若い女性を好きになる男性の心理とは?若い女性・大人の女性それぞれの魅力

若い女性を好きになる男性はかなり多いのですが、これは優遇されるポイントが存在していますし、ちょっとした深層心理が働いているのです。最近は草食系を通り越して絶食系男子も誕生していますが、それでもまだまだ異性に対して積極的な人たちは存在しています。今回はそんな男性心理を深く解説し、どうして若い女性を男性は選ぶようになっているのか、大人の女性を好きになる男性はどのような理由で好きになるのかを解説いたします。

男女で違う「好きになる瞬間」!異性を好きになる瞬間と心理を解説

男性の約4割が彼女を「年齢」で選んでいる!


これらの数値というのはかなり気にしている人が多く、男性の約4割が彼女を「年齢」で選んでいるというアンケート集計結果も存在しております。それ以外にも、結婚年齢については8割以上の方が意識しているという結果もありますし、男性だけに搾った場合女性の年齢を結婚の重要ポイントにあげているのかどうかという質問に対する答えが半分程度がイエスと答えているというデータもあるのです。

要するに、お付き合いする相手も年齢によって考えることも多く、その一歩先に進んで結婚を考えるときにも相手の年齢を非常に気にしているということが言えます。100%ではないというのはうれしいことかもしれませんが、年齢という壁がある程度できあがっているのも事実なので、年齢次第で足きりされてしまいスタートラインにすら立てなくなるパターンもあるという現実を見据えてください。

男性は本能で若い女性を選ぶ

男性は本能レベルでついつい若い女性を選ぶように出来ております、これはずっと昔の狩猟民族として生きてきたときの本能なのでしょうが、自分の子供や遺伝子を残す上でふさわしい相手、つまり子供を産みやすい相手として若い女性を本能で選んでいると言うことです。もちろん、現代日本は草食系男子や絶食系男子といった本能からはかけ離れた位置にいる男性も圧倒的に増えたので、この野性味あふれた獣のような男性本能が出ない人も比例して増えているのですが先ほど提示した年齢で選んでしまう男性は本能が働いていると考えてください。

要するに、男性ホルモンが強くムキムキで非常に男臭い男性は本能や遺伝子が強く働いているのでこの若い女性を選んでしまうという意識もついつい出てしまうとも言えるのです。逆に線が細く見た目からも男性らしさがかけらも感じないような人ならば、本能や遺伝子とは逆行している状態にありますので、年齢で見られることは少ないと言えるかもしれません。見た目に反して男臭い男性もいるので、すべての人たちに当てはまるわけではありませんが、簡易的な見分け方の一つとしては有効な手法でしょう。

若い女性が優遇されているポイント

それでは具体的に若い女性が優遇されている現実社会のポイントを洗い出してみましょう。なんとなくそんな待遇をされたことがあるという人は、若い女性だからこそ優遇されている可能性があると言うことです。

20代限定のお見合いパーティがある


この若い女性の方がモテルという現実は社会的にもほとんどしっかりと認知されている状況なので、20代限定のお見合いパーティといったある意味で区別された空間すら用意されてしまいます。もちろん、これが悪いこととは言えませんが、このように年齢による壁や年齢による区別というものがはっきりと見える瞬間でもありますので、この壁に阻まれてしまうことで嫌になってしまうことすらあるでしょう。もちろん、お見合いの場はこれ以外にも大量にありますが、年齢による壁が存在しているということは忘れないでください。

合コンなどで若い女性の方が優遇される

合コンといった場所はやっぱり若い女性の方が優遇されます。平均年齢が高い場所ならば状況も流動的になりますが、やっぱり合コンは若い女性の方がモテてしまうのです。先に説明しましたが、男性は本能レベルで若い女性を求めるようになります。この合コンの場所にいるという方は、なんとかして異性をゲットしたいというある意味で本能が強い方々なので、その本能に琴線に触れるような方々に熱心にアプローチするのも必然なのです。どうすることも出来ない壁なので、この壁が嫌ならば合コンという場所からは遠ざかった方がいいでしょう。

仕事も優遇される事が多い

これは職場環境によりますが、若い女性と目上の女性が同時期に入ってきて能力的に同じだった場合はやはり若い女性の方が優遇されるケースが多いです。いわゆる、若い人の方が吸収効率が高いので教え甲斐があると考える人が多いため、このような扱いになってしまいます。もちろん、能力が高い30代と新人に近い20代ならば前者の方が頼りにされてしまいますが、すべてが対等で年齢だけが違うという状況になると若い人が優先されると考えた方がいいでしょう。

実際に、転職するときもこの年齢の壁が如実に出ます。30歳までとか35歳までといった壁が必ず用意されているので、その壁を越えてしまった人というのはスタートラインに立つことすら出来ない状況になっているのです。もちろん、すべての企業が層であるとは言えませんが、この壁に泣かされてうまく就職できずに苦しんでいる人もいるという現実は知っておいてもらいたいです。

