自信が持てる手元になるために!日常的に取り入れたい《ハンドケア》のコツ

見られることが多い手は《ハンドケア》が大切

潤いのある手元は魅力的

書類や名刺をわたすときなど、さまざまな場面で手元が見られることはたくさんあります。そんなときに手が荒れていたり、ささくれが立っていたりするとあまり良い印象を持たれないのではないでしょうか。

日常的に水に触れることが多い手元は、荒れやすい部分でもあるため注意が必要。いつ見られても自信が持てるような手元を目指してみませんか。

日常的に取り入れやすいケアをしていこう

きれいな手元を保つためには、ちょっとしたところに気をつけておくだけでOK。大きな手間をかけなくても、ハンドケアをすることはできます。基本的なケア方法をチェックして「あの人の手、素敵だな」と思ってもらえるような理想的な手元になってみてくださいね。

日常生活で水に触れるときのポイント

肌に優しいハンドソープを使う

まず気をつけておきたいのが、日常生活の中で水に触れるときのポイントです。手は他の部位よりも水に触れることが多いため、ちょっとした気遣いで思わぬ手荒れを防げるのではないでしょうか。

清潔のために使うことが多いハンドソープは、手の油分をとりすぎてしまうことがあります。油分が不足すると乾燥の原因になるため、肌に優しいハンドソープを使うのがおすすめ。洗浄力があって肌のケアにも使えるオーガニック系のハンドソープが人気を集めています。

水分はタオルでしっかりオフ

水分に触れたら、手をタオルでしっかりとふいておきましょう。手に水分が残っていると蒸発したときに肌が乾燥しやすくなると言われています。

タオルでゴシゴシふくと肌への刺激になるので、ぽんぽんっと軽くたたくように水分をとってくださいね。柔らかく肌に優しい質感のタオルを使うのも良いのではないでしょうか。

水回りの家事は手を守ることを意識して

食器洗いやお風呂洗いなど、水を使う家事をするときは手を保護することも念頭においておきましょう。洗剤は肌に刺激を与え、荒れる原因となる場合があります。こうした刺激から手を守るためにゴム手袋をするのがおすすめ。ゴム手袋をするのが煩わしいと感じるときは肌に刺激を与えにくいオーガニック洗剤を使うなど、工夫してみてはいかがですか。

きれいな手のためにやっておきたいケア方法

ハンドクリームを使うときはマッサージもプラス

それでは、日常的に取り入れておきたいハンドケアをチェックしていきましょう。手を洗って清潔にし、水分を拭き取ったら化粧水をつけます。続いてハンドクリームをなじませてください。

ハンドクリームを塗るときにマッサージも行うのがポイント。手の甲から指先にかけて、もみほぐすようにマッサージしましょう。こうすることで血行が促進され、きれいな手元をキープしやすくなると言われています。

シルクの手袋でしっかり保湿

特に手荒れがひどい場合は、日常的なケアの後にシルク製の手袋をつけてみると良いかもしれません。シルク手袋でカバーをすることで肌に潤いが浸透しやすくなり、しっとりとした状態に近づくとされています。寝る前にシルク手袋をつけて、就寝中もハンドケアをしてみてはかがですか。

紫外線対策も忘れずに

紫外線は乾燥の原因になるため、手元の対策も大切なポイント。日焼け止めは数時間ごとに塗り直すと良いとされているので、意識してみてくださいね。

《ハンドケア》で魅力的な手元を目指そう

水に濡れる場面が多い手元は、知らないうちに荒れていることがあります。みんなからきれいと思われるような手元になれるようにケアしてみましょう。