悪女な女性が持つ特徴!男性は悪女をどう思うの?

テレビドラマや映画ではさまざまな悪女が登場していますが、憎たらしく軽蔑すべき女性なのになぜか男性が惹かれる理由がわかるような気になることはないでしょうか。歴史を見ても富と権力、そして美貌を兼ね備えた悪女が活躍したことがわかります。特に同性には好かれることが少ない悪女ですが、男ウケすることは事実なので、その仕草や行動の特徴を知れば男性を虜にすることができるかもしれません。悪女の特徴やどうして悪女が男性にモテるのかについて考えてみましょう。

悪女と言われる女性が持つ17の特徴

①男性の前で態度が変わる

「同性の前と異性の前では、態度が全く異なる」、これくらいの悪女なら自分の周りにもいるという方が多いのではないのでしょうか。悪女という存在は、まず一般的な女性から毛嫌いされるタイプです。「男性はなぜわからないの?なぜ騙されるの?」と思いながら悶々としている女性は少なくないでしょう。女友達が少なく冷淡な性格なのに男性の前に出ると途端にか弱い女性に変身できるのが悪女です。

②同性に対してマウンティングをする

悪女は、男性に対してはいつもアプローチを考えているのでどちらかというと八方美人的なタイプとみられがちですが、同性の前では態度がガラリと変わります。女性からは基本的に好かれることがないので、女性にありがちなグループ行動もない一方で、同性に対してはマウンティングをして立ち位置を明確にします。影響力のあるお局様的な存在がいれば媚を売りますが、相手のことを自分より下とみるとぞんざいな扱いを平気ですることが多いです。

③ツンとした美人

悪女はターゲットとする男性を見つけても自分から媚を売ることはありません。わざとツンとすましてろくに笑顔を見せないことで、ほかの女性とは違うという雰囲気を醸し出して男性の気を引きます。自分の美貌やファッションセンスには自信があるため、ツンとした美人というイメージをキープしていれば、男性の方からしっぽをふってやってくると思っているのでしょう。

④自分の都合をとにかく優先する

悪女は高いプライドを持ち、自己中心的であることも大きな特徴となります。自分が絶対的な存在であるため、人の都合に合わせることがない一方で、自分の都合で予定を変更させることは平気でします。男性に対しても気分次第で行先やお店を変更することは当たり前で、振り回される男性をみて喜ぶ悪趣味なところもみられます。デートのドタキャンなども罪悪感などを覚えることもなくできるのが悪女です。

⑤抜群のスタイル

悪女は第一印象から男性を虜にする必要があるため、ファッションやボディメイクにも高い関心をもっています。スレンダーなボディが1つの武器となるため、毎日チェックしながら体重の増減がないように調整しています。そして、努力している姿を周囲に悟られることが嫌いなので一般的な人が通うジムなどには行かず、パーソナルトレーニングなどで体を磨き、そんな自分に満足しています。

⑥周りを下げる発言が多い

悪女はいつも自分が一番でなければ納得しません。人よりも優れているところがあれば特に問題はありませんが、それがない場合は周りを下げることによって自分を高めようとします。何人かでほかの人を褒める話をしていると、わざわざその中に入って話題の人物の悪評や噂を流して話題の中心から引きずり降ろそうとすることもよくあります。

⑦他人の旦那や恋人にボディタッチをする

悪女は他人のものを奪うのも大好きです。結婚していることや恋人として付き合っていることを知っていれば知っているほど、ちょっかいを出すことを楽しみます。奥さんや彼女がいる前であっても、平気で軽く男性にボディタッチをしてきます。男性がドキッとして慌てる姿やムッとした表情の奥さんや彼女の顔を見るのを楽しむのが悪女であり、面と向かってクレームを言われても無視するか笑ってごまかすことでしょう。

⑧周囲の批判を気にしない

悪女はいつも自分のことだけを考えて計算しながら行動しているので、自分の言動に対して周囲から批判があったとしても気にすることは全くありません。悪女と悪評が立つことに快感を覚えるところがあるため、周囲を見下す行為を繰り返して陰口をたたかれても痛みを感じることはないのです。自分がターゲットとする男性にどのように取り入るかが大切なので、周囲の批判を気にしている時間もないといえるでしょう。

⑨自分に自信を持っている

悪女は自己中心的でプライドが高く、いつも自分が世の中で1番だと思っています。人と群れることはほとんどありませんが、自慢場話は大好きなので人が話している途中であっても自分の話題で会話を乗っ取ることがよくあります。誰かが話題を提供したとしてもそれよりも自分の経験や趣味の方がいかに優れているか、自分が一番かを誇示するための会話にもっていくことも上手です。

