰める関係であればカップルな長続きしないでしょう。返信がなくても「忙しいんだろうな」と相手を思いやる余裕が必要です。

スタンプ連打をしない

LINEがメールよりも人気がある理由の1つに、さまざまな表情やキャラクターのスタンプを併用できるというメリットがあることがあげられます。メッセージだけでは伝わりにくい感情を補足したり、文章を使わずにスタンプだけで会話ができたりと、活用の仕方はさまざまです。カップルでもレストランのスタンプに?をつけて、パスタのスタンプを返せば「食事何にする?」「パスタがいい」という会話が成立します。しかし、あまりにスタンプを連打するとふざけているようにとられたり、メッセージがうまく伝わらなかったりすることもあるため注意が必要です。

まとめ

カップルのコミュニケーションツールとして欠かすことができないLINEは、2人の間をとりもつとても便利なアイテムです。ただ、メッセージを送る頻度や時間帯、メッセージの内容によっては煩わしさやストレスを与えるものとなり、カップルが破綻する原因になることも考えられます。長続きするカップルは、相手のことを思いやるとともに長文で頻繁なやり取りは避けるのが大きな特徴といえます。自分の都合だけでダラダラとメッセージを送らないようにしながら、必要最低限度のやり取りを楽しむようにしましょう。