右手の薬指に指輪をするのは恋人がいるから?右手薬指の指輪の意味とは

恋人との間に指輪を交換するというのはいろんな意味がありますが、どの指にするのかでも意味が変わってきますし、聡い人は指輪をしてもらった位置によって自分がどのように思われているのかを察することが出来るでしょう。今回は右手の薬指に指輪をする意味について再確認し、右手の指輪の意味や右手の薬指の指輪の意味を察する基準についても考えて行きます。

右手の薬指に指輪をする意味とは?


それではまずは、右手の薬指に指輪をするということは何を意味しているのか、改めて考えて行きましょう。なんとなく理解しているという人は、この部分を読んで改めて理路整然と説明できる知識に変換していただきたいです。

恋人からのプレゼント

基本的に恋人からもらった指輪やペアリングを装着する指は右手の薬指であることが多いです。つまり、右手の薬指というのは恋人からもらったプレゼントとして使われる部位と言うことになります。この考え方は多くの方々に受け入れられており、基本的には「右手の薬指にする指輪=恋人からもらったもの」という図式が成り立つようです。ただしすべての人たちに当てはまるものではないので、当てはまる確率が高めの一般的な理論として受け入れてください。

友達とお揃い

「右手の薬指にする指輪=恋人からもらったもの」という考え方が100%当てはまるわけではありません。恋人からもらったプレゼントとしてつけている人も当然いますが、あくまで友達とおそろい、いわゆるファッション感覚として身につけている人もいるのです。要するにペアルックとして使われるパターンも存在していると考えましょう。少数意見ではありますが、友達とお揃いにすることにこだわりを持っている人もいるのであり得る意見なのです。

自分で購入したファッションリング


また、指輪というのはあくまでもファッションの一つであるという考え方が強い人もいますので、特に深い意味は無く身につけている人もいます。そんな人は派手な装飾がついているパターンもありますが、ただ単にかっこいいからつけているというパターンもありますので見た目だけでは判断できないでしょう。恋人からもらったからつけているという人もいますが、このようになんとなくファッションとしてつけたくなったからつけるという人もいるという考え方を持ってください。

ナンパよけ

右手の薬指に指輪をすると、多くの方々は恋人からもらった指輪であると理解してくれるので、恋人よけとして使っている人もいます。ひとり暮らしや一人での生活を満喫している人にとって、よってくる異性は邪魔者としか感じないこともありますので、ある意味虫除けスプレーのような扱い方をしているのでしょう。モテている人の回避方法ではありますが、モテない位置にいる人から見れば、ある意味で許すことの出来ない行動にも見えます。

気に入った指輪が薬指にちょうどいいサイズだった

また、指輪にはファッション性が強い物もありますので、とりあえず気に入ったから購入したけどサイズは全く気にしていなかったというパターンもあります。この場合、ちょうどいい指がどこに該当するのかを手当たり次第探すことになるのですが、それでたまたま右手の薬指に該当してしまったというパターンもあるのです。あまりにも場当たり的ではありますが可能性としてはあり得ますので、選択肢の一つとして入れておきましょう。

風水や占いのラッキーアイテムだった


指輪をする意味というのはある意味で占いめいたものがありますが、封水や占いにおいても指輪というアイテムが登場する回数は高いです。そのため、たまたまそれらのラッキーアイテムが指輪でたまたまその指輪が右手の薬指にジャストフィットしてしまうというパターンもあるでしょう。現代人は神様とか占いとかを信じない人が圧倒的に多いので、日本ではあまり見かけない光景ですが、わらにもすがる思いがあるという状況の人には心のよりどころとして機能しているのもまた事実なのです。

恋人にもらった指輪をみんなどの指にする?

恋人にもらった指輪というのは扱いに困ってしまう物ですが、ある程度の習慣や風習に則った行動をするのが基本となっていますので、現代日本における風習や習慣がどうなっているのかを探るのも重要になってきます。はたして、大衆はどのようにこの指輪を扱うのでしょうか。

女性の第1位は「右手薬指」


基本的に女性にとって恋人からもらった指輪をする定位置は右手の薬指です。これはマイナビウーマンにて2017年2月に集めたWebアンケートの結果によるものなので、かなり精度の高いデータと言えるでしょう。そのデータを見ると、恋人にもらった指輪をどの位置にするのかという質問の回答が52%が右手薬指だったので、基本はこの位置に装着すると考えてください。ちなみに2位は左手の薬指で34%となっております。

男性の第1位は「左手薬指」。「右手薬指」は第2位

先ほどの集計データには男性側のデータももちろん記載されていました、そちらを見てみると、恋人からもらった指輪は左手の薬指に装着するという割合が一番多かったのです。次点が右手薬指であり、結構意見が割れています。先ほどの女性の評価結果では52%が右手の薬指で34%が左手の薬指だったのですが、男性は左手の薬指が36%で右手薬指が34%でした。非常に僅差でありこの程度はもはや誤差の範囲内と言えるでしょう。このようにかなりきわどい勝負なので女性視点で男性の指輪の位置を探る場合は注意深く観察した方がいいでしょう。