⑩甘え上手で気分屋

男性に対しては一貫した態度で接することがほとんどなく、猫なで声でお願いごとをしたかと思うとすぐに豹変してツンケンしてその場を去っていくということもあります。気分にムラがあるため事前に約束していても「今日はそんな気分じゃないからキャンセル」などといって平気でドタキャンします。悪女は普通の女性とは違い、人のペースを乱して振り回すことから、そこに魅力を感じてハマってしまう男性もいるのでしょう。

⑪裏表が激しい

男性に対してはできれば全員からいい女だと思われたいので、男性の目の前で人の悪口や噂話などはしません。口数が少なく、甘えたりツンケンしたりして男性の気をひくものの、男性がいなくなった途端に同性に男性の悪口や評価を言うこともあります。また、サバサバした自立した女性というタイプなのに男性の前ではか弱くて誰かいないと倒れてしまいそうな女性を演じ、表と裏のギャップが激しいのも特徴といえるでしょう。

⑫男性を収入で選ぶ

悪女は経済的にも精神的にも満たされた生活を望みます。男性のタイプも一般的な女性がキャーキャー騒ぎたくなるイケメンではなく、収入が高くしっかりとした経済力を持っていることが第一の条件となります。どんなにルックスがよくてもお金を持っていないことが分かればなびくことはなく、次のターゲットを求めて狩りに出ていくことでしょう。逆に男性側からすると、経済力がなければ悪女に狙われることはないということになります。

⑬相手に合わせて自分のキャラを作る

悪女はさまざまな仮面を持っており、ターゲットとする複数の男性を弄ぶために何とおりものキャラに変身することが上手です。天然キャラ、妹キャラ、きれいなお姉さんキャラ、ドSキャラなど、相手に会わせてどんなキャラ設定も可能なので男性には喜ばれます。男性に気に入られることによってプレゼントを貢がせることについてもなんとも思っていないので、甘い声で平気でおねだりすることもできます。

⑭周囲に感謝の気持ちがない

自分に自信があり常に自分が一番、話題の中心にいないと我慢できない悪女は、周囲が自分のためにやってくれることでもやって当然と思っているので、感謝の気持ちを表すことはありません。「ありがとう」という言葉が一番悪女の発言に合わないと考えており、かわいくないと思われても気にすることもないでしょう。食事をご馳走されても車で送迎されても、全てが当然のことと思っているので感謝することはありません。

⑮噂話が好き

女性は一般的に男性に比べて噂話が好きであるとされています。しかし、悪女が好きな噂話はとてもえげつない人を傷つけるタイプのもので、通常の噂話のレベルを超えています。「ねえ、知ってた?」が口癖となっており、陰でコソコソと人の評価が下がるような話題を選んで噂話をすることを好みます。徐々に噂話が広がって、話題になっている人間の評価が下がり、自分の立ち位置がよくなることを狙って噂話をすることもあります。

⑯空気が読めない

一般的に男性にモテる女性は、場の空気を的確に読んで周りに気配りができるタイプでしょう。しかし、悪女は批判されることを承知で、全く空気を読まずに発言することがあります。「今、それを言ってはダメでしょう」と誰もが思うようなことを平気で口にして、1人笑い出し場の雰囲気をぶち壊しにすることもあります。女性としてだけでなく人間として呆れられることも多々ありますが、本人にはこたえていません。

⑰何に対しても否定的

悪女は自己中心的なので、自分から振った話題でなければ人の話題に興味を示すことがほとんどありません。それでも人が事実として話をしているときに、「それは違うと思うわ」と否定し、長々と持論を展開することはよくあります。「でも」「だって」「本当は」などが口癖であり、人の話が終わらないうちにかぶせ気味に否定から入って、自分の話を始めるのがお決まりです。

悪女を好む男性は2割程度!悪女が好きな理由とは?

イイ女に振り回されたい

一般的な男性であれば、優しくて思いやりのあるカワイイタイプの女性や周りにも気を遣うことができるしっかりとしたタイプの女性などを好むでしょう。最初から悪女を選ぶ男性はほとんどいないはずです。しかし、悪女に惹かれる男性も全体の2割程度はいるといわれています。悪女は見た目はスレンダーで美人、非の打ち所のないルックスであるため、自分のステイタスを上げるためにもいい女を連れたい、いい女のわがままに振り回されたいと思っているのでしょう。

自分に自信を持っている感じが好き

悪女は自己中心的で自分が一番、自分に自信を持っていることが大きな特徴です。周囲によく思われておらず、陰口を言われることがあることも理解していながら自分らしさを貫こうとする姿勢を崩しません。ある意味とても強い女性です。自立した女性、強い女性がタイプだという男性であれば、何を言われても自信を失わず初志貫徹する悪女ぶりに大きな魅力を感じているのかもしれません。

少しくらい悪い女の方が自分に正直で好感が持てる

性善説や性悪説など諸説ありますが、ほとんどの人間は元から善人で人のことばかり考えて生きているわけではありません。本音と建前をうまく使い分けることでなんとかバランスを取っているといえます。悪女には、人から悪く思われることをおそれることなく、自分が思ったまま、感じたままに行動するという面がみられます。ある意味、人の意見に左右されることなく自分に正直に生きているところがあるため、そこに好感をもつ男性もいるのでしょう。

