むかつく女の特徴とは?むかつく女と言われないために気をつけること

むかつく女に困っていませんか?自分勝手な行動や、空気の読めない発言をする女性は、いろいろな人から嫌われてしまいがち。そんなむかつく女とは、どうやって付き合えば良いのでしょうか?

そこで今回は、恋愛コンサルタントのAnnalieseさんのお話をもとに、むかつく女の特徴や対処法などについてまとめました。むかつく女と言われないようにするための注意点についてもお伝えしているので、参考になさってくださいね。

むかつく女の特徴


むかつく女は、いろいろな人に不快感を与えがち。そんな反感を買ってしまいがちなむかつく女には、共通点があります。この特徴を把握すれば、むかつく女を見極めるときに役立つでしょう。

そこで、むかつく女の特徴についてまとめました。

何に対しても否定的

遊びの約束をするときや、楽しいアイディアを提案をしたときに、否定をしたり、文句ばかり言ってきたりする人は、むかつく女と言えるでしょう。何に対しても否定的な人は、物事の悪い側面にとらわれがち。そのため保守的で、新しいものを受け入れることができない傾向があります。

この傾向は、自分とは異なる価値観や考え方を受け入れられないという心理が働いたもの。そのため、自分の考えとは少しでも違うアイディアや計画には、文句をつけたくなるのです。

どんなことにも否定的な人は、一緒にいると疲れてしまうもの。否定してくる女は、むかつく女の特徴と言えるでしょう。

男好き


男好きな女は、とっても厄介。男性の前ではコロッと態度を変え、猫なで声になるなどする女性は、少なくありません。それにもかかわらず、男性は男好きな女の態度が豹変していることに気づかないことがあります。女性の本性に気づかず、楽しそうに話しているところを見るとむかつくと感じる女性は、決して少なくありません。

また、男好きな女性は、コンパなどへ一緒に行くと、さらに面倒なことになりがち。男性を自分のものにしようと、手段を選ばないことも少なくありません。空気を読まない発言をしたり、男性に近づくために友達の悪口を言ったりと、周りの人に不快感を与えていることなどまったく気にしないのです。

そうして男好きな女は女友達から反感を買ってしまうので、むかつく女の特徴に含めることができると言えるでしょう。

むかつく女がしがちな言動


「話していると、なんだかイライラしてしまう……」と感じる人がいる場合、相手はむかつく女なのかもしれません。相手の言動が、これからお伝えしている特徴に当てはまる場合は、付き合い方を見直したほうがいいかも……。さっそく、むかつく女がしがちな言動について見てみましょう。

自慢話が多い

むかつく女には、自己中心的なタイプが多いもの。周りのことを気にせず、「自分だけが注目を浴びていないと嫌」と考える傾向が見受けられます。この心理は、過剰なまでに自分の良さや、得意なことをアピールしたいという気持ちにつながるので、自慢話が多くなるのです。

周りの人に、自分の長所をアピールする人には、自信がないタイプが多いもの。誰かから褒められたり、認められたりしないと、自分に価値を見出せないのです。

そのため、必要以上に「自分のことをアピールしたい」「もっともっと認めてもらいたい」と考えがち。そんな言動こそが、むかつくという評価につながってしまうのです。

言い訳が多い


むかつく女は、時間や約束にルーズな傾向があります。待ち合わせなどに遅れた場合なども、悪いと思っていないことが多く、言い訳ばかりしてくるもの。言い訳をするのは、「自分を守るため」という意図が見え見えで、聞いているだけでうんざりしてしまうという人も少なくありません。

また、自分を守りたいという気持ちから、嘘をつくこともあるでしょう。その割には、周りの人の些細なミスや間違いなどを責め立てる傾向があります。自分のことを棚に上げて、人のことばかり責める態度から、嫌われ者になってしまう人も少なくありません。

言い訳が多いという特徴からも、むかつく女には、自己中心的で自分のことしか考えていないといった心理が浮かび上がってくるのです。

むかつく女への対処法


むかつく女は自己中なことも多く、空気が読めない人も少なくありません。そのため、どんな風に付き合えばいいのかと悩んでしまう人もいます。そこで、むかつく女にはどのような対処をすれば良いのかという点について、紹介します。

間違いを指摘する

自分が間違っていることを、誰にも指摘されずに生きてきた女性は、意外と多いもの。そのため、無意識のうちに周囲の人をむかつかせていることもあります。この場合、言葉でしっかりと伝えることで、自分の間違いに気づけば、むかつく態度が直っていくというケースも珍しくありません。

むかつく女の間違いを指摘する際には、ある程度ハッキリとした言い方で伝える必要があります。なぜなら、むかつく女は自己中心的なタイプであったり、空気が読めなかったりということが少なくないからです。遠回しに伝えようとしてもちゃんと意図が伝わらないことがあり、間違いに気づかないこともあるのです。

そのため、最初にやんわりと言ってみて意味がわかっていそうになければ、ハッキリと伝えましょう。

距離を置く


むかつく女と一緒にいると、あなたの疲れやイライラが溜まっていく一方です。なので、むかつく女と関わる必要がない場合には、距離を置くことも大事。関わらないようにすることで、むやみに疲れたり、イライラしたりすることもなくなるでしょう。

また、距離を置くことで、むかつく女は、「自分が何か悪いことをしたのかもしれない……」と思うこともあります。自分の行いを振り返るきっかけになるかもしれないので、時には距離を置く方法も効果的なのです。

自分がむかつく女にならないために気をつけること


あなたが「むかつく女には近づきたくない」と思っている一方で、周りの人は、そんなあなたに不快感を覚えているかもしれません。その苛立ちが積み重なって、むかつく女と言われないよう、注意点をまとめましたので、参考になさってください。

相手の立場になって考える

むかつく女は、相手の立場になって行動することが苦手。なので、自己中な言動をして、周りからむかつかれるのです。相手のことを考えていないことが、むかつく女と言われる原因であることから、相手の気持ちを察するように心がけると良いでしょう。

「これをされたら相手はどう感じるだろう」「こんな風に言われたら、自分が相手の立場ならどう思うか」ということを考えて、行動することが大事です。

マナーやモラルを守る


むかつく女は、マナーやモラルを守れていないために、度が過ぎて周りをむかつかせていることが多々あります。それを避けるためにも、最低限の常識は心得ておくことが大切です。このようなマナーやモラルは、普通に日常を送っていると自然に身につくことが多いもの。

ですが、むかつく女は空気を読めないことが多いので、マナーやモラルに気づいていないケースも珍しくありません。そのため、場違いなことを言ってしまったり、雰囲気を壊したりすることが多い人は、常識的な態度がとれるように注意しましょう。

まとめ

むかつく女は、自分のことを第一に考える自己中なタイプが多く、空気が読めないことが珍しくありません。そういった性格から、何に対しても否定的だったり、周囲の人への迷惑を考えず、自分の好きな男性に猛アピールしたりすることにつながるのです。

今回お伝えした対処法をうまく使いながら、むかつく女と言われないように注意すれば、より良い人間関係が築けるはず。そうして、毎日をより快適なものにしてくださいね。