男性

男くさい臭いを消す方法!これであなたの彼氏もサワヤカ男子

男くさい臭いというのはなかなかに特徴的で、一度染みついてしまうと臭いを消すのにかなり苦戦します。この臭いは自分自身では気がつかないことが多いので、他の人に指摘されて初めて意識するという人も多いでしょう。しかし、「○○さん臭い」と言われるのはめちゃくちゃダメージが大きいのも実状です。今回はこの男くさい独特な臭いをどうにかするテクニックや、不快に思う男くさい臭いについて解説いたします。

90%以上の女性が男性のニオイをくさいと思ったことがある!


日本人男性に盛大なるダメージを与える記事やデータが一昔前に露見したことで一時期大騒ぎになったことがあります。その内容を簡単に説明してしまうと「90%以上の女性が男性のニオイをくさいと感じたことがある」という悲しい現実です。自分の体臭は自分ではわかりにくいものですが、実は周りの人たちからすると感じ取れるほどの悪臭になっているケースが多々あります。

男性用化粧品メーカーとして有名な「マンダム」が臭気判定士の国家資格を取得した人を使って調査した結果、このような数字が出てしまっているので変えようのない事実でありどうにかしなえればいけない現実となっています。男性の9割以上が職場や学校といった日常的な状況で臭いを感じ取れてしまうレベルになってしまっているという現実をまずは直視してください。

女性が不快に思う男くさい臭い5選

それではさらに具体的に、悪臭を発してしまう瞬間及び状況について、詳しく解説いたします。女性が不快に思う男くさい臭いを5つほど記載いたしますので、ここに紹介する状況及び瞬間の臭いに気をつけてください。

口臭

臭いで最もトラブルになりやすいのが口臭です。しかし、ある程度気をつけることで回避できるのも口臭なのでブレスケアには本当に警戒してください。あまりにも無頓着の人が多すぎるので、多くの女性陣からは非難囂々となっております。それでも面と向かって「○○さん口臭ひどいです」と指摘できる人はほとんどいないので、ひどいまま放置されているのが実状です。

性悪説とまでは言いませんが、基本的に口臭はひどいことになっているという考え方を持ってブレスケアをする意識を強く持ってください。「自分の口臭は歯をしっかり磨いているから大丈夫」とか「虫歯はないから大丈夫」といった変な理論武装はしないで、実は周りの人たちに迷惑をかけているかもしれないという考え方で動きましょう。

皮脂の臭い


加齢臭とは違う男くさい臭いを放ちやすいのが、実は皮脂の臭いです。これはかなり気がつきにくいのですが、30代男性の独特な臭いはこの皮脂の臭いが原因であることがかなり多くトラブルになりやすいです。若いうちの皮脂はそこまで臭いが強烈ではないのですが、30代からは皮脂が酸化してベラルゴン酸といった脂肪酸になってしまうのが原因なのです。体臭の臭いは皮脂から発生することが多いのですが、酸化しやすい状況にある人は注意してください。

汗の臭い


現代日本人にとって最も辛いのは汗が大量に出る夏の時期です。皮脂が酸化して悪臭が出やすい状況に、アンドロステノンという物質が汗に混じってしまうことでさらに悪臭が強くなりますので、夏場はとにかく臭いが強烈になります。汗臭い男性を魅力的に感じるという女性も多少は存在していますが、基本的には汗臭い人は嫌われる人なので汗が出る時期や汗が出やすい環境は臭いを抑える努力が必要になります。

職場によっては肉体労働が主体で太陽にじりじりと焼かれながらの作業が多くなる人もいるでしょう。そんな人は汗の臭いが悪化しないように色々とケアをしておく必要があります。汗臭いが苦手という女性は本当に多く、汗をかいて頑張っている姿は好きだけど臭いは嫌いだから遠くから見ていると幸せになるという残酷な回答をしている女性も多々います。汗そのものはそこまで悪臭を発することはないのですが、汗を放置することで皮膚表面の汚れや皮脂と混ざって細菌が繁殖増殖するようになるのです。しっかりと汗のケアは行いましょう。

加齢臭

50代に突入することで背中や胸から発生する加齢臭はかなり強烈です。これを化学的に検証すると、不飽和アルデヒドの一種であるノネナールという体臭成分が出てしまうようになるのが原因となっております。老化が進むことで皮脂の中にある過酸化脂質の量がどんどん多くなり、皮膚に住んでいる悪さをしないはずの常在菌が次々と分解されるようになってしまい大衆が悪化するのです。