悪女に学ぶモテるテクニック

自分の世界をもち流行を追わない

悪女は自分独自の世界を持っており、人からの批判を気にすることがありません。偏った考え方かもしれませんが、自分というものをしっかり持っているため、ファッションにおいても流行を追うことに一生懸命になることはないでしょう。ブランドであるというだけで飛びつくことがない代わりに、人が身につけていないちょっとまねのできないような服やアクセサリーなどを身につけることが好きです。

程良い露出

悪女は、ただ男性をたぶらかしてワンナイトラブを楽しむことが目的としているのではありません。したがって、露出度の高い服装で男性の目を引きたいわけでなく、センスのよい程良い露出でさりげなくアピールします。一般的に女性は、男性を前にするときの服装がカッチリしているか露出度が高いかの両極端になりやすいため、悪女の程よい露出の仕方は勉強になるのではないでしょうか。

上手な嘘をつく

悪女は眉毛ひとつ動かすことなく平気で上手な嘘をつくことができます。嘘をつくことによって男性に影響が及ぶようなレベルではなく、その場しのぎで重ねる小さな嘘が多くなります。相手に気づかれずに嘘をつくことが上手であるだけでなく、場合によって相手にもバレるような嘘をあえてつくことによって男性の関心を引くことに長けています。人を傷つけずに喜ばせる嘘のつき方は参考になるでしょう。

一人に執着しない態度

悪女が悪女と言われる所以の1つに、複数の男性を同時に弄ぶことができるという点があげられます。男性が二股や三股をかけるように、ドライに割り切って恋愛することができるので1人の男性に未練がましくすがりつくということがありません。また、自分が束縛されない代わりに男性も束縛しないので男性としても居心地がいいのでしょう。女性として悪女から男性の扱い方や恋愛を学ぶことも可能ではないでしょうか。

褒めて男性をコントロールする

一般的なカップルであれば、独占欲が強くなりすぎることもあって些細なことでケンカもよくします。一方、悪女は、1人の男性に執着しないので男性といる時間を楽しく過ごすことを重視します。自分が持ち上げられることに慣れているので、男性を褒めていい気持にさせることも上手で、手のひらで転がしながら上手にコントロールするテクニックにも長けています。

悪女に近づきたくないなら!悪女はこんなところで見分けられる

言葉遣い

恋愛に不慣れな男性だけでなく、経験豊富な男性を惑わせることができる悪女。知らない間に悪女に翻弄されていることに気づいて手遅れという男性も少なくありません。悪女に近づきたくないのであれば、言動をよく観察することが大切です。見分けるポイントの1つが言葉遣いです。キャラ設定やツンデレなどさまざまなテクニックを駆使して近づいてくる悪女の言葉遣いには裏表のギャップが激しいという特徴があります。

目つき

悪女の行動はほぼ計算しつくされたものであるといっても過言ではありません。男性に投げかける目つきにも独特なものがあります。少しうつむき加減にした角度から上目遣いで甘えるような目つきをしたり、振り向きざまに色っぽい目つきをしたりなど、さまざまなパターンを使い分けることができます。鏡を見ながら研究しつくされた結果なので、慣れていない男性なら目つきだけで落ちてしまうかもしれません。

人が見ていないときの行動

悪女は、シーンや相手によってキャラを変えることが可能であるとともに裏表が激しいという特徴があります。男性がいる場では笑顔を振りまいたり、逆にツンとして気取ってみたりと自分をつくりますが、誰も見ていないと判断すると巣の自分の顔が出て途端に不機嫌な表情になります。また、人前とそうでないときの行動にも大きなギャップがあるため、なるべくオフの状態の行動を見るようにすると惑わされることもないでしょう。

やけに愛想がいい

悪女のタイプにもよりますが、ターゲットと決めた男性にだけやたらと愛想よくすることがあります。誰にでもそんな表情なのかなと勘違いしてしまいそうですが、計算された作り笑顔であり騙されてはいけません。男性が見ていないときに同性である女性にどのような態度で接しているかを観察すれば、自分に対して無理して愛想よくしていることがわかるでしょう。

まとめ

同性の間では悪女ぶりが響き渡っていて、悪い噂しかないのになぜか男性にモテている女性が周りにいないでしょうか。いつも自分が一番で自分のことしか考えておらず、特に同性である女性に対しては友情を示すこともなく冷たくする悪女なのに惹かれる男性がいるのも事実です。悪女として受け入れられない存在ではあっても、その仕草や言動、恋愛に対する姿勢などにモテる女の条件が隠れているかもしれません。悪女のテクニックを盗んで、お目当ての男性を落としてみませんか。