寝取るとは?「略奪女子」の特徴や略奪女子から彼を守る方法

寝取るというワードは若い人たちならば一発で何を意味しているのかがわかります。この寝取るという言葉を好んで使い、実生活にすら取り入れている人も悲しいことに現代日本にはいるのです。しかし、これは、昔からある事柄なので実は珍しいことではありません。今回はこの寝取るとはどういう意味なのかを解説し、略奪女子の特徴を紹介いたします。

寝取るとは?


寝取るとは一体どのような意味があるのか、その意味から先に解説していきましょう。ちょっとだけ説明すると、あまりよい意味ではないので注意してください。親しくない人との会話では使わない方がいいでしょう。

略奪愛と近い意味合い

寝取るとは他人の恋人や配偶者を自分のものとする行為です。要するに略奪愛に近いものとなります。不倫や浮気という言葉に嫌悪感を覚えるような人ならば、この言葉は使わない方がいいでしょう。意味だけ覚えておけば十分です。ただし、この寝取るというのは浮気というよりはすでに肉体関係に及んでいることを意味していますので、不貞行為と断言した方がわかりやすいです。

女性の0.5割ほどは「寝取り」経験あり!とも言われている

いわゆる不貞行為に及んだことがあるという人は5%程度は存在していると言われております。これが多いと判断するのか、少ないと判断するのかはその人次第ですが、色々とペナルティがあるのに寝取りに及んでしまう人は絶対にゼロにはならないのです。男性と女性の関係性は昔とは遙かに違う世の中になりましたが、不倫や浮気や寝取りはなかなかどの時代でも無くなりません。

寝取り寝取られの多くはドロドロ関係に発展


寝取り寝取られというのは要するに浮気や不倫で肉体関係にまで進んでしまったという証です。不倫や浮気で肉体関係にまでいってしまったということはそこから先は地獄でしょう。とにかく漫画やドラマのようにドロドロとした関係に発展しますので、色々と人生苦労することになります。このような状況に追い込まれたいという人も中に入るでしょうが、ドロドロの関係になることで被害が甚大になって後悔する人の方が多いのが実状なので、大けがする前に手を引くことも重要になってきます、

旦那や彼を寝取る「略奪女子」の特徴

このように周囲に被害をもたらす略奪女子にはある程度の特徴がありますので、その特徴をまとめていきましょう。友達にいても巻き込まれる可能性が高いので、この特徴に当てはまる人がいる場合は、遠巻きに見るかひたすら無関係を貫くことをおすすめします。

あまり美人ではない

略奪愛を望む人は魔性の女といった綺麗系の女性を予想する人も多いのですが、意外と見栄えがしない女性、あまり美人ではない女性が実行するケースが多いようです。いかにも多くの男性を虜にする魔性の女やいかにも多くの方々にモテルタイプの小悪魔系といった特徴がある人物ではなく、「何でこの人がこんなことが出来るのだろう」という人物の方が多いのです。自分の方が美人と思ってしまうことも多いので、余計にダメージが多くなってしまいます。

寂しがり屋


基本的に略奪愛がうまいという人は、見た目よりも中身で勝負してきます。その筆頭が、寂しがり屋の側面を前面に押し出して男性の庇護欲を刺激するというタイプです。小悪魔系の女性も守ってあげたいという意識が多少出てきますが、男性側も見る目というのが備わっているので本気で守りたいという意識は発生しにくいのです。あざとすぎる人ほど遊び相手にはなるけど略奪愛にまでは発展しないと言うことです。そうではなく、自分にだけ弱いところを見せつけるかのように、さりげなく寂しいというアピールをする方が効果的となっています。

褒め上手

略奪女子は相手の心の隙間に入ってくるのがうまいです。そのテクニックの一つが男性の自尊心を刺激するために、長所を見つけては褒めるという行為となります。褒められることに慣れていない人はこれだけでも危険です。悪い意味での褒め上手と覚えておきましょう。とにかく心の隙間にいつの間にか入ってきます。

