顔にコンプレックスを持つ理由!自分の顔を好きになるために

世の中では美容整形が1つのブームともなっており、国によってはプチ整形をするのが当たり前というところもあります。しかももともと可愛いのにさらに美容整形をしようとする女性も少なくないのです。というのも多くの人が自分の顔にコンプレックスを持っているからです。

自分の顔が好きな女性はほとんどいない

女性の約9割が自分の顔にコンプレックスがある

顔面偏差値ってどう判定するの?話題のアプリと計測基準
ある調査では女性の約9割が自分の顔にコンプレックスがあると伝えられています。芸能人で一般的に美人と評判の女優さんやアイドルでも、自分の顔が好きではないと言う人が少なくありません。ただ単に謙遜してそう言っているのかと思いきや、本当に自分の顔に対してコンプレックスを持っている美人も多いようです。周りから見ると羨むような理系でもそうしたコンプレックスを持っていることが少なくありません。

誰でも多かれ少なかれコンプレックスを抱えている

人間は無い物ねだりになる傾向があるので、特定のタイプの美人や可愛い人でも結局自分とは違うタイプの美人に憧れてしまうという面があります。そうするとコンプレックスを抱く必要がないように思える美人や可愛い人でも、自分の顔や、顔の一部分にコンプレックスを抱いてしまい、自分に自信が持てなくなるという事さえあり得るのです。

顔のどんなところがコンプレックス?

顔の大きさ

特に女性がコンプレックスを抱きやすい顔の特徴としては、顔の大きさがあります。顔立ちが整っているものの少し顔が大きいあるいは大きく見えるということがコンプレックスになっている人は少なくありません。そうした人は顔の大きさが目立たないような髪型を一生懸命追求したりします。さらに顔の大きさは全身を見たときのバランスにも大きく影響するので、小顔になりたいと願っている女性は多いですし、美顔器などを購入してなるべく小顔になろうと努力している女性は多くいます。

輪郭の形


顔の輪郭の形という部分にコンプレックスを抱いている女性も多いようです。特にエラが張っていたり、顎が少し前に出ている人は強くコンプレックスを持って悩んでいる人もいます。こうした部分は少し美顔器を使う位では根本的に変化はしないので、美容整形などをして輪郭を整える人も珍しくありません。自分の憧れている芸能人やアイドルの輪郭に憧れて、それに近づけるために美容整形をする人もいます。

目の大きさ・一重

女性がメイクをするときに最も力を入れるのが目元のメイクではないでしょうか。とにかく目を強調して大きく見せたいと考えている女性は少なくありません。そのため目が小さかったり一重だったりすると、それをコンプレックスに感じてしまう女性が多いようです。美容整形の世界でも目をパッチリ見せるための美容整形が人気となっています。

鼻の形・高さ

鼻筋がスッと通っていると確かに男性でも女性でも美形に見える人が少なくありません。鼻が低かったり団子っ鼻だったりしてそれをコンプレックスに感じている人も多いようです。目と同様鼻も美容整形をする人が多い部位となっています。

顔にコンプレックスを持つ原因

親に褒められなかった

顔にコンプレックスを持つ原因となることは、実際の輪郭や顔のパーツそのものというよりも、育った環境が大きく影響することがあります。親に褒められなかった子供は、健全な意味での自尊心が正しく育っていない可能性もあり、いつもどこか自信がなく、人に認められたいという危機感にも似た気持ちが強く生じてしまうことがあります。このような育ち方をした場合周りから見たら十分美人だと感じるような人でも、常に自分の外見や内面に関して自分を卑下するような見方をしてしまう人もいます。

幼少期のトラウマ

幼少期のトラウマが原因で自分の顔にコンプレックスを持つようになってしまう人もいます。この場合も別段コンプレックスを抱く必要もないようなルックスだとしても、子供の頃に受けたいじめや虐待、言葉の暴力などが原因で常に自分を否定するような態度を培ってしまっている人がいるのです。このような人は自分の性格や存在だけでなく、シンプルに自分の顔も嫌うようになってしまう人がいます。

比較対象のレベルが高い

自分の顔に対してコンプレックスを持ってしまう人の1つのパターンとして、比較対象のレベルを非常に高いところに置いてしまうというケースがあります。地元では美少女で知られていても、芸能界に入って周りも美人だらけになった途端自分の顔に自信がなくなってしまい、極端にコンプレックスを抱くようになったり美容整形に走ったりしてしまうという例もあります。芸能界に入らないまでも、周りの美人と呼ばれる人と常に自分を比較してしまうような傾向がある人は自分の顔にコンプレックスを抱きやすくなってしまうかもしれません。

自分の顔に自信を持つために

可愛いと思える角度を研究する


芸能人やモデルやタレントさんでも、自分が特に可愛く見える角度というものがあるようで、その角度をしっかりと活かしてSNSの写真などを撮影している人は多いようです。自分の顔に自信を持つためにはこうした可愛く見える角度を研究することも一つの方法です。自分でもかわいいと思える写真を撮影できたり、それをSNSに投稿して他の人からもかわいいという評価をもらえると、自分の中での自信も高まっていくに違いありません。

顔のコンプレックスはメイクでカバーする

女性の場合は特に日常的にメイクをするので、自分の顔の特徴に合わせたメイクをマスターすることによって顔のコンプレックスをカバーし克服することができるかもしれません。実際プロのメイクアップアーティストは各人の顔の良いところを活かし、コンプレックスとなっている部分を上手にカバーしてメイクをすることができます。ときにはプロのメイクアップアーティストにメイクをしてもらいながらアドバイスをもらうのも良いかもしれません。

鏡の中の自分を褒めて褒めて褒めまくる


スポーツ選手等で毎日鏡に向かって自分を褒めたり、自分はできると言い聞かせている人も少なくないようです。このような自分で自分に語りかけて己を鼓舞するという方法は決して怪しいものではなく、自分を特定の方向へ導く方法として多く用いられています。自分になかなか自信が持てない人もこうした方法を参考にすることができます。毎朝顔を洗うときに鏡の中の自分をしっかりと褒めるという習慣を身に付けてみてはいかがでしょうか。顔を褒めるというだけでなく、自分のパーソナリティーや仕事ややりたい事に関しての自信を植え付けるためにもこうした習慣を培う価値はあるかもしれません。

顔のコンプレックスをはねのけるほどの総合力で勝負する

自分は顔では勝負できないから他の部分で勝負すると考えて、ひたすら自分磨きに勤しむ人もいます。このような努力はその人の人間としてのあらゆるレベルを上げることになりますので必ず自分の魅力を引き上げることに資するでしょう。女性の場合でも料理や仕事、おしゃれやトークなど様々な部分で自分のレベル上げ、総合力で勝負できる魅力ある女性になっている人が多くいます。顔だけが美人というよりもやはり総合的に人間的魅力がある人の方が他の人からも好かれやすいでしょう。

まとめ

自分の家をきれいに見せるというのは男性にとっても女性にとっても大きな関心事ですが、とりわけ女性にとってはその日一日の気分や、人の人格や性格を左右するほど大きな事柄です。ですが自分が持っている顔にひたすらコンプレックスを抱き続けるよりも、自分の素のままの表情自分自身が好きになり、自らの努力で内面からの美しさが現れるようになるようにすることができるはずです。大なり小なり自分の顔にコンプレックスを持っている人は多いので、自分の顔や人間性に自信を持つためにまずどんなことができるかを楽しみながら追求していくようにしましょう。