タバコの臭い


嫌いな臭いは何かという質問をされたときに、最上位には来なくても必ずランクインしてくるのがタバコの臭いです。タバコの臭いに慣れている男性は悪臭とは全く感じないでしょうが、慣れていない人にとっては嫌な臭いと感じるようになってしまいます。タバコの臭いに慣れていない人にとって、タバコの臭いを何かにたとえると「リンゴや柿が腐ってしまった時に発する強烈な臭い」と答える人がいます。

実際に、タバコの煙には色々と有名なタールやニコチン以外にビニルピリジンやアセトアルデヒドや硫化水素といった悪臭の原因となる成分がふんだんに含まれているので、臭いと言われてしまうのもしょうが無いのです。このタバコの煙の臭いというのは髪の毛や服にもくっつきやすい性質があり、自然には消えない臭いとして長い間のこり続けます。静電気が生じやすい季節は大量に吸着するのでタバコの嫌な臭いが身体にやたらと染みつくのです。

彼氏の男くさい臭いを消す方法

悪臭をどうにかしたいという人はある程度の対策で8割程度は封じることが出来ます。ここではその対策について具体的に紹介していきますので、気にしている方は実戦していきましょう。

お肉を控えるなど食生活の改善

皮脂が酸化しやすい状況が続けば続くほど体臭は悪化します。この酸化しやすい状況を作ってしまう条件が、抗酸化物質を減らすことと酸化させる作用が多い肉類や脂が中心の食事が多いことでしょう。また肉を食べることでタンパク質が蓄積されると、タンパク質の消費にはかなりのエネルギーを使うようになるので、汗が出やすくなりそれが体臭に繋がってしまうパターンもあります。また、唐揚げといった油を大量に摂取する肉料理は皮脂分泌が過剰になる原因なので、体臭がやはり悪化するでしょう。あとは、肉そのものが悪玉菌のエサになりやすいのも原因です。

睡眠時間の確保

肉体的なストレスや精神的なストレスが溜まりすぎるとそれだけアンモニア臭に近い汗が出るようになるので体臭が悪化します。スポーツのようなすっきりとする汗ならばいいのですが、睡眠不足などのストレスがかかりすぎる環境にいる人の汗はただ単に不快になるだけなのです。深い睡眠はストレスを軽減してくれる作用がありますので、しっかりとリラックスできる環境を整えて眠る必要があります。睡眠中に良く分泌される成長ホルモンも悪臭予防に役立ちます。

禁煙


タバコが悪臭の原因になってしまうのは避けられない事実なので、タバコそのものをやめることが出来れば悪臭予防になるでしょう。たばこの煙は服や髪の毛にしみこみやすいので、しっかりと禁煙するだけで一気に臭いが改善されるようになります。

日常的に体を動かす

先ほど説明したように、ストレスが溜まりすぎている状態になると悪臭が出やすくなるのが人間なので、運動といったストレス解消が出来る要素を取り入れることが悪臭対策になるのです。また、有酸素運動を実行すれば体内でスーパーオキサイド・ジスムターゼといった活性酸素を無害化できる酵素が活性化してくれますので、悪臭予防となってくれます。

サプリやヨーグルトなどで腸内環境を整える

腸内環境が悪化して悪玉菌だけが増殖しているような状況にある人は体臭もかなり悪化します。特に便秘がひどいという方は発酵ガスが体内を巡るようになるので、皮脂や汗の臭いが強烈になってしまうのです。いわゆる便秘臭というものなのですが、実際に存在しているので便秘対策や腸内環境対策は必須になっています。

毎朝シャワーを浴びる


抜本的な改革にはなっていませんが、短期的な改善方法として毎朝シャワーを浴びるというのはやはり有効でしょう。しっかりと悪臭を取り払うことが出来ますので、寝汗がひどいという人でも効果的な方法となっております。人間は寝ている時にどうしても汗をかく生き物ですので、その臭いを消すことも重要なのです。

デオドラント用品をプレゼントする

これも抜本的な改革にはなっていませんが、体臭がきついという方はデオドラント用品といったいい匂いがするアイテムを使って解消してしまうのも有効です。食生活や睡眠環境及び毎日の運動習慣などは実感できるまで時間がかかりますので、今すぐにでもどうにかしたいという方はデオドラント用品を駆使してください。

まとめ

男性の体臭悪化は老化が進めば進むほどひどくなります。今は大丈夫と考えている人も実は周りの人たちに指摘されないだけで、かなりひどい状況になっているという人もいるでしょう。しかし、体臭の悪化を周りの人たちに注意されるのも非常に恥ずかしいので、自分で出来ることは率先して取り入れてきましょう。