恋愛感情がわからないあなたへ!恋愛ができるようになる方法

世の中には恋愛に関するドラマや歌、マンガや映画などが溢れています。そして、皆恋愛をするのが当たり前のような風潮になっていますよね。しかし、一方では恋愛について分からないという気持ちを持っている人もいるようです。恋愛感情が分からないという原因、そして、恋愛感情に気付くサインなどについて詳しく知っていきましょう。さらに、恋愛ができるようになるためのポイントについても探っていきたいと思います。

恋愛感情がわからない原因とは

自分に対して自信がない


恋愛に積極的になれない原因には、自己評価が低くて自分に自信を持つことが出来ないというものが挙げられます。自信がないため、相手にアプローチを仕掛けることが出来ないため、恋愛をスタートすることが出来ないのです。受け身の姿勢で待っているばかりでは恋愛をするまでの段階にまで自分を持っていくことが出来ません。また、もっと悪いのは、自分に自信が無いせいで、自分を好きになってくれた人への評価すら下げてしまう可能性があるということ。「自分のような人間を好きだなんて、この人は何てセンスが悪いんだろう」このような思考になってしまっては、恋愛をする以前の問題です。正しく相手を評価するためにも、正しく自分を評価出来るようにしましょう。

今までに人を好きになったことがない

人を好きになったことがないという人は意外に存在するものです。あるサイトの調べでは、22歳から34歳のおよそ30%が人を本気で好きになったことがないというデータも出ています。その理由には、理想が高すぎたり、相手の欠点にばかり目がいってしまうというものから、自分のペースを崩されたく無いというものまで多岐に亘ります。

過去のトラウマで恋愛を忘れてしまった

前のパートナーとのトラウマによって恋愛の仕方を忘れてしまうという人もいるようです。浮気をされていたり、嘘をつかれたり、ひどい振られ方をして弄ばれたという経験から、恋愛をすることに対して臆病になってしまうようです。

異性に対して恐怖心がある

同性であれば緊張も不安も感じないのに、異性と接する時には恐れや緊張を感じてしまう人もいます。そのため、異性との恋愛をすることが出来ません。これは、トラウマが原因になっているケースと、神経症的な「とらわれ」が原因になっているケースの2パターンが大きく分けて考えられます。「とらわれ」が原因となるケースとは、視線恐怖症や赤面症、対人不安などといった対人恐怖症に含まれる症状が異性に対して強く起こっていると考えてください。

恋愛感情がわからないあなたへ!これが恋愛感情のサイン

2人きりで会いたいと思う


友達同士でワイワイ楽しく過ごすグループがあったとして、それとは別に2人だけであってみたいと感じるようでしたら、それは恋愛感情のサインなのかもしれません。強く「2人だけで会いたい」と感じるのは友達以上の思いがあるからという意見もあります。2人きりを嬉しく思ったり、相手との思い出を2人だけのものにしたいと願うのは、恋をしている証と言えるでしょう。

もっと相手を知りたい・自分を知って欲しい

相手に対する興味が湧くのはコミュニケーションの基本ですが、それが強く表れたら恋愛のサインかもしれません。どんなことが好きか、どんな風に育ったのか気になったら、相手のことを深く掘り下げてみましょう。逆に、自分をもっと知ってほしいという欲求も恋愛のサインとして表れるものです。自分を知ってもらって、相手を知るという相互効果によって、相手をさらに好きになっていくという話もよく聞かれます。

気が付いたら相手のことを考えている


何気ない日常の時間の中で、相手のことを考えてしまうということを経験したことがある人もいるのではないでしょうか。「今、あの人はどこで何をしているのだろう」「どんなことを思って、どんなものを見ているのだろう」そのような時間が多くなればなるほど、恋愛をしている証拠だとも言われます。意識をすればするほど、相手のことを考えてしまう恋愛中の特徴とも言えるようです。

ついつい相手を目で追ってしまう

気になる相手はついつい目で追ってしまうものです。学校や職場などで、直接話す場面でなくてもチラチラと視線を送ってしまい、ときには目が合って気まずい思いをすることもあるかもしれません。相手が気になって仕方がないというのは、恋愛中における特徴的な行動のひとつです。恋愛感情が分からないという人の中でも、このような行動を取ったことがあるという人もいるのではないでしょうか。