熱しやすく冷めやすい


略奪愛が好きな人は、異性を強く求めているのではなくその過程で人間関係が複雑骨折になることを望んでいるという非常にたちの悪い人種がいます。この手の人は異性を求めているのではなく、自分が行動した結果崩壊する過程を見るのが大好きなので、非常に厄介です。人間性がかなり欠けている存在なので近づかない方がいいでしょう。

自分という人間を良く理解している

また、略奪女子は人を見る目が圧倒的に優れていますが、自分が周りの人たちにどのように見られているのかを理解する能力も圧倒的に優れているので、長所と短所を理解した上で、使える武器を最も適したタイミングで振るってきます。ある意味で優れた能力なのですが、巻き込まれた側からすればいい迷惑なので注意しましょう。

人のものをほしがるタイプ

 

略奪女子は人が持っているものが大好きです。特にイケメンの彼氏を自分が持っていないなら、他の人から奪うという発想が出てきます。完全に倫理観よりもそのときのノリを優先してくるので非常にたちが悪いのです。人のものをほしがる気質にある人は、それだけでこのような地雷行為に走ってしまう恐れがありますので、注意しましょう。

甘やかされて育ってきた

また、欲しいものはすべて手に入れてきた人も、自制心や我慢する心が一切無いので人のものであっても強奪しようという考え方が当たり前のように出てきます。こちらは倫理観が欠如していると言えるでしょう。甘やかされすぎた結果と考えてください。

人のマネをするのが好き


略奪女子になりそうな人というのは、略奪愛を主体としたドラマが大好きです。このようなドラマのような人生を自分で歩んでみたい、マネしてみたいと強く願います。この手の人は、やってしまった後に発生するリスクを全く理解していないでその場のノリで実行してしまうので、巻き込まれた人たちはいい迷惑でしょう。

略奪女子からパートナーを守る方法

 

このような悪女とも言える略奪女子からパートナーを守るためには、略奪女子の行動パターンを理解して、好きを作らないことが重要になります。ここではその行動の一例を紹介いたしましょう。

女友達に彼氏を紹介しない

女性の友情というのはもちろんありますが、その中にもやっぱり裏切り行為は存在していますので、裏切られたとしても被害が発生しない状況を作ってしまえばいいのです。友達を信用できないと思ってしまうのもなかなか気が引けますが、最悪の状況を想定して動くのはある意味で友達をなくさないための方法と言えますので、女友達に彼氏を紹介しないことも重要になります。

彼に愛されるように努力する

カップル

略奪愛というのはパートナーが自分に満足していない状況が続けば続くほど発生しやすくなります。つまり、自分が愛されている状況をしっかりと保ち続けることが出来れば、そんなことは発生しないのです。恋人になった後も、結婚した後も彼に愛されるように努力し続けましょう。

彼の一番の理解者・相談相手になる

彼の一番の理解者になり、相談者になってあげれば、心の隙間もしっかりと埋めることができるようになりますので、略奪者に狙われる確率も減ります。心の隙間ができてしまって、そこからつけ込まれることで被害が拡大するので、その隙間を埋めるような動き方が出来れば防御壁となってくれるでしょう。

セックスは受け身一辺倒にならない


愛情を確認する方法の一つが、セックスですがこれが一方的なものであったり受け身一辺倒であった場合はどんな愛情行為でも飽きがきてしまいますので、たまには趣向を凝らした方法を取り入れるといいでしょう。それだけでも十分効果があります。

まとめ

略奪女子というのは昔から存在していますが、現代日本でもまだまだ健在なので巻き込まれることで非常に大きな被害が生まれてしまうでしょう。実際に不倫や浮気が発覚して離婚に発展したケースは現代日本でもめちゃくちゃ多いので、そんなことをされない状況をしっかりと整えることが重要になります。