右手の薬指の指輪の意味を察する基準

このように右手の薬指に指輪をする理由は様々なので、ある程度の憶測と推測を交えながら予想をする必要があります。ここでは憶測と推測をするために必要となる前提条件の知識と基準について記載していきます。

恋人がいるとは限らない:デザインが派手


恋人がいるかどうか限らないという考え方に至るための一つの基準は、その指輪がファッションで身につけているのかどうかというシンプルな思考です。そのファッションかどうかを見極める基準の一つとなるのが派手さでしょう。できる限りシンプルかつ高級な物を身につけているという人は逆に恋人から送られてきたものと推測できますが、ものすごく派手で自己主張が激しい指輪だった場合は、恋人から送られてきたものではないという予測が出来ます。

恋人がいるとは限らない:毎日は付けていない

また、恋人から贈られてきた指輪だった場合、毎日装着することが圧倒的に多いのですが、あくまでもファッション感覚で身につけているものだった場合はその日の気分やそのときの服装次第で身につけないパターンもあるでしょう。自分の自由意志でつけ外ししているような状態であることを確認できれば、それは恋人からもらったエンゲージリングではないと推測できます。

恋人がいるとは限らない:複数の指輪を日によって変えている場合は

右手の薬指にいつも違う指輪をつけているという人はまさにファッション感覚や異性よけのために身につけている可能性が高いです。恋人からもらった指輪ならば大切にするために、ころころと変える必要はありませんし毎日同じ指輪を装着することになるのですが、日替わりのように変えているひとはそのような気持ちも兆しもありません。

恋人がいる可能性が高い:シンプルなデザインなら


ファッション性が高い指輪を装着していることが、恋人からもらった指輪ではないという確率を高めるのなら、逆にファッション性がなくシンプルで高級感があるという指輪だった場合は恋人がいる可能性は高いと言えます。しかも、毎日同じようなシンプルな指輪をつけている人がいた場合は、高確率で恋人からもらった指輪だと考えてください。

恋人がいる可能性が高い:飲み会の時だけ付けているのなら

これは恋人がいるのに絡まれたくないという意味で飲み会の時だけつけているというパターンと、恋人はいないけど絡まれたくないので飲み会の時だけつけているというパターンがあります。このケースはちょっと読みにくいのですが、どちらにしろ異性に絡まれたくない意思表示だと理解した方がいいです。下手に絡むと嫌われます。

右手の指輪の意味を知るためには

右手の指輪はある程度の推測や憶測でどのような意味を持ったものなのかわかりますが、結局は推測と憶測なので真実に近いかどうかはわかりません。この真実かどうかを探るためには危険は承知で懐に飛び込む勇気が必要になります。ここではその懐に飛び込むための手法を確認して行きましょう。

指輪を褒めてから値段を聞く


できる限り穏便に接触したいという場合には、状況をコントロールする必要があります。その方法として的確なのが指輪の造形などを褒めてから値段を聞くというよくある手法です。しかし、話術に優れていないと探っていることがバレてしまいますので、ある程度は仲が良くなってそのようなことを質問してもおかしくない状況を作った方がいいでしょう。聡い人は自分に好意を持っているということを理解してしまいますが、あまりにも探るような行動をすると胡乱げに見られて後の付き合いが面倒になってしまいますのでほどほどにしましょう。

ストレートに恋人からのプレゼントか聞く

むしろ、もっと仲が良くなった人は変に湾曲して質問をする必要はありません。ストレートにその指輪はどうしたのか、誰かにもらった代物なのかを確認すればいいでしょう。大親友と言えるような仲ならば、指輪の存在意義よりもストレートに恋人がいるのかどうかを聞いた方がいいかもしれません。これはあんまり仲が良くない人にはあまり使えない手法となっていますが、片思いでやきもきし続けるのが辛いという方は思い切って聞いてしまうというパターンもありえます。

指輪ははめる指によって意味が違うって本当?と尋ねてみる

指輪をはめる指によって意味が違うというのは調べればわかることなのですが、指輪の話題になればなるほど相手が装着している指輪の情報が入手しやすくなるので、話題の一種として振ってみるのも有効です。探るのが苦手で胡乱な目で見られてしまうのが怖いという方は、この「指輪ははめる指によって意味が違うって本当?」と尋ねるのはかなり便利なテクニックとなります。

結婚してるの?と左手と勘違いした風に聞く

左手の薬指に装着する指輪というのはエンゲージリングとしての意味が強いのですが、この認識を勘違いした状態で自然と聞くというテクニックもかなり重要です。あくまでも勘違いをしているという体を示せれば怪しまれることなく情報を手に入れることが出来ます。

まとめ

指輪の装着の意味ははっきり言って本人に意識次第のところがありますので、どのような意味を持って装着しているのかは本人確認しないとわからない部分が多いのです。いくら推測していたとしても全部はずれているというパターンもありますので、話術やテクニックでそれとなく聞いてみる度胸を持つことが最もシンプルかつ有効な方法となってきます。