連絡をしたくなる・連絡を待ってしまう

ふとしたときにラインなどで連絡をしたくなる相手がいるという人もいるのではないでしょうか。連絡を入れるだけなら友達にもするものですが、「連絡を入れすぎて相手に迷惑ではないか、嫌われないか」など、深く心配してしまうことは恋愛中によくある行動の一つです。また、ラインなどでは既読が付いているのに返信が来ない、いわゆる「既読スルー」に悩む人も多いようです。このようなことが気になりだしたら、相手のことを恋愛対象としているのかもしれません。

相手を傍でサポートしたくなる

人が困っていたら、支えになりたいというのが人情です。その気持ちが強くなればなるほど、恋愛感情に近づいていくのではないでしょうか。相手の助けになりたいという気持ちが高まっていったら、その関係は特別なものと言えるでしょう。

恋愛感情に気づく瞬間は?

相手と一緒に過ごして楽しいと思ったとき

ほかの人では味わうことの出来ない、特別に楽しい時間を過ごすことによって恋愛に気付く人もいるようです。「この人でなければ駄目だ!」と感じるくらい素敵な時間を送ることで、恋愛だと気付くパターンと言えるかと思います。

相手と過ごした後に帰るのが寂しいと思ったとき

とても楽しい時間を過ごしたはずなのに、帰るときに言いようのない寂しさに襲われる。この瞬間に相手のことを好きだと気付くこともあるようです。相手と離れることに切なさを覚えてしまうことが恋愛だという意見もあるようです。

相手が他の異性と過ごしているのを見てモヤモヤしたとき

自分以外の異性と相手が話しているのを見て、ヤキモチを焼いている自分に気付いたとき、その関係が特別であると気付いたという体験談もあるようです。普通の友達ではない、独占欲が芽生えたことによって相手を強く意識するのだと言います。

恋愛ができるようになるには

自分磨きをして自信をつける


正しく人を愛するためには、まずは自分を愛さなくてはいけません。自分が愛せる自分づくりをするために、しっかりと自己研磨する必要があります。ファッションに気を配ったりボディメイクを心がけたり、仕事に精を出すのも良いでしょう。自分に打ち克つことを繰り返すことによって、少しずつ自信を身に付けましょう。

異性に苦手意識を持たないようにする

その程度に大小あれど恋愛に苦手意識がある人は、異性に対しての苦手意識がある傾向にあります。このような苦手意識を払拭することで恋愛への扉が開けるようです。例えば、断りがちだったパーティーや飲み会へ参加をすることで徐々に免疫が付いてくる人もいるようです。また、あまりガツガツしている異性ではなく大人しい人とコミュニケーションを取ったり、ネット上で異性と触れ合うトレーニングをすることも有効だと言えます。

恋愛関係になった男女のすることへの嫌悪感を払拭する


キスやセックスなど、恋愛関係になったときに発生するコミュニケーションに対して嫌悪感を持っている人は、前向きに改善するためにカウンセリングなどを受けるという方法があります。パートナーとなった人にその気持ちを打ち明けることで、お互いの関係性を構築することが可能になる場合もあります。カウンセラーはプロフェッショナルであり、第三者として冷静な判断をしてくれるため、解決する術が見つかる可能性が高まるそうです。

まとめ

恋愛をするということが分からない理由は人によって様々です。自分に自信を持てなかったり、過去のトラウマが原因となるケースもあります。そのような人でもふとしたきっかけで恋愛に目覚める可能性があります。相手のことが気になったり、もっとそばにいたい、もっと相手を知りたいという気持ちになったら、それは恋愛と言えるのかもしれません。そうした気持ちになったときに、きちんとコミュニケーションを取れるように準備しておくことが大切だと言えるでしょう。自分を磨いて自信を付けたり、異性に対する苦手意識を払拭しておくことで素敵な出会いが訪れる確率が高まります。また、性に対する嫌悪感がある人は、心療内科などで正しくカウンセリングを行うようにしましょう。