若い女性を好きになる男性の深層心理

若い女性を好きになる男性の深層心理をここでは解説していきます。これを見ることで「このようなことを考えているのか」とか「このような心理で動いているのか」といった納得できるでしょう。しかし、納得できたところでそれを許容できるかどうかはその人次第になってきます。

肌がピチピチしている女性が好き


とにかく男性は肌がぴちぴちしている女性が好きです。若さの象徴はいろんな部分がありますが、いくつかごまかすことが出来るでしょう。特に顔はメイクで一気に若返らせることが出来ますので、判断基準にならないことすらあります。しかし、絶対的にごまかすことが出来ないのが肌なのです。全身の肌をごまかすことは不可能なので、みずみずしい肌を見るとどうしても若さが際立ってしまいます。

若い女性の方が年収が低いので優位に立てる

また、男性というのは自分を上位に置きたいという意識が非常に強いので、比較対象として蕎麦に居続ける女性よりも優位に立ちたいという本能がかなりで安いです。その比較の仕方として最もわかりやすいのが年収でしょう。若い女性の方が年収が少なめなので、自分が優位に立てるというメリットを活かしたいのです。

出産を考えると若いに越したことはない


また、出産を考えると高齢出差になればなるほどリスクが高まりますので、できる限り若い女性とくっつきたいという心理が働くのもわかります。これは本能と言うよりも自分たちの将来設計を踏まえた上での計算及び打算でしょう。考え抜いた上での結論だった場合、それを覆すことが出来る理論が用意されていないと打破できません。

同世代の男性に羨ましがられる

また、年下の女性を彼女にいるというのはそれだけでひいき目に見てもうらやましがられることがあります。もちろん、周りの人の反応もそれぞれなので特に反応しない人もいるでしょうが、相対的に見たらやはりうらやましがられる方が多いでしょう。

若い女性の方がスタイルが良い


また、人間の身体は20代を超えてからは基礎代謝が低下して筋肉量も低下しやすくなりますので体型の維持が困難になります。そのため、若い女性の方が良いスタイルを維持しやすいのです。スタイルがいい女性というのはそばにいるだけで大きなメリットになるので、それだけでプラスの材料として判断してくれます。

無邪気な所が可愛い

また、年下の人と一緒にいるとそれだけ無邪気な反応が返ってくることも多く、自分も若返った気分になりますのでメンタル的にもうれしくなってきます。いわゆる「無邪気なところが可愛い」というやつなのですが、それだけで年下と付き合いたいと考える人も多いのです。

新しい価値観を教えてくれる

また、年齢差はジェネレーションギャップを生みますが、そのギャップは新たな価値観を与えてくれる重要な要素となりますので、ギャップをプラス要素に転換できる人ほど年下を求めるようになります。

大人の女性を好きになる男性


大人の女性を好きになる男性だって世の中には多くいます。むしろ草食系男子は年上の女性と付き合って結婚することが多いので、今の日本男性のあり方を見るとそちらの割合が多くなっているといえるでしょう。

知識が豊富で一緒にいて楽しい

女性の社会進出によって、仕事が出来るバリバリのキャリアウーマンもかなり増えました。仕事が出来る女性は知識が豊富で一緒にいて楽しい人も多いのです。これは人生経験がものを言う部分も多いので、知識の豊富さを求めている人は年上が好みになるパターンが多々あります。

結婚後に大きく劣化する事が少ない


また、大人の女性が好きになる人というのは結婚後に大きく劣化することが少ないというメリットもあるのです。若い女性の見た目にのみこだわっている人は10年もあれば瞬く間に失われますが、そこまで年齢にこだわっていない人ならばダメージは一気に少なくなります。

年齢を重ねても美人なのは本物の美人

また、年齢を重ねても努力を重ねている人は本当に美しいです。年齢を重ねても美人なのは本物の美人なので、その美しさに惹かれる人もかなり多くいます。これはなかなかたどり着けない領域なので、一握りといえるでしょう。

落ち着きがあるので癒してくれる

落ち着きがある女性が多いのはやっぱり人生経験豊富な年上です。この落ち着きや母性を求めている人はやっぱり年上の人を求めるようになります。一昔前まで女性が男性に求めていたものを、男性が女性に求めるようになったと考えましょう。

収入がしっかりとあるので経済的な負担が少ない

そして、仕事をしっかりしている女性というのは必然的に収入がしっかりしているので、結婚をした後の経済的な負担や不安が非常に少なく、結婚をする上でのデメリットも必然的に少なくなります。若い女性というのは可能性の固まりではありますが、逆に言えばその可能性を開花させずに終わってしまう可能性がありますので、ある程度開花している人と一緒になった方が危険は少ないと言えます。

まとめ

年上を求める人も年下を求める人も、それなりの理由があるのですがこの流れは社会の流れに大きく関わっていますので10年後や20年後にはまた意見が変わってくるでしょう。2018年現在では年上女性に引かれている男性が増えてきているという数字が出ていますが、将来がどうなるのかはまだわかりません。はっきり言えることは、自分を磨いておけば損はないので、女性磨きをしっかりとこなしていきましょう。